Studio TA Subsite の案内とお知らせ

Sweet Caroline(スイート・キャロライン)/ Neil Diamond(和訳)

2013年 09月 12日
僕達の間で Neil Diamond (ニール・ダイアモンド)が初めて話題に上ったのは、モンキーズの曲「A Little Bit Me, a Little Bit You」の作曲者としてだった。 おそらく「I'm a Believer」の作曲者として紹介した方が通りはよいのだろうけど、当時は前者の方が絶対にカッコイイと思っていたものです。 ポップスの世界で自分(達)で曲を作れるかは、当時は(今も)アーチストの試金石だと思っていたから、もちろんモンキーズ等よりニールは遥かに格上だったのです。

そんな彼の曲の中でも、私が好きなのはこの「Sweet Caroline」です。 親しみ易い上に幅の広さを感じさせるフレーズの積み重ね、こんな曲はめったに出来るもんじゃない。 メジャーコードの曲が好きだった私は、周囲に訴えたがあまり見向きはされなかった様な... そんな時代のある時、この曲が高校野球の行進テーマ曲だったら最高だなと考えた事があったが、試して見るとちょっと行進のテンポに合いませんでした。 しかし、似た様な事を考えた人がいたのでしょう、米国ボストンの球場(レッドソックスのホーム)で8回裏直前にこの曲を流すのが行事化しているそうです。 まあ、何度聞いてもいい曲ですものね。




               Sweet Caroline
                        / Neil Diamond  1969
                         Music & Lyrics by Neil Diamond

Where it began
I can't begin to knowin'
But then I know it's growing strong

Was in the spring
And spring became the summer
Who'd have believed you'd come along

Hands touchin' hands
Reachin' out
Touchin' me
Touchin' you

Sweet Caroline
Good times never seemed so good
I've been inclined
To believe they never would
But now I . . .

Look at the night
And it don't seem so lonely
We fill it up with only two
And when I hurt
Hurtin' runs off my shoulders
How can I hurt when holding you ?

Warm touchin' warm
Reachin' out
Touchin' me
Touchin' you

Sweet Caroline
Good times never seemed so good
I've been inclined
To believe they never would
Oh, no, no


それがどこで始まったのか
あいまいなんだけど
ただ思いがしだいに強まるのが判る

それは春だった
そして季節は春から夏に
君が現れるなんて誰が信じただろう

手が手にふれる
手をさしのべ
僕にふれ
君にふれる

可愛いキャロライン
本当に良い時は決して良くは見えないもの
僕はこれまでは
そんなものと信じかけていた
でも 今 僕は ...

夜を見つめている
そして それはそんなに寂しくは見えない
二人だけで夜はみたされている
そして僕が傷ついた時
僕の肩から痛みは消えて行く
君を抱いていて僕が傷ついてるなんてありえない

暖かさが暖かさにふれる
手をさしのべ
僕にふれ
君にふれる

可愛いキャロライン
本当に良い時は決して良くは見えないもの
僕はこれまでは
そんなものと信じかけていた
あぁ、ちがうね ちがうよ



+

Good times never seemed so good
I've been inclined to believe they never would
But now I . . .

の部分の訳詞上での注釈。

Good times never seemed so good
「幸運な良い時期は、決して良くは見えない」と格言みたいに言ってますね。

I've been inclined to believe they never would
ここの they never would は they never seemed so good を繰返すところを簡潔に言った形と思います。 be inclined to ~ は「~する傾向がある」という様な意味ですから、硬く訳すと「それら(良い時期)は 決して良くは見えないものだろうと 僕はいままで信じる傾向だった」となります。 実際の訳は、これをくだいたものです。

これまでの幸福観が、彼女の出現で大きく変化し、
But now I . . .
と詞が繋がって行くのですね。

+

touching
「感動的な いじらしい」とするのか、上の様に「触れる」とするのかは迷います。 私は、後に「Touchin' me」があり、自分のことを感動的と持ち上げるのは?かなと思い「触れる」にしています。

b0174191_16575941.png

[PR]
by Ataron | 2013-09-12 23:39 | 映画/音楽/本 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。