Studio TA Subsite の案内とお知らせ

Always On My Mind / Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)(和訳)

2016年 04月 24日
ペットショップボーイズでこの曲を知った人は多いかもしれません。 私はその一人で、長い間この曲のルーツを知りませんでした。

カントリー系のソングライター Wayne Carson の原曲に他の2人が少し手を加え、この曲が完成したのが1972年だそうです。 最初のレコーディングはブレンダ・リー、同年5月にはエルビス・プレスリーがレコーディングし、その後はカントリーソングの定番として多くに歌われるに至っています。

b0174191_11035871.jpg

私はもちろんペットショップボーイズのアレンジが光る、彼等のが一番好きです。 でも、この曲の歌詞を訳して行くと、かなり「がっかり」します。 こんな勝手な男のセリフは好きにはなれない。 演歌で「女性蔑視だと叩かれた歌詞」の方がまだ諦めがつく。 しかしこれは、この曲が書かれた時代のカントリー風決まり文句なのかも知れません。

Wayne Carson って知らないなと調べると「The Letter / The Box Tops」も彼の作曲、昨年亡くなったそうですがハートも腕もある人だったに違いありません。
下のリンクは、Wayne Carson について詳しく書かれた、ある方のレコード紹介記事です。
[SSWの快楽] Wayne Carson / Life Lines(Monument Z30906 / 1972)
これを読んでいると、やはり歌詞について片意地に構えるのもと思えて来ます。 そして、ペットショップボーイズのトラックを聞くと、この曲を挙げない理由が無いと思ったのです。



 
              Always On My Mind
                  / Pet Shop Boys  1987
                   Music & Lyrics by Johnny Christopher
                             Mark James
                             Wayne Carson
 

Maybe I didn't treat you
Quite as good as I should
Maybe I didn't love you
Quite as often as I could
Little things I should have said and done
I never took the time
You were always on my mind
You were always on my mind

Maybe I didn't hold you
All those lonely, lonely times
And I guess I never told you
I am so happy that you're mine
If I made you feel second best
I'm so sorry I was blind
You were always on my mind
You were always on my mind

Tell me, tell me that your sweet love hasn't died
Give me one more chance to keep you satisfied
Satisfied

Little things that I should have said and done
I never took the time
You were always on my mind
You were always on my mind

Tell me, tell me that your sweet love hasn't died
Give me one more chance to keep you satisfied
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind

Maybe I didn't treat you
Quite as good as I should
Maybe I didn't love you
Quite as often as I could
Maybe I didn't hold you
All those lonely lonely times
I guess I never told you
I am so happy that you're mine


 
おそらく君をちゃんと扱ってなかった
ほんとはもっと良くすべきだったのに
たぶん僕は君を愛し足りなかったんだ
ほんとはもっと愛せたはずなのに
言うべきそしてすべきだったちょっとした事に
僕は少しも時間をとらなかった
君はいつだって大切な人だったのに
君はいつだって大切な人だったのに

おそらく君を抱きしめてやれなかったんだ
寂しくてよるべない日々に
そして 君には決して言わなかったと思う
君がいてくれてどれだけ幸せかを
君はひかえの番だと感じさせていたなら
僕は何も見えてなかったことを恥じるよ
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった

言っておくれ、君の素晴らしい愛は死んではいないと
チャンスをもう一度くれないか 君に満足して欲しい
満足して欲しいんだ

言うべきそしてすべきだったちょっとした事に
僕は少しも時間をとらなかった
君はいつだって大切な人だったのに
君はいつだって大切な人だったのに

言っておくれ、君の素晴らしい愛は死んではいないと
チャンスをもう一度くれないか 君を幸せにしたい
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった

おそらく君をちゃんと扱ってなかった
ほんとはもっと良くすべきだったのに
たぶん僕は君を愛し足りなかったんだ
ほんとはもっと愛せたはずなのに
おそらく君を抱きしめてやれなかったんだ
寂しくてよるべない日々に
君には決して言わなかったと思う
君がいてくれてどれだけ幸せかを




b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2016-04-24 13:24 | 映画/音楽/本 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。