Studio TA Subsite の案内とお知らせ

「みんなの【】をまとめ読み」を非表示にする / エキサイトブログ

2016年 05月 16日
エキサイトブログは、2016年4月より「タグ」関係の若干の変更が行われました。 しかし、とりわけ「みんなの【】をまとめ読み」「タグの人気記事」の機能の追加に関しては、それを好まない意見が目立ちます。 下は、問題になっている機能のスイッチです。

b0174191_03261809.png
b0174191_03262526.png

この機能の有無を選択可能にして欲しいというユーザーの意見はもっともと思いますが、その要望は反映されない様です。 しかしこれらの非表示化は、ユーザー各自のスキンアレンジ(CSS編集)で、比較的簡単に実現できます。 以下にその手順を紹介しますので、CSS編集にトライしてみてください。



〔1〕ブログスキンの「CSS編集画面」を開く

あなたがExciteにログインしている状態で、下のリンクをクリックします。
  PCデザインスキンを開く
ブラウザの別タブが開き、下の様な画面が表示されます。(下図は私のスキンでの状態です。 説明図の細い部分はユーザーが使用するスキンにより異なります)
「PCデザインスキン」が開いたら、下図の赤枠の「編集」のボタンを押します。

b0174191_04371802.png

下の様に「PCデザインスキン編集」の画面が表示されます。 その画面の下半分「HTML&CSS編集」が、現在使用しているスキンの編集場所です。 最初は「全体」タブが選択されていますが、ここで下図の赤枠の「CSS」タブをクリックして「CSS編集画面」を開きます。

b0174191_03361708.png

〔2〕CSSの最初の部分にアレンジ項目を挿入する

下は「CSS編集画面」を開いた状態です。 カーソルを下図の様にCSSの先頭行・先頭位置に置きます。

b0174191_03454689.png

適当に「改行」を入力して、下図の様にアレンジ項目を挿入するスペースを用意します。

b0174191_03472427.png

青い部分に「アレンジ項目」を挿入します。 下の枠内のテキストが「アレンジ項目」です。 これをコピーして青い部分にペーストします。

.taglist-matome {
display: none; }

.favorite-matome {
display: none !important; }

「.」や「}」等が抜けたりせず、下図の赤枠の様にペーストできたでしょうか。 無駄な空白行ができたら、削除しても放置しても構いません。

b0174191_03492019.png

ここまでの過程で、誤って記入されていた別の行を消したり、編集が思い通りにできなくても、心配は不要です。 その場合は、編集していたブラウザを閉じてしまえば、編集内容は一切キャンセルされます。

〔3〕CSS編集内容を確定する

編集内容に間違いがなければ、最後に右上の「更新する」ボタンを押します。 これで、CSS編集内容が確定してエキサイトに送信されます。

注意 使用中のスキンに対してCSS編集(スキン編集)を初めて行った場合は、ブログ表示に編集が反映しません

これは公式スキンが「書換不可」のため、編集したスキンは〔1〕の最初の画面の下方に「マイスキン」として保存されてしまうからです。 初回のスキン編集の場合だけは、マイスキンに出来た「編集された」方を選んで「適応」を指定する必要があります。 以降は書換可能なマイスキンが適応されるので、スキン編集が即ページの表示に反映する様になります。

この問題については以下を参照ください。



●新しく追加する「アレンジ項目」は、CSS全行の末尾に追加するのが一般的ですが、この説明の様にCSSの先頭に追加しても問題はありません。

●現在使用中のスキンにアレンジを施したのですが、このスキンを変えない限り効果は存続します。(スイッチの表示を無効に設定しただけですが)

●再びCSS編集を行い、先頭に追加した行を削除すれば、アレンジ前の元の状態に戻すことが出来ます。 また別のスキンに変更すれば、当然アレンジの効果は消失します。

●CSSアレンジ(スキンアレンジ)は、スキンデータ以外には変更を加えません。 ブログに保存した記事や画像等のデータとは全く別の登録を扱う作業で、アレンジによって記事や画像を失う事は一般には考えられません。 しかし、結果をもって他に責任を問うことが出来ない、自己責任の作業であることは認識してください。



[PR]
by Ataron | 2016-05-16 04:09 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。