Studio TA Subsite の案内とお知らせ

孤独なシーサー

2017年 05月 19日
望遠レンズのテストに時々使う鉄塔があるのですが、先日テスト撮影をしていると、カラスがいつも同じ姿勢で写ってます。 最初は、あれっ写真を間違えたかと思ったんですが、どうもこれは人形らしいと判りました。

下は Panasonic DMC-G8 に EF400mm F5.6L (Canon)をマウントして撮影したもので、距離は約800mmあります。

b0174191_11411837.jpg

カラスの知能では、そのうちに偽物と気付いてしまうのではと思いますが、どうなんでしょう。 最近設置された様で、このクラスの周囲の他の鉄塔も一機ずつ着いて睨みを効かしています。 通電障害を引き起こす巣作りは大問題ですから、そのうちロボット動作をするヤツが出て来るかも知れません。 酷暑の鉄塔の上、どこか沖縄の屋根に居るシーサーを連想させます。

近所の杜に住んでるカラス一家は、そんな事はよそに、もう2羽の子供を連れて飛び周ってますが...




[PR]
by Ataron | 2017-05-19 11:59 | 単なる写真 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。