Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

暑いっす

2010年 07月 20日
b0174191_23414655.jpg
b0174191_2342359.jpg
b0174191_23421151.jpg
b0174191_23421953.jpg
b0174191_23422933.jpg
b0174191_2342373.jpg



このように暑い日が続いてますが、皆様もご自愛のほどを

EOS7D+Reflex-Nikkor 1000mm/F11 で撮影。
[PR]
by Ataron | 2010-07-20 00:04 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

六甲山上ぐるっと見て歩き 

2010年 07月 19日
若い頃に何度か訪れた六甲山、高校時代に住吉川から歩いて登った事もある。山歩きが好きなのではなく、好奇心と成り行きの結果だ。余りに身近なこの六甲山、車に乗る様になってもあらためて行ってみようとは思わなかったが、鳥さんに出会わないかなとカメラをかついで行ってみた。



バスで六甲山ケーブル下まで行き、往復1000円也のケーブル乗車。車体は3代目だそうで、赤と緑の洒落た車体が往復している。
b0174191_1752381.jpg
路線の真ん中あたりで思いきりガタンというのは変わらない。上は山上駅に到着したところ。駅ホームは何度も修復しているのだろうが、大昔の陰影を残しているのがたまらなく嬉しい。
b0174191_17564730.jpg
昼過ぎに下りに乗る人達はきっと通なんだ。
b0174191_1803469.jpg
b0174191_1873115.jpg
山上駅は開業当初の形を意図的に残している。あぁ、昔もこんなだったとやたら懐かしくなる。

駅から東周りで歩き始めると、道路が記憶の2/3位の幅に狭く感じた。運転をする様になったせい? 暫く行くとロープウェイの懸架塔が。今は稼動していない表六甲線のものらしい。
b0174191_18213676.jpg
山上駅からウグイスの声は賑やかだったが、電線の上で囀っている一羽を見つけた。ここがお気に入りなのか動こうとしない。
b0174191_18264353.jpg



六甲ガーデンテラスが新名所となり、車を駆って訪れる人も多そうだ。 とはいえ、六甲山上は、もとからモダンな所なのだとオジサン達も思っている。
b0174191_18372379.jpg
数年前に営業を停止した六甲オリエンタルホテル。勿体無いもんだ。
少し行くと、絵に描いた様な山荘があった。企業の保養施設はこの周囲にも多いが、表から見たところはこの建物がぬきんでている。もう少し広角があれば良かったが。
b0174191_18591555.jpg
b0174191_1903729.jpg
山上を周る道路を歩いていて見下ろすと、ひときわ赤い屋根が。
b0174191_192528.jpg
こんな所で避暑なんて、まぁ贅沢な話だ。



半時間ほど歩いて高山植物園に着いた。
b0174191_19363617.jpg
管理事務所はレストランが併設らしく、その裏手。外の陽射しが強く窓に緑が写っていた。
b0174191_19141470.jpg
高山植物園は余り広いものではなかった。植物については行き届いているが、野鳥とは縁がない感じで簡単にスルー。その西隣のオルゴールミュージアムを横目に歩いていると、針葉樹の天辺にホオジロがいた。
b0174191_19382160.jpg
b0174191_19385058.jpg
暑いのだろう、毛づくろいに余念がなく、こちらに気づいても一向におかまいなし。その合間におきまりの遠鳴きと、まったく忙しい。
b0174191_19414765.jpg
概して、六甲山上の鳥達は余り人を見てもあわてない感じがした。

山頂の周遊道路を今度は西へ向かったが、時々企業の保養施設の門があるだけの路が続く。円錐の常緑樹は山上ならでは。
b0174191_19542328.jpg
信号のある交差点から再び東に向かい、植物園から半時間ほどで元来た山上駅にたどり着いた。



下りの発車までの間に、いつか見たはずの映像を撮っておく事にした。
b0174191_2022998.jpg
山上駅併設の展望台に登る階段。壁にライオンの顔が。こんなのあったかなぁ、いやきっとあったのだろう。でも、こんな展望台はなかった様な...
b0174191_20311551.jpg
こんなミュージアムも...
b0174191_20325448.jpg
駅のフロアーは少し覚えがあるが、適当にしか...
b0174191_20354513.jpg
胸像は六高山開発の祖アーサー・ヘスケス・グルームだそうだ。これで昔よりは認識できた ^^;
いよいよ下りに乗車する時間になった。暑かった日も傾いて、円い天井に西から差し込んでいた。
b0174191_204876.jpg
ケーブルカーの山上駅は、時を止めて再びやって来る人を待っているのだ。

+

主に EOS7D+Canon EF28mm F1.8 にて撮影。野鳥はCanon EF300mm F4L IS USMを使用。画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2010-07-19 20:50 | 単なる写真 | Comments(0)

鉄人28号の夜  新長田

2010年 07月 18日
神戸市地下鉄の新長田駅は、いつのまにか「鉄人28号前」というサブネームをもらっています。
b0174191_2385544.jpg
そのうち行こうと思っていたのですが、やっと梅雨も明けたので新長田の鉄人を撮って来ました。

b0174191_23112175.jpg
b0174191_23113089.jpg
b0174191_23114155.jpg
建物と星を沢山入れられたら最高なんだけど、照明があることと周囲が明るいので真夜中でも難しそうです。 大きさを実感させる物を入れないとプラモデルに見えてしまい、意外に難しい28号です。 「鉄人、鉄人、早く行け!」というフレーズはなかなか良かった、判る人は同世代ですね。



鉄人の写真は、 EOS7D+Canon EF28mm F1.8 にて撮影、クリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2010-07-18 23:19 | 単なる写真 | Comments(0)

神戸森林植物園 ...アジサイの雨

2010年 07月 03日
神戸森林植物園はアジサイ祭りの最中、とはいってもこちらは鳥撮影のポイント探しに再来です。 へそ曲がりでアジサイの写真がないのですが、ご勘弁を。

b0174191_22381868.jpg
今日は、北の「ちびっこ広場」方面に向かいました。幾つもの広い駐車場を横切って歩くと、曇りのウィークデイという事もあり、ひと気がすぐになくなり好都合でした。 全体を見渡すことなど出来ず、足の向くままに鳥の囀りに誘われるままに行くと、大きな扉が道路を閉ざしていました。
b0174191_2245042.jpg
説明の通り鍵はかかっていません。扉の向こう側にカワラヒワらしい数羽の影がちらほら見えたので、臆せず行ってみることにしました。扉の先には「萩の小径」という標識を幾つか見かけます。早速にホオジロが遠囀りするのを見つけて追いかけていると、まもなく雨がポツリポツリと降り始めました。天気予報の通りで、用意して来たコートを出すのもおっくう、とにかく近くの東屋に雨宿り。
b0174191_23102265.jpg
後に止むという予報を信じて山間の霧雨を眺めながら待機していると、幸いにも半時間程で降り止みました。この東屋を出て北に進むとすぐに、鳥達が頻繁にやってくる場所を見つけました。
b0174191_23193932.jpg
鳥達が雨で小休止していたのでラッシュになったのでしょうか、次々と周囲の枝に、いれかわりで群れて来るのを撮影出来ました。



シジュウカラの幼鳥。シジュウカラは最初にやって来た群れです。
b0174191_233142.jpg
b0174191_23312159.jpg

メジロの幼鳥の様です。小さな群れにはもちろん成鳥もいました。桜の季節に街中で良く見るメジロは、暑くなると涼しい山間で夏を越すそうですが、ここでは夏の間にも見られるのでしょうか。
b0174191_0512338.jpg

カワラヒワは数羽の群れで徘徊していて、このあたりを生活圏にしている様です。
b0174191_23415582.jpg
b0174191_23421069.jpg

コゲラはどこでも見かけますね。こちらに気づくと、木の反対側に隠れます^^;
b0174191_2349129.jpg

そして、ここの主だと主張しているホオジロ君です。周囲の高い所で遠鳴きを繰り返しているのですが、前回より寄って撮れました。
b0174191_235309.jpg
b0174191_23531421.jpg

この他、エナガの群れも来たのですが、逃しました。ウグイスはそこらじゅうで鳴いているのですが、やはり撮らせてくれません。 ともあれ、この植物園で接近撮影の手ごたえがあったのは収穫でした。



撮影している内に閉園が近付いて来ます。もっと早く来れば良いのに、なかなか学習できないのです ..); 急ぎ足で北の区域を撮影しました。 
下は「香りの丘」周辺です。緩やかな芝のカーブ。
b0174191_0205638.jpg
b0174191_0213064.jpg
ここには藤棚の休憩所があります。 遠くに「多目的広場」の芝が見えます。このスケール感はいいですね。
b0174191_1283470.jpg
多目的広場の一角は「ちびっこ広場」になっていて、遊具とオブジェがフリースペースを演出しています。
b0174191_032075.jpg
遅れて来た青年は、再びバスに乗り遅れました。植物園から歩いて帰るのは3度目、全く学習しませんね。 しかし、ここに遅れた人だけに撮れる素敵なショットに気が付きました。
b0174191_041223.jpg


画像はクリックで拡大表示します。 環境撮影は SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM 、 野鳥は Canon EF300mm F4L IS USM を使用。
[PR]
by Ataron | 2010-07-03 00:42 | 鳥さんの写真 | Comments(0)