Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明石公園 やっと秋だね(2)

2010年 09月 27日
公園を探索していると陽射しが落ちて来るのが少し早くなって来たのを感じます。 日曜日は親子連れが多くて賑やかですが、鳥達はいつもどおりに周回しているに違いなく、シジュウカラとコゲラに出合いました。

シジュウカラ君は木の幹にへばりついて、キツツキみたいです。彼等ほどのアタック力はなさそうですが。
b0174191_22595144.jpg
真正面からのルックスはキュートです。
b0174191_230893.jpg

シジュウカラ君を撮っていると、同じ木にコゲラ君もやって来ました。枝や幹をいったり来たり、かなり長く付き合ってくれました。
クールな職人コゲラ君は余りこちらを向きませんが、当然周囲に注意を配っているのでしょう。
b0174191_23412626.jpg
近付き過ぎると飛び立たないにしても、少しずつ幹の反対側に周ってしまいます。この間合いを詰めるスリルは、野鳥撮影の楽しさのひとつです。
b0174191_23345841.jpg
b0174191_23351416.jpg
b0174191_23352450.jpg
色々表情が豊かです。
b0174191_23354685.jpg
b0174191_23365696.jpg
等倍にしてみました。この鋭い嘴、きっと硬いんでしょう。
b0174191_23391386.jpg
子供達の遊ぶ広場を取り囲む木々は、落ち葉を落とし初めていました。b0174191_0442872.jpg



EOS7D+Canon EF300mm F4L IS USM で手持ち撮影。 画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2010-09-27 23:50 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 やっと秋だね(1)

2010年 09月 26日
やっと秋の気配が感じられる休日、明石公園に行ってみた。

駐車場から下る林の中は、いつになくヒヨドリ達の声が賑やか。それにつられてかカラス達もあちこちで鳴き合わせていました。
b0174191_0193618.jpg
薄暗い林の枝の間を飛びまわるヒヨドリ達は撮り難い。最初に撮れたのは未だ嘴に黄を残した若い兄弟でした。新しい世代が混ざって賑やかさが増しているのでしょう。
b0174191_22311165.jpg
ISOと連写速度を上げてなんとか対応していると、運良く飛び出した絵が撮れました。
b0174191_2235037.jpg
b0174191_22351040.jpg
これも半分偶然ですが、枝に飛び込んで来た所。右手のお友達の反応が面白い。
b0174191_22381915.jpg
b0174191_22383870.jpg
ちょっと気に入ったコマがあったので、演出強調ぎみにトリミングしてみました。暗くてノイズが強いのですが、映画的で実は嫌いじゃないのです。
b0174191_2245279.jpg

カラス君はカササギの仲間(逆ですか^^;)なんで良い練習台。いやいやごめん、面白さでは全く負けていませんね。
b0174191_22495056.jpg
このカラス君は胸から上の羽が薄くなっている様に見えます。以前のカササギ達と同じで、夏の羽の状態なのでしょうか。
b0174191_22551912.jpg
こちらのカラス君はそうは見えません。まぁ、思わず首あたりを掻いてますが^^;
b0174191_2257124.jpg

次は明石公園で初めて出合った種類の鳥さんです。
b0174191_22595163.jpg
b0174191_230684.jpg
下の写真で腹側が少し写っていますが、紋様が強そうに見えるのでエゾビタキではないかと思いますが、コサメビタキの可能性は棄てられません。風切羽の色からサメビタキではないのは確実でしょう。
b0174191_2302564.jpg

[PR]
by Ataron | 2010-09-26 23:01 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

神戸元町

2010年 09月 20日
元町は三宮よりアジア色の強いところです。 中華街はとってつけた印象があるけれど、昔からある高架下の商店街(元町~三宮間のではありません、元町から神戸駅に向かう方のです)を歩けば、東洋の港町の風を実感できます。

そのスタート地点ともいうべきJR元町駅の傍の通りは、上品とは無関係の場所。 酔ってる風でもないがオジサン達が数人たむろしてます。
b0174191_20384829.jpg
ハトが集まっているのはオジサン達が餌を投げるからで、やっぱり路上サミットをやってるのかも。オジサン達に気をつかってでも撮りたかったのは、この樹の下の妙なものです。
b0174191_20443014.jpg
この前の店の人が寄せ集めたのか奔放な構成。公用灰皿は解りますが何のためか車のバックミラーが二つ付いてます。ヒマワリやまともな鉢植もあり、サミットのための演出なんですかね。 ハトが水を飲んでいました。



時間が余ったのでJazz喫茶に行きました。 初めての所で、中華街の西端にあります。b0174191_2113517.jpg
b0174191_2105343.jpg
店のデザインがいい感じにまとまっていて、立派なシステムなのに音量を抑えていて好感が持てました。音量を上げると素晴らしい音なんでしょうが、人と話すにはちょうど良い位。 しだいに暮れ行く元町の夜にJazzはぴったりです。
b0174191_219111.jpg
店内をやたら撮影できません、店のページから拝借してカウンターの様子を紹介しましょう。b0174191_21122658.jpg
ついでに、お店のリンクも。
M&M (神戸元町 Jass & Caffe)



撮影はPanasonic DMC-FX33 (Lumix)、画像はクリックで拡大するものがあります。
[PR]
by Ataron | 2010-09-20 21:18 | 単なる写真 | Comments(0)

神戸総合運動公園の日曜日

2010年 09月 12日
陽射しはあいかわらず強いが、秋らしい風も少し吹き始めた日曜日。 地下鉄に乗って総合運動公園にやって来た。 鳥さんは概して暑いのが苦手なのではないか。 天気の良い昼間には姿がない時がよくある。 暑い夏場の昼には、街の人影もまばらになるのと同じかも。

そんなことを考えながら日陰のベンチで休んでいると、近くの水呑み台にハトがやって来た。ちょっと覗いて見ると、相棒が先に来ていたらしい。 日陰の水呑み台は、静かで涼しげ。なんとなくいい雰囲気です。
b0174191_2235350.jpg
素敵な仲良しだね。
b0174191_2236579.jpg

木陰伝いに鳴き声に耳をすまして歩いていると、チッチと小さな声が聞こえた。 主を探すとメジロの親子でした。
b0174191_22415693.jpg
こんな木の中の陽射しから守られた世界です。b0174191_22472483.jpg
b0174191_22484149.jpg
b0174191_22485994.jpg
b0174191_22494710.jpg
幼い子は親に見えなくても、羽を振るわせて餌くれアピールしてます。
b0174191_22565047.jpg



駅から南の方へ下って行くとヒヨドリ達の声が。 少し甲高く訴える様な声がするので、おそらく幼鳥ではと探すと、小さな排水路の側で見つけました。
b0174191_2393250.jpg
こちらは親に餌をねだる風ではなく、良く鳴きはしますが下の方を気にしている様子。b0174191_2312154.jpg
で、下に降りたので追いかけると、なんとシジュウカラが水浴びをしていました。
b0174191_23154386.jpg
ヒヨドリ君はこちらが気になって水浴びをためらっている感じ。 シジュウカラ君は、余り人を警戒しません。何度か枝と水場とを往復して充分に浴びました。
b0174191_2322151.jpg
この排水路はこんな場所にあります。b0174191_2333516.jpg

そうこうする内に、今度はメジロ達がやって来た。
b0174191_23245471.jpg
全く同じ場所ですが、彼等は水の注ぎ口が狙い。
b0174191_23371084.jpg
身軽なのでこんな所で器用に水浴びしてます。b0174191_23391673.jpg
仲間がやって来て数が増え、たいへん賑わってます。
b0174191_2340577.jpg



この後は休憩したり場所を変えたりしても、一向に鳥さんに出会わずで、日が傾いて来たので駅に向かって帰りだしました。 その途中、木の頂にいる小鳥を見つけ、バックから仕舞っていたカメラを出すと、その影はもうありません。 あーぁ、と思ったのですが、なんと真横のすぐそばの枝に鳥さんがいて、目があってしまいました ^^;
b0174191_093659.jpg
ヤマガラ君で、もう1羽仲間もいました。 彼はちょうど木の実を食べていた所で、両足の間に実を抑えています。 食べる方が先で逃げるのは後という感じです。 これら至近距離の撮影でトリミング無しです。
b0174191_0193326.jpg
b0174191_0195299.jpg
シジュウカラと似た顔立ちで、カラフルで綺麗ですね。
b0174191_0225328.jpg
ばったり出会ったのはこんな所です。 b0174191_035669.jpg
日曜日で人気がないのが幸いしたのでしょう。 最後はツイてました。



野鳥は EOS7D + Canon EF300mm F4L IS USM 、環境はSIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM で撮影、多くの画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2010-09-12 23:25 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

八哥鳥を探せ (続4)

2010年 09月 09日
山陽電車で浜の宮に行って来ました。 カササギを探してずいぶんと歩きまわったのですが、以前にいた所には全く影がありません。 夏場の餌の関係で、何処かへ移動したのでしょうか。 佐賀でも生息地の移動が確認されている様です。 一時的な移動なのか、恒久的なものなのか、そのうちに判って来るでしょう。

カササギを探して市街を歩いていて、白黒の羽のはばたきを見つけてあっと思ったのですが、八哥鳥でした。b0174191_2235222.jpg
以前の八哥鳥を探せ (続1)に記しましたが、この地域にかなりの群れが生息しています。 今日は各所で八哥鳥に出会いました。 まるでスズメの様に、どこにもいるという感じです。
b0174191_22164719.jpg
b0174191_22165926.jpg
右の2羽は目の色がオレンジではなくグリーンがかっています。これは幼鳥だからでしょうか?嘴を開いているのは暑さのせいです。b0174191_2227861.jpg



巣作りを撮影した鶴林寺にもカササギの影はありません。 東の古門の周囲や北側は白いパネルが以前から立てられています。いずれ修復の手が入れられるのでしょうか。
b0174191_2303255.jpg
暑かった夏も秋に移ろうとしてます。
b0174191_233516.jpg
寺から駅までの帰路にゴルフセンターがあります。 その北側の茂みにも、八哥鳥達がいました。
b0174191_23111087.jpg
b0174191_2337719.jpg
瞳がグリーンぽくてトサカがありませんが、幼鳥でしょうか。
b0174191_23145220.jpg
これは親子ということ? まぁ、ここに来れば間違いなく八哥鳥を見ることが出来ますね。



EOS7D + Canon EF300mm F4L IS USM 、Canon EF28mm F1.8 で撮影。 画像の殆どはクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2010-09-09 22:44 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

記録に残る夏

2010年 09月 08日
暑さで観測記録を塗り替えている今年の夏、こんなコントラストのみごとな雲は、見た事ないなと感じる事がたびたびあります。下は三木市の高速サービスエリアで撮ったもの。
b0174191_22234589.jpg
雲が逆光の向きにあった事も手伝って立体的に見え、急に撮っとかないともったいない気分になりました。空の巨大な実験工房。
b0174191_22274323.jpg
雲を見て「その下は少し暑さがしのげるな」なんて、いままでになかった事を考えさせる暑さです。



話は唐突に変わりますが、神戸市から三木市へ向かう県道22号線沿いに、ぽつんとジャズスポットがあります。
b0174191_23113341.jpg
こういうの、ジャズ好きの人が良い音を求めてオーディオにのめりこんだ結果、ついに店を開いてしまったという所が多いのでは。b0174191_2312896.jpg

Foods & Booze の Booze は「大酒を飲む」という意味ですね。オーディオ機器はおなじみのメーカー名が記されてますが、カタカナ表記の所がちょっと...英語にするかいっそ出さない方が。 昔なら覗いて見たかも、でも今は暇がありません。

この店もそうですが、パラゴンというスピーカーが店のキーになっている所が多い様に思う。
Corner Pocket (西宮市甲風園)
Just In Time (神戸市中央区元町通)
まぁ、本当にJazzな音に拘ってくと、このあたりに落ち着くというもんでしょうか ^^;

写真は Panasonic DMC-FX33 (Lumix) による。 画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2010-09-08 23:27 | 単なる写真 | Comments(0)

Test Post Field (14) ページスイッチの方式変更

2010年 09月 03日
エキサイトブログのスキンは時々新スキンが提供され、これは大変ありがたい。 先日下の様なページスイッチを使ったものが出ていました。

b0174191_17532067.gif

これは、「前のページ」「次のページ」の困った文字表示から開放されていて、以前から改善したかった所を解決できる仕様に違いなく、さっそく調べてみることに。

CSSに詳しくもないし、エキサイトのシステムでアレンジ不能な部分もあり、スイッチ機能は残したままオーバーライドするスキンの書き方というのが判らなかったのですが、どうもこのスキンはそういう事をやっているらしい。

ソースの関係箇所を調べると、HTMLでは
b0174191_18513921.gif

の部分です。
「pre pageimg」部分に「$prepage type=1$」、「next pageimg」部分に「$nextpage type=1$」を入れてページ機能を実行させているのが判ります。

CSSでは下の部分が関連していました。
b0174191_18523441.gif

ブロック「pageimg」の高さを「0」としているのがミソの様です。ブロック背景のイメージのURLを実際に調べると下の様な画像でした。

b0174191_1913284.gif

ブロックの幅は「幅29px縦28px」で、この背景のスイッチ一つ分しかありません。最後の4行で、背景イメージの位置の指定を変えることで、実際に表示される範囲を必要なスイッチの部分だけにする方式ですね。実体の「<前のページ」「次のページ>」は「padding-top」指定でブロック下方へ追い出して、見えなくしている様です。 こういうトリッキーな方法で、ブラウザ依存性の無いものを記述するのは、素人には困難です。素直に利用させてもらうんですが、「$prepage type= $」等、新しいの作るわけには行きませんかね。



さっそく、この方式を輸入してアレンジしてみました。提供されているスイッチ画像は「≪」「≫」の絵しか表示されていないので、「< New」「Old >」の文字を描いたスイッチを作りました。 上段に「.newer_page」「.older_page」を、下段にそれぞれの「hover」(マウスを置いた時の像)を描いた、4つのスイッチ像だけで充分です。

b0174191_19382833.gif




以下は、当方のデザインにアレンジしたHTMLです。 (「LEFT」領域に関連した部分だけを書き出したもので、全体ではありません)
b0174191_20302383.gif

①本文の上部、下部の2ヶ所にページスイッチを置くために「pageTool clearfix」の記述を2度繰り返しています。
②その間にサンドイッチされる形で「$post$」「HR...」の2行を置いています。
③「$post$」の行は投稿内容自体を指します。
④「HR...」の行はページ内容の最下に細線を表示するものです。
⑤下のページスイッチ部には、反転表示された行が追加されています。これは「PageUp」スイッチです。

これに従い、同時にCSSにアレンジして追記した内容です。青い文字部分がアレンジのポイントになります。
b0174191_20481813.gif

⑥画像URLは、作ったスイッチ画像をスキン編集画面でアップロードし、それが登録された時のURLになります。 スイッチ画像はGif256色程度が良いと思われます。
⑦当方のスイッチの大きさは「90×38px」だったので、アップロードしたスイッチ画像は「180×76px」です。
⑧「.pageTool」は、左右のページスイッチを置く方形のブロックとなり、「WIDTH」はスイッチを置く間隔になります。
⑨「MARGIN」はページスイッチ周囲の配置物との間隔になります。下スイッチの直上の境界線との間隔が20px、上スイッチの直下の境界線との間隔が60pxです。 また、「auto」はスイッチブロック全体を投稿エリアの横中央にセンタリングさせます。
⑩「FONT-SIZE」「TEXT-ALIGN」「PADDING-TOP」は、スイッチのブロック内の「PageUp▲」を修飾します。「■■■■PageUp▲」の赤部分は「漢字全角の空白文字」です。以上は、スイッチとの位置関係を調節するために必要です。 「PageUp」が「New」スイッチの下に潜り込んでしまうのを防ぐ苦肉の策です。
⑪最後の4行で「-90px」「0px」「-38px」等の値で、スイッチ画像の必要な場所を表示させています。
⑫「.pageTool」「.older_page」など項目の表記は大文字/小文字を上内容の通り使わないと機能しません。



以上の新しいスイッチ表示の方式を採り入れた結果のハードコピーです。
b0174191_2147619.gif

[PR]
by Ataron | 2010-09-03 21:41 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)