Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

明石公園 2011.04.29 ツグミが行っちゃった(2)

2011年 04月 29日
休みが不定期に入る仕事で、ひとり静かに公園を楽しんだり出来て、これはとっても有難いのです。 しかし、時々こよみ感覚がズレて、今日が連休の公休日という事など忘れてました xx); 前回は日曜で「オオルリ」ラッシュだったが、今日はゆっくり行けると思っていたら、またまたラッシュに遭遇です。
b0174191_21202052.jpg
がっかりの上に、ツグミっちは渡って行ってしまった後。なにか切ない春の風です。

それでも、初見の鳥さんに出会う幸運もありました。それは「カケス」で、カラス科だそうです。大きさはカササギに近く、林の木々の間を数羽の群れで飛び廻り、樹上の虫を捕食していました。
b0174191_2137557.jpg
b0174191_213839.jpg
b0174191_21381286.jpg
普通は撮影を諦める高い樹が密集した林でしたが、晴れてスポットライトが各所にあった事や、カケスが比較的大きい(体長33cm程)事などで、なんとか撮影にこぎつけました。
b0174191_21382631.jpg
b0174191_21383483.jpg
私怪しいものではございませんので、どうかにらまないで下さい ,,);
b0174191_21384599.jpg
林間では、まるで大きなキツツキの様に、樹の肌を歩く様な動きをして、余りじっとしてくれませんでした。また、こちらに気付くと、さっさと見えない様に位置を変えている様です。 撮影は難しい相手なのかもしれません。 下のコンタクトシートは、カケスにふりまわされている所で、被写体ボケとピントずれの絵が殆どです。
b0174191_2235045.jpg
でも、なかなか綺麗な鳥ですね。



環境撮影は SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 、 野鳥撮影は Canon EF300mm F4L IS USM を使用、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2011-04-29 22:08 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2011.04.29 ツグミが行っちゃった(1)

2011年 04月 29日
ツグミ達が行ってしまった。

緑の絨毯が地面を覆い、タンポポも咲いたのに、ツグミ達はこんなの嫌なんだろか。
b0174191_20261787.jpg
彼等はどうして行ってしまうのか、聞かせてくれないか。
b0174191_20285553.jpg
コートは静かで誰も来ない。
b0174191_20352173.jpg
カラスは、いつものとおり。
b0174191_20393967.jpg
カワウは巣にかかりっきり。
b0174191_20453782.jpg
ハトもいつもの通りだ。
b0174191_20474918.jpg

でも、ツグミ達はどこにもいない。

あっ、君ももう行くんだ。 最後だったら笑ってさよならしよう。
b0174191_2058351.jpg

[PR]
by Ataron | 2011-04-29 20:58 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

Panasonic Lumix G1

2011年 04月 29日
Reflex-Nikkor 1000mm/F11 をお蔵入りさせるのは勿体ないので、これを有効に生かせそうなボディについて色々考えた末、発作的にこの Panasonic DMC-G1 (Lumix) を購入してしまいました ^^;
b0174191_2305024.jpg
ネットで中古価格がずいぶん安いのに目をつけていましたが、あれば「買えという定め」なんて思いながら中古店を覗くと、ずいぶんと程度の良さそうなのが20k以下で私を待っていました。 GH1もあったのですが、動画は不要ですから潔くこちらに決定。

①EVFファインダーが超望遠のフィールドでのフォーカシングに、最も適していると予想。
②軽量・小型で、移動荷物の軽減に少しでも有効。
③ミラーレスのために、少なくともミラーショックの心配はない。

あたりが、積極的な理由です。しかし、懸念される点としては、

③ミラーレス機の特徴としてシャッタータイムラグが大きい。 また、シャッター動作の振動は軽微とはいいがたく、EOSのサイレント撮影時の振動には劣りそう。
④センサーのドットピッチは EOS 7D の18Mp/APS-C とほとんど変わらず、感度・ノイズ特性は 7D に劣ると思われる。

他の候補では、EOS 40D を考えていたのですが、フィールド使用で一番ネックになっていたのが①のポイントなので、この機種の EVF に賭けたという所です。

まだ マウントアダプターやレリーズも揃っておらず、テストは連休越しになりそうです。



早速、オークションでマウントアダプター、Amazon通販でレリーズを購入しました。
b0174191_9484090.jpg
マウントアダプターは、レンズ側 EF(EOS) → ボディ側 マイクロ 4/3 のアダプターで KIWI(China)製 3k 、レリーズは ROWA(Taiwan)製 の様です。

現在所有の機材は、EOS EFマウントに殆ど統一していて、Reflex-Nikkor 1000mm/F11 も Nikon → EOS マウントフダプターを着けています。 従って、アダプターの2段重ねになります。気分的には Nikon → Micro 4/3 のシングルアダプターにしたいところですが、G1に他のEFマウントレンズを着けてみたいので、ここはコスト優先です。

残るはマニュアルとにらめっこしかありません。
[PR]
by Ataron | 2011-04-29 03:11 | 撮影機材/技術 | Comments(0)

Test Post Field (15) 「メモ帳」の外部リンク利用

2011年 04月 27日
2011年2月より、外部リンク機能(Exciteブログ以外のサイトへのリンク)が導入され、外部リンクの設定が楽になりました。 使用されている方も多いと思います。 今まで、「メニュー管理」の「メモ帳編集」で、メモ帳に外部リンクを記入して、メニュー上に表示させていたのですが、そんな手間をかける必要がなくなりました。

しかし、ちょっと問題が。 さっそく外部リンクを、この機能で設定して整理していったのですが、一部の外部リンクが設定出来ないことが判りました。 それは、RSSに対応しない外部リンクの場合らしいのですが、「適当でないURL」としてはじかれてしまいます。 そういった外部リンクに関しては、以前と変わらず「メモ帳編集」を使うしかありません。



私の場合は、メニュー管理で、「エキサイトブログ」→「外部リンク」→「メモ帳」という順にリンク表示をレイアウトしています。
b0174191_291310.jpg
これにより、当ブログのリンクに関する現在の状態は、下の様になっています。(リンク数を実際より省いて見易くしています)
b0174191_21789.jpg

外部リンク機能で登録した外部リンクと、「メモ帳」で表記した外部リンクとの境界は、普通は表示されないのですが、整理の都合上判り易くしたくて境界線を入れています。(赤枠で囲んだ細い線)

この境界線を表示させるために、スキンのCSSに少し手を加えています。 CSS上で、メニューの「メモ帳」に関する設定を記述している部分は、下の「DIV.MEMOBODY」の項で、ここに追記をしました。
b0174191_219133.jpg
青文字の記述を追加しているのですが、「メモ帳枠」の上辺(BORDER-TOP)だけ可視化するために色と太さを指定し、更に枠と文字内容との余裕(PADDING)を指定しています。 PADDINGは、境界線(枠線)とその下の文字との間隔を、他の境界線に合わせる目的です。
[PR]
by Ataron | 2011-04-27 00:56 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2011.04.24 宴の次に来るもの(2)

2011年 04月 25日
オオルリというのは大変人気のある鳥さんらしい。 私といえば、池の側で見つけた時は、初見以上の興奮はなくさめていました。 そのうち、車が買えそうな白レンズを抱えた人とすれ違い、これは何かあったのかなと胸騒ぎ。ウォッチャーさんが集まった現場に近付いて、やっとこの鳥さんが目的と判り、むしろその雰囲気に興奮したのでした。^^;b0174191_23244578.jpg
後でネットを調べると、既に17日の探鳥会で確認されていて、この日にウォッチャーの皆さんが集まるのは必至だった様です。



私は少し離れたところで、オオルリ達が顔を出す場所を見つけました。
b0174191_071975.jpg
彼等はこの木陰にも時々やって来るのです。確認できないのですが、以下の写真は何羽かが入れ変わっていると思います。
b0174191_0104395.jpg
b0174191_0105240.jpg
b0174191_011094.jpg
オオルリ君は用心深いのでしょうか。暗い木陰を選んでいる様で、餌のあるはずの地面に降りても、すぐにあわてた様に枝に戻ります。たまに明るい枝にとまる時もありますが露出オーバー xx;
b0174191_018486.jpg
まぁ、ギャラリーが多いので落ち着かないのかも。
b0174191_021367.jpg
枯葉の上に降りたところはたまにしか撮れません。
b0174191_0233632.jpg
b0174191_024682.jpg
陽射しの向きが少しずつ変わり、照明がいくぶん明るくなりました。
b0174191_026724.jpg
b0174191_0291099.jpg
雌のオオルリさんも時々姿を見せます。ジョビさんに似てますね。
b0174191_0304917.jpg
b0174191_031446.jpg
b0174191_031132.jpg



環境は SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 、野鳥は Canon EF300mm F4L IS USM を使用、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2011-04-25 22:50 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2011.04.24 宴の次に来るもの(1)

2011年 04月 25日
桜が散り始めて宴も遠のいた日曜日、天気は上々で先日の穴埋めに明石公園へ。 あたりまえの事ですが、春が鳥さん達の状況にみごとに反映していました。 もう早組のツバメを見る季節です。



b0174191_2343143.jpg
最初に桜堀(東の池)近くで、この鳥さんに出会う。 去年10月(秋深まる明石公園で(1))に見かけたのと同種で、当時はムジセッカではないかと推測していたが、明石公園のネット記事を調べるとセンダイムシクイではないかと思えて来ました。Wikipedia の写真などはそっくりです。

次はスズメ君、殆ど散った桜に沢山集まって元気に騒いでいました。何か狂騒状態で、春です^^;
b0174191_23494535.jpg

剛の池(大きな池)の岸沿いにボート乗場を越えたあたりで、桜の木にいるオオルリ君に出会いました。桜堀近くでも姿は見たのですが、ここで初めてちゃんと撮れました。私にとっては初めて見る鳥さんです。
b0174191_2355394.jpg
オオルリに関しては次の稿でまとめます。

ツグミ君は、まだしばらくは居てくれそうです。
b0174191_23574290.jpg
千畳芝(芝生広場)の北東です。川で水浴びしたのでしょう。ブルルッとやってます。
b0174191_002099.jpg
今度はバタタッと、もう暑いよって感じです。

ヒヨドリ君は沢山いて桜の蜜あさりを続けています。大きな眼!
b0174191_041632.jpg

カワラヒワ君と思います。 彼等の鳴声は聞こえるのですが、なかなか撮れるところへ降りて来てくれません。
b0174191_0102290.jpg

セキレイはいつも見かけますが、種類はハクセキレイですね。今は、この種のセキレイ君ばかりを見かけます。
b0174191_0381126.jpg



小川の端の遊歩道を桜のはなびらが染めて、雪の様でした。私は咲き誇る桜より、こちらの方が好きです。
b0174191_0151261.jpg

ムクドリは、3~5羽ぐらいの群れで行動するのをよく見ます。このムクドリ君は、何かの鳥の羽を咥えて離しません。こういうの見つけると「巣を作るんだ」とか思うのでしょうか。
b0174191_0484594.jpg
みんな、たいていスッタカスッタカと歩きまわって餌を探します。
b0174191_0523782.jpg
顔のブチ模様は独特ですね。
b0174191_0542091.jpg
大きな口!
b0174191_0551498.jpg
何か囀ろうとしています。
b0174191_0562143.jpg
暖かくて気持ちの良いフィールドでした。



環境撮影は SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 、野鳥撮影は Canon EF300mm F4L IS USM を使用、 画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2011-04-25 00:58 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

望遠撮影用ポインター (ストロー照準器)

2011年 04月 23日
1000mm級の望遠撮影になると照準器がどうしても必要となります。 対象が肉眼で見えていてもファインダー内への取り込みが大変難しいからです。 被写界深度が浅く、近距離でファインダー内に捉えていてもアウトフォーカスで気付かず、他を探してしまうということも生じ、その困難さはかなりのものです。

望遠撮影用のポインターに関しては、過去にダットサイトを購入しているのですが、輝点が日中に見にくくて馴染めずにいました。 そこで今回、従来から考えていたストロー照準器を作ってみることにしました。

ストロボシューに取り付けるタイプで、ストローは適度の柔軟性があり、カメラ、レンズなど機材を傷つけにくいものということで、身の回りのものを色々探して、ボールペン芯チュープの太めの物に決めました。



下の写真は、出来上がったストロー照準器を装着したところです。 EOS 7D では内蔵ストロボをアップできなくなりますが、野鳥撮影では全く問題ありません。
b0174191_23573663.jpg
下は照準器を取り外したところです。
b0174191_2359646.jpg



ストロー照準器の概寸図です。
b0174191_005468.jpg
①ホットシューに挿入される基部板(赤色)は2mm厚のアクリル樹脂板を加工しています。 厚さは2mmが最適でした。
②横幅は18.6mmに正確に削り、長さは厳密ではありませんが24mm程度にしています。 また挿入端側は角を少し丸めています。
③ストローを支える2ヶ所の台座は、5mmアクリル板から削り出し、ストローを通す穴を加工しています。
④ストローに使用したボールペン芯チューブは、外径4.5mm 内径1.5mm 、長さは60mm程です。
⑤2個の台座は、エポキシ接着剤で基部板に接着し、ホットシュー上に装着して照準の左右を調整した状態で固着させました。



実際の撮影に使用したところ、この様な物で充分役にたちました。 有るのと無いのとでは大違いです。長さを取って必要以上に精度をあげる必要はなさそうに思えます。

問題と思った事、改善すべき点:
もっと穴が大きい方が見易そうです。(内径3mm位か?) 色々作ってテストする必要がありそうです。 また、台座の上下方向の調整をせずに固定したので、少しですが上下に照準ズレが出来てしまいました。 台座の穴を拡げるなど、縦方向の調整もすべきでした。

パイプの柔軟さは丁度良い感じです。これ以上やわらかいのも困ります。



以下にストロー照準器の他記事があります。
 ストロー照準器の製作 (G1用)


[PR]
by Ataron | 2011-04-23 00:41 | 撮影機材/技術 | Comments(0)

明石公園 2011.04.17 花見や探鳥会や

2011年 04月 18日
やたら暖かくなって来たので、ツグミっちが急にみな渡って行ってしまったらなんて、妙な気分になって明石公園に行ってみた。 正確な観察をしているわけじゃないが、去年は5月には見かけなくなったが、4月下旬までは居そうで、実際、この日(17日)にはツグミ達はまだ残っていました。

しかし、この日は花見の季節の真っ最中。 沢山の花見客で公園の芝生は覆い尽くされて、鳥達はかなり追いやられている様でした。 私も厭世的な気分になり、人の来ない茂みに入ってみたりしました。
b0174191_2252076.jpg
こういう所では、普通は鳥さんに出会わないし、出会ってもまず撮れないのですが。

ツグミ達と遊べる草場に行ってみると、何やら20人程の人だかり。 どうやら探鳥会の人達らしく、ここも絶望的です。
b0174191_22145463.jpg

子供広場の近くで少し人の往来の少ない所がありました。
b0174191_22201097.jpg
ここにシロハラ君とシメ君がいました。
b0174191_22235065.jpg
シロハラ君はなにか悲しそうに見えます。
b0174191_22272224.jpg
シメ君の嘴はメタルっぽく光り、いかにも強そうです。 今冬はよくみかけるシメですが、ずっと駐留している様です。
別の所で見つけたシロハラ君。
b0174191_22304249.jpg


落ち着いて鳥さんとコンタクトできそうにもないので、この日は早々に引き上げました。



環境撮影は SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM 、野鳥撮影は Canon EF300mm F4L IS USM を使用、 画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2011-04-18 22:39 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

佐賀はカササギの地 (8)

2011年 04月 15日
多布施川を半分程さかのぼり、そして来た道を下って神野公園に戻りました。 もっと上流も自然に富んでいそうなので、また機会があれば行ってみたいと考えています。

神野公園はオープンな公園で、敷地の多くをお花見客に開放していました。 休日の絶好のお花見日和で、日頃の餌場が占拠されてしまい、カササギ達は立入禁止の日本庭園の一部に降りるしかありません。
b0174191_14413782.jpg
そんなわけで、その区域の傍の木陰で待っていると、次々にカササギ達が来るという按配でした。
b0174191_14483268.jpg
b0174191_14484464.jpg
やはり、ここの公園は近付いて撮影出来る場合が多く、貴重なスポットです。
b0174191_14504393.jpg
茂みに座りこんでいると、横でなにやら小鳥の影が。 撮ってみて相思鳥と判りました。
b0174191_155355.jpg
彼等に罪はないが、侵略的外来種ワースト100(内、鳥類は5種)に指定されているらしい。 可愛いと憎まれるんだね。

安全地帯のはずが、時々闖入者が...b0174191_15123383.jpg
字が読めないので仕方ないが、カササギ達は退避するしかありません。
b0174191_15145030.jpg
困りましたね、私もそう思います。
b0174191_15155558.jpg
下のほうが涼しいのですが。
b0174191_15172479.jpg
花見客の宴のかたわらで、カササギ達と私はおとなしく春を楽しんでいました。
b0174191_15215510.jpg
また来るから、元気でね!
b0174191_15222581.jpg



環境撮影は SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 、野鳥撮影は Canon EF300mm F4L IS USM 、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2011-04-15 15:23 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

佐賀はカササギの地 (7)

2011年 04月 15日
JR佐賀駅に戻り、タクシーで神野公園に11時前に到着。 多布施川を上流に向かって歩きました。
b0174191_1117247.jpg
早速、土手の樹にカササギ君を発見。
b0174191_11194071.jpg
b0174191_11263875.jpg
近くの電柱に巣がありました。
b0174191_11272663.jpg



水道局より少し上流まで来ました。 土手の桜の木の間が散歩道になっています。
b0174191_10164817.jpg
このあたりに住んでるらしいカササギ君に出会いました。

b0174191_11575766.jpg
遊歩道で餌探しの最中に、お散歩犬が。

b0174191_1202237.jpg
うっとうしいなぁ~もう!

b0174191_122269.jpg
「ヒモの着いた犬や、ヒモのついた~」

b0174191_124181.jpg
おっ、怒りよったか。 「やる気かぁ」

b0174191_126215.jpg
やっぱりやめとこ^^;

邪魔がよく入る場所ですが、最後には餌をゲットしました。
b0174191_12102165.jpg
少し近付いて来たのですが、何か顔が変。
b0174191_12113885.jpg
あーやっぱり、まだ口の中に餌を挟んでました。
b0174191_8305485.jpg
もしかしたら、このまま巣に持って行くのかも。

桜満開の土手で出会ったモズ君。
b0174191_12151510.jpg
スズメ君は桜のオシベを食べているらしい。
b0174191_12153457.jpg



当地方の住人ではないので、カササギが電柱上にこれほど盛んに巣をつくっているとは知りませんでした。
b0174191_12335249.jpg
この季節にカササギを探すなら、電柱の巣を見つけるのが一番てっとり早そうです。 これからの巣立ち子育ての時期も、撮影がし易そうです。



環境撮影は SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 、野鳥は Canon EF300mm F4L IS USM を使用、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2011-04-15 12:16 | 鳥さんの写真 | Comments(0)