Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マウントアダプターの漏光(1)

2012年 05月 29日
マイクロフォーサーズ用のマウントアダプターは私の必須アイテムになっています。 これらは比較的安価な輸入品を使っていますが、先日僅かな漏光に気付きました。 ずいぶん悠長だと思われるかもしれませんが、マクロレンズを着けて色々な姿勢で撮影していて初めて気付いたものです。 特別な条件でしかこの不具合がはっきり出ないのですが、今まで僅かずつ撮像に影響が出ていた可能性はあります。



画像右側の幅のあるラインに気付いたのは、明るい窓辺で室内の物を覗いていた時です。 下の写真は、なるべく強く出る様にして調べていた時のもので、少しレンズの向きを変えると消えてしまいます。
b0174191_0362013.jpg
右隅の帯部にも像があり、最初はEVFファインダーの不具合かと思いましたが、2つのボディで再現してマウントアダプターを疑う様になりました。(実は、隅は正常で他の全体の方が問題だったのです)

当初、マウントアダプターの筒内面の反射ではと考えました。 特にこれはNikon→M4/3用で、マクロレンズを着けカメラ側から見ると、マクロのマウント部のアルミ色の地が少し見えるので、そんな憶測をしたのです。
内部反射を抑える対策として、アダプター内部に部分絞りを入れてみることにしました。
b0174191_055588.jpg
①アダプターのレンズ側からの写真。 レンズ側マウントは4本のネジで簡単に外せます。
②レンズのロックピンが外れます。 根元のバネを失い易い。
③ロックピンの根元は、バネと共にこの穴に刺さる構造です。
b0174191_11897.jpg
④絞りに使った0.5mm厚程度のプラ板。 細いマイナスドライバーで絞りラインを作図しています。
⑤カッターでおうよその形まで穴を拡げ、棒ヤスリで穴を整形し、サンドペーパーで仕上げています。 穴の大きさは 26mm×18mm で、組み込み誤差でケラレを生じない様に、撮像素子より適当に大きめです。
⑥両面テープでマウントアダプターの内側の底に貼り付けて完成。 カメラ側マウント部から見たところ。
⑦カメラ本体に着けたところです。

で、早速マクロレンズを着けて再現テストをしてみました。
b0174191_1165165.jpg
⑧今度は画面半分にまで右のラインが拡がった。 このあたりで、やっと左側の方が問題だと気付いたのですね。
⑨漏光が撮像素子を照らしていたのだと、ようやく判りました。 ロックピンの周囲からです。 光漏れを強調して撮っていますが、普通に構えると、このピンの周囲に手が来る事が多く、気付き難いでしょう。
⑩遮光のために薄めの黒いシートを貼りました。 分厚いと、マウント面を取り付けると押し剥がれてしまいます。 薄い金属板ならベストですが、今はこれでよしとします。
⑪シートを判り易く写したもの。 ロックピンの手前面が削れていますが、これは最初からです。 この面がシートを少し押すので、後で更にヤスリで削り整形しました。

他メーカー(輸入品)のマイクロフォーサーズ用アダプターも、程度はましですが漏光していました。 マウントアダプターのロックピン部は、漏光しやすい場所の様です。 御同好の方、一度チェックされたらと思います。
[PR]
by Ataron | 2012-05-29 01:36 | 撮影機材/技術 | Comments(0)

明石公園 2012.05.27 カラスの子 続き2

2012年 05月 27日
日曜日の明石公園はスポーツ大会が開かれている事が多く、賑やかな応援が遠くまで聞こえます。 今日もそうだったが、鳥達は慣れてしまっているのだろうか。

池にいつもいるアオサギですが、池の北側にやって来たのは騒音をうとましく思ったからでしょうか。 カイカイするところは余り見ないが、カイカイしながらも目は水面を偵察している様に見える。^^;
b0174191_2165051.jpg
犬や猫もカイカイするから、人は後ろ足でカイカイしない珍しい動物? ウマとかウシとかしないか。

カラスの子が親を待つ場所はおよそ決まっている様で、また撮影して来ました。 下は親カラスから餌をもらっているところ。 頻繁には餌をもらえないみたいですが。
b0174191_21122441.jpg
こんな風に、枝で親を待ってます。
b0174191_2114480.jpg
今日は暑く、毛づくろいに余念がありませんでした。
b0174191_21152623.jpg
時には葉をつついたり、枝の皮をつまんだりしますが、食べている風ではありません。
b0174191_21171433.jpg
たまに鳴くんですが、小さなかすれ声しか出ません。
b0174191_21183122.jpg
もちろん飛べるのですが、親が来るのをこのあたりで待っています。 移動する時には、何か親の合図があるのかもしれません。
b0174191_21202889.jpg
この子は、親が来て一緒に森の中に飛んで行ったのですが、その方角から暫く後に一羽の子が水浴びにやって来ました。 独りで活発に行動するので、先とは違う子の様に思えます。
b0174191_21284594.jpg
まだ成鳥ではないですが、ずいぶんしっかりしています。
b0174191_21294171.jpg
私の間近の枝で少し羽を乾かし、何か鳴いて(私に向かっての様に)頭の上をかすめて森に戻って行きました。



Pana DMC-G3 + Tokina AT-X400AF SD 、Micro Nikkor 55mm F3.5 を使用、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2012-05-27 21:32 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2012.05.22 カラスの子 続き

2012年 05月 22日
最近は変則休み、公園はウイークディに限ります。

カラスの子に会えそうな気がして、一直線に先日と同じところに行ってみると、近くの大きな樹にいました。
b0174191_195905.jpg
これは、親が餌を持って来てくれるのを待っている様な感じです。
もさっと半分寝てるみたいですが、時々は伸びをしたりしています。
b0174191_2043959.jpg
今日は光が良くないですが、距離は自由に選べる場所でした。
b0174191_206922.jpg
b0174191_2053166.jpg

しばらくすると、やっぱり親ガラスがやって来ました。 でも、餌は無かったみたいです。
b0174191_20104479.jpg
再び親は飛び去り、子だけが残りました。 親カラスとそう変わらないほど育ってますが、まだ自分では餌を捕れない様です。



Pana DMC-G3 + Micro Nikkor 55mm 、Tokina AT-X400AF SD にて撮影、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2012-05-22 20:15 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2012.05.16 カラスの子

2012年 05月 18日
ウイークデイの明石公園、このところの雨と暖かい陽射しで新緑が吹き出していた。 植物の成長の速さはあなどれません。

今は多くの種類の雛の巣立つ時期なんでしょう。 スズメの子供らしい鳴き声を良く耳にしますが、公園も同じです。 もうそれなりに飛べるスズメの子を、親が連れあるいてます。
b0174191_21323559.jpg
親が餌を探しに行ってる間は、色々手近なモノを咥えてみたりしてます。まぁたいていは食べられない様ですが。
b0174191_213592.jpg
高いところに登ってますが、まだ足元が少し怪しい。
b0174191_21364172.jpg
それでも、親と一緒にビュンと飛んで行きました。

めずらしくカラスの子に出会いました。 成鳥の様な警戒心がなくて、とてもあどけないのです。
b0174191_21411093.jpg
嘴の隅がピンクで、瞳がグリーンがかっている様に思います。 ネットで調べるとブルーがかっているという人もいます。
b0174191_21435724.jpg
この枝で休んでる様で、眠そうにしてます。 寝る子は育つ、私は子供でないが、やはりいつも眠い~~;
近すぎて入らないので縦撮りにしました。 やおら背伸びしたところ。
b0174191_21492753.jpg
別の枝に移りました。胸の毛の乱れが子供っぽい感じです。
b0174191_2153432.jpg
この子も、目にとまった葉を咥えてみたり。 食べずに落としてしまうんですが。
b0174191_21561965.jpg
ところで親は一向に現れません。 まぁ、林の奥から色々と声はするんで、どれかが親の声かも。 ちょっと近所に遊びに出たといったところでしょうか。 ずいぶん付き合ってくれた後、ごそごそと林の中に戻って行きました。



Pana DMC-G3 + Tokina AT-X400AF SD で撮影、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2012-05-18 22:01 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

フリーターン雲台(SH-707E)の改造

2012年 05月 17日
SLIK SH-707E は、同社独自スタイルのフリーターン雲台です。 この上のクラスの「マスターデラックス雲台」は報道系で良く使われて来たそうです。
b0174191_1958458.jpg
一本のハンドル操作でパン/チルトのロック・アンロックが出来る俊敏性が買われたのではと思います。ホームユースのライトなビデオ雲台にもそういう物がありますが、プロユースに耐えるそういう雲台は他には見かけません。 このフリーターン雲台の特徴については、SLIKのサイトに詳しい情報があるので、興味のある方はご覧ください。

さて、私は野鳥用に SH-707E を購入したのですが、ハンドル(パンハンドル兼用)が左側にあることを考慮していませんでした。
b0174191_20171379.jpg
これについては、以前の「三脚選びあれこれ」に書いてますので、ヒマな人は見てください。 とにかく、このハンドルが左側にあるので、野鳥撮影には使えないでいたのです。

一旦お蔵になったこの雲台ですが、小型でキビキビした操作感が忘れられず、なんとか右ハンドルに改造してみました。 以下はその改造作業の記録です。 SH-707E の分解手順の説明でもありますから、メンテ時の参考にしてください。



b0174191_20303053.jpg
①雲台基部のイモネジAを外します。(写真の3mmネジは、本来のイモネジと置き換えしたものです) このAを外すと②の様にCからDが抜け、雲台基部が分解できます。同時にCは写真の様に雲台から横へ抜くことが出来ます。
次にネジBを外します。 これで、上部ターンテーブルのロックレバーが抜けて外せます。
③ロックレバーを抜くとレバーの軸Eが露出します。 軸の横に小穴Fがあります。 Fの奥には、ターンテーブルの抜け止めのイモネジがありますが、ここはそのままにしています。
改造は、左側にあるパン/チルトのロック機構と同じものを、右側に作ります。 左側に似せて、右のリングに切れ目を鉄ノコで作って行きますが、刃のストロークが限られて数時間かかりました。
④はカット中の様子で、ガムテープで塗装面の保護をしています。

b0174191_20303744.jpg
⑤はリングのカットが完成したところです。
⑥本来ハンドルのロック機構があった左側は、リングを閉じる加工をしました。 スムースに雲台基部のドラムが回転する様に、適当な厚さのワッシャーHを挟み、ハンドルの代わりとしてボルトGで固定しています。 (注:ハンドルのネジは「ウィットネジ」という規格で、ボルトGはホームセンターで入手。 「1/4 W 20」と表示された長さ25mmのボルトです。 普通のISOネジは使えません。)
⑦ターンテーブルのロックレバー軸Eを抜き出して外し、横の小穴Fに六角レンチを入れてイモネジを抜き出します。
⑧イモネジが抜けると雲台本体から上部ターンテーブルが外れます。 ナイロンスリープがテーブルと本体間の緩衝材として入っています。

b0174191_20304321.jpg
⑨右側にハンドルのロック機構を作ります。 カットしたリング端に、垂直にハンドルの入る穴を加工するため、木片の台Iを用意しました。
⑩雲台本体を木片に結束バンドで固定し、木片をドリル台にバイス固定しています。 このボーリング穴が、小穴Fの一部をかすめる事が判っていたので、用心のために中のイモネジを外したのです。 加工の結果、小穴Fの半分程をハンドルが塞ぐ形になりましたが、イモネジはFの奥になり、ハンドルとは干渉が生じませんでした。
⑪ボーリングが完成したところです。 最初にハンドルのネジ用の下穴として5.0mmで一番深い穴を堀り、リングの耳部分は5.5mmで穴を拡げています。 最後に、ウイットネジ「1/4 W 20」のタップで雌ネジ部を加工しました。
⑫右側に新たに作ったハンドル/ロック機構の模式図です。 リングの耳部の押さえに、ハンドルに通したワッシャーを使うなど、若干のアレンジをしています。

ロック機構が完成し、分解した各パーツを組み直しました。 摩擦回転部には適当量のグリスを塗布。 ロック機構で締められるCは、右側に割りの入った部分が来る様に、本体に以前と反対向きに通して組んでいます。



改造により、右側にハンドル機構を移した フリーターン雲台です。
b0174191_2223578.jpg
右眼でファインダーを覗く場合は、この右バージョンが使いよいんですけどね。 あらためて弄っていると、野鳥で使い良いかはフィールドテストが必要と感じましたが、室内の物撮りなんかでは使い良い雲台だと思います。

〔追記〕フリーターンを使うと自由雲台や2ハンドルの雲台を使う理由がなくなります。 屋内使用がメインですが、超望遠はオイルフリュード、それ以外はフリーターンという使い分けが現在のパターンになりました。

[PR]
by Ataron | 2012-05-17 22:20 | 撮影機材/技術 | Comments(0)

Micro Nikkor 55mm F3.5

2012年 05月 16日
EOS用としては EF50mm F2.5 Compact Macro を所有していますが、Pana G にマウントしても絞りが使えません。 このマクロレンズで便利さや写りの良さを実感していたので、別に花や昆虫を撮ろうというのではないのですが、ついつい Pana G用にもマクロが欲しくなってしまいました。

マイクロフォーサーズ純正はお高いので、使い易そうなマクロレンズを調べると、SIGMA 50mm/f2.8 EX DG MACRO が価格や性能から妥当な候補。
b0174191_163912.jpg
マウントアダプターでマウントするので、AF初期のNikon用などで「絞り環」のあるタイプを探した結果です。同じSIGMA製でもSONY(ミノルタ)用やEOS用は絞り環が無くて Pana G には使えません。

当初、オークションでこのレンズを主にリサーチしてましたが、中古店に出向くと色々ありました。 少々古いレンズですが Micro Nikkor 55mm F3.5 がオークション価格であり購入して来ました。
b0174191_1232310.jpg
レンズが古いのは良いとしても、旧測光方式の「カニ爪」と呼ばれるカムは、不要で他の機器に当たると傷をつける元なので外しました。
b0174191_1233262.jpg
カニ爪の取り付けネジは戻しています。
b0174191_1234174.jpg
けっこうカラフルなレンズです。 未だこれで撮っていませんが、絵でレンズの良し悪しを批評するなんて私の柄ではありません。

判る事を書くと、
●レンズの大きさ、持ちやすさ、ワーキングディスタンスなどは、Gのボディに合っている様に感じます。 純正マクロはコンパクト過ぎて、持ち運びには良くても扱いは劣るかも。
●拡大率など、やはり50mm前後がマイクロフォーサーズのマクロとして標準的で使い良い気がします。
●このレンズの絞り羽根は6枚で、絞り値によっては妙なスター形になったりと、良いとは言えません。
b0174191_9441663.jpg
絞りの形を余り問題にしなかった時代の製品で、更にガタも来ているのでしょう。 「玉ボケ」に拘るなら開放で撮るしかなく、ボケ質に拘る向きには適さないかもしれません。 余り小さなコトに拘るのはいけませんね。

何を撮るというのでなくても、マクロレンズは欲しくなるのであります。 ^^;
[PR]
by Ataron | 2012-05-16 01:58 | 撮影機材/技術 | Comments(0)

明石公園 2012.05.10

2012年 05月 10日
ウイークディの休日が入ったので、先日の鳴き声の主を撮ってやろうと思って公園に出かけました。 しかし、100名くらいの幼児/お母さん軍団が肝心の地域を占拠していて、これでは鳥さんが警戒しない方がおかしい。 やはり先日の鳴き声はするものの地上には降りて来ません。 ずいぶん待っていると一度だけ頭上をかすめ、どうやら派手な色が判りました。多分キビタキだろうと思います。 未だちゃんと撮った事のない相手ですが、お預けです。

今の季節はムクっちが一番目立ちます。 彼等は少々人が増えようが、用心しながらも草地に降りて集団で移動します。

無造作に置かれた岩に、たまたま登っちゃったという感じです。
b0174191_21585553.jpg
ブチで余り人気が無いムクっちですが、表情に富んで個性的です。
b0174191_2159323.jpg
このボサッとした感じ、スヌーピーのお仲間(なんという鳥なんでしょうか?)に似てません。
b0174191_22103211.jpg
草の茎がかぶってしまいましたが、ワイルドな写りのムクっちです。
b0174191_21591251.jpg




Pana DMC-G3 + Tokina AT-X400AF SD で撮影、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2012-05-10 22:13 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2012.05.05 木の上のムクドリ

2012年 05月 05日
そろそろ夏鳥の来る時期です。 明石公園にも聞きなれない新種の囀りが聞かれます。 声の主を探しに近付くと立派な機材を据えた先客がいて諦めました。 またの機会があることですから。

天気が良い公園をめぐると、一番多くみかけるのはムクドリ達です。 木陰の草地を行ったり来たりするのを良く見かけますが、新芽の出た大きな木にたかっている一群を見つけました。
b0174191_17502568.jpg
枝が細く不安定ですが、気にしない所作が面白い。
b0174191_17544788.jpg
b0174191_1755396.jpg
思わず短い尾羽も開いてますね^^;
下のムクドリ君は枝にひっかかった様になっても、気にしてません。
b0174191_1872568.jpg
こちらは桜の木のムクドリ君。 何を見てるのでしょう。
b0174191_1805382.jpg
最近は活発さが目立つムクドリ達です。



Pana DMC-G3 + Tokina AT-X400AF SD にて撮影、画像はクリックで拡大表示します。
[PR]
by Ataron | 2012-05-05 18:12 | 鳥さんの写真 | Comments(2)

Tokina AT-X400AF SD の鏡筒プロテクター

2012年 05月 01日
野鳥撮影の超望遠に迷彩デザインの鏡筒プロテクターを装着している写真を良くみかけます。 あれって、作っているのが米国のメーカーのみで不法に高価です。 不思議なことに他メーカーから対抗製品が出て来ません。 そんなに優れモノでなくて、単なるシール状のモノで良いから安価に提供すれば、それなりに売れると思うのですが...

最近は Tokina の400mmを良く使うのですが、手持ちの際に壁等に押し付けてさっそく小傷を作ってしまい、やはり何らかのプロテクトが要るなと思ってました。 連休で天気も良くないので、神戸へ貼付け素材のシートを探しに出かけました。行く先はお決まりの Tokyu Hands です。
b0174191_20205319.jpg
ここであれこれ探して仕入れて来た素材は、ドイツ製の「d-c-fix」という糊付きエンビシートらしきもの。 実は結局いつもこの製品に行きついてしまうのですが、今回は絵柄のある迷彩風のものにしました。
b0174191_20273542.jpg
絵柄が決められずに、使えそうな3種を50cmずつ買ったのですが、どれも250円以下です。 白系のハイカラなのも面白そうと思ったのですが、フィールドではやはり茶系が無難と判断しました。
このシート、薄めで激しいアタック防護には効きませんが、そういう目的には重ねて貼れば良いでしょう。しかし小傷から守るには充分ですし、一番有効だったのは組込みフードを妨げないことです。 もともとこのTokina のフード固定がユルユルで、かってに縮まることがありましたが、下の写真の先から2段目(フードのスライド部)に貼ったシートで、締まりがちょうど良くなりました。
b0174191_20475963.jpg
鏡筒プロテクターで一番悩むのは組込みフードのスライド部で、最悪はここに貼れず地が出てしまうのですが、今回はうまく行きました。

失敗すればシートが残っている限り何度でも作り直し、貼り直しが出来ます。 実使用で剥がれて来れば、また貼れば良いので気軽です。 迷彩デザインのシートがあれば良いんですが、どうも世の中にありません。 その内、この様なシートにペイントして作ろうかとか思っています。



街角スナップ: 「スパゲッティ屋のジョン・ノレソ」という看板、あっ「ジョン・レノン」というミスリードを意図したかの様な...まぁいいんですけど。 店構えはなかなかお洒落と思ったのですが、どうしても右のお兄さんが動かないままパチリ。
b0174191_21173061.jpg

[PR]
by Ataron | 2012-05-01 21:04 | 撮影機材/技術 | Comments(0)