Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Test Post Field (23) ヘッダー手直し

2013年 05月 30日
私のページアレンジではヘッダー部で、当ブログの先頭(つまり、最新の投稿記事)に戻るスイッチを作っています。
実情ではメニューの中の「カテゴリ-全体」を押せばこと足りるのですが、初見の人には判りづらいだろうという考えから作ったのが「Recent Update Page」というスイッチです。 また、その横には「ExBlog Top」というスイッチを置き、これは私のブログの一階層上のエキサイトブログ全体へのスイッチとして、位置を判り易くしたつもりです。(逆に、どうでもいいが判り難いという人もいるかも)

で、この「Recent Update Page」のスイッチ、最近、場合によっては正しく働かないことがあるのに気付きました。 検索ジャンプでページ移動していた場合は効くが、ページ送りで移動した後には誤動作する様です。 以前に以下のところで書き換えた時に、テストが充分でなかった様です。

Test Post Field (21) ヘッダー改変に対応(続き) (4)
b0174191_22302941.jpg
この赤の部分「../」は、HTML上で「ひとつ上の階層」と解釈されるが、「以前のページ」スイッチだけで移動した後に、このリンクを押しても正しく動作しない事が判りました。 これはエキサイトブログのページ移動機能の独自性によると思われます。

さて、エキサイトブログの自ブログ内の投稿に対するリンクは、一般に以下の形でリンク表記できます。
b0174191_2239369.jpg
投稿記事内で、「My Back Page xxxxxxxx」という文字列をスイッチにしたリンクを設定していますが、「xxxxxxxx」は記事固有の整理番号で、投稿ごとにエキサイトのシステムが8桁の数字を割り当てたものです。 上の表記の仕方は、いちいち「http://~~」等と絶対リンクの表記しなくても、自分のブログ内ならばご近所リンクが成立します。 いわゆる相対リンクの表記が可能という仕組みです。

で、先に書いた「カテゴリ-全体」のリンク内容は「i0」(アイゼロ)となっているので、この表記方法を流用して以下の様に「Recent Update Page」のリンク表記を改めました。
b0174191_22501836.jpg
これで、問題は解決出来そうです。

+

一応ケリを着けたものの、上記の「i0」で表示されるのは、「myname.exblog.jp/i0/」で、厳密に言えば「myname.exblog.jp/」とは異なります。 色々調べても、この二つは実際は全く同じモノを表示している様ですが、すっきりしないので...

まず相対リンクの解釈のされ方を色々とテストしてみると、面白いことが判ります。
b0174191_2333738.jpg
上のリンクの内容は IE8ではそれぞれ
① 「myname.exblog.jp/」
② 「myname.exblog.jp//」
③ 「myname.exblog.jp///」
と解釈され、どの場合も目的通りにブログの先頭からの表示となります。 正しい表記は①ですが、おそらく最後の「/」以降を意味無しとして無視してくれるからでしょう。
④はそのリンクが置かれた投稿自身へのリンクとなり、その投稿の頭から表示されます。

しかし、IE6では①と④は同じですが、②③は「http:///」と解釈され無効なURLとなります。 ブラウザやその設定によらず目的にかなう動作をする表記は、①が無難な様です。

上記のコードの通りのリンクを以下に作りますので、動作を確かめてください。
①  自ブログのトップに戻るスイッチ
②  自ブログのトップに戻るスイッチ
③  自ブログのトップに戻るスイッチ
④  自ブログのトップに戻るスイッチ

以上の考察やテストから、「/」を使うことは出来そうです。 但し、エキサイトプログのシステムが微妙に変更されたりすれば、リンクが正しく働かなくなる可能性は「i0」「/」の両方とも僅かにありそうな気がします。
[PR]
by Ataron | 2013-05-30 22:01 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2013.05.29 カラスのママ

2013年 05月 29日
週中の休みがあり公園に、天気は曇りでわずかに小雨。

毎回パンをゲットに来るのはカラスのママなんでしょう。 兄弟は水場を生活学習圏にしていて、多くの場合このママが付き添っている様です。 子供は羽根の色が親と違い黒に近いですね。
b0174191_19554391.jpg
幼い弟がねだる様なしぐさをしていますが、大きさから見て相手は兄貴です。 パパはどこに行ったか姿はありません。
パンを咥えるとママは殆どを近くに隠しに行く様です。
b0174191_19591787.jpg
枯落葉の下など幾つかの場所に簡単に隠してすぐに戻って来ます。 私はプライバシーの観念から、隠し場所を確かめることはしません。 今日のママのポートレイト。
b0174191_2035952.jpg
弟の方はしぐさに愛嬌があります。
b0174191_2045310.jpg

+

他の鳥さんもと北奥の遊園地にまわりました。 まあ季節がらツバメくらい。 スベリ台の塔に登ると、何の樹か香ばしい花を咲かせています。
b0174191_20123283.jpg
この樹を周回するツバメ達がいて、間近に近づいた所を標準ズーム125mmの置きピンで、数打てば当たる式の撮影。 今日は暗くていまいちでした。
b0174191_20162633.jpg

+

帰ろうと駐車場に来ると、道路上で動かない塊が。 ハトなのかと思って近づくと、カラスの子供でした。 写真を撮ろうと更に近付くと、頭上の樹で親達が大騒ぎします。
b0174191_2019293.jpg
落ちて怪我をしているのか、動きが悪くて縁石に辿り着くにも一分程かかっていました。 親達が助けられるかどうか、邪魔しないのが唯一の出来ることです。

+

EOS7D + EF400mm F5.6L 、SIGMA 18-125 F3.8-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大可能です。
[PR]
by Ataron | 2013-05-29 20:25 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

YouTube動画のセンタリング

2013年 05月 29日
音楽関係の投稿にもはや YouTube は不可欠の機能です。 動画は「iframeタグ」でとりこまれ表示されます。 YouTube の動画を取り込む手順は既知のことでしょう。 問題は、動画のセンタリングの方法です。

+

最初は単に、YouTube のページで提供された「埋め込みコード」をコピーして来て、投稿記事内にペーストしてました。

そのうちセンタリングした方がバランスが良いと思いはじめ、HTML表記で「align="center"」を「iframe」内に記入していました。 下は埋め込みコードの例ですが、ペースト後に青い部分を記入してセンタリングさせていたのです。
b0174191_12464878.jpg
ところが、IE8では上手くセンタリングされますが、Google Chrome ではセンタリングが効かないことに後で気付きました。 そこで、有効なHTMLタグを調べると「CENTER」タグが使える様でした。
b0174191_12574881.jpg
これで、IE8もGoogle Chrome でもセンタリングしたのですが、「CENTER」タグは非推奨要素の様なので、HTML記述を以下の様にすることにしました。
b0174191_13152641.jpg
他のブラウザで検証出来ませんが、2つのブラウザでOKなので良しとしました。
[PR]
by Ataron | 2013-05-29 13:30 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

あざやかな場面 / 岩崎宏美

2013年 05月 29日
岩崎宏美は歌唱力があると言われていましたが、私にはどうでも良い話だったし、今でも歌唱力という基準自体に疑問を感じるところがあります。 そして彼女がスターの最前線に居た頃のヒット曲は余り良いとは思わなかったのですが、この曲だけは特別でした。

なんだかとても気に入って、FM放送から録音して大事にしていました。 清楚で飾らないイメージの声と素直な歌詞、輪唱の様な美しいコーラス、そして不思議で少し不吉なスネアドラムでの終わり方。 やはり特別な曲なのです。

彼女は初期に「ロマンス」(1975年)などをヒットさせ、この「あざやかな場面」の後では、「聖母たちのララバイ」(1982年 火曜サスペンス劇場の主題歌)のミリオンヒットで地位を不動として現在も健在です。 また、この曲が発表された1978年の邦楽年間チャートによると、「君のひとみは10000ボルト」「サウスポー」「プレイバックPart2」などがベスト1になっていますが、この曲は14位に留まっています。



    
      あざやかな場面
           / 岩崎 宏美 1978
               Music: 三木たかし
               Lyrics: 阿久悠
    

目を閉じていればいくつも あざやかな場面が
懐かしい歌につつまれ 色とりどり蘇る
あの時は春の終りの 息づまる青葉に
おしゃべりの癖も忘れて あなたの手に抱かれてた

そんな愛の真似事も 忘れられない
今になれば何もない 幼い愛でも

あの時は夏の嵐が ちぎれ雲運んで
幸せの夢に翳りが さした様に思ってた
若い日なら何もかも 許されるもの
そんな無茶を信じてた 涙を流して

そして時が少しだけ うつり変わって
すべて過去の想い出に 変わってしまった




b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2013-05-29 00:50 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Snowbird / Anne Murray

2013年 05月 28日
ちょっと今と季節が違う曲ですが...

この曲を題名になってるスノーバードというのは「ゆきほうじろ」という鳥のことだと言っている人もいれば、フィンチだとかツグミの類だと言っている人もいて、もうひとつはっきりしません。 現実の鳥の種類を、案外大雑把に区別しないでいる人も少なくはなく、歌に出て来る鳥だとなおさら諸説が出て来るのは仕方ないですね。

ネット上の写真を勝手に集めて来たのですが、先ずユキホウジロは下の様な鳥さんらしい。

b0174191_22442345.jpg

また、フィンチというのは広い範囲の小鳥を言う様で、文鳥や十姉妹やカナリアもフィンチのうちらしい。 アトリ科の小鳥(もしくはそれに似た小鳥)をさし、嘴が文鳥の様な形のものはみなフィンチと言ってる様です。 下はフィンチの一例です。

b0174191_2384263.jpg

ツグミは特に示すまでもありませんね。 まぁ雪解けの季節にさえずっている小鳥を適当に想像して充分な話で、「Snowbird」って「Bluebird」ほどに好ましい鳥の姿を想像させる言葉だとは思います。

このすがすがしい曲は、カナダのアン・マレーが歌って1969年にヒットし、彼女はそれを期に世界的なスターの座を得ました。 リズムが心地良く、少人数編成のポップス音楽に慣れた耳にも、ストリングスの演奏もよいものだと気付かせる曲です。

バックアレンジのイメージ通り、歌詞は雪の季節を歌っています。 春が近い事を知らせるスノーバードを眺め、失恋の痛手から逃れ、悲しみのない世界にスノーバードと一緒に飛んでけたらいいのに、という歌詞です。 うーんカナダですねぇ。



    
            Snowbird
                / Anne Murray 1969
                  Written by Gene MacLellan
    

Beneath it's snowy mantle cold and clean,
The unborn grass lies waiting for its coat to turn to green.
The snowbird sings the song he always sings,
And speaks to me of flowers that will bloom again in spring.
When I was young my heart was young then, too.
And anything that it would tell me, that's the thing that I would do.
But now I feel such emptiness within,
For the thing that I want most in life's the thing that I can't win.

Spread your tiny wings and fly away,
And take the snow back with you where it came from on that day.
The one I love forever is untrue,
And if I could you know that I would fly away with you.

The breeze along the river seems to say,
That he'll only break my heart again should I decide to stay.
So, little snowbird, take me with you when you go,
To that land of gentle breezes where the peaceful waters flow.

Spread your tiny wings and fly away,
And take the snow back with you where it came from on that day.
The one I love forever is untrue,
And if I could you know that I would fly away with you.
Yeah, if I could I know that I would fly away with you.




b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2013-05-28 23:22 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

明石公園 2013.05.26 カラスのパパ

2013年 05月 27日
先日のカラスの子供を見に行きました。 暑いせいか人は案外と少なくて良。

水場に行ってベンチに座ると、待っていた様にどこからともなく先日のカラスの親が現れました。
b0174191_21324540.jpg
パンを私の背後の林の方へ持って行きます。 振り返って見ると幼い兄弟が林の中で餌さ採り中でした。 今日は、パンをすぐに子供に与えました。

親カラスは母親だろうと思っていたのですが、そのうち別のカラスも出て来て子供と枝に止まりました。 こちらは、どうもパパの方ではないかと思います。 写真がいかにもそういう写りなので。^^; 
b0174191_21393619.jpg
パパがどこかへ飛んで行きましたが、残ったカラスの子はモソモソと枝をかじったりしています。
b0174191_21425050.jpg
この日は、小さな弟の方が目立ちました。 カラスの弟の方は肩あたりのハネが一枚反っています。
b0174191_21462225.jpg
何か草の根らしいものを咥えてますが、食べられるとは思えません。 食べられない物を学習する最中なのでしょうか。 この後、親が来て何かを与えていました。 少なくとも弟の方は、まだ親の手が必要な様です。
b0174191_21511975.jpg


+

EOS7D + EF400mm F5.6L で撮影、画像はクリックで拡大可能です。
[PR]
by Ataron | 2013-05-27 21:22 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

Surrender / Cheap Trick (和訳)

2013年 05月 26日
Cheap Trick (チープトリック)は70年代中期に出て来た米国のバンド。 本国ではいまひとつの人気でしたが、1978年の武道館でのLIVE盤が米国に逆輸入されて、これが米国における彼等の評価を押し上げる結果となりました。 このことは、日本のリスナーのセンスが実証されたものとして語られていたと記憶します。

b0174191_05212196.jpg

海外の関係者には「金払いもマナーも雰囲気も良い日本の観客」というイメージが定着し、日本武道館でのLIVEをしたいというミュージッシャンが増えたとか。1966年のビートルズ公演の時は、出演料をペイ出来る席数のある場所が、都内では他になかったという理由で、ここが選ばれたそうですが。

+

私は曲名を女性の名前だと誤解してましたが、「surrender」というのは歌詞訳の様に「降参」という意味。 ポップス曲のいいところ、楽しいツボを全部集めてみせた様な曲です。 いいね、安っぽいトリックだなんて。



 
                    Surrender
                       / Cheap Trick 1978
                        Music & Lyrics by Rick Nielsen
 

Mother told me, yes, she told me
I'd meet girls like you.
She also told me, "Stay away,
you'll never know what you'll catch."
Just the other day I heard a soldier falling off
some Indonesian junk that's going round.

Mommy's alright, Daddy's alright,
they just seem a little weird.
Surrender, surrender,
but don't give yourself away, ay, ay, ay.

Father says, "Your mother's right,
she's really up on things."
"Before we married, Mommy served in the
WACS in the Philippines."
Now, I had heard the WACS recruited old maids for the war.
But mommy isn't one of those, I've known her all these years.

Mommy's alright, Daddy's alright,
they just seem a little weird.
Surrender, surrender,
but don't give yourself away, ay, ay, ay.

Whatever happened to all this season's
losers of the year?
Ev'ry time I got to thinking,
where'd they disappear?
When I woke up, Mom and Dad are rolling on the couch.
Rolling numbers, rock and rolling, got my KISS records out.

Mommy's alright, Daddy's alright,
they just seem a little weird.
Surrender, surrender,
but don't give yourself away, ay, ay, ay.

Away
Away


 
ママが言ってた、そう、そのうちに
君みたいな娘に出会うって
そして言うには 「手を出しちゃダメ
その娘がどんな娘か分りっこないから」とね
ついこの間に聞いたけど、兵隊を駄目にする
インド大麻が流行ってるんだってさ

ママはオールライト、パパもオールライト
どっちもちょっと怪しいけど
降参、降参
でも しっかりやってよね

パパの言うには「ママは間違ってないよ
考え方がしっかりしている」って
「結婚する前は、ママは
フィリピンの女性自衛官だったんだ」とね
自衛隊はオールドミスを戦争に送り込んでたそうだけど
ママはそんなんでもないと僕は思ってるんだけどね

ママは正しく、パパも正しい
どっちもちょっと怪しいけど
降参、降参です
ちゃんとしてくれてたらいいんです

ぼんやり過ごしてたら、
誰にも何も起こらないと思わない?
いつも考えてしまうんだ
みんな何処へいっちゃうんだと
目を覚ますとパパとママがソファーの上で踊ってた
僕のKISSのレコードを引っ張り出して ロックでノリノリさ

ママはオールライト、パパもオールライト
どっちもちょっと怪しいけど
降参、降参
でも しっかりやってよね




b0174191_16575941.png





[PR]
by Ataron | 2013-05-26 12:24 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Rikki Don't Lose That Number (リキの電話番号) / Steely Dan

2013年 05月 25日
Steely Dan(スティーリー・ダン)は1972年頃から活動を始め、本来のバンドの形をとっていたのは1980年までで、その間にもメンバーは次々と変っていた様です。 ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)とウォルター・ベッカー(Walter Becker)の二人が核となり、求める音楽(録音)のためにはメンバーを選ばないといったことが普通になっていた様です。 ポップスの世界で、バンド編成に関しての考え方が変って行ったことが想像されます。 スタジオミュージッシャンという言葉が一般的になったのもこの年代ですね。

彼らの音楽は大変玄人受けする様で、録音も演奏も徹底した完璧主義が貫かれたものだそうです。 私はスティーリー・ダンに深く傾倒してはいなかったのですが、この「リキの電話番号」という曲には強く惹かれ、この1曲のためにCDを買うのを惜しいと思いませんでした。

b0174191_09362040.jpg

歌っているのはドナルド・フェイゲンで、独特のフィーリングです。 当初は彼はボーカルをやりたがらなかったのに、周りは彼が一番良いと推して、結果的にボーカルをやる様になったという話です。 曲想もバックアレンジも一味違い、やはりジャズの要素がずいぶん盛り込まれている様です。 私はこの曲を聴くたびに、ウエストコーストの少し疲れたスナックのカウンターに座っている様な気がするのです。

歌詞訳は以下に良い訳を挙げている方がいますので、興味のある方は参照ください。

五線親父の縁側日誌 / リキの電話番号

邦題はキャッチーなら良しで付けられます。 本当は「リキ、電話番号を覚えといてくれよ」ってことなのですね。



    
   Rikki Don't Lose That Number
           / Steely Dan 1974
           Written by Walter Becker, Donald Fagen
    

We hear you're leaving, that's OK
I thought our little wild time had just begun
I guess you kind of scared yourself, you turn and run
But if you have a change of heart

Rikki don't lose that number
You don't wanna call nobody else
Send it off in a letter to yourself
Rikki don't lose that number
It's the only one you own
You might use it if you feel better
When you get home

I have a friend in town, he's heard your name
We can go out driving on Slow Hand Row
We could stay inside and play games, I don't know
And you could have a change of heart

Rikki don't lose that number
You don't wanna call nobody else
Send it off in a letter to yourself
Rikki don't lose that number
It's the only one you own
You might use it if you feel better
When you get home

You tell yourself you're not my kind
But you don't even know your mind
And you could have a change of heart

Rikki don't lose that number
You don't wanna call nobody else
Send it off in a letter to yourself
Rikki don't lose that number
It's the only one you own
You might use it if you feel better
When you get home




b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2013-05-25 23:43 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

明石公園 2013.05.24 カラスの兄弟

2013年 05月 24日
週中に休みが入り晴れ。 今日はカラス達に会いに行きます。

公園のメインイベントの様になっているコノハズク、今年もやって来た様です。 巣の樹には数人以上がいつも集まっていて、私は通り過ぎるのが恥ずかしいのです。 今日は表の枝で寝ていて、誰でもちょっとした装備で撮影出来たと思います。

+

カラス達は色んなところに出没しますが、やはり水場が組し易い感じ。 去年も子供のカラスに遭遇したのですが、今年は兄弟(姉妹?)らしい2羽がいました。 ノンビリと日向ぼっこしてます。 君はこの世界に生まれて来たのだね。
b0174191_1462589.jpg
まぶしいらしく、瞬膜を閉じたり良くしてます。
b0174191_1502393.jpg

こちらは弟の方らしく、この妙なかっこうは羽のノビをしているらしい。 未だよちよちという所でしょうか。
b0174191_154776.jpg
2羽は近くの枝で、長い間思いおもいに羽繕いをしたり、ゴソゴソ。 暑いらしく水浴びに降りた後は、やおら2羽であたりの地面で餌探し。 また、枝に上がって休憩したりと。 なんとなく時間が過ぎて行くのは、人の子供と同じでしょう。
b0174191_214443.jpg
b0174191_215521.jpg
b0174191_22383.jpg
b0174191_221012.jpg
b0174191_221743.jpg

+

パン片を子供達に判る様に幾つか投げてやりましたが、どうやら食べ物と考えないらしく、見向きません。 一時間は経った頃、急に彼らの親らしき一羽が現れて、パンを集め出しました。 私を窺いながら、次々に幾つも口に咥えて遠くに持って行きます。 また戻って来て残りを漁っていると、子供の一羽が寄って行っておねだり姿勢。 これで親と判ったのですが、知らない顔でパン片を水場に持って行き、子供に与えず食べてしまいました。 これ、もう自分で餌採りをしろという意味なんでしょうね。 持って行ったパン片も多く、どこかに置いているのかもしれませんが、少なくとも私の見える所では一切子供に与えないのです。

私の様子を窺っている親です。
b0174191_2192734.jpg
間合いを計りながらも、私にパンをくれるかとカチッと嘴で音を出します。
子供は、親がそば来ると思わず餌を与えてくれとねだります。
b0174191_22641100.jpg
まあ、人間よりは憶えるのが早いかな。

+

EOS7D + EF400mm F5.6L で撮影、画像はクリックで拡大可能です。
[PR]
by Ataron | 2013-05-24 02:21 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

867-5309 Jenny / Tommy Tutone (和訳)

2013年 05月 23日
「867-5309 Jenny」という曲名はちょっと変ってます。 これは女の子の電話番号の意味らしい。 サビの中でも「867-5309」と歌う部分はキャッチーでとても耳に残ります。 私がこの曲を最初に意識したのはカーラジオで聞いていた時で、そこだけ覚えておけたので、後で友人に頼んで探してもらったものです。

Tommy Tutone というバンドが1982年に発表した曲で、日本では無視されたかの様だったがアチラではビルボードで4位にまで登りました。 この曲のせいで、この番号へのイタヅラ電話がやたらあったといいます。 ロックは悪ガキのイタヅラをもインクルードしているから面白くもあり...^^; まあとにかく、ストレートで気持ちの良い曲です。

振られた腹いせに、誰かがある娘の電話番号を壁に落書きしたのでしょう。 そんな娘に密かに思いつのらせる少年の歌です。電話番号を落書きで知っただけで、何にも出来ない...どうしようもない壁の経験がある人には、この曲はとても心に響くはず。

PVがあったはずですが、残念なことに現在はネット上から削除されたみたいです。



 
             867-5309 Jenny
                  / Tommy Tutone 1982
                   Written by Alex Call & Jim Keller
 

Jenny, Jenny, who can I turn to?
You give me something I can hold on to.
I know you think I'm like the others before
Who saw your name and number on the wall

Jenny, I got your number,
I need to make you mine.
Jenny, don't change your number,
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)

Jenny, Jenny, you're the girl for me.
You don't know me but you make me so happy.
I tried to call you before but I lost my nerve.
I tried my imagination, but I was disturbed.

Jenny, I got your number,
I need to make you mine.
Jenny, don't change your number,
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)

I got it, I got it, I got it!
I got your number on the wall!
I got it, I got it, I got it!
For a good time, for a good time call....

Jenny, don't change your number.
I need to make you mine.
Jenny. I'll call your number,
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)

Jenny, Jenny who can I turn to?
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)
For the price of a dime I can always turn to you.
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)

8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)
8-6-7-5-3-0-9 (8-6-7-5-3-0-9)


 
ジェニー、ジェニー 他にどこに行けるというんだ
君を忘れられないんだ
壁の落書きの君の名前と電話番号を見た
ほかのやつと同じに思われるのは判ってるけど

ジェニー 君の番号を知ったんだ
僕は君が欲しいんだ
ジェニー 番号を変えないで
867-5309 ...


ジェニー、ジェニー 君は僕には唯一の人
君は知らないけど 君は僕をこんなに幸せにする
電話しようとしたけどとても出来やしない
想像しようとしてみても まとまり様もない

ジェニー 君の番号を知ったんだ
君を僕のものにしたい
ジェニー 番号を変えないで
867-5309 ...


それを、それを 知ったんだ
壁の落書きで番号を知ったんだ
それを、それを それを手に入れた
いつかいい時に いい時に電話しようと...

ジェニー 番号を変えないで
君を僕のものにしたいんだ
ジェニー 君にいつか電話するから
867-5309 ...


ジェニー、ジェニー 他にどこにも行けやしない
867-5309 ...
10セントあれば いつでも君にかけられる
867-5309 ...


867-5309 ...




b0174191_16575941.png



[PR]
by Ataron | 2013-05-23 11:04 | 映画/音楽/本 | Comments(0)