Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明石公園 2014.05.25 標準レンズの日

2014年 05月 28日
日曜日 SIGMA 28mm F1.8 を着けて行きました。 もっと使いたいレンズだけど、つい荷物の具合で置いて来てしまう。 このレンズ、コンデジの様にいつも持ち歩けば、きっと素敵な絵がいっぱい撮れるんだが。

この日の一枚、PointOldから眺めた小川の下流。
b0174191_21535201.jpg
柔らかな木と草の影が素敵な小川の風景を演出している。 実際はそれほど美しい川ではないけど ^^;

この日、ママ4個、キッズ4個の引き分け。 まあ、逆転はなかなか難しい。



EOS7D + SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-05-28 22:02 | 単なる写真 | Comments(0)

明石公園 2014.05.23 シャワーの後ですけど

2014年 05月 23日
週中で天気良し、沢山の幼稚園児と親が大芝生を占拠。 これは遠足か課外授業か、明石公園では時々見られる光景です。 それをはた目にPointOldでママ達と合流。

日増しに日中が暑くなり、水場ではスズメやムクッちがひっきりなしに水浴びしています。 ポイントのベンチに陣取るとハトに続いて水浴びしたばかりのムクッちが来ました。 大池では餌(一応水鳥用らしい)も売っているし、ハト達やムクッちやヒヨっち達も、この環境の恩恵に与っています。 もちろん、私はこういうヤツは大好きです。
b0174191_20443566.jpg
ママは物資伝達の途中で、他のカラスの姿を見つけて急に飛び出して行きました。 隠し場所を守りに行った様に思えますが、しばらくしてまた戻って来ました。 そんな遣り取りもつぶさに見れるといいのですが。
b0174191_20494211.jpg
キッズは最初から居て、先日より早めに戻って来たこともあり、ママ7.5個、キッズ4.5個と好成績。 最後はやはり半分ずつになったからね。
b0174191_20555563.jpg
最近ですが、山崎ランチパックの4ミックスもメニューに追加する事があります。
b0174191_21053417.jpg
普通の半分の大きさでそのまま使え、具の内容を偏らせずに良いと思っていますが、コンビニの棚に無いことも多く、あれば追加という感じ。 ランチパックは実は私の好物でもあります ^^;

あまり書きませんが、公園を周遊する小鳥達にも頻繁に出会います。 長い望遠を携えていたら、もう少し追いかけるでしょうが。 EF70-200mm F4L IS USMはかなりシャープで、ついこれで済ましてしまいます。 子供のシジュウカラ、エナっち達と一緒に周っていました。
b0174191_21402302.jpg


EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-05-23 21:43 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.05.19 ママ啼いてみせる

2014年 05月 19日
今日はお休み、天気もよし。
いつものPointに着き東屋でしばし休憩。 しばらくして低空旋回して現れた一羽が、ずいぶん遠い高い枝に止まりました。 じっと見下ろしている様ですが一向に動かずで、私はママではないのかもと思い始めました。 そこで、小さなパン片を投げてみることに。 それを見たとたん、彼女は翼を広げて一直線に降りて来ました。

今日はのんびりしたい気分。 天気も良いし人も少ないし。
b0174191_19484444.jpg
キッズにも沢山取ってもらいたいのでゆっくり物資伝達をするも、一向に現れず。 往復して帰って来たママを無視してると、遅延行為に怒ったのか珍しくママが大きな声で啼きました。
b0174191_19532478.jpg
頭を上下に振って、せいいっぱい啼いてます。 キッズを呼んでいる? まさか。
物資伝達を再開してゆっくり続けていると、やっとキッズが出て来ました。 しかし、1個を咥えて持って行ったまま戻らない。 再び遅延目的でいつもの樹の下のベンチの方へ移動して待っていると、後ろの茂みでキッズがウロウロしていました。
b0174191_19595600.jpg
先ほどのパンを出したり、また別の所に隠したり。 色々考えている様ですが、どうにも要領を得ない感が...いやいや、彼には大事な課題が沢山あるのかもしれません。

という事で、ママ6.5個 キッズ1.5個です。 今日は最後の1個になって、やっとキッズが戻って来たからであります。



EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-05-19 20:08 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.05.18 今年の生まれのカラス

2014年 05月 19日
公園は巣立ちの季節の真っ只中です。 巣立ったばかりの子供達を危険から守り、餌を与えながら導くのは大変そうです。 エナガやコゲラの小群にも出会いましたが、私には彼らが子供連なのかどうか見分けられません。 鳴き方が少し賑やかなので、もしかしたら子供が混じっているのかも。

+

PointOldに着くと、低いところからガーガーとカラスの鳴き声。 誰かと思って近付くと、下草の間をごそごそと逃げ隠れしている見慣れない毛色のカラス。
b0174191_08313328.jpg
背中に白い羽が目立ち、未だ機敏に飛べない子供です。 親が低い枝から警戒しろと鳴いていたのか、逆に周囲に判ってしまいますが。 私が近付くと親は完全に威嚇モードです。
b0174191_08314659.jpg
周りの枝に別の子供がいて、こちらは素早く飛んで逃げました。
b0174191_08313908.jpg
地上の子を追うのは控えたのですが、親は興奮しています。 何度も周りの枝をちぎって落とします。 脅しのつもりか、それともイライラの発散か?
b0174191_08315085.jpg

+

この親子達にいずれこのPointは侵略されるのかなどと考えていると、いつもの様にママは平然と現れました。 後ろの藪ではガーガーとまた鳴いていて変な気分。 はて、ママは今年は巣を造らなかったのか?
キッズか来ない間つなぎにママに甘納豆を少々。 これは食べるのですが、いまいちなそぶりでした。 ママは余り甘党ではないかも。 で、キッズを待ちながら少しずつ物資伝達。

半分以上が過ぎてようやくキッズが来ました。 来るのが遅くてキッズ2個、ママ6個、まあキッズも他で頑張ってるんだろうし。
b0174191_08315412.jpg

+

EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2014-05-19 09:13 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

適当で楽しい PC AUDIO装置

2014年 05月 18日
今のPCはAudio装置としても有効に働くので、私のPCは半分オーディオ装置と合体しています。 (私なりの)ベストな音を聞きたいと思う時は、ドライブから外部のDA変換ユニット経由で管アンブで中型スピーカーを鳴らします。
でもYouTubeなどを閲覧する時には、PCに付帯したイージーな装置の方が操作上や音量や雰囲気でもぴったり来ます。 増設スピーカーはショップに沢山ならんでますが、私はありきたりの製品を買う気にならず、ちょっと楽しくて便利なシステムを自作して使っています。 遊びの気分で適当に、何代かに渡って増築改造して来たので、自分のために回路を再確認しつつ紹介するしだいです。



➀ PCの音量はソフト上から調節可能だが、普通のボリュームを操作する方が簡単。 机上に音量ボリュームを配置する。
② 主アンプは数ワット級で粗悪ではないもの、電源はPCノイズの回避のため別個に取る。
③ メインスピーカーは、聴取位置を選ばない上向きのスピーカー配置。
➃ 中低音を別途アンプ内蔵のセンタースピーカーで補強。 これも机上のボリュームで音量調節する。
➄ ヘッドホーンを使える様に大型ジャックを装備、また、ステレオ→モノラルの切り替えスイッチを装備。

といったところが、このシステムのキーポイントです。



全体の構成は下図の様に、PC本体のサイド置きのMainAMP部、机上のControl部、外部ピーカー、アンプ内蔵センタースピーカーとなっています。
b0174191_21365889.png


MainAMP部
アンプはELEKITの5.7w+5.7wのステレオアンプキットです。 音量は余裕がありますが、初段の100KΩは50KΩ位で良いかも。 ➄の目的でMonoSWを設け、ヘッドホーンジャックを引出しています。 スピーカー音を出したくない場合は、Control部のMasterVRを絞ります。 ヘッドホーンには過大音量でGainVRを絞り、スピーカー再生の時は絞りません。 本当はバランスのためにヘッドホーンへはアッテネーターを入れるのが普通ですね。
MonoSWは、波形編集でスクラッチノイズか否かの判定時に有効で付けたものです。
b0174191_22173189.jpg


Control部
b0174191_22242546.jpg
ネット接続が時間単位の課金制だった時代に、接続時間をカウントするタイマーを作っていました。 電話回線がONすると時計が進むもので、上半分にはその回路が入っています。 このタイマーは今は不要ですが、下部のPC音量を調節するControl部は今も現役です。 作り直せばもっとコンパクトになりますが...
下の左はタイマー部分、右は底から見た音響用の回路の様子です。
b0174191_22311909.jpg
➀➃の目的で、色々抵抗値を試して値を決めています。 MasterVRはCカーブが良いのですが2連となると見つからずBカーブです。 スピーカーに直列に抵抗を入れる何か頭の悪そうな回路です。^^;  
赤い500Ωは両チャンネルのミキシング抵抗になり、これでCenterSPへの音声信号を取り出しています。



メインの左右のスピーカーはエンビ配管継手をボックスにしています。
b0174191_23002603.jpg
サンドペーパーで表面のツヤを取り、ツヤ消しラッカーを塗装するとなかなかいい味が出ました。 スピーカーはFostexの良品で、容量のあるボックスに入れたいところですが、ここはデザイン優先。 ③の上向きスピーカーは、ちょっと試してみたかった課題ですが、効果は?でした。 計算された反射板を付けてないから...やっばりデザイン優先で。  下は取り付けた状態です。
b0174191_23002911.jpg
センタースピーカーは、中低音の増強を目的にして、専用のボックスを作りました。 ボックスは机の一部として固定され、床面から1cm程の高さでスピーカーは床に向きます。 内部に20w程度のアンプを組み込んでいます。
b0174191_23003636.jpg
ダクトは2ヶ所設けていますが、テストの結果で片方を塞いでいます。 このダクトからの低音が主という考えで、回路上ではハイカットをしていません。 低音のバランスは、CenterSP VRで行います。

全くアバウトに作ったシステムですが、ネットからの音はむしろカタいこと言わない方が楽しめます。




[PR]
by Ataron | 2014-05-18 23:30 | 音響関係 | Comments(0)

明石公園 2014.05.11 風は五月の 

2014年 05月 12日
Pointに向かう途中、リリリリッという絶え間ない鈴の様な音が降って来ます。 声の主は姿を見せませんがメジロの子供達でしょうか? 合唱の様に何羽も一緒に歌っているらしく、時々他の鳥達の声も加わり、まるで音楽。

公園は緑の葉と青い空の光にあふれ、哀れな人類を笑うかの様です。 今一番目立つのはムクッち達です。 大勢で飛び回り、水を浴び、走り回っています。
b0174191_00351872.jpg
今日の物資伝達、最初はママしか現れず。 半分くらいの所でベンチに叔父さんが来て、私を観察し始めました。 仕方なく中断し、やりすごすためにコーヒーブレイク。 しばらくして再びPointに戻って待っていると、今度はママとキッズが現れました。

再開後はママ、ついでキッズ。 ママはいつもの勢い、そのままではキッズが1個になるので、キッズが戻って来るまでママを待たせます。 ママはじれてベンチに登ってます。
b0174191_00504452.jpg
ようやくキッズが戻って来たので、ママに一個を。 そして、ママが行った後、キッズに最後の1個。 下はキッズです。
b0174191_00505087.jpg
今日はママ6個、キッズ2個です。 ママはすぐに戻って欲しそうにしていましたが、今は食物を自然に求めた方が良さそうな気もします。

+

EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2014-05-12 00:59 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

ブログヘッダー 手直し / エキサイトブログ

2014年 05月 11日
DOM導入とセレクタの利用で、タイトルデザインを少しスマートにしました。

先ず「ExBlog Top」のリンクスイッチ。

今までは、Html上で「ExBlog」を書き足して「ExBlog Top」の体裁を作っていましたが、「:nth-child(n) 」と「:before」セレクタを使ってCSSで「ExBlog」を書き足しました。
このスイッチは「JUMPMENU」ブロックの中の2番目のa要素なので、

CSS
div.JUMPMENU a:nth-child(2)::before {
content: "ExBlog "; }

という記述で実現しています。
(「JUMPMENU」は私が改めた名前で、元は「USERMENU」です。 また、2番目というのも、私のアレンジの結果で本来とは異なります。 本来といっても、途中からExciteのシステム変更により、メニュー数が減らされた経緯があります。)

b0174191_19363136.png
上はDOM上でこのテストをしている所です。
ヘッダーのスイッチはHtmlで書き足したものと、CSSで書き足した「ExBlog 」が重複して現れています。 当然、Html側は後で削除します。 デザイン上で、CSSによるものは「ExBlog Top」全体がリンクスイッチとして反転して納得の結果です。

上記アレンジの結果で、「JUMPMENU」内の「|」を着色して背景に隠せる様になりました。 このブロック内でリンク文字以外の文字は他に「スペース」文字だけで、これは元から背景に隠れています。 下は、文字色を指定している様子です。
b0174191_19510494.png




今回、特殊な「□」のスイッチを追加してみました。
小型モニターでウインドウ幅が小さい時、最上段の「ログイン」等のスイッチが隠される事が時々あります。

b0174191_21185593.png
そんな場合に、スイッチ類を強制的に表示させるためのスイッチです。

Html
<div class="JUMPMENU">
<a href="#toollink">□</a>※※<a href="/i0/">Recent Update Page</a>※※<$adminmenu type=2$>
</div>

「JUMPMENU」の中はインラインで改行なしの一筆書きです。 少し説明。

<a href="#toollink">□</a>
DOMで調べると、最上段の「ログイン」等のスイッチ群は「<ul id="toollink">...</ul>」という要素に実体があります。 そこで、「□」のリンク先をこの要素に指定しました。

<a href="/i0/">Recent Update Page</a>
「最新のアップデート」のリンク表記は、過去記事を参照ください。

<$adminmenu type=2$>
これは、システムによりLOG-INの前後で異なった内容に展開されます。
LOG-IN前は、「<a href="http://www.exblog.jp/">Top</a>」というリンクのみに展開され、
LOG-IN後は、これに「 | 」文字と「<a href="http://userconf.exblog.jp~~">New Post</a>」というリンクが追加されます。

それぞれのスイッチ間には「※※」の部分には「半角空白+全角空白」を入れて、スイッチ間のスペースとしてます。 ここは「全角空白」を入れHtmlに無視されない様にするのがコツです。
「空白文字」の組み合わせはDOMでヘッダーの様子を見ながらHtmlを修正し、最終的に決めたものです。
b0174191_23102161.png
以上のHtmlに対して、CSSは少しアレンジを加えました。

CSS
div.JUMPMENU a:nth-child(3)::before {
content: "ExBlog "; }
div.JUMPMENU {
font-size: 12pt;
font-weight: normal;
line-height: 120%;
color: #ACD6F4;   /* 区切り「|」を見え難くする */
/* text-align: right; ヘッダー内の左寄とする */
white-space: nowrap;
margin: 0px 0px 8px; }  /* 右マージン廃止 */

div.JUMPMENU a:link { color: #0080C0; text-decoration: none; }
div..JUMPMENU a:visited { color: #0080C0; text-decoration: none; }
div..JUMPMENU a:hover { color: #000000; background-color: #FFF; }

「:nth-child(n)」の順位数は「□」スイッチの追加で一つ下がって「3」になりました。
「JUMPMENU」ブロック全体の修飾で、最初の3行はヘッダー背景画像との位置合わせのために費やされています。
color: #ACD6F4;」の指定は、実際には「|」にのみ反映し、これで背景画像に隠します。
「text-align: right; 」は、ヘッダー上で左寄せとするために削除しました。 これに伴い、左右のマージンを「0」としています。 下マージン「8px」は、やはり背景画像との位置合わせのためです。

「JUMPMENU」ブロック内は基本的にリンク文字(スイッチ)の格納庫です。 このリンク文字としての修飾が最後の3行です。 リンク文字の文字色等は、実際にはこちらのものが反映します。

追加した「□」スイッチを押すと、下図の様に最上段のエキサイトヘッダーが関連スイッチのみに変化して、狭いウインドウでもスイッチが押せる様になります。 なかなか具合がよいです。

b0174191_21155550.png

[PR]
by Ataron | 2014-05-11 21:08 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

「Edit Del」スイッチのデザイン 最後の纏め / エキサイトブログ

2014年 05月 06日
スイッチデザインが自由に出来る条件が揃い、タイトル部の文字並びをより精密に整然とさせたい欲が出て来ました。

タイトル外枠
タイトル文字 (フォントサイズmedium 漢字/英字)
スイッチ枠
スイッチ文字 (フォントサイズsmall 英字)

フォントをメイリオとし、IEの全ての文字サイズで、高さのバランスが大きく崩れない事を目標にします。
また、スイッチ右側にタイトルが透けて見える様にして、タイトルが長い場合に使い易いデザインとします。



タイトル部のHtmlは、前々回前回と変化はありません。

Htmlです。
    <div class=POST_HEAD>
<div class=POST_TTL><$postsubject$></div>
<div class=POST_ADM><$postadmin type=2$></div>
</div>



今回は、文字配置の調整を最初からやりなおします。
先ず、漢字/英字でフォント高が判り易い文字をタイトルに書き込み、タイトル枠がフォントに密着した状態を作りました。 タイトル枠は全体を包む「POST_HEAD」ブロックの borderで、それに内接するタイトル文字の容器「POST_TTL」ブロックが、その大きさを決定します。
b0174191_16225929.png
上図は、メイリオの特徴が良く出ていますが、
●漢字ベースラインを高くして英字とバランスさせている
●border-bottomの下線が離れ、background-colorの上下バランスが悪い
といった点は、調整に直接関係します。

タイトル文字に対する「padding」を「POST_TTL」に指定して、タイトル枠の大きさを変化させてみると、やはり漢字が中央に来る状態が落ち着きます。
b0174191_17315777.png
上下のクリアランスは好みですが、上記の値は妥当なものです。 この設定で文字サイズを変えても、常にタイトル枠のほぼ中央に収まりました。 文字サイズ最大で詰まり過ぎず、最小で空き過ぎずです。 英字は少し低くなりますが、これを以降の基準としました。

div.POST_TTL {
font-size: medium;
font-weight: normal;
padding: 0.44em 0em 0.22em; }



次に、前回の「Edit Del」スイッチの配置方法に準じて、スイッチのバランスを決めます。 「POST_ADM」の本来の位置で、背景色background-color と 枠border を付けただけのスイッチは下の様になります。
b0174191_18452086.png
エキサイトのオリジナルデザインにより、スイッチ文字の間に1文字「|」があり、その分の隙間が開きます。 これを寄せるのが「a要素」に対する「margin-left: -1.1em」の指定です。 この指定でスイッチが近付き、「|」は「Del」スイッチの下に隠れます。
b0174191_17521339.png
スイッチ文字が青い背景の中で少し上寄りです。 これは「a要素」の 上padding の 0.16em で、ちょうど文字が中央に来る様になりました。(今回はスイッチ文字のサイズをsmallとしていて、IEの文字サイズ変更で微妙な狂いは生じます) 更に、左右padding を 1em ずつ設定してスイッチボタンの体裁にしました。
b0174191_17593835.png
上図、0.16emの操作で、あたかもスイッチ上辺がタイトル枠に接した様に見えますが、それはたまたまで、それが目的ではありません。0.16emは、スイッチ文字がスイッチ面(文字背景)の真ん中になる様に求めたpadding値です。

下は、今までの「a要素」のCSS指定をまとめたものです。

div.POST_ADM a {
padding: 0.16em 1em 0em;
margin-left: -1.1em;
border: 1px #AAA solid;
background-color: lightSkyBlue; }



2個のスイッチの外側を包む「POST_ADM」ブロックは、タイトル全体の「POST_HEAD」の中にありながら、同居の「POST_TTL」のタイトル文字を全く排斥しない「宙に浮いた」ブロックの性質を与えます。 これは、「POST_HEAD」に「position: relative」、「POST_ADM」に「position: absolute」を指定して実現します。(過去記事を参照ください)

一方、スイッチを最適の場所に配置する最後の仕上げをするは、この「POST_ADM」ブロックの padding 設定です。 本来の「POST_ADM」はタイトル枠の右上に接していて、これに 上padding 0.38em を与えると、枠の高さのほぼ中央にスイッチが来ました。
b0174191_19524250.png
最後に 右padding の1emで、長いタイトルの場合にタイトル枠の右隅が見える様に全体を左に寄せています。下の様な状況の場合に、これは有効です。
b0174191_19595380.png
下は以上の設定をまとめたCSSです。

div.POST_ADM {
position: absolute;
top: 0px;
right: 0px;

font-size: medium;
font-weight: normal;
padding: 0.38em 1em 0em; }

div.POST_HEAD {
position: relative;
border: 1px #AAA solid;
background-color: #EEE; }



DOMを使い、IE画面の文字サイズを何度も変化させながら、納得の行くバランスを求めました。 フォントのサイズ変化に強くて、しかも固定サイズに逃げない、そういうCSSデザインが今後は求められる様に思います。 少しはそれに近付けたでしょうか。 今回の調整は、IEの文字サイズを最小でもスイッチは殆ど上下にずれず、なかなか良い結果と思っているのですが。
b0174191_20064701.png


追記:
emを使い縦方向の間隔の調整を行ったので、文字の大きさに比例して間隔も拡がるため、タイトル文字の大きさが変わってもタイトル枠とのバランスが変わらない様です。(px等の固定単位を使うとバランスが変化する)
ただし精密に反省すると、タイトル文字にmedium、スイッチ文字はsmallを指定していて、ここにバランス変化の要因がありそうです。
IEが文字サイズの変更の際に、「medium文字とsmall文字」の高さの比を、正確に維持する保障が無いからです。 これが異なっていれば、スイッチのタイトル枠内での位置が上下にズレるはずです。 しかし、実際には殆ど気になりませんでしたので、この2種サイズの利用を許容しました。




[PR]
by Ataron | 2014-05-06 20:44 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

「Edit Del」スイッチのデザイン自由自在

2014年 05月 06日
とうとう目的を達しました。 判ってしまえば簡単なことが、なかなか見えない時はあるものです。

解決の糸口は「Edit Del」スイッチの「a要素」の修飾が可能だと気付いたことです。
b0174191_01295432.png
上はDOMの示すLOG-IN後の「POST_HEAD」ブロックのHtmlの内容です。(必要な部分以外は少し端折ってます)

私が指定したHtmlです。
    <div class=POST_HEAD>
<div class=POST_TTL>
<$postsubject$>
</div>
<div class=POST_ADM>
<$postadmin type=2$>
</div>
</div>

ここから、「<$postsubject$>」「<$postadmin type=2$>」の内容をシステムが書き込んで、Htmlを完成させていることが判ります。
よく見るとこの後の方は「Edit Del」スイッチの文字部(ピンクと緑)も含まれていて、まさにスイッチの実体です。 LOG-INしない場合は、この実体をシステムが記入せず、閲覧する人は編集出来ない仕組みです。

この部分は、なんとなく触れぬ気がしていたのですが、それが解決を遠ざけていました。 「<$postadmin type=2$>」のa要素の内容は「Edit」と「Del」で、間の「|」はa要素に含まれない外の位置にあります。
それで「div.POST_ADM a 」というセレクタで、2つのa要素だけを修飾できます。また「div.POST_ADM」のセレクタは、「|」を含めて2つのa要素を修飾しますから、これを上手く使いわければ良いのです。

+

で、簡単に以下の様な状態が実現しました。
b0174191_02333668.png
上図はDOMに直接CSSの項目「div.POST_ADM a { }」を書き込んだところで、右下に項目の内容が出ています。 上半分のIEウインドウはその結果を表示していますが、数値は後で説明のために入れたものです。
項目の修飾内容は、「Edit」と「Del」文字の背景色を赤とし、「padding」で文字の背景領域を大きく拡げています。 ここには見えませんが、タイトル枠の「POST_HEAD」に「overflow: hidden」の指定があるので、枠外に出る赤の背景色はマスクされます。
また、このa要素自体が記入されないLOG-OUT時は、背景色指定は無効になり、タイトル隅にpadding分だけが露出する奇怪な事も生じません。

今までは、スイッチ部全体の「div.POST_ADM」の修飾で何とかしようとして、思わぬ背景色の露出に苦労しました。「内部のa要素=スイッチそのもの」を修飾すれば、何の苦労もなかったのです。 痒い所に手が届くとはこの事です。

CSSに記述している「margin-left: -1.2em」は、2つのスイッチ間にある「|」を隠す目的です。マイナス指定は「Del」の左側の要素を引き寄せ、先ず「|」が「Del」の下に隠れ、「Edit」が「Del」に重なり、しまいには右側に廻ります。 これを利用すればスイッチ配置を左右逆にも出来そうです。
b0174191_02214726.png
上図のクロスの中心が「POST_ADM」の位置で、CSS修飾で2つの文字がスイッチのデザインに表現されています。

下図は、スイッチの隙間をもう少し詰めて、文字に枠「border」を追加し、スイッチ色を変えてまとめた所です。
b0174191_02221623.png
「Edit」側はポインターを乗せているため、HOVERで白く反転しています。
これで、最初の目的とした7項目の全ての実現にこぎつけました。



[PR]
by Ataron | 2014-05-06 03:55 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2014.05.01~05 世間は連休だ

2014年 05月 05日
連休の公園は人出が多いです。ということはカラスやハト達にとってもありがたい時期で、色々と食料が豊富になるから...

5月1日
キッズはママが物資を運び去ると入れ代わりに降りて来て、ママ7:キッズ5まで勝率を伸ばしました。 私がタイミングを計算しているというのもありますが。 このペースで取りに来るのは、明らかに何処かに貯蔵する方法を習得したと思われます。 まあ、気分でそのままパクついている事も多々ありそうですが。
b0174191_22511622.jpg
ママはさすがに先ず何処かへ隠すのが先という感じ。 たまに、その場で食べる時があり、それはかなり空腹な時に思えるのです。
b0174191_22514333.jpg
5月3日
晴天でとても人が多く、Pointに着くとママとキッズがハト餌を撒く人に執着してました。 餌をくれる人を余り恐れないのは、公園の野鳥達の学習の結果ですが、用心深さを失う心配も。 これは、私自身に注意が必要なことか。

5月5日
わずかな小雨模様、公園に人出は少く静か。 キッズは現れることがなく、ママだけが8個全てを輸送。
b0174191_23143525.jpg
物資伝達の半ばを過ぎた頃、10羽近くのハト達がめざとく見つけてやって来ました。 草地に座り込んでいた私は、私から2m程の所にパンを投げて見ました。 この距離は私に近過ぎてママは取りに来れません。 でもハト達は平気で、人の手から餌をもぎ取る事もある位です。 ハト達はどんどんパンに向かって来るので、ママは取られまいとハト達を脅かして追い払いにかかります。 しかし、次第にハト達は状況を察してパンに到達し、つつき始める者も出て来ました。 それをまたママは追い払います。 ママには少し意地悪なんですが、この争いはとても面白い。
b0174191_23254349.jpg
そんな時のママの様子です。 人ほどには表情が判りませんが、困惑と、もしかしたら裏切られたという思いがあるかも知れません。 むろん、ちょっと経ってから私の方が離れて、パンを取れる様にしたのですが。



そんな事があったこの連休です。
b0174191_23555253.jpg
うーむ、人にもカラスにも、この嬉しさは伝わらないのだなぁ。
興味のある方だけ、次の日記を見てください。

+

EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-05-05 23:58 | 鳥さんの写真 | Comments(0)