Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

明石公園 2014.09.28 少しずつの秋

2014年 09月 28日
日曜、晴天、公園は昼寝場所?

午前の早めに着き大池北東岸(両足君の出没エリア)で待機していると、2羽のハトのみが徘徊する状況が続きました。 エサ撒きが無いとこれが普通の状況かも。 南のデッキ周辺は10羽程度が集まっていました。



この状態を見届けてPointOldへ。 着いた時にママとキッズ2がいて、待つ必要は無しです。
b0174191_20231898.jpg
物資伝達はスムーズに、キッズ3は最後になって西からやって来ました。 しかし、すぐ川の下流の方に物資を隠しに行ったママを追いかけます。
この後、ママに食べさせてもらっている声が一度、それからちょっとした追跡劇が。 やはり、キッズ2がキッズ3を追いかけ廻しています。 キッズ2は威嚇啼きを繰り返し、キッズ3をひつこく叱責している様子。
b0174191_17032933.jpg
キッズ2は王様歩きのディスプレイで追い廻ってますね。 今日は望遠が無いのですが、ママの家族内で生じている事がはっきりしました。 キッズ3がなかなか来なかったのも、ママ達から距離を置いていたからでしょう。
後でこの周辺に行くと、キッズ3が林の枝に居ました。 パン片を判る様に投げてやり、離れて見ていると、少し用心しながら降りて取って行きました。 キッズ3にもっと慣れてもらいたいのですが。



この後、大池北東岸に戻りしばらく昼寝。 両足君は仲間4羽と一緒に昼前に現れました。 この4羽がどこから来るのかは不明です。
b0174191_17033349.jpg
左が両足君で、傷めた左足をもうフルに使っています。 着く度に体の左側が下がりますが、早足も出来る様子。 右足の趾の一本が変色が濃く細くなり、これは糸でうっ血して壊死しているのかも。 初日に捕まえ糸を切っていれば、助けてやれたかもしれないが。 今は素早くなり、捕まえるのは困難です。



Panasonic DMC-G3 + 20mm F1.7 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-09-28 17:34 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.09.21 今日の両足君

2014年 09月 23日
朝9時半に公園に到着、先日のポイント周囲には両足君はいません。 ママ達を探しに行くと、10時前後にWestでキッズ3を発見。 小さなパン片を後ろ飛びしながらなんとかゲットして飛んで行きました。 普通ならママが現れそうなもんですが、キッズ3はママ達から離れ単独行動しているのか。

それからまた池の側を廻りますが、今日はハト達が数羽だけ。 良く晴れた秋の公園、行楽の家族連れが各所でピクニックを始めました。 デッキまで行くと10羽程が居ますが、両足君は見当たらず。 またPointOldに向かい、セキレイ達と暇をつぶしていると、10時半頃にママ達が私を見つけ後ろの樹の枝に来ました。 ここで物資伝達、ママとキッズ2だけでキッズ3は来ません。 この後、その周囲でウロウロしていると、いつのまにかキッズ3を含めた3羽が水場に降りているのが見えました。

キッズ3がママにねだり、ママは水にダンクした物資を与えます。 しかし、そこへキッズ2は何かいいたげに寄って行きます。
b0174191_16125373.jpg
キッズ2がキッズ3に飛びかかる様にして「追い払い」をしかけました。
b0174191_16125328.jpg
すぐに両者は着地し、それ以上の争いにはなりませんが、家族内のバランスが窺える事件です。 下のは私の空想ですが...
b0174191_16125338.jpg
キッズ2は例の王様スタイルで、あらぬ方向に向かって一度啼きました。 最近よく見せるこのディスプレイは、キッズ3に向かってなんでしょうか?



さて、両足君はなかなか現れません。 私はとうとう大池を一周してしまいました。 12時半、池の西南で風景写真^^;
「この道のむこうには何があるんだろう」という写真集を作りたいなどと、時々夢想するのです。
b0174191_16130859.jpg
大池を一周して先日の場所に戻り、行楽客の邪魔をしながらベンチで居眠り。 そして13時半頃、ようやく両足君を発見。 大池の北端のベンチ付近で4~5羽の仲間と餌を漁っていました。 怪我の左足を軽く地に着けて歩き、先日よりずいぶん安定していて仲間に劣る様子はありません。 足に注目して撮ると、後ろに延びる趾を複雑に傷めているらしい。
b0174191_16130972.jpg
最初に見た時、クモの巣だろうと思っていたのですが、極く細い糸がいまだに絡まっています。 右足にも少し絡まっていて、何かの化学繊維なのか、これが怪我と関係するのかも。

彼にとっておいていたパンを投げると、他にみな取られることはなく、充分に食してくれました。 その後、彼は私の後ろの杭にとまりました。 まるでポーズをとる様に。
b0174191_16130927.jpg
ああ、これは「ベストキッド」の鶴の構えだね!
b0174191_17160198.jpg


EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM 、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-09-23 17:18 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.09.21 両足君なんとかやってます

2014年 09月 21日
公園に着き、昨日の両足君を先ず探しました。 しかし、昨日のところには居ません。
b0174191_16325641.jpg
b0174191_16325902.jpg
時間だけが過ぎて行きます...

今日は、大芝生に若者サークルが3~40人位居てワイワイ。 PointWestでママと12時に出会うが、一緒に居たキッズは降りて来ず。
b0174191_16343221.jpg
2個程を受け取ったママは何処かへ。 また両足君を探してウロウロ。

昨日のベンチに陣取っていると、その周辺のハト達は15羽ほど居る様子。 餌撒きを見つけると池の対岸からも集まり更に増えます。 その中に片足歩きのハトはいません。 かなり待ってから、もう一度ママ達を探しに北へ歩き出したところで、池の東の林の中に両足君を見つけました。 13時半です。
b0174191_16531711.jpg
やはり左足を着けないままですが、林の草地をついばんでいました。 ヤマザキ製を小さく割って投げると、元気に食べましたが、しまいに4羽が見つけて集まり、だれかが急に飛び出して両足君ともども飛んで行きました。 片足だけで地上の移動に苦労してますが、普通に飛べる様で、なんとかやっていけそうに見えます。

これで少し安心してPointOldへ。 ママ達に再びドッキング出来たのは14時、小川を少し北に登ったところです。 ママ達も若者集団を避けて北側に移動していた様子。 残る物資をここで全て伝達しましたが、ママとキッズ2が物資を取り、キッズ3はその後を付いて行く、いつものパターンでした。



EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2014-09-21 17:18 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.09.20 両足君/ピンチなハト

2014年 09月 20日
秋らしい曇った土曜、公園に着くまでは薄着が少し寒い位。 到着は10時過ぎ、ママ達はPointWestに居る私を見つけました。 先日とは違い、10分位の待ちです。 物資伝達もいつも通りに順調でした。
キッズ3には自力の物資ゲットに慣れてもらいたいのですが、単独では怖くてだめな様です。 小さなカケラをなるべく私から遠くに放ると、一旦は近付きますが結局逃げ出します。 キッズ3は眺めながら焦っているのでしょう。
b0174191_15171029.jpg
キッズ2、最初に物資に近付く時、頭の毛を立てた王様歩きの姿勢を見せました。
b0174191_15275551.jpg
この格好は最近ちょくちょく見せるのですが、どんな意味があるのでしょう。 時々他家族のカラスに襲撃を受けるので、無意識に攻撃的な雰囲気になっている表れかもしれません。 最初の物資をゲットすると、このスタイルは消えてしまいます。



今日も左ユビ君達を探しに大池に行ったのですが、やはり居ません。 その途中、東岸のベンチに一羽だけで眠っている変なハト君を見つけました。 パン片を投げてやると、ベンチから降りて食べ始めましたが、左足を怪我していてブルブル震わせ、決して地面に着けません。 右足も一部ユビの色が変で(これは色だけかも)、元気を無くしているらしい。 この両足が危うい両足君、野生では少しのハンディでも食物を取れなくなり大変なはず。 現に、パンに気付いた2羽のハトがやって来て、両足君はパンを取られてしまいました。
b0174191_15532248.jpg
池のデッキでコーヒーを飲んで戻って来ると、また両足君だけがうずくまっています。 パン片は1/4枚分は残っていたので、直接彼に食べさせてやることに。 両足君は最初は恐れていましたが、だんだん手から食べ始めました。 今日はこの方法が実用になりました。 ハトはパン片が大きいと、咥えて振り回して小さくするため、千切れ飛んだ殆どを他に取られます。 足が悪いとこの争奪に殆ど勝ち目がないのです。
残りのパンをみな食べた両足君、少しは元気になったか。 左足、良く見ると少し出血の跡もあり、当面使えそうではありません。
b0174191_15532564.jpg
明日も彼を見つけられれば、物資をおごってやろうかと思います。



EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-09-20 16:30 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.09.16 気長に待ったけど

2014年 09月 16日
今日は代休、天気良く公園に人は少い。 これは上手い具合と10時半頃に着いて思ったが、ママ達は何処かに行って戻りません。 実りの秋、豊富に餌が得られる場所があり遠出しているのかも。

缶コーヒーを飲みに行ったり、セキレイやスズメ達にパン片を配ったり。 PointOldで時間をつぶしているとエナっちの小群が通り過ぎて行きました。
b0174191_21350937.jpg
2時間待ってもママ達が戻る気配がなく、最近全く姿を見せないハト達を探しに大池のボートハウスに行ってみました。
b0174191_21351323.jpg
ここのデッキはいつもハト達をみかけます。 叔父さんがパンを配り出すと10羽程のハトがどこからか集まって来ました。 しかし、PointOldに出入りしていたハト達とはどうも違うみたいで、左ユビ君もいません。 広い公園の何処かに居るのでしょうけど。

再びPointOldに戻り、日陰のベンチで快適な昼寝。 ママ達が帰って来たのは15時です。 しかし、ママとキッズ2はその場で少し食べ(珍しく食べ残して)Westの方に行ってしまいました。 今までにも「気もそぞろ」という時がたまにあり、今日はその状態。 キッズ3は食べたそうに最後まで残っていましたが、取る勇気がなくて結局ママ達の後を追いかけて行きました。

それからしばらく後、キッズ3だけが戻って来ました。 先の食べ残しに未練があるのでしょう。 キッズ3がそれに近付ける様に、私は川の反対側に離れました。 遠くから見ていると、何度も「後ろ飛び」を繰り返しています。
b0174191_21351622.jpg
バーンド・ハインリッチが「ワタリガラスの謎」の中で「あやつり人形動作」と書いているものに違いなく、上のキッズ3はコーンのひと粒を咥え取るにも、構えた後に少し後ろ飛びをしています。 <新しい餌のある環境→警戒→後ろ飛びしながらアタック>という公式が、カラス類には先天的に備わっているのでしょうか。 用心して素早く咥え取るのですが、全く餌に届かないのに少し嘴を突き出しただけで後ろ飛びしてしまう時は、まるで踊っている様に見えます。

キッズ3は頑張って、食べ残しの一部をゲットして行きましたが、未だ残りがあった様です。 しかし、夕方か明日のうちに、誰かが綺麗に持って行くに違いありません。



EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM、SIGMA 28mm F1.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2014-09-16 22:51 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.09.15 ツングースカ大爆発

2014年 09月 15日
祭日の月曜、いつもの様に公園に。 今日のレシピはパックしたドッグフード。

最初に出会ったのはキッズ2、どういうわけかPointWestに独りだけでいました。 物資伝達はママがいないとスローテンポになります。 祭日のハト達は公認給餌場のボートハウスなどに行くのか姿なし。 しかし、セキレイ君が気付いて近くに来ました。 左はキッズ2、右端にセキレイ君。 セキレイ君はパンに余り執着がないですが、ときおり小さなカケラを咥えて行きます。
b0174191_15251625.jpg
キッズ2が数個を持って行った後、PointOld に移動。 そこにママが来ましたが、キッズ3は最後まで出て来ずです。 ママの顔は日ごとに違います。
b0174191_15300365.jpg
ツングースカ大爆発、興味ある人は検索して調べて見てください。 下は参考画像です。
b0174191_15325143.jpg


天気も良く、今日はフラフラと南へ周りました。 絵になる場所といえば「花と緑のまちづくりセンター」の中にある喫茶室。
b0174191_15345214.jpg
上の地図、右が北です。 明石城跡の北西にある、この「喫茶パルコ」はケレンの無いごく普通の小さな茶屋です。
b0174191_15344844.jpg
好みもあるでしょうが、撮影のちょっとした骨休めならちょうど良いかも。



EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM、SIGMA 28mm F1.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-09-15 15:50 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.09.13 顔の毛が薄くなったよー

2014年 09月 13日
休みの土曜日、晴れた空と心地良い初秋の風を感じながら公園に。

一週ぶりですが、ママの顔は前にも増してさびしくなっています。 暑さへの環境適応なのか、本来の換羽の時期なのか? 暑い盛りは過ぎているので後者かな。 数年前の8月下旬にカササギ達を撮影に行った時も、多くが似た様な状態でした。 そういえば、以前あったママの嘴の根元の傷はなくなっています。 治ったのでしょうね。
b0174191_17283693.jpg
下は去年生まれのキッズ2ですが、ママ程ではなくてもその傾向があります。
b0174191_17310828.jpg
さすがにキッズ3は判りません。

今日は PointWestで最初にキッズ3を見つけ、ハト1羽と彼相手に小さなパン片を投げてやっていると(ハト君が居なかったら逃げて行ったかも)しばらくしてママとキッズ2がやって来ました。 ママとキッズ2がどんどん物資を持って行くが、キッズ3はその気にならず、最後に出てきてママに一個貰った様でした。 彼が登場した最初は順応が早そうに見えたのですが、怖さを克服するには時間が必要そうです。



最近、JR朝霧駅周辺でたまたま八哥鳥(ハッカチョウ)の集団を見かけたので、今日はちょっと探してみました。 昔から駅の北側にあった小緑地が住宅地に開発されていて、八哥鳥達はその周辺ですぐに見つかりました。 以前から明石港周辺でかなりの数の八哥鳥の群を見ていたのですが、ここは2kmほど東になります。 更に東の垂水港などでは八哥鳥を見たことがなく、西から東に向かって生活圏を拡張しているのではないかと私には思えます。

明石~加古川周辺の八哥鳥を、今まで何度か撮影しています。 興味のある方は以下などを参照ください。
八哥鳥レポート (続6)
八哥鳥を探せ (続5)

一本の大きな樹木に見え隠れする数羽の八哥鳥を見つけ、撮ろうとしていたところ、急に一斉に飛び出して来ました。
b0174191_21100870.jpg
10羽程の群れでそれ以上の数はなさそうに思えます。
すぐ近くの電柱に一部が留まりました。 逆光ですがとにかく撮影。
b0174191_21101284.jpg
左上の2羽はムクッチですね。 親戚同志で一緒に行動しているのをよく見かけます。 姿はかなり異なっていても、囀り声が似ているので互いに判るのでしょうか。
不思議な彼等の歌を伝えながら、今後も八哥鳥達は増えて行きそうな気がします。



EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM 、EF400mm F5.6L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-09-13 22:02 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2014.09.07 デングは来ないでね

2014年 09月 07日
EOS7D Mark2 の発表なるか、ネットの一部で憶測や期待が飛び交っています。 いや、私も少なからず気になります。 気になるといえばデング熱の感染拡大、公園では蚊に刺されるので、関西に波及したら本気で対策が必要になります。 蚊の薬剤駆除となると野鳥にも被害が及びそうですし。



一週ぶりの明石公園、テニス場の裏フェンス上に居るママ達をすぐ見つけました。 少し近付き挨拶すると、ママがすぐにいつもの場所の樹の上に来ました。 他にはムクッチが草地に数羽だけ。
ママに先ず物資を。 ママは頭や顔の毛が少し薄くなり、夏疲れを思わせる風貌です。 実際に弱っているのではなさそうですが。 これは、ヒヨッチやカササギなどでも良く見る状態です。
b0174191_17430165.jpg
キッズ3は欲しそうに一度はトライしましたが、物資を前に数度後ろ飛びして勇気がなくなり、側の樹に上がってママに取ってくれコールを始めました。
b0174191_17475052.jpg
しかしママはキッズ3を無視して物資を運んで行きます。 キッズ3がひつこくすると邪魔扱いにするそぶりもあり、自立を促す段階の雰囲気です。 後にキッズ3が地上に降りて近くに来たので、パンの小片を投げると、これは臆せずゲット出来ました。 去年のキッズ2の段階をやはり踏んでいる様です。
もっとも、輸送が一段落するとママはキッズ3にパンを口移ししている様で、また隠し置いた物資をキッズ3が自分のモノとしてゲットして行く様でした。
b0174191_17550865.jpg
物資伝達の場で、ママはキッズ2やキッズ3からスキあれば物資を取りあげてしまい(それ故にキッズ達もそれに抗して自分の分をゲットします)、しかしママはやはり保護者の役割を担うというのが、カラス家族のありかたの様です。

キッズ2は、いつもの様にマイペース。 物資を取りに現れたのは3~4度、一番カラスらしく無いヤツです。
b0174191_18415840.jpg


今日のハト達は、物資伝達の間に、一羽また一羽とゆっくり集まり、最後は4羽になりました。 以前の群れの一部という気がしますが、最近はバラバラに行動しているのでしょうか。 今日はパンを競り合う必要がなく、私の足元で落ち着いて食して行きました。
b0174191_18474834.jpg


EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。







[PR]
by Ataron | 2014-09-07 18:57 | 鳥さんの写真 | Comments(0)