Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

明石公園 2014.11.24 流し撮りの練習

2014年 11月 26日
連休の2日目、公園の追い大池でカモメ相手に流し撮りの練習。

これがなかなか難しく、思った様には背景が流れません。 コツを体得するまで、色々やってみるしかない様です。
全て、シャッタースピード1/100secに固定し, シャッター優先で撮ってます。
b0174191_22551615.jpg
はばたきは動きが出てますが、背景の流れはどうも。
b0174191_22552650.jpg
離水の瞬間、両足で水を蹴っているらしく、2本の水柱が立ってます。 ちょっと珍しい写真かな。 これは流してませんね。
b0174191_22552954.jpg
一番近くで撮れたもの。 しかし、流しの効果はほとんど出てません。 次回は、もっとシャッター速度を遅くしてみようと思います。 殆どまともな絵にならないかもしれませんが...

+

EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-11-26 23:05 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

神戸総合運動公園の庭 2014.11.20

2014年 11月 20日
冬の日、神戸総合運動公園のアリーナ周辺をさまよう。

この様な公園のスズメ達は、人がエサをくれるものと信じているらしい。 このスズメ君はどんどん近付いて来ておねだりするけど、今日は持ってないよ~ ^^;
b0174191_21561136.jpg
カラス達も多くいて、ハトに混じって人に近付いたりしてます。 みな愛嬌あるね。
b0174191_21561748.jpg


最初は鳥さんをと思っていたのに、もっと使いたいと思っていた SIGMA 28mm F1.8 を着けてから、もっぱらにスナップに。 いざ写してみると、えっ、どこに焦点行ってんの? てことが多いレンズ。(レンズの名誉のために言っておくと、位相差式AFはF2以下のレンズで頻繁に生じる) 静物ならライブビューAFで押さえも撮っておくと安全。 こういうのゾーンAFで写した方が良いのかも?

この駅、昼間でも看板をライトアップして、どうだといってます。 地下鉄料金は高いよん。
b0174191_22020648.jpg
いつもここで撮ってしまう、イカシタ建物。 ちょっとヨーロッパかと思いそうだが、屋根の上にオサルさんがいる。
b0174191_22015754.jpg
スタジアムに近付くと、その裏をめぐる路が見えた。 どうよ、この映像アート! どこがやねん。
b0174191_22151107.jpg
テニスアリーナまで行くと、その横にプールみたいな池と野外ステージがあったね。 こういうの大好き。
b0174191_22020041.jpg
ヨーロッパ風の家以外は、みなF1.8開放で撮影。 このレンズ、なんかいいよ。



EOS7D + EF70-200mm F4L 、SIGMA 28mm F1.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。






[PR]
by Ataron | 2014-11-20 22:23 | 単なる写真 | Comments(0)

明石公園 2014.11.19 イモほった いじるな 

2014年 11月 19日
風邪やなんやかんやで久しぶりの公園。 今日はレンジ調理したサツマイモ持参、ものの本にカラスの好物とあったので。

Point Old は落葉だらけ、ついでに見慣れぬベンチが東屋周辺に出来てました。
b0174191_20484454.jpg
寝させないための肘掛けは嫌い。 しかし、ベンチの下に妙な構造が。 「カマドベンチ」と書いてあった...検索すると
b0174191_20520347.jpg
災害時に、かまどに変身させて炊き出しに使うらしい。 でも肘掛は余計だよん。



ママ達はほどなく現れたが、余り空腹ではなさそうで、少し受け取っていなくなり、かなり待ってまた受け渡し。 待つ身のことを考えないのが、彼等の美徳。 さて、今日のトピック「芋」なんだけど。
b0174191_21004735.jpg
b0174191_21011445.jpg
b0174191_21013250.jpg
という、思わぬ結果でありました。 そしてしばらく後
b0174191_21043259.jpg
さすがにママは一個ゲットして持って行ってくれたけど...



今日も、沢山のカラス達が西の森を中心に飛びまわっていました。 競い合う様にアクロバットするのは楽しそうです。
b0174191_21085718.jpg


EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM 、SIGMA 28mm F1.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。






[PR]
by Ataron | 2014-11-19 21:12 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

イフェクター・マニアック

2014年 11月 18日
最近たまたま見つけてから、けっこう楽しみに見に行ったりしているブログが、下のリンクです。
  【○八】マルハチBlog
なぜ急にこのページを見に行く様になったかというと、私が1980年代にバンドのはしくれみたいなことをやっていて、当然ながらエレキギターのイフェクターに大いに関心を持っていたからです。

上記のページで紹介されるイフェクターの数々を見て驚くのは、今なお色々な種類のイフェクターが製造販売されていて、デジタル技術の導入が一般化した後も、デジタル/アナログ式に拘らず新しい製品の発表が行われているらしいということです。
更に「ビンテージサウンド」等の言葉で表される様ですが、過去のエレキアンプやイフェクターの音の特質を現代の技術で再現するという様なことが、けっこう定番化している様で、興味がつきません。

私が最後にイフェクターを購入したのは90年代終わり位で、デジタル化されて何種類ものイフェクター機能が小さな筐体一個に収まった、便利ながら何か面白みのないイフェクターでした。 それ以降は離れてしまっていたのです。 もはや、自分で音を出すという機会が殆ど無くなってしまい、イフェクターに対する関心も遠のいていたのですが、上記のページを見て関連リンク画像を見ていると、本格的なイフェクターとなると面白いなぁと感じます。

そうですね、ここで言う本格的というのは、出て来る音そのもので勝負しているという事で、実際に演奏に使って、楽器の音の一部になりうる素性を持っている、本気のエフェクターということですね。(ほとんど説明になっていませんが)



ここを見て欲しくなった機器のひとつで(欲しくなっただけです)、真空管を使ったディストーションユニットらしいのが以下です。
上の動画は T Rex社製の「Spindoctor」と「Spindoctor 2」というイフェクターの機能を比べている所らしく、イフェクターの中段のスイッチを押すとボリューム位置がパッと変化します。 こんなボリュームを始めて見ました。 プロ仕様の調整卓(ミキサー)で、縦方向スライダー操作を時間経過に沿って記憶し、再現できるスライダーボリュームがあるのは、何かの画像で見た様に思いますが。 こちらのは、設定したボリューム位置をスイッチ毎に記憶している様で、デジタル値で記憶する装置は今や普通でしょうが、アナログ位置で記憶/再現出来るのはいい。 音調整は物理的ボリューム操作による方がずっと扱い易いですから。

ギターを鳴らしていて少し遠ざかっておられる方、一度覗いて見られてはいかがでしょう。




[PR]
by Ataron | 2014-11-18 00:12 | 音響関係 | Comments(0)

Spicks and Specks / Bee Gees (和訳)

2014年 11月 11日
Bee Gees(ビージーズ)は多数のヒット曲を送り出して来たので、ポップスファンなら知らない人は少ないでしょう。 彼等の曲で、私の中で上位に来るのがこの曲「Spicks and Specks (スピックス・アンド・スペックス)」です。 シンプルながら、彼等のエッセンスがはっきり感じられる旋律です。 第一節でいうと「that shone on my head」と「it is dead , it is dead」の流れ、判る人には判るでしょう。 どうしたらこんな旋律が思いつけるんでしょう。



                     Spicks and Specks
                          / Bee Gees 1966
                            Music & Lyrics by Barry Gibb

Where is the sun that shone on my head ?
The sun in my life , it is dead , it is dead

Where is the light that would play in my streets ?
And where are the friends I could meet , I could meet ?

Where are the girls I left far behind ?
The spicks and the specks of the girls on my mind

Where is the sun that shone on my head ?
The sun in my life , it is dead , it is dead

Where are the girls I left far behind ?
The spicks and the specks of the girls on my mind

Where are the girls I left far behind ?
The spicks and the specks of the girls on my mind


Where is the girl I loved all along ?
The girl that I loved , she is gone , she is gone


All of my life I call yesterday
The spicks and the specks of my life 've gone away

All of my life I call yesterday
The spicks and the specks of my life 've gone away

Everybody...
Spicks and Specks !
Spicks and Specks !
...


僕の上で輝いていた太陽は いまは何処に
僕の人生の太陽、それは死んでしまった 死んだのさ

僕のゆく路にきらめいていた光は 何処にいった
そして友達はみんな何処へ? 集い会うことが出来たのに

僕が遠くに置きざりにした女の子達、いま何処にいるのだろう
今も心に残る 女の子達のきらきらしたかけら

僕の上で輝いていた太陽は いまは何処に
僕の人生の太陽、それは死んでしまった 死んだのさ

僕が遠くに置きざりにした女の子達、いま何処にいるのだろう
今も心に残る 女の子達のきらきらしたかけら

僕が遠くに置きざりにした女の子達、いま何処にいるのだろう
今も心に残る 女の子達のきらきらしたかけら


僕がずっと好きだったあの子は 何処にいるのだろう
僕が好きだったあの子はもういない、あの子は行ってしまった


今までずっと僕が昨日と呼んでいるもの
僕の人生のきらきらしたかけらは 遠くへ行ってしまった

今までずっと僕が昨日と呼んでいるもの
僕の人生のきらきらしたかけらは 遠くへ行ってしまった

だれもみんな...
きらきらしたかけら
きらきらしたかけら
...

訳注)
英語歌詞における諸説

●第3節などで「Where are the girls I left far behind ?」の部分は、「all behind」としているものも多い。 ライブ映像などを見ると、どうも「far」と聞こえます。

●第8節、第9節の「All of my life I call yesterday」の部分、調べた限りこの採詞が圧倒的多数です。 英語圏の人達が矛盾を感じない様で「I call yesterday」が正しそうです。 となると、訳はこれで良いものか?
60年代の日本版シングルレコードのジャケットには、ここの部分が、
「All of my life I crawled , yes I did」
(今までずっと僕はのろまだった、まったくそうだった)
となっていて、こちらは素直に意味が通じます。 下のコビーの右が裏面の英詞の部分で、昔の私が鉛筆でギターコードを書き込んでます。

b0174191_22054413.jpg

そう思って聴くと空耳アワー状態になりますが、後期ライブ映像を見るとやはり「call yesterday」と歌っている様です。
Spicks and Specks(Fox Fam Concert) live in sydney 1998

●「Spicks and Specks」という語に関しては、造語ではないかと思われます。
下記のリンクは「言語」に関するフォーラムらしく、ここでドイツ語圏の人が、この詞に出てくる「the spicks and the specks」を、英語がネイティブな人は何だと思うか質問しています。
  Wordreference.com / Language Forums
   Thread: The spicks and the specks [Bee Gees song title]
これに対して、これは造語と思うが、おそらく「a small particle, a fragment」という様な意味ではないかと、英語圏の人が答えています。
訳すに際して、私も「記憶の断片」という様なものとして扱いました。


b0174191_16575941.png



[PR]
by Ataron | 2014-11-11 22:57 | 映画/音楽/本 | Comments(2)

明石公園 2014.11.09 雨の訪問者 

2014年 11月 09日
日曜だが朝から小雨模様。 しかし天気が悪いとカラス達は公園から余り離れないので、ドッキングまでの待ちは楽なはずと...

小雨を押して公園に来ると、予想通りにママ達は大池北端の高い樹ですぐに見つかったものの、他のカラス達も多数が周囲にたむろしていました。 いつものPointOldに先に行き待っていると、しばらくしてママ達はやって来ましたが、物資伝達を始めるとハシブト達がすぐに気付き、わんさかやって来ました。

ただちにママ達は声をあげてスクランブルを始め、物資伝達は中断。 最近は負けていない様ですが、迎撃は大芝生周囲の広い範囲に展開し、静まっても戻って来ません。 どうも相手が多く警戒状態が続いているらしいのです。 私がコーヒーブレイクがてらにわざとPointから離れて見ていると、ブト達も私をチェックしている様子 ^^;
b0174191_17061542.jpg
b0174191_17061897.jpg
スクランブルが一段落しても、ママ達は遠い大池側の樹上で警戒し、なかなか動こうとしませんでした。
b0174191_17062238.jpg
かなり経ってから、Pointで私がハトにパンを投げたのを見て、ママ達は戻って来ました。 今度はブト達は来ず、無事に物資伝達が完了。 後半に雨が上がって良かった。



EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-11-09 17:23 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

価格.com 掲示板をメイリオで見やすくする

2014年 11月 09日
エキサイトのコメント欄のフォントを改善するために、IEの設定に関わったのが前回。
この過程で、ブラウザ(ユーザー)側からのフォント指定の強制ということを試したわけです。

これは、デフォルト(配信側)デザインの尊重という意味で、私は控えていた事です。 しかし考れば、多種のOS、PCやスマートフォンなど多種の機器、更に多種のブラウザからの参照という現代のWeb事情下では、配信側も柔軟なデザインを施しているはず。 そうなると、もはや厳格なデフォルト(配信側がこう見て欲しいと思っている)デザインを求める意味は、余りなさそうです。

従って、表示フォントの強制は見る側の最適化であり、もっと活用して良いと思えて来ました。 それでデザインが決定的に損われたり、機能に問題が生じる場合は、むしろ配信側の配慮が足りない可能性がありそうです。 要は、好みで自由に表示フォントを変えれば良く、余り極端な設定でデザイン崩れが多発する様なら、世の多数派に従った調整をすればいいという事の様です。



前置きが長くなりましたが、私は価格.comの掲示板を良く見に行き、掲示板のフォントが「MS-Pゴシック」で読みにくく、困っていました。
前回のテストで、IEの「ユーザー補助」から「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない(s)」をチェックすると、簡単に掲示板全体のフォントをメイリオに変えることが出来ました。

なんじゃ、それだけかいと言われそうですが、細かいことを言わなければ、これでおしまいです。

ただ、切り替えて色々なページを良く観察すると、やはり「何でもかんでもメイリオにするというのは?」という部分が見えて来ます。 一番は、良く見に行くブログページのデザインが「どうもメイリオ強制の無い方が良い」と感じる場合があるのです。 それなりにデザインしたつもりの私のページも、タイトルフォントがメイリオでは「気に食わない」ことしきり。 ^^;

「何でもかんでも」は、ちょっと私のセンスにひっかかります。 気にしない人はどうぞと思いますが、やはり私は部分的にメイリオ化対応することにしました。



価格.comをDOMで調べたところ、掲示板「contents930」という「ID要素」が、このサイトに効果を限定できるセレクタとして使えそうだと判りました。 前回のコメント記入欄のメイリオ化と同様の手法を使い、下の様にCSSの内容を書き換えました。

スタイルシート内容

textarea,#contents930 {
font-family: "Hiragino Kaku Gothic ProN", Meiryo, "MS PGothic", SANS-SERIF !important; }

●「textarea」「#contents930」を「,」で併記しています。 他にもどうしてもメイリオ化したい場所があれば、「,」で区切りセレクタを併記して行けます。
●このCSS記述による方法は、必要な場所だけをなるべく限定してメイリオ化するものです。 これを使う場合は、「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない(s)」などをチェックすると、限定の意味がなくなります。
●「Webページで指定されたフォントスタイルを使用しない(s)」のチェックだけでは、「コメント記入欄」はメイリオ表示となりません。

上記の枠内のテキストのみコピーし、メモ帳にペーストして、デスクトップにテキストファイルとして保存します。 出来た「新しいテキスト ドキュメント.txt」を、適当な名前「meiryo.css」等に変えるとスタイルシートファイルとなります。

IEツールの「インターネットオプション」を開きます。(IEのバージョンは11です)
b0174191_21100493.png
ここの②の「ユーザー補助」を開き、「ユーザー スタイルシート」の項にチェックを入れ、「参照(B)...」からデスクトップに造り置いた「meiryo.css」をスタイルシートに指定します。
b0174191_21553796.png
ここで「OK」を押すと、このCSSの指定がIEに反映される様になります。
また、ここのチェックを外すだけで、一時的にこのCSSの効果を止めることが出来ます。 この効果に納得し常時使用する場合は、「meiryo.css」を誤削除しない適当な場所に移動し、上記の読込み設定をやりなおせば良いでしょう。



以上で、価格.comのページが見やすくなりました。 価格.comのコメント記入欄も、「textarea」が効いてメイリオで書ける様になります。




[PR]
by Ataron | 2014-11-09 11:38 | PC環境(ハード/ソフト) | Comments(0)

サブウインドウのコメント記入欄をメイリオに / エキサイトブログ

2014年 11月 07日
新しいコメント記入欄はサブウインドウに表示され、デフォルトのフォントが「MSゴシック」で、細くて見づらいもの。 このフォントをメイリオとする方法を調べたところ、以下のページが大いに参考になりました。

アシマネのドタバタ奮闘日記

ブラウザ側でWEBページのデフォルトのフォント設定を変えて参照できる事は、なんとなく知っていたのですが、送り側のページデザインの意図を無視しかねないと考えて、今まで弄っていませんでした。
しかし、今回の事で調べて行くと、IEではブラウジング自体に影響が少ない設定が可能な様です。 (正確には各ユーザーで検証ください)



IE(Ver11です)をメインに使っていますが、問題のサブウインドウに使用されるフォントは、以下のアプローチで「テキスト形式フォント」にあたります。

先ずIEツールの「インターネットオプション」を開き
b0174191_21100493.png
➀の「フォント」を押すとフォント選択の設定に入れます。
b0174191_21115559.png
右側は等幅フォントという区分の様ですが、この「テキスト形式フォント」の選択を変えると、サブウインドウの記入欄のフォントが変わります。 しかしこの中にメイリオはなく、満足な代替フォントがありませんでした。 おまけに、一般ブラウジングの画面で、ここの選択が影響する部分があり、元に戻しました。

それで、もっとコアな設定を試しました。最初の画面の②の「ユーザー補助」です。
下は、これを開いたところです。
b0174191_21291247.png
IEのウインドウやサブウインドウで、「テキスト書込み画面」にのみフォント指定をするスタイルシートを作り、ここの最後の項で指定してやれば、目的を達するということです。



スタイルシートは「メモ帳」で書き、ファイル属性の「.txt」を「.css」に書き換えるだけ造ることが出来ます。

スタイルシート内容

textarea {
font-family: "Hiragino Kaku Gothic ProN", Meiryo, "MS PGothic", SANS-SERIF !important; }

●上記は、指定範囲を「textarea要素」としています。
●フォント指定は、MacやWindowsのユーザー環境を考慮したものです。 優先順位の上の方に「Meiryo」(メイリオ)を指定しています。
●「textarea要素」は、ブラウザで参照する他の多くのWebページで使用されています。
もし問題のサブウインドウ以外はデフォルトを望むなら、セレクタ「textarea」を「textarea.mb5」に置き換えます。「mb5」はエキサイトがコメント欄に付けた任意のクラス名で、一般的ではないので、このセレクタが当てはまる場合は、他に殆どないでしょう。 (追記:後のシステム改編により、「mb5」は「mB5」に換えられています)

上記の枠内のテキストのみコピーし、メモ帳にペーストして、デスクトップにテキストファイルとして保存します。 出来た「新しいテキスト ドキュメント.txt」を、適当な名前「meiryo.css」等に変えれば、スタイルシートが完成です。

先の「ユーザー補助」の画面から、このファイルを読み込ませます。
b0174191_21553796.png
上の様に「参照」でデスクトップに造ったCSSファイルを指定して「OK」を押すと、このCSSの指定がIEに反映される様になります。

これで、今回のサブウインドウの記入欄フォントは、めでたくメイリオとなりました。
IEでテキスト入力枠に日本語を入力する場合は、このフォント指定が影響して困ることは余り考えられません。 パスワード入力の際などで問題が生じることも、ちょっと想像できませんが、万一そういう事があれば、上のチェックを外せばよいでしょう。

このCSSファイルを読み込み時に指定した場所から移動すると「効かなく」なります。 つまり、「textarea」を生成する場面ごとに読み込まれる様です。 もし恒常的に使用するなら、IEのアプリケーションフォルダー等に置き、読み込み場所の設定をやりなおせば良いでしょう。



Chrome の方は、メインに使用していなので少し適当ですが、メニューの「設定」画面を出し、一番下の「詳細設定を表示..」を押し、「ウェブ コンテンツ」の「フォントをカスタマイズ」に進み、下の画面を出します。
b0174191_22314436.png
下の方にある「固定幅フォント」で「メイリオ」を指定すると、サブウインドウの記入欄はメイリオで書ける様になります。 その下の「最小フォントサイズ」を変えると記入欄のフォントサイズが変わります。 適当なフォントサイズはユーザーごとに異なるでしょうが、ここの指定は記入欄以外にも影響し、一般のブラウジングにどの様に影響するのか判りません。 Chrome に関しては、私はこれ以上の事は言えません。



以上の対策は、対策をしたPC環境でのみメイリオ化され、他のユーザーが、ブログにコメントを書き入む場合は以前のままです。 コメントにレスする自分の側にしか、対策効果がないわけです。
もし、コメントして来る相手側で文字が見づらい状況なら、相手に上記の対策をお願いするしかなく、これはもうエキサイトに手をうってもらうしか無いでしょう。(以前の同じウインドウ内でコメントを書けるタイプなら、ユーザーのスキンアレンジで、相手が書きやすいコメント欄をデザイン出来たのですが)

自分の側だけという限定的な対策になりましたが、また良い対策があれば紹介したいと思っています。



〔2014年11月12日における追記〕

エキサイトは問題のコメント記入欄のフォント指定を改めた様です。 DOMで調べると、

body, input, select, textarea {
font-family: "Hiragino Kaku Gothic ProN" , Meiryo , "MS PGothic" , sans-serif; }

という、現代的なブラウザ/OS環境に適したものになっています。 この改編により、エキサイトユーザーも、エキサイトにアクセスしてコメント入力する人も、上記のフォント環境で記入可能となりました。 私の様にフォントのメイリオ化で満足できるユーザーにとっては、納得できる状態に改められたわけです。

従って、このページの最初からの私の対応策は、エキサイトのコメント欄に関しては無用のものとなっています。(対策したままでもかまいません)
但し、下のリンク先で紹介していますが、IEを使用していて他のサイトなどで「textarea」のフォント指定が「MSゴシック」で見づらいという場合、このページの「textarea」のフォント設定をIEに強制する手法は大変に有効です。 エキサイトブログは対策済みですが、他の場面で同様の要求がありそうな場合は、設定を残しておくのは悪くないと思います。

具体的な例は以下のリンクを参照ください。
  価格.com 掲示板をメイリオで見やすくする



[PR]
by Ataron | 2014-11-07 22:46 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

コメント記入の様式変更について / エキサイトブログ

2014年 11月 06日
今朝気付いたのですが、エキサイトブログのコメント欄の仕様が変更されてました。
調べると10月末からの様で、以下のリンクに説明があります。 頻繁にコメント機能を使われる方は、既にご存知と思いますが。

 エキサイトブログ向上委員会 / コメント欄投稿の仕様変更について

早い話が「画像認証」付きの別ウインドウでコメントを書く形になったわけで、自動大量投稿するスパム(ショッピングサイトの宣伝など)の防止と、自社の宣伝スペースの確保が目的の様です。

エキサイトブログにログインしたユーザーには認証がなくなりますが、スパム投稿者が会員の場合は、システム側で調査してすぐ停止できるという事でしょう。



幅が狭くフォントが見づらかった前のコメント欄のデザイン、私は色々とアレンジしていたのだけど、その苦労は泡ですね ^^; いや、でもスキンアレンジの手管を少し習ったし。

今回、コメント欄は別ウインドウ表示と変更され、記入欄の幅は自由で使い良くなりました。
んーでも、記入欄の文字フォントが「MSゴシック」になってます。 私には文字が細く見づらい。 文字サイズはモニターやブラウザの設定で変えられるとはいえ...いちいちね。 
下はウチのハードコピー、モニター面実測で幅195mmですが、表示環境により拡縮が生じるので誤解されないように願います。
b0174191_10233642.png
下はDOMを使いフォントをメイリオにした状態。
b0174191_10110776.png
上の状態は、私のIEの標準設定そのものですから、「文字の大きさと太さが丁度良い」のは当然です。 つまり、私にとってはフォントが異なるので見づらいわけです。 コメント記入欄のフォントはメイリオにならないでしょうかね?



上記リンクページで、色んなユーザーからの批判(あーいいねーと言う人は書かないでしょう)が書かれてます。(エキサイトにログインしないとコメント内容は初行しか読めないです ^^; )

〔画像認証問題〕
エキサイトユーザー以外からも多数のコメントを貰ってる人は、「認証はコメントの妨げになるだけ、今までのスパム排除機能で充分」という意見が多い。 私のところも確かにスパムはめったに来ない。 特にスマホからコメントする場合、認証時の文字種切り替えが大変らしく、なるほどと思います。
結局、現在はブログ設定画面から画像認証の有無をユーザーごとに設定できる様に改められました。 私も認証無しにしましょ。 ただし新管理画面からしかこの設定変更にアクセスできませんのでご注意。 選択できる様になったのはベストですね。

〔別ウインドウ表示問題〕
意外だったのは、「別ウインドウ表示が邪魔でコメントがすごく書き難い」という意見が多いこと。 元コメント上に重なってウインドウ切り替えが大変なのでしょうか。 スマホからは最悪なのは想像できるが、モニター幅が少ないPCの人も困りそうです。 別ウインドウの位置やサイズ調整で対処可能の場合も、コメント数が多い場合は、返信ごとに別ウインドウを調整するのは煩雑でしょう。

中には「今まではコメント枠は自由に大きさを変えられた」という意見もあり、そちらの方が気になります。 記入欄の幅や大きさが変えられるスキンは、ユーザーアレンジもの ...? 私の場合は拘って、そうしていたのですが。
とにかく、別ウインドウ方式が今後どうなるか判らない雰囲気です。

私の場合は次の2点が困った点。

➀文字が小さくて書きづらい。
文字サイズはかなり多い意見です。 コメント時にいちいちIEの画面拡大設定を弄るのは不便。 誤記に繋がり、送ったコメントは修正できないから、ここは大事なところ。
私の環境ではフォントをメイリオに出来れば、サイズは現状でOKです。 文字サイズより、フォントが異なり見づらい人が多いのでは。 なんとかメイリオ仕様にして欲しい。(価格.com掲示板などのフォントもMS-Pで、システム上で変え難い理由があるのかもしれないですが)

②PCの場合ですが、別ウインドウのポップアップ位置やサイズを覚えてくれればなぁと思う。これはブログのシステムでは無理? クッキー等は利用できない? これが出来たら、別ウインドウへの批判はずっと減りそうに思うのですが。



まだ一週程の試験運用状態だから、別ウインドウのスキン対策も(私には難しいかも)、以前のタイプに対するスキン設定(CSS)のアレンジも、そのままにして様子見です。 別ウインドウのまま行くなら、私的な以前のアレンジ部分は余計な記述になり、削除がベターとなります。

ああ、ついでだけど、記事本文の編集画面の文字サイズもウチの場合は少し小さいです。 ユーザー指定ができたらいいんですがねぇ。

〔追記〕これは後にIEの「ユーザースタイルシートの適応」で解決出来ました。 IE以外のブラウザも同様の機能があるかも知れません。 以下の私の記事を参照ください。
  エキサイトブログ / 編集画面の文字が小さいのは何故



今回の対策として「記入欄フォントのメイリオ化」というのがキーになると私は感じています。
文字が小さい(細い)という人の多くは、フォントが「MSゴシック」になるためではないでしょうか。 昨日、試験的にスキンを触りましたが、スキン編集の効果はサブウインドウに反映されない様でした。 現状では確かに見にくい上、文字サイズを大きくすると美しくはなくがっかりです。



解決策が判りました。 新しい側のページで紹介します。



[PR]
by Ataron | 2014-11-06 09:06 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2014.11.05 貯蓄の秋

2014年 11月 05日
週中の休み、曇りがちの公園に。 着いて20分ほどでママが池端の高い樹頂で高啼きしました。 周囲には他のハシブト達も多数うろうろしていましたが、エサがらみでない場合は平気の様子。 私がもしやと大芝生を挟んだ距離から眺めていると、ママは気付いてこちらにやって来ました。 私は大芝生越しの距離でママを判断できませんが、ママは私の着衣などで判断しているはずです。(私はなるべく着衣を頻繁に変えない様にしています) ママに少し遅れてキッズ2も来ました。

物資はママが9個、キッズ2が4個ほど、キッズ2は最初は思い出した様に臆病な様子を見せ、後は回復。 ママはいつもの通り落ち着いています。

ママは、最初に少し食べた後は、そこらじゅうに物資を貯え始めます。 落ち葉の積った茂みは、最も一般的な貯蔵場所。
b0174191_17471928.jpg
私からすると漠然としすぎに見えますが、何かを目印にして場所を覚えるのでしょうか。 埋めた後は、見ても全く判りません。

キッズ2は、下の樹を貯蔵場所に時々使います。
b0174191_17472618.jpg
そういえば、キッズ達が幼い頃、この樹はママを待つ場所でした。
今日はしばらくここで隠し場所を探していた様ですが、やめて別の場所に貯蔵するために飛びたちました。
b0174191_17472991.jpg


EOS7D + EF70-200mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2014-11-05 18:17 | 鳥さんの写真 | Comments(0)