Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2016年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Canonの望遠レンズがマイクロフォーサーズで使えそう (続3)

2016年 04月 30日
KIPON製の画期的なマウントアダプターの発売から1年が経ちました。 「Canon EFレンズの電子制御可能なマウントアダプター」は、それまで10万円クラスの価格でしたが、これはその価格を一気に半分以下に引き下げたものです。(Canonの望遠レンズが使えそう (続2) を参照ください)

既に他の中国メーカーのこの種製品への参入が始っています。 ただしAFを可能としたのはKIPONのみで、新しい参入メーカーは「絞りコントロール・レンズ手ぶれ補正動作・EXIF情報伝達」に留まっている様子です。 中国製の製品ではパテント問題や搭載ICなど推測不可能ですが、手ごろな価格で使用に耐える機能が得られるのは有り難いと言うべきでしょう。

新参入メーカーは、ネット上で確認できるのは「STOK」と「Commlite」という2ブランドです。 どちらもAF機能を省いていますが、EOS望遠レンズをマイクロフォーサーズで使用するという目的には、私は合理的な選択に感じます。 いまひとつのAF機能に倍の価格を払うのは、どうかなと思うからです。



STOK は形だけの国内販売店を置いている様ですが、サポートを頼れるほどではなさそうです。

Amazon 取扱開始 2015/7/31 価格 \22800
STOK 電子接点付 EF-MFT マウントアダプター
b0174191_12364022.jpg


Commlite は、輸入元が幾つかあって販売価格が異なる様です。
Amazon 取扱開始 2015/7~8 価格 \23500~18400
Commlite CM-EF-MFT 電子絞り制御 マウントアダプター
b0174191_13230609.jpg
輸入元によっては、下の様に三脚台を付けたタイプを販売しています。
Amazon 取扱開始 2016/2/22 価格 \17699
Commlite EF-MFT レンズマウントアダプタ
三脚台が、この輸入元のロットのみ付属なのか不明。 同じCommlite製ですが、本体外面のスリット模様が異なり、ロットが違うのは確かな様です。 回路内容は同じなのでしょうか?
b0174191_13393605.jpg


以上の様に、購入しようとすると迷ってしまいそうです。 ユーザーレビューには、少し不安定を窺わせるコメントもあります。(上のAmazonリンクを調べてください) 現在調べた限りでは、それ以上の的確な評価はネット上にありませんでした。

これらアダプタは 良質なEFレンズの所有が購入条件です。 EFレンズの光学クオリティは充分に発揮出来るので、マニュアルフォーカスの問題のみ判断材料とすれば良いはず。 でも例えば私の場合、EOS超望遠レンズはEOSボディがあり、敢えてマイクロで使う意味がありません。 そうなると、マイクロオンリーのユーザーが、EOSレンズをどうしても使いたい場合(望遠動画も有りうる)などと、かなりニーズが限られたアダプターになります。 マイクロユーザーで新しい純正400mmに手が届かない場合に、中古のEF超望遠+アダプターという選択が有り得るでしょう。

うーむ、どうしてもの要素がない私は、もう一声安くないと手が出せないと思いました。 もうちょっと安くなるのを期待しましょうか。



[PR]
by Ataron | 2016-04-30 15:24 | 撮影機材/技術 | Comments(0)

明石公園 2016.04.29 もう連休だというが

2016年 04月 29日
世間は連休に入ったという、思わず外に出たくなる良い天気。 公園には午後2時半、最近はどんどん遅くなってます。

最初は東岸ハトポイントで5羽位に食事を配るが、新緑の桜の葉が目隠しをして、他のハト達は一向に気付きません。 時々数羽のハト達が移動するし、ボートデッキにもけっこう集まっていて、ハト達が引き上げたとは思えません。 しばらくしてから、私は北岸から西岸の休みの樹に周りました。

休みの樹に着くと、すぐに私目指して飛んで来てホバリングしたのが左アシでした。 このあたりに良く居る様で、彼は私を判別している様に感じます。 午後は休みの樹周辺は日陰になり、今日は少し寒さが残っています。 おかげで公園の人出の割に、このあたりは人が僅かでした。 ベンチに座って、左アシと他の数羽を相手に食事を配りました。
b0174191_20020815.jpg
左アシは相変わらず左足に糸をまとってますが、締め付けはなさそうです。 今日は10羽ほどしか集まらず、みんな腹いっぱい食事が当たりました。 チュン達がハト達の間に入って元気に餌の横取りをしますが、こんなヤツも。
b0174191_20260754.jpg
おそらく巣の材料にするのでしょうが、こういうのを掴むとかなり執着する様です。



なんとなく池岸を一周してボートデッキに行くと、もしかしたらの勘が当たりました。 左ユビが居たのです。 ここのハト達の目当ては、デッキに集まり色々と餌をくれる「休日の客達」です。 ヒガモンやカモ達が池を去った今、ハト達は持ち込まれた餌を独占しています。
b0174191_20311842.jpg
客の間でカメラを出すのが憚られ、デッキの外れから撮影。
b0174191_20410806.jpg
しばらくして左ユビが気付いた様で、足元に来て私を見上げました。 これは、いつもの通りです。 しゃがんでバックの底の食事のこぼれ残りを集めて、彼に手渡し。 それも無くなり、後はニャンコフーズを開けました。 案外、彼も周囲のハト達もこれに飛び付き、もう一袋フーズを開けました。 彼等はもしかしたら一日中、デッキを務めてるのかもしれません。

ハト達は、今や公園の大事な親善大使です。 ここで彼等と出会ったことで、その後の動物達との関係を大きく開いて行く子供も、きっと居るでしょう。



EOS7D + EF70-200mm F4L 、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-04-29 20:54 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

新しい隣人

2016年 04月 24日
私のデスクのほんの1mの所に、毎日スズメ達がやって来ます。 もちろん、私が彼らの腹を満たすパンなどを供するからですが。 でも、公園のチュン達の様にもっと親しくしてくれても良いのに、彼らはツンツンです。 私が物資の元なのを知っていても、公園と違う状況が壁を作っている気がします。 まあ「君子の交わりは…」と言うから、これで良いのかもしれませんが。

さて、私の棲み家の近所に林があり、そこにハシボソの番が住んでいます。 近くを通ると高いアンテナの上でのんびり偵察していたりして、昨年あたりから気付いていました。 以前は彼らとコネクションを持つのは無理と思っていたのですが、スズメ達が私との距離を近付けたかも知れません。 スズメ達が毎日私のところに出入りするのを、彼等が知っていて当然です。



きっかけはある夕方で、私が買い物から帰って来ると1羽が電柱の上に居ました。 私は人通りが無いのを確かめて、買って来たパンをちぎって道にポトリと。 少し離れて振り返ると、彼はパンを咥えてもう電柱に上がっていました。 私は棲み家まで少し歩いて見失ったと思っていたら、別の建物の上から彼が顔を出しました。 今度は塀の上にまたひとかけら ^^;

思いがけなく交流が始まりました。 私の棲み家から彼等が見えたらパンを投げてやっていると、頻繁に現れる様になりました。 近所の人に何を言われるか判りませんから、これは隠密行動です。 パン片は先週あたりからパンパックにグレードアップしました。 パンパックを作るのは久しぶりです。

今日は事態が進行して、私の部屋のテラスにおそらく雄の方がチラリと現れました。 建物の配置上でテラスの方が近所には気付かれ難いはずです。 早速、餌台にパンパックを刺しました。 未だこの隣人は私を見るとスズメ達同様にさっと居なくなるのですが、すぐにパックを取って行きました。



カーテンを引かないと警戒してパックを取りに来ないので、デスクの隅に手鏡を置いてパックを取りに来たか見える様にしました。 パックがどうなるか見ていると、チュン達が先に手を着けました。
b0174191_22580261.jpg
自分の体ぐらいのパックをガンガンつついて、すぐ中身を出してしまい困ったもんです。 足元にはチュン様用のパンが未だいっぱいあるのに...

で、ちょっと別のことをしている内に、パックは無くなっていました。 街中のカラスも、忍者の様に静かに素早く行動するのです。 そのうち、撮らせてもらいたいと思ってますが。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-04-24 23:18 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

Always On My Mind / Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)(和訳)

2016年 04月 24日
ペットショップボーイズでこの曲を知った人は多いかもしれません。 私はその一人で、長い間この曲のルーツを知りませんでした。

カントリー系のソングライター Wayne Carson の原曲に他の2人が少し手を加え、この曲が完成したのが1972年だそうです。 最初のレコーディングはブレンダ・リー、同年5月にはエルビス・プレスリーがレコーディングし、その後はカントリーソングの定番として多くに歌われるに至っています。

b0174191_11035871.jpg

私はもちろんペットショップボーイズのアレンジが光る、彼等のが一番好きです。 でも、この曲の歌詞を訳して行くと、かなり「がっかり」します。 こんな勝手な男のセリフは好きにはなれない。 演歌で「女性蔑視だと叩かれた歌詞」の方がまだ諦めがつく。 しかしこれは、この曲が書かれた時代のカントリー風決まり文句なのかも知れません。

Wayne Carson って知らないなと調べると「The Letter / The Box Tops」も彼の作曲、昨年亡くなったそうですがハートも腕もある人だったに違いありません。
下のリンクは、Wayne Carson について詳しく書かれた、ある方のレコード紹介記事です。
[SSWの快楽] Wayne Carson / Life Lines(Monument Z30906 / 1972)
これを読んでいると、やはり歌詞について片意地に構えるのもと思えて来ます。 そして、ペットショップボーイズのトラックを聞くと、この曲を挙げない理由が無いと思ったのです。



 
              Always On My Mind
                  / Pet Shop Boys  1987
                   Music & Lyrics by Johnny Christopher
                             Mark James
                             Wayne Carson
 

Maybe I didn't treat you
Quite as good as I should
Maybe I didn't love you
Quite as often as I could
Little things I should have said and done
I never took the time
You were always on my mind
You were always on my mind

Maybe I didn't hold you
All those lonely, lonely times
And I guess I never told you
I am so happy that you're mine
If I made you feel second best
I'm so sorry I was blind
You were always on my mind
You were always on my mind

Tell me, tell me that your sweet love hasn't died
Give me one more chance to keep you satisfied
Satisfied

Little things that I should have said and done
I never took the time
You were always on my mind
You were always on my mind

Tell me, tell me that your sweet love hasn't died
Give me one more chance to keep you satisfied
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind

Maybe I didn't treat you
Quite as good as I should
Maybe I didn't love you
Quite as often as I could
Maybe I didn't hold you
All those lonely lonely times
I guess I never told you
I am so happy that you're mine


 
おそらく君をちゃんと扱ってなかった
ほんとはもっと良くすべきだったのに
たぶん僕は君を愛し足りなかったんだ
ほんとはもっと愛せたはずなのに
言うべきそしてすべきだったちょっとした事に
僕は少しも時間をとらなかった
君はいつだって大切な人だったのに
君はいつだって大切な人だったのに

おそらく君を抱きしめてやれなかったんだ
寂しくてよるべない日々に
そして 君には決して言わなかったと思う
君がいてくれてどれだけ幸せかを
君はひかえの番だと感じさせていたなら
僕は何も見えてなかったことを恥じるよ
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった

言っておくれ、君の素晴らしい愛は死んではいないと
チャンスをもう一度くれないか 君に満足して欲しい
満足して欲しいんだ

言うべきそしてすべきだったちょっとした事に
僕は少しも時間をとらなかった
君はいつだって大切な人だったのに
君はいつだって大切な人だったのに

言っておくれ、君の素晴らしい愛は死んではいないと
チャンスをもう一度くれないか 君を幸せにしたい
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった

おそらく君をちゃんと扱ってなかった
ほんとはもっと良くすべきだったのに
たぶん僕は君を愛し足りなかったんだ
ほんとはもっと愛せたはずなのに
おそらく君を抱きしめてやれなかったんだ
寂しくてよるべない日々に
君には決して言わなかったと思う
君がいてくれてどれだけ幸せかを




b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2016-04-24 13:24 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Google Chrome の「新しいタブ」画面をアレンジする

2016年 04月 23日
Google Chrome は「新しいタブ」画面に8個のタイルスイッチがあり、頻繁にアクセスするページが登録されて便利そうだけど、こちらの意図と無関係に勝手に登録されるだけで、登録を消す以外の機能がありません。
b0174191_18154567.png
半日この機能を弄って、自分の必要なサイトを登録し整理できる「Chrome機能拡張アプリ」があることが判りました。 面白半分の機能拡張は避ける主義ですが、選択して導入した「Speed Dial 2」は良さそうです。



導入はとても簡単で、Chromeを起動して「Chromeウェブストア」に行き、「Speed Dial 2」をストア内で検索すると、すぐに出て来ます。「Speed Dial」は3種ある様で今のところ「2」の評判が良い様です。
b0174191_07075639.png
このページで「+ Chromeに追加」を押すだけで、即座にChromeに機能が実装されます。

「新しいタブ」を開くとこの拡張機能が働いているので、右上の「…」マークから色々設定をします。 タブ画面に背景色を付け、幾つかのサイトを登録してみました。
b0174191_18390438.png
登録個数や間隔、配置の整理、下のGoogleメニューの有無、右から迫り出すメニュー等、色々と細かくカスタマイズ出来て、Chromeの初期画面での操作が理想的になりました。

参照先サイトのフォントが読みづらい場合に、こちらでメイリオを指定できる「Stylist」という拡張機能と、この拡張機能位しか使っていませんが、こうも便利だと他にもと思ってしまいます。



私がブラウザで最も欲しい拡張機能は、過去記事の「IE Context Launcher」の機能です。 IE11には実装していますが、EdgeやChromeではもちろん適応出来ません。 このIE拡張機能でブラウズしている画像を「IrfanView」に送り、Exifや細部の確認などがワンタッチで可能になります。

Chromeでこの様な拡張機能を探すとそれなりに有りますが、上のランチャーほどぴったりなものはなさそうでした。 拡張機能で Exif確認に使えそうなのは「EXIF Viewer」が有名です。 ブロックがかかっている場合はどうなんでしょうね?

私はディスプレイ上の利点で右クリックできないブログパーツを使ってます。 DOM等を使えば画像ソースに直接アクセスしてExifを見れますが、ちょっと手間どり、上記のランチャーも使えない状態です。 ところが、Chromeではネット上の画像をデスクトップにドラッグ出来ました。
b0174191_22075811.png
IEやEdgeはブロックされますが、Chromeは通ります。 これなら画像アプリに渡してチェックが出来ます。 ブロック機能を使っていない場合は、IEやEdgeでもこの操作は可能ですが、セキュリティ警告が出ます。

Chromeの最近バージョンでは、画像関係のコンテキストメニューにGoogle画像検索(類似画像の検索)が標準実装され、画像の扱いは少しアドバンテージを感じます。
b0174191_08472007.png
Edgeは他の端末システムとの親和性重視のブラウザで、マイクロソフトはいずれ Edgeへ移行する様です。 IEではフリーの拡張機能が多く作られて来ましたが、Edgeにそういった事は期待できるのでしょうか? 私は、今や3種のブラウザにお伺いを立てる状態になってしまいました。



[PR]
by Ataron | 2016-04-23 19:13 | PC環境(ハード/ソフト) | Comments(0)

明石公園 2016.04.22 ひとりだけど~

2016年 04月 22日
少し前、公園の自転車競技場。 駅前で巨大なビルが建築中です。
b0174191_00165173.jpg
こうして見ると、自転車で走ったら気持ちが良いんだろうなと思う。

そして今日は良く晴れたウイークディで、とっくに桜は過ぎてます。 公園に午後1時過ぎて到着、ベンチで昼寝のおじさんが何人か。 気にせずに、少しずつ岸でハト達に食事を配る。
b0174191_00240018.jpg
青どんが一時は私の傍まで来たから、ちょっと空腹だったのかも。 シロとパンク以外はだれが居たのか判らず、およそ30羽が集まりました。 早々に撤収、やはり周囲のおじさんが気になります。



Panasonic DMC-G3 + G14mm F2.5 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-04-22 23:50 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

Edge はフォントの大中小が選べない

2016年 04月 22日

サブ環境でテスト導入後、新しいOSの様子が判って来たので、メインマシンにもWin10をインストールしました。 それ自体は問題ないのですが、新ブラウザ「Edge」で自ブログを表示させ、デザイン調整の必要を感じました。

今までIEとChromeでチェックしていたのですが、どちらにも画面の拡大縮小とフォントサイズ選択の機能があり、「拡大率125%、フォント大」が私には適度で、それがブラウジングの標準になっていました。 これは、モニター解像度やサイズに関係する一般性の無い個人的な話ですが、今まで「フォント大」に出来ることを前提にして、写真画像やメニューやスイッチ等と文字のバランスを取ってきたのが、Edgeに関しては通用しなくなったのです。



Edgeにはフォントサイズを変える機能がありません。(読み取りビューでは可変ですが、これはデザイン余地のない環境です) 今や多くのユーザーがスマホやモバイル機器を使うので、それに適した画面構成が推奨される時代です。 Edgeもそんな流れに同調し、フォントサイズ調節なしでズーミングだけのブラウジングに最適化された画面を「ウェブデザインのあるべき姿」とした様に見えます。

私はPCからの参照に重きを置いていますが、Win10でIE11や他のブラウザも使えるとはいえ、今後のEdgeからの参照を無視ができません。 このフォントサイズ固定のブラウザ上で文字と他パーツのバランスを取っておけば、他のフォントサイズ可変のブラウザなら、参照側の問題は少ないと考えました。 結局は、Edgeがバランス確認上の標準器になってしまったわけです。



Edgeから見た状態は予想の通りでした。 画面の拡大率が同じなら、IE等で「フォント中(標準)」を指定したのと同じになります。

この状態は私の想定したバランスとは異なり、本文文字が小さ過ぎます。 ページャーより本文文字が小さいのは困ります。 読み易くしようと画面を拡大すると、今度は写真等が大きくなり過ぎます。

Edgeでバランス良く表示させるために、本文やメニュー等のフォントを大きめに設定したスキンに書き換える必要が出て来ました。(今まではブラウザのフォントサイズ調節があるから良いと思っていたわけです)



作業はCSS上の「font-size」のある全項目をチェックしましたが、思ったほど大変でもありません。 ブラウザ側でサイズ可変となる部分は、今までは「medium」「small」「x-small」等の指定と「em」指定を混在させて来ましたが、この際すべて「em」指定に改めました。「em」は、サイズ比率が的確に指定できます。

ネストした場合は「em」が累進するので、そうでない場合に限りますが、
  medium⇒1.16em
  small⇒1em
  x-small⇒0.84em
  xx-small⇒0.64em

という置き換えで目的が達せられました。 ネストしている場所では、実際の表示を見ながらem値を求めました。
今までは本文の文字サイズ指定が「small」でしたが、これを「1em」に改め、これは16pxで表示されて、ページャー(フォントサイズ16px固定)と同じになりました。(一般に、small は13px位で表示される様です)



書き換えた箇所の CSSを表示するのも芸がありませんので控えました。 既にCSSを更新しているので、再来された方は文字が大きく感じられるかも知れません。 眼が怪しくなって来た私は、フォント大が使えるIE11から離れられないかも...



余談、このページ、「読み取りビュー」が初めて押せました。 同じページが押せたり押せなくなったり。 タイトルをクリックして新ページャーの無い状態だと読み取りビューが出る事が多い。 使えるのかなぁ、この機能は?



[PR]
by Ataron | 2016-04-22 23:07 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

甲山から関西学院大学と西宮球場を望む 1968年夏

2016年 04月 18日
まだ高校生の頃、自宅の2階や近所の生協マーケットの屋上から望遠撮影をしている内に、もっと高い所から撮影しようと思い着いたに違いありません。 ある夏の休日に、私は友人を誘って甲山(かぶとやま)の頂上を目指したのです。

甲山は西宮市の人なら皆知っている山です。 高い建物が乱立する現在はいざ知らず、当時は市内のどこからもその山頂が見えました。 Google Earth で見ると、手前の山頂からの眺望の広さが判ります。
b0174191_21140114.jpg
西宮北口から阪急電車に乗り、仁川駅から川沿いに山頂を目指して歩いた様です。 途中の仁川高丸に友人の家があり、その友人も山頂の写真に写っていて、おそらく高丸で合流したと思われます。



初めの方の写真に、関西学院大学の時計塔がさっそく出て来ました。
b0174191_21255320.jpg
撮影位置の高さと午後1時の影の向きから、上の写真は塔の北西、仁川高丸から600mmの撮影に違いありません。 東や北面に時計があり、西側は建物としては背になるので時計が無かった様です。

どの位の時間がかかったのでしょう。 てくてく歩いて念願の山頂に着き、38mm と 600mm での撮影が始まりました。
b0174191_21382852.jpg
標準で見ると、上ヶ原浄水場の丸いプールが目立ちます。 関学の裏がこの浄水場ですから、塔を見つけるのは簡単です。 下は600mmを着け手持ちで撮っています。
b0174191_21440760.jpg
塔の東が芝生広場、そして甲東園に向かうバス道路が続きます。
b0174191_21442725.jpg
手持ちといっても、何かに押し付けてブレない様に撮ったはずです。 Pen-FTのシャッター速度は最高で1/500secですから。
この時の山頂の風景です。
b0174191_21473815.jpg
山頂は単なる空き地の様な所でした。 妙な簡易テントを作って涼んでいる人が居ますが、このテントを見た覚えがありません。 その横の学生も知らない顔で、アマチュア無線の交信に登って来たらしく無線機が見えます。 皆の服装から夏の休日とだけは推測出来、600mmのテストで行ったのは確かで、撮影年度は1968年の様です。

そして、もうひとつの大事な撮影対象が私のホームランドの西宮北口でした。 いつもファインダーの中にあった場所に行って、そこから逆に見ると言うのは面白いにきまってます。 最初の Google Earth の絵にはもう無いですが、西宮球場が大きく写っています。
b0174191_22154720.jpg
上の写真の右側中央に、高い縦長の看板のビルがあります。 下はその切り出しで、写真からは読めませんが看板は「灘神戸生協」です。
b0174191_22471774.jpg
当時は生協マーケットで、この屋上から望遠撮影をしたもんです。 現在は、この看板もビルも無くなり、生協関係の別の建物に変わっています。 西宮北口は震災以降にかなり変わった気がします。



ここまでの撮影は甲山から見下ろす撮影でしたが、関学の時計台やキャンパスはシャッターを押させる所です。 写真を整理していると、親父が私をこの塔の前で撮影した写真が出て来たりして驚きます。 この芝生広場と時計塔は、何か撮りたくさせる魅力があるのでしょう。

およそ半年位の後、1969年の初め頃に訪れた関西学院大学の写真がありました。 この年は、どこの大学もこんな看板が並んでいました。
b0174191_23184477.jpg
時計塔はしかしすっくと立っています。 後ろに私達が登った甲山があります。 先の写真は頂上からこちらを撮っていたのです。

この写真からも判る様に、当時の甲山は禿げ山の印象があったのです。 でも、現在の写真はこんもり木に覆われています。 最近の甲山の情報を調べると、木に阻まれて山頂からの撮影が出来ない様です。 40数年も経てば木も茂るか...



Olympus Pen-FT + F.Zuiko 38mm F1.8 、E.Zuiko 100mm F3.5 、600mm望遠鏡 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2016-04-18 23:38 | 単なる写真 | Comments(0)

タグのデザインが分からない

2016年 04月 18日
エキサイトブログでは、個人がブログ内で設定したタグで、会員全体の記事を対象とした検索を出来る様になっています。 これは、会員が他の会員のブログに接する機会を増やし、交流や発信を活性化させる試みだと思われます。「似ているブログ」機能やこの「タグクロスオーバー」機能など、エキサイトの運営努力が認められます。 私自身は、こういった機能は悪くないと思っています。



さてそうは言うものの、今月から導入されたタグのデザインで、気になる点があります。

タグのデザインを一部変更 2016-04-05

記事の下に表示される「タグ」は、それ自体が「自ブログ内のタグ検索」のスイッチですが、スイッチと明示するために文字に枠デザインしたのですが、この仕方が意味不明なCSSの扱いなのです。

重箱の隅をつつく意見に聞こえるかもしれませんが、IE11で一定の画面拡大率と文字サイズの場合に、この枠線の太さが乱れます。 Edgeでも同様の現象があり、Chromeでは出ない様ですから、ブラウザのレンダリング仕様に関係するのでしょう。



以下は「文字サイズ 中」で拡大率を変えた、IE11とChromeの実際のハードコピーです。
左列は現状、右列はCSSを修正をした場合です。(修正は後述)
b0174191_13501939.png
b0174191_13550287.png
よく見ないと判り難いですが、IE11の左列の内「150%」「175%」「250%」等の行で、枠線が縦横で違う太さに乱れています。
下は判り易い例で、IE11で「画面拡大率210%」「文字サイズ 大」とした場合です。 左の2個のタグは上縁だけ太く、右のタグは上縁と右縁が太くなっています。
b0174191_14084792.png
この枠線の乱れは立体感が逆になり汚く目立ちます。 Chromeでは問題がなく、IEでも表示条件の違う人は気付きにくい細かい話ですが。



で、この枠線のエキサイトのCSS記述は以下の様になっています。

.taglist-list-li a {
display: inline-block !important;
border-radius: 4px !important;
border: none !important;
line-height: 1 !important;
padding: 5px 4px 3px !important;
box-shadow: 0px 0px 0px 1px rgba(0,0,0,0.3) !important;
text-decoration: none !important;
white-space: nowrap; }


枠線に見えるのは、実は「box-shadow」を細く指定して表してます。「box-shadow」は本来ボックスに立体的な影を付けるコード(私のタイトル枠等が例)です。 枠線を付けるなら「border」を指定すべきで、この様な記述にした理由が不明です。

上の各ブラウザのテストで右列は上の赤2項のCSSを修正して、下の様に改めたものです。

.taglist-list-li a {
display: inline-block !important;
border-radius: 4px !important;
border: solid 1px #aaa !important;
line-height: 1 !important;
padding: 5px 4px 3px !important;
box-shadow: none !important;
text-decoration: none !important;
white-space: nowrap; }


最初のハードコピー表で、右列は「border」の指定に修正したので、IE11の枠線のばらつきが無くなっている点に注意してください。



プロの仕事ですから何か深い意味があるのか、それとも単に気付いていないのか。 デザイン上で細かい詰めを求めるのは、拘り過ぎでしょうか?

IE11だけでなくEdgeでもこの現象が出るので、これはちょっと看過できませんでした。 私のスキンでは以下のCSSを追加してアレンジしました。

CSS 追加項目 2項目です。
.taglist-ttl {
padding: 8px 0px 1px !important; }

.taglist-list-li a {
border-radius: 3px !important;
border: solid 1px #aaa !important;
box-shadow: none !important;
padding: 6px 4px 3px !important;
}


1行目 タグ表示行の先頭の説明文字「タグ:」の上下位置を調整。
4行目「border-radius」は当スキンの他に合わせ「4px」→「3px」に変更。
7行目「padding」は枠線内の文字配置で、当スキンのフォント「メイリオ」に最適化しています。(枠内余白を調整し、また説明文字との高さを並べています)




[PR]
by Ataron | 2016-04-18 15:36 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2016.04.17 左ユビがいた

2016年 04月 17日
天気が良い日曜は公園に人が多い、特に桜が咲いていなくても。 だから午後4時過ぎて公園に着く、中途半端に運動がてら。

花見の群れが減ってほっとしたか、ムクッちもツグミっちも言い訳にしか逃げません。 そろそろ帰ってしまうから、今のうちに撮らせてもらう。
b0174191_22104284.jpg
ぽっかり空いた北岸の芝生、ハト達を探していると数羽が水辺に降りました。 岸に打ち寄せられた木の葉の溜まりを漁っている。 左ユビに似たヤツがいると思ったら、左ユビだった。
b0174191_22201939.jpg
水を飲んでいるのではなく、何か食べ物を探しているらしい。 バックに手を入れて食事を少し飛ばす。 数羽のハト達は、すぐ気付いてやって来ました。

時刻や服装や帽子も違っているからか、ハト達はまるでいつもと違う。 下手に食事を撒くと驚いて飛び上がります。 私に気付いてタカリを始めるかというと、一向にその気配は無く、それは最後まで続きました。

ハト達は、少しずつ近所に居たのが気付いて集まり、最後は20羽位になりました。 今日は、少しずつ食事を撒いたのですが、左ユビは飛びつき集団から少し離れている事が多くクールでした。
b0174191_22383619.jpg
彼とて私に気付いた風ではなく、「ちょっと前なら覚えちゃいるが、半年前だと...」というセリフを頭の中で反芻しながら、私は池を後にしたのでした。 久しぶりに会ったのに、冷たいヤツだ。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2016-04-17 22:55 | 鳥さんの写真 | Comments(0)