Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2016年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

明石公園 2016.08.30 夏もそろそろ終わり

2016年 08月 30日
台風が東北に向い、晴れた神戸は少し涼しさが増す。 早いもので、もう夏の終わりが近付いたのを感じます。

午後1時過ぎに池に着くと、久しぶりに定着組のオジサン達が居ました。 私は北岸に向かい、池端に着いた時から集まって来たハト達も、私に着いて来ました。 昨日は雨で、集まった30~40羽のハト達は、たぶんお腹を空かしていたでしょう。 私は余り待たさず、一斉に食事を配布しました。

一斉配布で未だ皆んなが地上で競っている内に、さっと私のベンチにやって来たのは左ユビです。

b0174191_18331333.jpg

いつもながら、クールな判断は他を寄せ付けません。 もちろん、隠し置き分を彼に食して戴きました。

しばらくしてから、私の方に何羽も周って来ました。 今日はマーカー確認が甘かったのですが、アサッテ、シロ、肘フェチ、が私の傍に来てアピールして行きました。 いつもの様に、肘フェチは荒っぽく飛びかかって来て、何度も私を噛んだりバッグに突っ込んだりしてます。

b0174191_18413537.jpg

久しぶりのシロ、彼は現れたり現れなかったりします。 群れの選択や行動範囲にブレがあるタイプと考えたら良いのでしょうか? でも、私の膝などに必ず乗って来て、ひどく親密さを感じさせ、私もなるべくそれに応える様にしています。

b0174191_18473269.jpg

今日は、早々と食事が底をつきました。 アサッテも一度左手に乗って来ましたが、ほんの少し食べて皆に邪魔をされました。 皆なもの足りなかったかもしれません。


Panasonic DMC-G3 + G 14mm F2.5 、画像はクリックで拡大表示します。






[PR]
by Ataron | 2016-08-30 18:54 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

スマホ版リローデッド

2016年 08月 27日
エキサイトブログのシステム上の特性ですが、PC版とスマホ版で画像バランスが異なります。 スマホ版のスキンは殆どお仕着せなので、諦めて今まで良く調べていなかったので今回調べて見ました。



PC版では、ユーザーの設定した本文幅が基準になります。 小さな画像はそのままのサイズで、画像の幅が本文幅を超える場合は本文幅サイズに縮小して表示されます。 これにより、最大本文幅はユーザーの指定に統一されます。
(1画像が500kBを超える画像を投稿した場合は、適当な幅値に自動縮小されます)
(画像以外の要素、動画や表やブロック等で本文幅がユーザー指定を超える場合があります)

では、スマホ版の画面で画像サイズはどうなるか、サンプル画像を作って調べてみます。テストは「iphone 6」(375×667)で確かめる事にして、横幅が375pxの周辺が画像幅の境界になると予想し、下の画像を用意しました。

b0174191_18111964.png
b0174191_18112348.png
b0174191_18112703.png
b0174191_18113057.png
b0174191_18113458.png
b0174191_18113854.png
b0174191_18114249.png
b0174191_18114687.png
b0174191_18115024.png
b0174191_18115415.png



Chrome のデベロッパー ツールを使って、スマホ画面でどう見えるかをチェックします。 この非常に有効な機能の使い方を少し紹介しておきましょう。

①ブラウザ画面の適当な所を右クリックして、メニューの「検証(I)」を押します。

b0174191_18545201.png

➁HtmlやCSSがレイアウトされたデベロッパー ツールが別ウインドウで起動するので、左上隅の下図のアイコンをクリックします。 これは、ブラウザの標準表示とスマホエミュレーション表示を切り替えるスイッチです。

b0174191_18583395.png

➂ブラウザ画面が下の様なエミュレーション表示に変わります。 スマホ機種の選択が出来るので、先ずテストしたい機種を選択します。

b0174191_19031564.png

④切替えた最初は、スマホで「PC版表示」を選択した状態が表示されます。 これは、PC画面を縮小したもので、PC版のスキンが適応されています。 スマホ版用のスキンが適応された状態を見る(普通はこちらで参照されるでしょう)ために、画面の適当な所を右クリックして「再読み込み(R)」を選択します。

b0174191_19174213.png

➄このリロードでブログのトップ画面に飛ばされる事がよくありますが、既にスマホ版の状態になっているので、目的のページをスマホ操作で表示させます。 ポインターは指先を意味する黒丸になりますが、操作はマウスです。

b0174191_19264224.png



さて、この機能で「iPhone 6」がこのページの画像をどう表示するかを確かめます。 上図を見て判る様に、小さな画像は、そのままの大きさで表示される様です。( iPhone 6とPCでは画素ピッチが異なりますが)
そこで、画像が画面幅に近付いた場合を見ると、「343px」より大きな画像は全て同じ幅に縮小される様です。

b0174191_19451855.png

スマホ版の表示も、もちろんデベロッパー ツールの各機能が使えます。 CSSを触って画像の縮小をさせない様に指定すると、下の様になりました。

b0174191_19542177.png

「幅343px」は縮小されていないので変化がなく、「幅345px」「幅355px」は縮小がなくなり、僅かに大きくなります。 少し中途半端ですが「343px」が幅の上限設定です。
スマホ版のCSSを調べると、表示の全体枠に下の様な指定がありました。

#postSectionWrapper {
padding: 5px;
padding: 10px;
border: solid 1px #b2c3d4; }

この指定で、枠線を入れて横の余裕幅が 5+10+1=16px
画面の全幅 375px なので、16×2=32px を引くと 343px という値が出て来ます。 他の機種の場合もその画面幅から「32px」を引いた値が、表示される画像の幅上限になっています。

●スマホ版では、画像の上限幅は「機種の画面幅-32px」となる。 それ以下の幅の画像は本来のサイズで、それ以上の画像はすべて、幅をこの値に縮小して表示される。



〔 スマホ画面を考慮した画像の設置について 〕

(1)PC版とスマホ版は掲載時の上限幅が異なるだけで、画像は同じ様に扱われることが判りました。 ただし、PC画面での画像の大きさの印象は、スマホ画面上と異なります。 PCで小さい画像が、スマホでは幅いっぱいという事になります。

とりわけ画像を横配置にして横に文字を流し込む配置は、相当幅の小さな画像でないとスマホ上では窮屈になります。 スマホ版の状態を確認をしない場合は、画像は中央配置とするのが安全です。

(2)PC版でスキンアレンジで設定した挿入画像に関する修飾は、スマホ版ではスキンが異なり無効となります。 画像と文字列の配置調整や、プリント写真を模した枠や影などは、スマホ画面では素に戻ってしまいます。

(3)PC版の場合、HTML編集で画像の表示サイズを本文幅の制限下で自由に指定できますが、この機能はスマホ版では無効になります。 下はその例です。

b0174191_18113057.pngこの文章の先頭にドロップキャップをデザインしていますが、この画像は実際のサイズは「300×200px」です。 PC版で通常編集で画像を文章の頭に登録し、配置を左に指定、更にHTML編集でエキサイトの画像設置のコードに手を加えると、画像の表示サイズを自由に調節できます。

この例では下の着色した数値が、書き換えた値で、元は「|left|300|200#」です。

[♯IMAGE|xxxxxxxx_xxxxxxxx.png|xxxxxxxx/xx/xx/|left|32|32♯]

上のドロップキャップはPC版では上手く表示されると思いますが、スマホ版は下図の様に残念なものになります。 右側がスマホの画面で「32×32px」の指定が無視され実際の大きさで表示されています。

b0174191_22101363.png

以上の様に、スマホ版はPC版の各種の指定を無視する事に注意が要ります。 スマホ版のスキンも、ユーザー側で編集が出来れば、この様な事に対処出来るかもしれませんが、システム上で困難な事もあるのでしょう。 これは、エキサイトブログが今後開拓すべき部分なのかも知れません。



[PR]
by Ataron | 2016-08-27 18:29 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2016.08.26 謀議

2016年 08月 26日
今年は良く晴れる夏です。 午後2時前に公園の池に着くと、既に10羽位がハト様ポイントに居ました。 盆前後から停留オジサン達が居ないのはどうした事でしょう? 今日は、オジサン達の好む日陰のベンチに陣取りました。

見渡すと左ユビとアサッテが居るので、早速パンを手渡しと撒きとで供給を開始。 その他は居ないのかなと思っていると、急に大きな群れが到着して60羽超えになりました。 パンク、ピンク、左アシ、はその群れで来た様です。 少数相手の余裕のパン出しが、一気に乱闘騒ぎです。 この時から肘フェチが現れて、今日はやったら噛んでくれます。

b0174191_20534669.jpg

今日は葉の多い木の下で、見上げると涼しい場所でハト達が見下ろしてます。 パンクは何をやってるんでしょう。

b0174191_21030273.jpg

噛んだり突いたりされると、少し彼等の仲間にしてもらった様な気はするもんですが...

b0174191_21070643.jpg


Panasonic DMC-G3 + G 14mm F2.5 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。


[PR]
by Ataron | 2016-08-26 21:08 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

記事ランキングのサムネイル配置を調整 / エキサイトブログ

2016年 08月 26日
エキサイトブログはデザイン改革を色々と繰り出すので、私は結構楽しめます。 もし、とても気に入っていた機能が廃止になれば嫌でしょうが、今までその様な事は無かったし、少しずつの改善はおよそ納得できる運営と感じます。

今回のサムネイル追加、おそらく「前の方が良かった」と言い出す人は出て来るでしょう。 感覚は人それぞれ、デザイン上でそぐわないと言う人の気持ちは判るが、それを言い出すとキリがないなぁと感じます。 もし細部に拘りたいなら、スキン編集のシステムが用意されてるのだから、その路を努力したらと思わずにおれません。 ヒントは、ネット上にいくらでも書かれています。



新しいサムネイル配置ですが、サムネイルが少し大きく、タイトルの表示幅が少ない様に感じました。 これは、私がニュース等のページで、サムネイルより文字で判断する事が多く、人によって感覚は異なるでしょう。 私は早速スキン編集で調整をしましたが、他のスキンでもセレクタは流用出来るので、アレンジの参考にしてください。

下は左がアレンジ前、右がアレンジ後です。

b0174191_09090901.png

要点は、サムネイル画像を小さくして、文字色を右メニューのリンク基本色に合わせ、タイトルの太字をnormalにしてます。 その他、記事間の線色をはっきりさせ、各パーツ間の間隔調整。 私のメニューは迫り出し式でかなりタイトル文字が読めますが、公式スキンでは文字数を稼ぐため折り返して詰め込む様です。 この点は今回のサムネイル追加の難しいところかと思います。



下は、メニューの中の「記事ランキング」の基本構造を模式図にしたものです。 以下は記事リスト「<li>」を2個に略していますが、実際は10個並びます。

b0174191_22122179.png

この部分の Html は以下で、システムがインポーズするものです。(ユーザーはアレンジできません)


<ul class="hotentry-list">
<li>
<div class="hotentry">
<a href="http://xxxxxx/">
<div class="hotentry-img" style="background: url(http://xxxxxx)"></div>
<div class="hotentry-text">
<h3 class="hotentry-ttl">▢▢▢▢▢▢▢▢▢▢</h3>
<span class="hotentry-intro">■■■■■■■■■■...</span>
</div>
</a>
</div>
</li>

<li>
/* ランク2記事 同構造の繰り返し */
</li>

<li>
/* ランク3記事 同構造の繰り返し */
</li>

/* 同構造をランク10記事 まで繰り返す */

</ul>


以下が、この部分に対応するCSSです。 アレンジした部分は着色していて、それ以外の部分はデフォルトです。


.hotentry-list li {
list-style: none;
border-bottom: 1px solid #aaa; } /* リスト間の線色変更 */

.hotentry-list .hotentry { /* ※注釈1 */
clear: both;
margin-top: 6px; /* リストの上部マージン、デフォルトは10px */
min-height: 50px; /* 結果的にリストの下部余裕を調節する値、デフォルトは64px */
padding-bottom: 0; } /* リストの下部パディング、デフォルトは8px */

.hotentry-list .hotentry .hotentry-img {
float: left;
margin-right: 5px; /* サムネイル右側のマージン、文字との間隔、デフォルトは10px */
width: 40px; /* サムネイルの画像幅 デフォルトは60px */
height: 40px; } /* サムネイルの画像高さ デフォルトは60px */

.hotentry-list .hotentry .hotentry-img+.hotentry-text {
padding-left: 70px; }

/* 上の項はそのままとし、上書きする内容の下の項を追加 ※注釈2 */

.hotentry-list .hotentry .hotentry-text {
color: #0080c0; /* タイトルと内容の文字色 */
line-height: 1.35em; /* タイトルと内容の行間隔 */
padding-left: 45px !important; /* タイトルと内容の左パディング、デフォルトは70px */
margin: 0; } /* p指定による上下余白を修正 ※注釈3 */

.hotentry-list .hotentry .hotentry-ttl {
font-weight: normal; /* タイトルを普通文字に、デフォルトは太文字指定の700 */
margin: 0;
font-size: 100%;
padding: 0!important;
background: 0 0!important; }

.hotentry-list .hotentry .hotentry-intro {
font-size: 0.84em; /* 内容の文字サイズ、デフォルトは90% */
opacity: .7; }



※注釈1
私のスキンでは「.MNBODY」(メニューの基本パーツ)で「文字折り返し禁止」「枠からはみ出し部分を隠す」を設定をしています。 公式スキンではこの指定の無いのが多い様で、折り返しでタイトルが全て読めるが余り綺麗ではありません。 この折り返し部分を隠すには、以下の設定をこの項に追加します。

.hotentry-list .hotentry {
white-space: nowrap;
overflow: hidden; }

※注釈2
  .hotentry-list .hotentry .hotentry-img+.hotentry-text { }
この項のセレクタ中に「+」が用いられていて、ここでは「.hotentry-img」に隣接した「.hotentry-text」を選択しています。 「.hotentry-img」はサムネイル画像、「.hotentry-text」はタイトルなどのテキスト部です。 従って「サムネイル画像の隣のテキスト部」に(左パディングを70pxを)指定するというセレクタです。

記事に画像が無い場合はサムネイル画像が作られません。 その場合は、テキスト部はサムネイル画像に隣接していない事になり、左パディングは無しとなります。 つまりこの指定の方法は、サムネイルが無い記事はテキスト部を左に寄せて、メニューに幅広く表示する配慮にもなっています。

私の場合は迫り出すメニューで幅に余裕があるので、サムネイルが無い場合も左パディング指定をして、テキスト部を揃える事にしました。 そのため、セレクタは全ての「.hotentry-text」に左パディング指定をする項を別に追加しています。 これは先の項の内容を上書きする事になります。

またついでに、テキスト部の文字色と行間隔を指定しています。 デフォルトではページの基本の指定が適応されるので、メニュー部のデザインに合わせたわけです。

下図の左は注釈2の下側の項が無い場合、右は下側の項を追加した場合です。

b0174191_09421945.png

少し様になって来たのですが、サムネイル画像の無いのは私の場合は音楽関係のに集中しています。 投稿に画像があれば、それがサムネイルに起用されるので、サムネイル変換されて具合の良い小型の画像を、夫々の投稿の最後にでも入れてやろうと考えてます。 とりあえず、音楽関係向けに下の160×160pxのpng画像を作り、記事の最後に挿絵代わりに入れて見ました。

b0174191_16575941.png

記事を更新すると、すぐにこの画像がサムネイルになって表れました。 めでたし、めでたし。

b0174191_17341392.png

サムネイルに挿絵を表示させるテクニックは、サムネイル画像が気に入らない時も使えます。 サムネイルは、投稿文の画像で「一番最初に出て来る画像」から作られます。 ですから表示させたい挿絵を、それまでの最初の画像の手前側に置けば良いわけです。

挿絵方式の注意点を以下にまとめました。

◎挿絵はスマホでは案外大きく表示されるので、サムネイルと同じ「60×60px」程度の挿絵が適当。
◎中央以外の配置は、スマホで窮屈な表示になり易いので注意。
◎投稿文の内容で、挿絵を最初の画像より手前に入れると変になる場合は考えもの。
◎全く画像がない投稿文では、最後に挿絵を置けば簡単。
◎挿絵を配置後にすぐに反映しない場合は、ブラウザのリロードを試す。
◎投稿の最後の「同じタグの記事画像」等のサムネイルも同じ挿絵になる。記事の区別のため、挿絵のバリエーションが必要かもしれない。
◎記事ランキング以外のサムネイルは100~160px程度なので、そちらの見え重視なら、それに近いサイズの挿絵が良い。しかし、スマホでは挿絵としてはちょっと大きくなる。



メニューのデザイン上で、サムネイル画像は入れたくない、テキスト部は昔の様にタイトルだけで良い、という場合もあると思います。 以下の指定をCSSに追加すると、リスト順位の1,2,3,等は無いですが、記事ランキング部を以前に似た表示にできるでしょう。 文字色、行間隔、リストの間隔など、各スキンに合わせた調整は必要かもしれません。


.hotentry-list li {
border-bottom: none;}

.hotentry-list .hotentry {
padding-bottom: 0;
margin-top: 0;
min-height: 0; }

.hotentry-list .hotentry .hotentry-img {
display: none; }

.hotentry-list .hotentry .hotentry-img+.hotentry-text {
padding-left: 0; }

.hotentry-list .hotentry .hotentry-ttl {
font-weight: 100;
white-space: nowrap;
overflow: hidden; }

.hotentry-list .hotentry .hotentry-intro {
display: none; }



〔追記〕2016.09.13

※注釈3〕この部分のHtmlにシステム側で手直しの変更があり、影響の修正のため追加指定しました。
公式スキンを基準にシステム側は記述の変更をしますが、私の様なアレンジをしている場合に、記述変更が影響する事があります。 今回の変更はその例で、デザイン上で修正対応しました。 内容は簡単なものですが、以下を参照ください。

  記事ランキングのサムネイル配置を調整 :追記



[PR]
by Ataron | 2016-08-26 00:12 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

ヴェロニカ・マーズのカメラ

2016年 08月 25日
ネットTVで最近面白いのは「ヴェロニカ・マーズ」というミステリーのシリーズものです。 このシリーズは、女子高校生のヴェロニカが探偵という、「名探偵コナン」を現実的でシリアスにした様な話です。 IT企業で潤った裕福な家庭が多い地方都市が舞台で、ヴェロニカの父親はある事件で職を追われた元保安官、今は探偵事務所を開き、彼女はその仕事を手伝います。 物語の大きな流れは、ヴェロニカの家庭に深い影を落としたこの事件の真相に、彼女が迫って行く展開です。 学校の生活や父親の手伝いを通じて、色々な事件を調査し解決する話が一話ごとに完結します。 その中に、大きな謎をはらむ本題がからめられていて、上手いこと「次を見のがせない」という気分にさせられます。

Wikiによると、2004年~2007年に全64話で放映されたもので、評判が良くて映画化もされています。(確かに面白い) 御覧になって本題の流れが判りにくい時は、Wikiに登場人物の一覧があるので参考になります。



と、まあフリークな話なんですが、このシリーズを見ているとヴェロニカがカメラを使うシーンが時々出て来て、気になって仕方がありません。 昨日もシーズン1第10話「キースの復活」2/2 の一番最後に、下の様なシーンが出て来ました。 今度こそ確かめてヤルと、ハードコピーを採りました。

b0174191_11015045.jpg

ペンタ前面に「Nikon」の文字、レンズの左横に妙な凸凹があり「こんな1眼あったか?」と調べるが、ニコンの1眼はみなオーソドックスな形です。 このシーンはレンズ交換をしている様に見えるのですが、1眼としては小さいし「ニコワン」かと調べても、やっぱり形が違います。 スポンサーの関係で、他のメーカーのカメラに偽シールでも貼ってるのかと、ちょっと思い始めました。

で、もっとハードコピーを採ってる内に、レンズを取り付ける時にやたら廻しているのに気付き、これはテレコンバーターじゃんと気付きました。 下は装着の前で、良く見たら本体に既にレンズが付いてます。

b0174191_11193947.jpg

そして装着する時はぐるぐる廻すのです。 文字に隠れそうですが、ヴェロニカさんは本体の長いレンズを掴んでます。

b0174191_11262621.jpg

うーむ、これはもしかしてネオ1眼。 最初のコピーをもう一度よく見ると、レンズの根元がマウントではない様な。 ニコンのネオ1眼といえば COOLPIX です。 ホームページで調べると最近のしか載ってないのですが、しかしだいぶ近付いた様です。 このドラマを撮影した昔の型を調べなくては。 で、ネットを調べるとWikiに詳しい年代表や小さいながら写真があり、「COOLPIX 5700 / 8700 / 8800」の型番が該当しそうだと判りました。 そして再びこの型番で検索するとカメラ本体の写真が沢山あり、「8700」に間違いなさそうだと判りました。

COOLPIX 8700 は2004年2月発売で、8倍ズームのネオ1眼です。

b0174191_11551852.jpg

このシリーズは純正の1.5倍テレコンバーター「TC-E15ED」が装着出来ます。(下の写真は COOLPIX 5700 に装着したもの)

b0174191_14280969.jpg

最初の写真、ヴェロニカさんはこのコンバーターを着けていたのですね。



ほっとした所で、「ヴェロニカ・マース カメラ」で検索したら、あっさり下の様な答えが戻って来ました。 なんだ、最初からこっちを見たら早かったのに。

Yahoo! 知恵袋 海外ドラマのヴェロニカ・マーズの中でヴェロニカが使っているようなカメラ...

やっぱり同じ様な興味を示す人はいる様です。 でも、シーズン1の中盤から「Nikon 8800」というのは、おそらく間違いでしょう。 レンズ左横のズーム倍率の表示は、5700、8700、8800 はみな異なり、スイッチ部のデザインも 8700と8800では異なります。

b0174191_15120709.jpg

ここのところはしっかり見てください。(← 思わず力が入ってしまいました)

ああ、でも何機種もカメラが替わってるなら、宣伝で小道具をNikonが次々と貸し出したとすれば、8800も出て来るのかもしれません。 でも、ヴェロニカさんの家は、家計が苦しくてシャワーの修理代に苦労しているので、高い機種をやたら使うのも変ですから... まあ細かな事はおいといて、8800 を見つけた人は教えてください。



[PR]
by Ataron | 2016-08-25 12:20 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

明石公園 2016.08.24 留守番のアサッテ

2016年 08月 24日
今日は午後2時前に到着。 暑い夏の午後、ハト様ポイントには停留オジサンの姿もなく、ハト達も涼しい所に居るのか、全く姿がありません。

少し待っていたら、北岸の方向から路沿いにアサッテが飛んで来ました。 独りだけでこのあたりの留守番をしていた様で、数分の経っても他のハトは現れません。 アサッテは単独で居る時は、まるで別のハトの様に私に近付こうとしません。 邪魔が入らない内に、沢山手渡しで食べさせたくても、それが出来ないのです。 これは他の普通のハトも同じで、最初に現れた一羽は仲間が来るまではとても臆病です。 ただ、左ユビの様に特別なのもいる様ですが。

近付こうとしないアサッテに、ぽつりぽつりパンを投げていると、しまいにパンを拾わなくなり離れたベンチに飛んで行きました。
b0174191_17161825.jpg

投げた少しのパンで満腹するはずはなく、他のハト達を呼ぼうとしている様にも見えます。 カラスは啼いて仲間を呼びますが、ハトはその手が使えません。 私は、彼が逃げださない様に隣のベンチに離れて座りました。 そこは見渡しの良いベンチで、1~2分程でハト達が集まり始めました。 4~5羽位になると、早速パンの取り合いになり、アサッテも普通に戻ります。 私の左手に乗って来てパンを食べ始めるわけで、この落差のある切り替わりは、以前にも経験した事があります。

それにしても、アサッテはこのハト様ポイント周辺に半分詰めて居るのかもしれません。 ハンディを自覚していて、単独での行動はより慎重になっていると考えれば、なんとなくアサッテが理解できる様な気もしますが...


数羽が集まると、どんどん後から続いて来るのは何時もの事です。 およそ50羽位が集まり、パンに続いて食事の一斉配布。 他のマーカーは、左ユビ、パンク(昨日来なかった)、ピンク、肘フェチ。 左アシは確認出来ずです。

そして、ちょっと見なかったツメ白が居ました。 後から来たのかも知れませんが、ベンチの上で何時もの様に偉そうにしてます。
b0174191_18011773.jpg

ツメ白は妙に人を恐れない所があり、バッグの隅を探して小粒の種をつまんで差し出すと、しおらしく食べます。 食事の時にベンチに来ればなぁと思うが、なかなか来ないんで。


Panasonic DMC-G3 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2016-08-24 18:17 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.08.23 食事に祈りを

2016年 08月 23日
公園到着 12時半、日焼けするのが判る太陽。

池に降りるとハト様ポイントのベンチに座るが、今日はしばらく誰も来ません。 数分経ってやっと1羽が来て、パンを小出しにして待ちました。 数分してまた1羽、またしばらく経って1羽。 いつもとペースが違ったが、結局その後はどんどん集まり、40羽位になりました。


アサッテ、彼は数番目に現れて、後でも手に乗ってしっかり食べました。 早めに来たので、ベンチの上でパンにもありつけたアサッテです。 後ろに居るヤツはやたらグルグルおどすが、手から取るのが怖いらしい。
b0174191_02193331.jpg

左ユビ、左アシ、ピンク、肘フェチ、を確かめたのですが、珍しくパンクが居ません。 ちょっと珍しい事です。 数が増えると皆んな気が大きくなり、パンの袋を襲うヤツが出て来ます。
b0174191_02194316.jpg

こういう無茶が出来るのは限られたハトだけなのかも知れません。 ただ、区別が出来ないので、なんとも判らないのです。

左ユビは、今日はお腹が空いて足りなかったのか、食事が無くなってから、何度も膝や私の周り来てアピールしました。 バッグの底をほじくり、違うポケットも裏返し、小さな種を見つけては彼に取らせました。 バッグの隅を探すのは、彼だけの仕事になりつつあります。
b0174191_02194797.jpg


Panasonic DMC-G3 + G 14mm F2.5 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2016-08-23 23:55 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

掲示板に「MS Pゴシック」が優先上位に指定される理由

2016年 08月 23日
以前より疑問に思って来た事ですが、「価格.com」「デジカメinfo」等の大手掲示板で、Windows向けには今なお「MS Pゴシック」が表示フォントとして指定されています。 2007年にWin Vista で「Meiryo(メイリオ)」が配布されてから10年になろうというのに。

「価格.com掲示板」のページのフォント設定を調べると、

body {
font-size: 13px;
font-family: "MS Pゴシック", "MS PGothic", "ヒラギノ角ゴ Pro W3",
"Hiragino Kaku Gothic Pro", Osaka, arial, verdana, sans-serif; }

となってます。 これでは、Windowsユーザーは「MS Pゴシック」をアンインストールしない限り、「MS Pゴシック」で表示される設定です。

そこで色々と調べて見ると、『低解像度のモニターでは「MS Pゴシック」は識別度が優れている』という事が、その理由らしいと私には思えて来ました。 当方のモニターは24inch 96dpi 程度で、今や時代遅れかもしれず、ここのハードコピーで私の感覚が伝わるかどうか。 でもフォントの考察自体は無駄ではないでしょう。


他のブラウザも同様ですが、Chrome でブラウザ画面の拡大率を100%~200%と操作して行くと、画面上の文字は当然拡大しますが、これは100%時のレンダリング像をグラフィックアプリの様に拡大しているわけではありません。 元の文字サイズと拡大率から表示サイズを計算し、文字を逐次レンダリングしなおしています。 この際、拡大率に応じた常に滑らかで美しい文字を表示するため、TrueType 等のフォントが用いられ、「MS Pゴシック」も「メイリオ」もその類になります。

しかし、描画すべき文字サイズが小さくなって来ると、両者の文字表示の仕方が異なってきます。「MS Pゴシック」は一定の文字サイズ以下でビットマップ文字を代用として使い、「メイリオ」は一貫して計算による描画をする仕様です。 ここに今回の問題の根がある様です。

サンプルとして、「価格.com 掲示板」を Chrome で表示して見ました。 このコメント欄は最初に挙げた様に「MS Pゴシック 13px」で表示されます。 その様子のハードコピーを下図の左側に、そして Stylist で「メイリオ」に改めた状態を右側に並べています。
b0174191_21461224.png

13pxでは文字が小さくて判りづらいので、これを2倍に拡大したのが下図です。 低解像度モニター(画素が大きい昔のワープロの様なもの)では下の様に見えると思います。
b0174191_22092474.png

「MS Pゴシック」はビットマップ表示で、いわゆるドット絵です。 少ないドットで漢字を表すために線を間引いたり、形をデフォルメした印象がありますが、線はくっきりしています。 直線部の幅は常に1dotです。
一方「メイリオ」は、バランスが良くて露骨な間引きはなさそうですが、アンチエイリアス(滑らかにみせる処理)で全体にぼやっと見えます。

これが、低解像度で「MS Pゴチック」は識別度が優れているといわれる内容でしょう。 私自身が昔使用していたノートパソコンは、文字にアンチエイリアスが無く、確かにそんな印象だった事を思い出します。


さて、現在の私のモニターでは、13px 文字は小さ過ぎて、ブラウザ拡大率は150%程度が欲しくなります。 この状態では、計算上で文字サイズは20px弱になりますが、文字列の幅を調べるとブラウザはかなり正確にレンダリングしている様です。 下図は、最初と同様に画面の文字の状態を比較したものです。
b0174191_22484708.png

この拡大率では、「MS Pゴシック」は未だビットマップ表示をしていて、13pxの時よりドット数を増した大きな文字を表示しています。 しかし、文字の線が1dotで細いために、私には非常に見難く感じてしまいます。「メイリオ」の方は、線が太くてデザインも綺麗で、明らかに読みやすいのです。「MS Pゴシック」は、拡大率を175%まで上げた途端に太い TrueType の表示となりますが、これは余り美しいとは思えません。

ちなみに、上図を更に拡大して「MS Pゴシック」のドットを数えると「18×18dot」でした。
b0174191_22320669.png


以上の事をまとめると、掲示板のフォント設定は、「低解像度の環境からの参照を確保し、高解像の環境はそれぞれの対処にゆだねれば良い」という考え方に思えます。 その結果、対処をしなければ、かなり読み難いのを我慢させられる人も多いというわけです。

ちょっとウェブの実情を調べてみました。
「価格.com」はトップページなど、掲示板タイプのページを離れると「メイリオ」が先頭で最優先の指定になっています。「Yahoo!」のトップページでは「MS PGothic」ですが、その分岐に入れば「ヤフーニュース」「オークション」等では「メイリオ」が優先で指定されてます。「Google」は、検索結果表示や各種サービスで「arial,sans-serif」が常に指定され、これはユーザー側のブラウザ指定に委ねた感があります。

このあたりから推測できそうな事は、出来るだけ広い層を意識した時に「MS Pゴシック」を指定するという事です。 公共機関が万民に対して公平でなければならないとされる様に。 しかし、レストランやショップは流行や独自のセンスの側に重きを置くというわけです。

2チャンネルの様なアスキーアート(文字絵) が文化として定着した掲示板では、表示フォントの持続を要請する部分もあるでしょう。 私が知らない理由で、他にも「MS Pゴシック」を優先する理由があるかも知れません。 詳しい方はぜひ教えてください。 こんな問題、アルファベット等の簡素なフォントで済む文化圏では、どうなってるのだろうなと思います。 ページを構成する際に、漢字圏は英語圏よりフォントを大きくする傾向があるかも知れませんね。



[PR]
by Ataron | 2016-08-23 23:32 | PC環境(ハード/ソフト) | Comments(0)

Stylist の実用編 / なんでMSPゴシックなの、なんで小さな文字なの

2016年 08月 22日
ネットで良く見に行くページで、行くたびに文字の読み難さに苛立ちを感じるページがあります。 おそらく、私のモニター環境とかなり異なる環境(異なる設定)を前提に、そのページがデザインされているのだろうと思います。 こういう場合、私の都合は私で対処するしかありません。

Chromeは訪問先URLごとに、私が調整したブラウザ拡大率を覚えてくれますが、それでも読みづらいページがあります。 その筆頭は「価格.com」で、何の理由でかWinOSでは「MS Pゴシック」が適応され、掲示板が読み難くて困ってしまいます。
〔追記〕2016.08.23
少し調べたのですが、「デジカメinfo」などもそうで、掲示板で「MS Pゴシック」は定番の様です。 この理由について、もう少し確かめてみました。 次のページを参照ください。

もう一つ私が困るパターンは、文面のフォントに12px以下を指定しているページです。 普通はブラウザ拡大で改善しますが、どうも画像が大きくなり過ぎるので、フォントサイズを大きくしたらビンゴというページがあります。 スマホのみで書いてるブログもある時代だし、モニターの縦横比の違いなんかも関係するのか? 良く見に行くページがそんな場合は、フォントサイズも私の都合に合わてしまいます。



こういったストレスを解決するには、Stylist を利用するのが一番です。 Stylist は ブラウズ対象のページ(URL)ごとに、ユーザースタイルシートを選んで適応し、細かく Chrome の表示を最適化できます。 以下に、私の最近の設定例を紹介します。


〔★Meiryo〕
先ず、ページのフォントに「メイリオ」に指定する登録スタイルで、これは「All site」で指定しています。

b0174191_14462915.png

登録したCSSは以下です。

*{ font-family: "メイリオ","Meiryo"; }

どのページを開いてもこの指定が適応されますが、優先順位の低い全称セレクタ「*」を使っているので、ページのオリジナリティが部分的に残る場合があります。 あまり他のセレクタと比較していませんが、現在のところなかなか具合の良い指定に思えます。 この指定で決定的に困る様なページに出くわしたら、「disable」で一時的に回避し、常に利用するページで問題があれば、そのページだけこれを打ち消すスタイルを登録すれば良いと考えています。


〔★Medium〕
ページの基本のフォントサイズを「medium」(16px)に指定する登録スタイルです。

b0174191_15020995.png

登録したCSSは以下です。

body { font-size: medium !important; }

このスタイルは適応ページを複数を指定する形です。 上図では2つのURLを登録していますが、良く利用するサイトでブラウザ拡大よりフォントのmedium指定が好ましいと判断した場合に、URLの登録を追加します。 下図の様に「add Rule」を押して新しいURL登録枠を開きます。

b0174191_15171788.png
b0174191_15205241.png

上の赤枠に追加するURLを記入し、最後に「Save」を押して登録を完了します。 登録削除は、各URL枠の横の「del」を押して「Save」を押します。



上記のスタイルは、時々触る可能性があるので「★」を付けて目立たせています。 まあ、よほどの事がないと「medium」に登録しないですが...



〔追記〕2016.09.18

価格.comのBBSにコメントしようとしたら、コメント欄だけ「MSゴシック」になります。 以前にIEで設定した覚えがありますが、このStylistで新しい登録を追加しました。

〔Kakaku Comment〕
価格.comのコメント欄のフォントをメイリオにする登録スタイルです。 「kakaku.com」のみを指定としましたが、「All site」で全サイトで指定しても良いかもしれません。

b0174191_22241990.png

登録したCSSは以下です。

textarea { font-family: "メイリオ","Meiryo"; }



[PR]
by Ataron | 2016-08-22 15:39 | PC環境(ハード/ソフト) | Comments(0)

Stylist / Google Chrome 拡張機能の使用法

2016年 08月 22日
Chrome の拡張機能 Stylist は、ユーザースタイルシート(CSS)を管理し適応するものです。 同種の拡張機能は他にもある様ですが、私自身の運用でトラブルを感じさせずお勧め出来ます。 この Stylist は日本のプログラマーの方が製作され、過去にはブログも公開されています。
Stylist の扱い方は、なんとなく出来てしまったという人は多いと思いますが、その動作を調べて確実な使用方法を整理してみました。 ユーザースタイルシートという有効な機能を、より多くのユーザーが知って、これを利用する助けとなれば本望です。



〔 Stylist の導入 〕

Stylist は Google Chrome の使用が前提です。 PC版の Chromeが動作していれば、OSが何であれ動作します。 Stylist を導入するには、Chromeで下のリンク先を開きます。

開いたページが「拡張機能 Stylist のページ」である事を確認して、右上の「+Chromeに追加」を押します。

a0349576_23400740.png

これで、使用中の Chrome環境に Stylist が導入されます。 Chromeの拡張機能は追加や削除がとても簡単です。




〔 Stilistアイコンの表示設定 〕

Stylistアイコン(下図の赤枠)を右クリックして「オプション」を押すと、Chrome に下の様な管理ページが開きます。

b0174191_12055078.png

上図は左のタブ「Basics」を開いたところですが、ここでStylistアイコンの表示の仕方を選択出来ます。
  ○「none」は常時グレーアウト
  ○「matched」は登録スタイルの適応時だけカラー表示
  ○「always」は常時カラー表示
Stylistの動作は同じですが、適応サイトの区別が判る「matched」がお勧めです。
(但し「always」には、最後の追記に示した使い方があります)



〔 スタイルの登録や更新 〕

Stylist の操作の主要部は「Styles」のタブです。「Styles」のタブの画面は、下図の様に左側に登録したスタイル名が並びます。 そのどれかを選択すると右側に選択したスタイルの内容が表示されます。 右側はスタイルの編集画面です。

b0174191_12073452.png

上の様に「Add New Style」を押すと、右側に新しいスタイル編集画面(下図)が出ます。

b0174191_12130634.png

 ①登録スタイル名(ここに記入した名前がスタイル名として左側の列に表示されます)
 ➁URL (このスタイルを適応するページのURL。 指定の仕方は、単一/複数/全ページを選択)
 ➂ユーザースタイルシート(CSS)のコード

これらを書き込んで下の「Save」を押すと、右側の内容が登録スタイル名で登録されます。

Stylistでは「Save」を押す操作はとても重要です。 画面上で書き換えや設定変更を行っても、「Save」を押して「Saved !」が表示されない限り元の内容に戻ってしまいます。 また、「Save」後に適応対象のページをリロードしない限り、編集操作はページ表示に反映されません。

先の図で①と➁の記入がないと「Save」出来ません。 ➂は記入が無くてもOKで、後で編集出来ます。 また、下図の様に「All site」にチェックを入れると➁で全URLを指定した意味になります。

b0174191_12141918.png

これは「Save」が出来るので、後でチェックを外しURLを記入することも可能です。 下図の様に「Saved !」が出れば、この例ではスタイル名「Tset CSS」の内容が登録(更新)されたという事です。

b0174191_12152514.png




〔 適応範囲を指定する 〕

「All site」のチェックは、例えば「あらゆるサイトで表示フォントをメイリオにしたい」という様な場合に使います。 このチェックを入れとりあえず全サイト対象として、このスタイル強制に無理があるサイトをブラウズする場合は、適応を一時的にOFFにするといった使い方が出来ます。 下図の様に「disable」を押すと、登録内容がグレーアウトして表示され、次に「enable」を押すまで、このスタイルをOFFにできます。

b0174191_12163143.png

この「disable/enable」は「Save」で登録する必要がありません。 指定は Chrome を閉じても継続される事に注意してください。 これは、CSSの動作確認にも使える有効な機能です。

あるスタイルを、特定の複数のサイトに対してだけ指定するには「add Rule」を使います。 これを押すと、➁のURL指定枠が下に1個追加されます。(下図)

b0174191_12175237.png

上の例なら「Test CSS」のスタイルが、この新しい枠に登録したURLにも適応される様になります。「add Rule」でURL指定枠を次々と増やす方法は、適応範囲は限られているので、少し複雑なコードも指定可能になるでしょう。 もちろん、URL指定枠を追加するには、最後に「Save」を押して登録が必要です。

各URL枠の右に「del」ボタンがありますが、これも「Save」を押さないと実際には削除されません。

b0174191_12233741.png

「del」を押した枠はグレーアウトしますが、これは先の適応のOFFと違い、誤消去防止のための表示です。 特定のURLを一時的にOFFにしたい時は、どこかにURLを書き留めて一旦削除するしかありません。 このグレーアウトの状態は、他の登録スタイルを見て戻ると元に戻ってしまうもので、適応のOFFとなりません。



〔 複合スタイルとスタイル管理 〕

下図の例では登録スタイル「Test CSS」に、1個のスタイル(下図の赤枠)が登録されています。 これはスタイルの単位で、この単位ごとに「Save」で登録し「del」で削除する仕様です。

b0174191_12265765.png

「ひとつの登録スタイル名に1個のスタイル」が普通の使い方ですが、Stylist は 「ひとつの登録スタイル名に複数のスタイル(複合スタイル)」を登録できます。 別のスタイル名を作って分けて登録しても同じ事ですが、この複合スタイルは少しだけ便利です。

一番下の「new style set」を押すと、下図の様に新しいスタイル編集画面が下に追加されます。 このボタンで幾つでもスタイル枠を追加でき、この登録スタイルは複合スタイルとなります。

b0174191_12280622.png

それぞれのスタイル枠ごとに「Save」「del」の機能がありますが、一番上の「delete ALL」は右側を全部削除するボタンです。 これらのボタンで複合スタイルを管理しますが、「disable」は複合スタイル全体に適応され、個別に適応はできません。

複合スタイルは、スタイル編集時に便利です。 元のStyle1の内容をStyle2にコピーしながら編集し、Style1はURL欄を少しだけ変えて「Save」し、更新したStyle2を「Save」して効果を確かめるという手順です。 また、新しい追加CSSの有効性の確認が、元コードを残したまま出来ます。(複合スタイルは、含まれるスタイルが全て適応されます)

私は編集時に利用するだけで、最後は1個のスタイルに整理して纏める様にしています。 しかし、この機能で左側の登録スタイル数を整理することが可能です。 例えば、エキサイトブログに関して「ブログ編集画面」「テンプレート編集画面」「トップページ」など、複数で別個のスタイルがある場合、ひとつの登録スタイル名に複合スタイルとして纏める事が出来ます。 フォルダー整理と同じで、それ以上の意味はありませんが。



以上、Stylist の扱いを纏めました。

 ▪「Save」を忘れて登録内容が元に戻っている
 ▪対象ページをリロードしないとスタイル更新は反映されない
 ▪Stylist 内の表示が、管理画面をリロードしないと反映されない場合がある

Stylist を使っていて判らなくなったら、慣れない内は上の点が関係するかもしれません。

私は、複合スタイルを編集時にだけ利用していますが、他に有効な活用法があれば、ぜひ教えてください。



〔追記〕2017.01.23

〔サブウインドウのモード〕

Stylist の基本操作は、ここまでの説明の様に Chromeで「オプション」ページを開き、スタイルの編集や登録を行います。

これに対して、Chromeで任意のページを開いた状態でも Stylistを操作できます。 このモードの制限として、登録済スタイルを呼び出せず扱い難い部分がありますが、「ページへのスタイル適応を見ながらCSSコードを試す」には便利です。

このモードはカラー表示の Stylistアイコンの左クリックから入るので、アイコン表示を「always」とする必要があります。
アイコンを左クリック(1~2回)すると、下図の様な Stylistのサブウインドウが開きます。
(例として「Google検索」ページ上で、サブウインドウを開いています)

b0174191_14413573.png

操作の方法は基本操作と同じで、以下の①~➂を記入します。
 ①登録スタイル名(ここに記入した名前がスタイル名として登録されます)
 ➁URL(開いたページのURLが自動的に指定されていますが、余計な末尾をここで編集可能)
 ➂ユーザースタイルシート(CSS)のコード

b0174191_14512882.png

ちなみに➂の右下隅をドラックして、記入枠を拡げる事が出来ます。
CSSコードを記入して「Apply」を押すと、ページにスタイルが適応されます。

b0174191_15281650.png

上図では、ページ上の「span」要素が赤色に変わり、コードが有効なことが判ります。

 ▪このモードを一度起動すると、ブラウザを再立ち上げするまで、記入したCSS内容が記憶されています。
 ▪CSS内容を書換えると、以前の内容は消えます。
 ▪下図の様にブラウザのリロードボタンを押せば、「Save」前ならページへのCSS適応をリセットできます。

b0174191_15483999.png

 ▪「Save」を押すと記入したCSS内容が登録されますが、登録した内容はこのモードでは呼び出せません。
 ▪下図の様に CSSの内容に間違いがあっても、登録は実行されます。 逆にこれを利用して、URLの取得や、コードのテストや覚書きのツールとして使い、後で基本操作で編集すると便利かもしれません。

b0174191_16081578.png




〔追記〕2017.03.02

上記の説明は「対象URL」の指定枠が「prefix」の場合のみですが、この枠の扱いの詳細は以下のリンク先を参照ください。



[PR]
by Ataron | 2016-08-22 12:38 | PC環境(ハード/ソフト) | Comments(0)