Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2017年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

明石公園 2017.04.28 4日ぶり

2017年 04月 28日
少し間があいた配達、天気は良く、公園到着は14時です。

ハト様ポイントの近くに数羽が、先客の周りに居ましたが、餌を撒く人達ではない様子。 私が近付いた時は気付くハトもいない位でしたが、パンを出すとあっという間に対岸から群れが集まりました。 急に増え、腹を空かせているのかやたら飛びついて来るので、マーカー確認が難しくなりました。 仕方なくパンを配って攻撃をかわし、カメラを出して確認し始めました。

全数は60羽以上、確認出来たマーカーは、エルト、シロ、アサッテ、ツメ白、左ユビ、マギ1、マギ4、です。 下の写真は私が立ち歩いて撮ってますが、なぜかハト達も背伸びしてます。 一羽はアサッテですが、手前は誰かわかりません。

b0174191_20005971.jpg

エルトはバッグを狙って最初から飛び付き組でした。 一方、ツメ白は占拠を狙って、手の上でグルグル回って威嚇ダンスをしてます。

b0174191_20010555.jpg

左ユビを後半で見つけたのですが、彼も手の上を狙って来たので、止まらせました。

b0174191_20010971.jpg

今日は頭の後ろから咬むヤツも居て、皆んなお腹が空いていたのかも。 しかし、無制限に食事を出すのは考えものですし...


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-04-28 20:36 | 鳥さんの写真

ECMマイクのシールド改善

2017年 04月 28日
Andoerという安価な中国製のECMマイクを入手しましたが、マイクに手を近付けたりすると少しハムが出ます。 そんなの気にしないという使用が対象の製品でしょうが、筐体は案外ちゃんと作られています。 勿体ないので改善しました。

マイク筐体に手を近付けるとハムが出るのは、筐体がちゃんと接地されていないからです。 早速、分解してみたのが下の写真です。

b0174191_02182078.jpg

前面のキャップを廻すと簡単に外れ、円型のメッシュとキャップが分解しました。 マイクコードを押してECMユニットを筐体から押し出すと、配線の根元にウレタンが巻かれています。 これは、ユニットが筐体内で暴れない様にする、ソフトな詰め物としての役割でしょう。 配線の後方はタイラップが巻かれ、マイクコードを引き抜く力がハンダ付け部にかからない様にしています。 タイラップは私も良く使う手ですが、ウレタンはタイラップとユニット間に巻かれていました。

筐体の側方に空気抜き窓があり、その切り欠き窓のメッシュは自分の弾力で筐体内に貼り付いているだけです。 細いドライバーなどで少しずつ押すと、上の写真の様に帯状のメッシュが外せます。

ユニットが暴れると言いましたが、ユニット径は筐体内径より僅かに小さいからです。 ユニットは実際は一部が筐体内面に接しているでしょうが、しっかり固定されていません。 このため金属筐体の接地が不完全で、ハムを引く原因となっていました。

b0174191_02182576.jpg

①ECMユニットの背面はHot(信号)と接地の2極がプリントされています。 接地側のパターンはユニットの外面に繋がり、ユニット外面は接地されています。 多くのECMマイクユニットはこの構造です。

➁筐体の内面は外面の塗装が及んでいました。 この塗装が筐体の接地を邪魔しています。

➂ユニットを筐体から完全に抜き、筐体内面の塗装をヤスリなどで剥離しました。 側面のメッシュの当たる奥の部分も剥離しています。

④ユニットを元に戻したところですが、ユニット径が少し小さく筐体との間に隙間が出来ます。 マイクコードを配線してテストすると、コードを触っているとたまにハムが出ます。 ユニットが筐体に接触しない状態になる事があるのです。

これでは困るので、金属性の詰め物を隙間に詰めることにしました。 あり合わせのシールドコードを剥き、シールド部だけを適当に切って撚り、ユニットと筐体の隙間に挟んで封入しました。 これで接地が完全になり、筐体からのハムはなくなりました。


同時に入手したDuaFireの方は、ユニットと筐体が窮屈で接地が完全な様です。 こちらはラジオペンチでユニットを掴んで、筐体から引き出しました。

b0174191_16200244.jpg

やはり配線の根元にウレタンを巻いていて、これが詰め物になりユニットが外し難かった様です。 DuaFireはユニットも筐体も細くてタイラップが収まらないため、その処理がありません。 テスト用なので敢えて処理をしませんでしたが、実用ならタコ糸を巻く追加処理をしたでしょう。 Andoerではハム防止の効果が明らかだったので、念のためにDuaFireでも接地を完全にする処理をしました。 ウレタン材は外してしまい、Hot側にショートしない様にシールドメッシュを詰め物として、上図の右側の様に筐体とユニットの間に挟んでいます。



[PR]
by Ataron | 2017-04-28 02:58 | 音響関係 | Comments(0)

ECMマイク専用のヘッドアンプの製作

2017年 04月 27日
G8の動画録音に関して、内蔵マイクの録音ではSN比が芳しくなく、外部マイクの録音ではどうなのかをテスト中です。

ネットを調べると、YouTubeに録音テスト風の動画が多数有り、どうやら「ユーチューバー」達が自分達の動画音声の品質を気にし始めた事が判ります。 アテにならない情報は無視して、メーカー仕様、価格.com情報、色々な人の実験的情報などを参照して、現在およそ次の様に考えています。

①カメラの動画の同時録音には、PCM録音機器(デジタル録音機器)からカメラへのライン入力がベスト。
➁PCM録音機器との間にアッテネーターが必要か(減衰比は?)は、機器側/カメラ側の仕様により異なる様子。
➂デジタルカメラ専用の外部マイクは評価が微妙。 しかし、専用外部マイク製品は豊富化しつつある。



私のテストしたかった点は、「外部ECMマイク」「外部ECMマイク+ヘッドアンプ(初段アンプ)」の構成が、内蔵マイク録音のSN比を改善できるかという事です。 それで、カメラのパスパワーの電源ノイズ等の影響の有無が見えて来るでしょう。

押入れを探すと、昔に自作したボーカルマイク用のブーストアンプが出て来ました。「オーディオレベル」より少しアバウトな「楽器レベル」の代物でしたが、これをECMマイク用のヘッドアンプに改造しました。

オペアンプを1個使う9V電池で働く回路で、元回路はエレキアンプ用に出力インピーダンスが高く、そのままでは使えません。 そこで、ネットの専門家達の知識を輸入しては、以下の回路に改めました。 テスト入手した安価なECMマイクを繋ぎ、ノイズを耳で確認しながら色々と定数を変えた結果ですが、今後も改める所があるかも知れません。

b0174191_14152591.png

●(マイク側)入力インピーダンスは10KΩ、出力インピーダンスは1KΩです。 一般のECMマイクユニットやG8の外部マイク入力のインピーダンスに適当な値にしています。
●ヘッドアンプのゲインは「 -20dB ~ +14dB 」間で可変です。 常識的な範囲のテストで、「ヘッドアンプゲインUP、カメラ側入力ゲインDOWN」「ヘッドアンプゲインDOWN、カメラ側入力ゲインUP」は、録音のSN比に影響が見られませんでした。 この事から、カメラ側の適正入力に合せたレベルで送り込むのが無難と考え、このアンプはマイク感度の調整用範囲のゲインで、もっぱらバッファーアンプ的な動作をする増幅率としました。
●オペアンプの片側が余るので、ECMマイク用のパスパワー4.5vをここから出しています。 2KΩの手前にローパスフィルターを入れてマイクの電源ノイズを抑えるべきかとも思ったのですが、簡単なテストでは効果が見えず省略しています。
●回路図には表れませんが、50KΩボリュームの金属ケースの接地はハム対策で必要です。 その他、マイクからの配線、回路全体がマイク感度上で働き、ノイズ/ハムに敏感です。 実用機とするならメタルケースが万全です。

下図は、この自作のヘッドアンプとマイクの接続の様子です。

b0174191_21432269.jpg




テストのために、外部マイクとして廉価なECMマイクをアマゾンで入手しました。

b0174191_10520767.png
b0174191_16454851.png

▪面白いのは、購入先は全く別ですがクリップ部やマイク筐体の構造は酷似。 つまり同じ所で作られた物の様です。
▪DuaFireのSN比74dBは?ですが、感度は大変に良くてヘッドアンプ無しでG8に刺すと、内蔵マイク以上の感度と判ります。 それに対して Andoerは感度がかなり低く、上記の仕様表記通りの様です。 安い設定なのはそのあたりの理由でしょうか?
▪マイクユニットは、DuaFireは6mmΦ無指向性、Andoerは9.5mmΦ単一指向性、です。 音質は色々と録っては聴いてみないと簡単には比較できません。
▪どちらもマイク筐体が金属でDuaFireはしっかり接地されていて、筐体から来るハムは全くありません。 Andoerは接地が不十分でハムを拾い、これは改造の余地があります。(ECMマイクのシールド改善を参照)
▪どちらもコードは単芯のシールドで微弱ながらハムを拾い、かなり短く切って別のジャックのコードに繋ぎ直しました。 普通の使用では、ここまでする必要はないレベルです。

DuaFireの方はiPhone等の専用ジャックで、これはCTIA規格と言うらしく、一般のマイクジャックに挿しても使えません。 このテストでは通常のジャックに配線しています。

b0174191_11001451.png

▪この他に、手元に Panasonic製のECMマイクユニット WM-034CZ という部品があったので、これもテストに加えました。 下はそのデータシートです。

b0174191_17064073.png

テストした3種のマイク部の様子です。

b0174191_17084758.jpg




で、外部マイクを並べて勇んでテストしたのですが、現在の所は「外部マイク+ヘッドアンプ」のシステムは、良い結果が出たとは言えません。

b0174191_17162530.png

◎室内のPCや冷蔵庫の音が無視できないレベルになりました。 これらをシャットアウトするために、静かな部屋にテスト音源を再生するスピーカーとカメラ/マイク類を引き出してテストをしました。
◎スピーカーからテストトーンを再生、1m程の位置で「G8内蔵マイク」と「外部マイク+ヘッドアンプ」で録音。 どの場合もG8の録音感度「0dB」に設定。
◎外部マイクはヘッドアンプの増幅率を調整して、赤が出る直前の「クリップ限度」に調整して録音。
◎録音結果をテストトーンのレベルが揃う様に、増幅微調整して比較しています。

このグラフで比較する限り、内蔵マイクの方がSN上は良くて、なあんだという結果です。 その上、内蔵マイクアンプは入力が小さいとゲインがゆっくり下がり、ノイズゲートの様な動作を示します。 外部マイク側はその動作がなく、ノイズは一定です。 しかし、それを差し引いても、外部マイクのノイズは大きく劣っています。

ただし、この結果はちょっと落とし穴があり、内蔵マイクは低域が大変にカットされているのに対し、外部マイクはどれも低域が素直に伸びている様子です。 音楽録音を試すと外部マイクの方が音質上では明らかに上で、低域が文句なく録れます。 しかし、下手に外部マイクを使うと会話がこもったりしがちで、内蔵マイクはスピーチなどを明瞭に録るタイプと割り切って、カメラボディのノイズを軽減するローカットをデフォルトで設定した様に思えます。

上図の波形の音源からテストトーンは煩いので削り、バックグラウンドノイズの部分だけにしたサンプルが以下です。 ただし、「各録音のテストトーンのレベルを-3dBに合わせる操作」は、かなりの増幅があり、実際のG8の録音時のノイズは、下のサンプルほどには酷くありません。


ノイズの音質から低域の違いが判ると思います。 これらの外部マイクでは、とてもSN改善の目的には程遠いのですが、外部マイクで低域の音質レベルアップになる事は確信出来ます。

今回のテストでは、カメラの電源ノイズが悪影響しているのではなさそうな結果です。 ここに載せたテストは、外部マイクはヘッドアンプを経由していますが、直接G8に刺したテストも結果はほぼ同傾向でした。 ヘッドアンプでSN比を改善できるかも知れないという考えは、残念ながら外れていた様です。 外部マイクが感度が低いマイクの場合は意味が有るかも知れませんが、それもG8には録音ゲイン調整がありますから。

低域カットながら、内蔵マイクの方が廉価な外部マイクより良いSN比です。 Panaは、内蔵マイクなりにベストを尽くしていると思えます。 録音のSN比改善には、SN比が信頼できる本格的なマイクに投資すれば良いという、当たり前の話なのかも知れません。 ここからは投資が必要で、気軽にテストというわけに行きません。 外部マイク(パスパワー電源マイクを含む)の実際の効果について、もう少しネット上の意見を調べて見たいと思います。



〔追記〕2017.05.03
「オマケ」と思われた内蔵マイクですが、G8では思った以上の工夫や性能の現状が見えて来ました。 それだけデジカメ内蔵マイク録音は困難という証明でもあり、ユーザーが良い録音を望むなら、単なる投資ではなく録音技術と知識を持つ必要があると示しているでしょう。

私の詰めの甘い背景知識と違い、かなり詳しい方が書いておられる以下のページを発見しました。

まあ、私はG8で具体的な答えを出したいので、高いSNが保証されそうなマイクユニットを探している所です。



[PR]
by Ataron | 2017-04-27 19:42 | 撮影機材/技術 | Comments(0)

明石公園 2017.04.24 夏天気

2017年 04月 24日
青空、暑い位の天気。 週開けの公園に昼前に着きましたが、ベンチの各所でこの陽射しを楽しむ人たちが居ました。

b0174191_22395833.jpg

ハト様ポイントは餌を提供する人が入れ替わりです。 遠くから偵察していると、ハト達は私に対する様な乱暴はせず、まあ普通にやっています。 一部のハト達は私の頭や肩に馴れているけれども、相手を選んでいるらしいと判ります。 食事の最後の方になると、私のバッグを目指して何羽もが頭を突っ込みに来ますが、そんな無茶はやってない様子です。

私は対岸に行って空くのを待ちましたが、色々な人が現れて餌を撒きます。 ハト達はさすがに私には気付きません。 たまたま近くに来た大人のハシブト君と遊んでいましたが、公園に来る人を良く判っていて、話す様にこそっと小さく啼いたりします。

昼下がりに北側の岸に戻ると、ハト達は20羽位集まりました。 この季節、チュン達やムクッチ達も元気に参戦します。

b0174191_22400487.jpg

しかしマーカーが来ません。 そこでもっと南のハト様ポイントに移動。 どうやら空きが出来ていて、こちらは対岸から良く見えるのでしょう、ハト達が次々に集まり3倍位に増えました。

マーカーは、シロ、左アシ、ツメ白、エルト、アサッテなど。 一度に集まったので他に見落としたかも。 食事後に確認もするのですが、今日は次の順番の人が現れたので、すぐに退散しました。

今日の格言、「天気が良い日はハト達は沢山食べられる」


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。









[PR]
by Ataron | 2017-04-24 23:20 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

エキサイト旧編集画面のアレンジ(10) Chrome版 - ブラシュアップ ver.4

2017年 04月 23日
旧編集画面 の「Chrome版 - ブラシュアップ ver.3」をマイナーアレンジしました。

「ブラシュアップ ver.4」の改善点は、
●無効なエモーティコン関係の修飾を削除整理しました。
●新編集画面のアイコンデザインを流用した、オリジナルの編集アイコンに改めました。
(注意)オリジナル編集アイコンの登録/指定をしないと、デフォルトアイコンが崩れて表示され逆効果ですから、この版を使う意味がありません。



デフォルトの編集アイコンの背景画像
b0174191_19421155.png

オリジナルの編集アイコンの背景画像
b0174191_19435142.png

アイコン枠はCSSの「border-radius」で描画しているので、オリジナルの背景画像には枠線がありません。 この背景画像をアップロードし、そのURLを調べてスタイルシート末尾の「 /* 編集アイコン背景画像の指定 */ 」の項のURL部(太字で一般形で表示しています)にペーストすることで、オリジナルアイコンが表示されます。 下図は、オリジナルアイコンの様子です。

b0174191_20510298.png




編集画面のアレンジには、Chrome と Stylist という Chrome拡張機能が必要です。 先ず Stylistを Chromeにセットし(簡単です)、それに下のスタイルシートを設定します。 その操作は、以下のリンク先を参照ください。
但し上のページで、エキサイト編集画面のURLを記入する の枠は、新編集画面の説明です。 旧編集画面の場合は、この枠に設定するURLは、
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/
http://www.exblog.jp/myblog/entry/edit/
になります。



旧編集画面用 スタイルシート Chrome版 - ブラシュアップ ver.4


/* 旧編集画面用 スタイルシート Chrome版 ver.4 2017.04.23 */

#exHeaderWrapper {
display: none; }

#exFooterWrapper {
display: none; }

#tmpfilelist+div , #filelist+div {
display: none; }

#toUserconf , #csEnquete {
display: none; }


/* *** */

#wrapper {
min-width: 894px; }

/* iframe#tmpfilelist は新規、iframe#filelist はテンプレと更新編集にのみ存在 */
iframe#tmpfilelist~table , iframe#filelist~table {
width: 100% !important;
margin-bottom: -400px; } /* -300px以上を指定して下部端を明瞭化 */

td.drop_invalid:nth-child(1) {
position: absolute; }

td.drop_invalid:nth-child(1)>:not(.capacity) {
display: none; }

td.drop_invalid:nth-child(1)>.capacity {
position: absolute;
top: 60px;
left: 700px;
width: 120px;
padding: 8px 10px;
border: 1px solid #ddd;
border-radius: 3px; }

td.drop_invalid:nth-child(1)>.capacity>div>font {
color: #eee; }

td.drop_invalid:nth-child(2) { /* 編集画面ベース 中央部 */
width: auto !important;
display: block;
padding-left: 15px !important; }

td.drop_invalid:nth-child(2)>form>table:last-of-type { /* トラバ枠の削除 */
display: none; }


/* *** */

#entry_header {
display: none; }

#template {
position: absolute;
top: 20px;
left: 700px;
height: 24px;
width: 90px;
padding: 4px 4px 0px !important;
overflow: hidden;
transition: 0.5s; }

#template:hover {
left: 170px;
height: auto;
width: 620px;
padding: 8px 10px 0px !important;
background: #fff !important;
box-shadow: 2px 2px 12px rgba(140,140,140,0.5);
z-index: 91; }

#template_names {
overflow: hidden; }

#template_names>span {
display: block;
text-align: left;
margin: 0px 20px 6px;
width: 100%;
white-space: nowrap; }

span.tmp a, span.st {
font-size: medium;
text-decoration: none; }

span:not(.tmp) {
text-align: right !important; }

#template_names input {
width: 90px !important;
height: 23px !important;
margin: 0 6px; }


/* *** */

#subject {
position: absolute;
top: 15px;
padding: 0 !important; }

#subject_title {
display: none; }

#subject_content>input {
width: 639px !important;
height: 23px;
padding: 3px 15px 0px;
font-size: medium;
border: 1px solid #ccc;
border-radius: 3px; }


/* *** */

#category {
position: absolute;
top: 55px;
padding: 0 !important; }

#category_title {
display: none; }

#CateStr>select {
height: 23px;
font-size: inherit;
padding: 1px 0 0 !important;
border: 1px solid #ccc;
border-radius: 3px; }

#CateStr input[value="カテゴリ設定"] {
width: 85px !important;
height: 24px !important;
padding: 2px 0 0 !important;
vertical-align: top; }


/* *** */

#tags {
position: absolute;
top: 55px;
left: 288px;
width: 450px;
padding: 0 !important; }

#tags_title {
width: 32px !important;
padding: 5px 0 0;
display: none; }

#tags_content>.tag {
width: 138px !important; }

#tags_content>.tag>input {
width: 116px !important;
height: 19px;
font-size: inherit;
padding: 2px 0 0 4px !important;
border: 1px solid #ccc;
border-radius: 3px; }

#tags_content>.tag>a {
width: 13px !important;
height: 13px !important;
border-radius: 13px;
background-position: -5px -4px; }

#tags_attention {
display: none; }

/* タグリストの幅拡大 公開設定の上に表示 */
body>#exHeaderWrapper~div[style*="width: 122px"]:last-child {
position: relative;
width:162px !important;
z-index: 90; }

body>#exHeaderWrapper~div[style*="width: 122px"]:last-child>div {
width:150px;
padding: 0 6px 0; }


/* *** */

#entryoption {
position: absolute;
top: 85px;
left: 15px;
width: 110px;
height: 23px;
overflow: hidden;
margin: 0px !important;
padding: 10px 0 10px !important;
transition: 0.5s;
z-index: 2; }

#entryoption:hover {
width: 695px; }

#entryoption_title {
display: none; }

#entryoption>.entryoption_menu {
height: 19px;
padding: 5px 4px 0;
margin: 0px 2px 15px !important;
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

#entryoption>.entryoption_menu input {
margin: -3px -3px 0 0 !important; }

#entryoption>.entryoption_menu:nth-child(n+3) {
width: 125px;
overflow: hidden;
transition: 0.5s; }

#entryoption>.entryoption_menu:nth-child(n+3):hover {
width: 150px; }


/* *** */

#cdcdcd {
display: none; }


/* *** */

#entrydate {
position: absolute;
top: 85px;
left: 140px;
height:26px;
width: 200px;
overflow: hidden;
margin: 0;
padding: 10px 0 10px !important;
transition: width 0s 1s;
z-index: 2; }

#entrydate:hover {
width: 550px;
transition: width 0s; }

#entrydate>div {
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

#entrydate>div:nth-child(1) {
float: left;
height: 19px;
padding: 5px 0 0 6px;
margin: 0 0 15px !important;
width: 180px; }

#entrydate_content {
margin: 0 0 0 -20px; }

#entrydate_content>input {
margin: -4px 0 0;
vertical-align: middle; }

#entrydate>div:nth-child(2) {
float: left;
padding: 1px 0 1px 10px;
margin: 0 2px 0 !important;
width: 315px; }

#entrydate_setting>select {
height: 22px !important;
border: 1px solid #ccc !important; }

#entrydate_setting>select::-ms-expand {
height: 12px !important;
border: none !important;
background: none !important; }


/* *** */

#entryopen {
position: absolute;
top: 95px;
left: 345px;
height: 24px;
width: 200px;
overflow: hidden;
margin: 0 !important;
padding: 0 !important;
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6;
transition: width 0.5s;
z-index: 1; }

#entryopen_content>input {
vertical-align: middle;
margin: -4px 0 0 8px; }

#entryopen:hover {
width: 340px; }

#entryopen_title {
display: none; }

#entryopen_content {
text-align: left; }

#entryopen_content>input {
vertical-align: middle;
margin: 6px 0px 9px 8px; }


/* *** */

#ping_form {
position: absolute;
top: 95px;
left: 558px;
height: 21px;
width: 106px;
overflow: hidden;
margin: 0;
padding: 3px 0 0 20px !important;
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

#ping_form>label {
line-height: 22px; }

#ping_form>input {
position: absolute;
top: 3px;
left: 2px; }


/* 文書編集部 */

#entrymenu {
position: absolute;
top: 135px; /* 編集アイコンの高さ位置 */
width: 660px; }

#entrymenu_title {
display: none; }

#entrymenu_content {
width: auto !important; }

#usehtml>a {
border-radius: 3px; }

#usehtml>br {
display: none; }


/* *** */

#entry_menu6 {
position: relative;
left: 168px; }

#entry_menu7 {
position: relative;
left: 224px; }

#smallPallet {
width: 24px !important;
height: 20px !important;
position: relative;
left: 56px;
z-index: 88; }

#entry_menu11 {
position: relative;
left: -84px; }

#entry_menu12 {
position: relative;
left: -84px; }

#entry_menu13 {
position: relative;
left: -84px; }

#entry_menu14 {
position: relative;
left: -84px; }


/* *** */

/* 新パレットが下に表示されるバグ回避 */
#colorPallet {
z-index: 101 !important; }

#colorPallet>.curve-head , #colorPallet>.curve-head>div ,
#colorPallet>.curve-body , #colorPallet>.curve-body>.curve-body_left ,
#colorPallet>.curve-bottom , #colorPallet>.curve-bottom>div {
background: none !important; }

#colorPallet {
border: 1px solid #777;
border-radius: 6px;
background: #fff;
box-shadow: 2px 2px 12px rgba(140,140,140,0.5); }


/* *** */

#no_html {
padding: 2px 6px 0px 2px;
border: 1px solid #fff;
border-radius: 3px;
height: 20px; }

#no_html>label {
vertical-align: 1px; }

#no_html>input[value="プレビュー"] {
display: none; }


/* *** */

#entrymenu+table>tbody>tr>td.mid { /* 編集枠のtableを指定 */
padding-right: 20px; /* 画像パレットとの間隔 */
padding-bottom: 0 !important; } /* 新規編集枠のみ以降の高さ調整をOFF */

#entrymenu+table { /* 編集枠のtableを指定 */
width: 100%;
margin-top: 150px !important; } /* 編集枠の高さ位置 */

textarea#content {
position: relative;
width: 100% !important;
min-height: 440px !important; /* ★編集枠縦幅の指定 */
font-size: medium;
padding: 5px 10px;
border: 1px solid #ccc;
border-radius: 3px;
background: #fbfbfb !important; }

#content~.mt5 {
position: relative;
top: 0px; /* Moreスイッチ高さ位置 */
height: 24px;
width: 80px;
padding: 3px 0 0 !important; }

#content~.mt5>label {
vertical-align: 2px !important; }

#content~.mt5>span.HELP {
display: none; }

#morehtml>table {
width: 100%;
position: relative;
top: 0px; } /* More タイトル枠 高さ位置 */

#morehtml input {
padding: 3px 8px 0px;
height: 23px;
font-size: medium;
border: 1px solid #ccc;
border-radius: 3px; }

#morehtml span.HELP {
display: none; }

textarea#morecontent {
width: 100% !important;
font-size: medium;
padding: 5px 10px;
margin-bottom: 29px; /* More時の文書編集枠以下の高さ調整 */
border: 1px solid #ccc;
border-radius: 3px;
background: #fbfbfb !important; }


/* *** */

#upload {
display: none; }

#imageframe {
display: none !important; }

#upfile_list {
display: none; }

#upload_notes {
display: none; }


/* *** */

td.drop_invalid:nth-child(2)>form>div:last-of-type { /* プレビュー・送信枠 */
margin: -20px 0 20px 150px !important; } /* table 最下ライン */

input[value="プレビュー"] {
width: 100px;
height: 26px;
padding: 3px 0 0;
background: linear-gradient(to bottom, #fff 0%,#eee 100%) !important; }

input[value="送信"] {
width: 150px;
height: 26px;
padding: 3px 0 0;
background: linear-gradient(to bottom, #fff 0%,#B3E5FC 100%) !important; }


/* *** */

td.drop_invalid:nth-child(2)+td>div { /* 画像パレットベース */
margin: -5px 10px 0 10px !important; }

#file_drop {
width: 162px !important;
height: 120px !important;
border: solid 4px #eee !important;
border-radius: 3px !important;
z-index: 3; }

#drop_form>.wrap_input>.drop_msg {
line-height: 100px; }

#preview {
margin-top: 6px !important;
height: 466px !important;
overflow-y: auto !important;
overflow-x: hidden !important;
border-radius: 3px !important; }

.image_info {
float: left;
width: 154px;
height: 126px;
padding: 0 !important;
margin: 10px 4px 0;
background: #fff;
border: 3px solid #fff !important;
overflow: hidden; }

.preview_img_top {
padding: 0 !important;
margin: 0 !important;
background: none !important;
width: 100% !important; }

.preview_img {
float: none !important;
opacity: 1 !important;
width: auto !important;
height: 104px;
border: none !important; }

.preview_img:hover {
box-sizing: border-box;
border: 3px solid #000 !important; }


/* *** */

.pos_select {
margin-top: -4px;
white-space: nowrap; }

.pos_select td:nth-child(1):before {
content: "<";
display: block;
margin: 0px 0px -18px -8px; }

.pos_select td:nth-child(3):after {
content: ">";
display: block;
margin: -15px 0px -2px 21px; }

.pos_select td:nth-child(4):after {
content: "×";
font-size: 18px;
font-weight: bold; }

.delete_icon {
float: none !important;
height: 12px;
margin: 8px -18px 0 30px !important;
opacity: 0; }

.pos_select tr:last-child {
display: none; }


/* *** */

#template , input[value="カテゴリ設定"] , .mt5 ,
input[value="プレビュー"] , input[value="送信"] {
border: solid 1px #aaa !important;
border-radius: 3px !important;
text-shadow: 0 1px 0 #fff;
box-shadow: 0 1px 0 #fff inset;
box-sizing: border-box;
background: linear-gradient(to bottom, #fff 0%,#ddd 100%); }


/* フォント指定 */

*{ font-family: "メイリオ","Meiryo" !important; }


/* 背景色指定 */

#entryoption , #entrydate , body {
background-color: #98c1dc !important; }


/* 編集アイコン背景画像の指定 */

#entry_menu1 , #entry_menu2 , #entry_menu3 , #entry_menu4 ,
#entry_menu5 , #entry_menu6 , #entry_menu7 , #smallPallet ,
#entry_menu11 , #entry_menu12 , #entry_menu13 , #entry_menu14 ,
#entry_menu15 , #entry_menu16 {
background-image: url("http://pds.exblog.jp/pds/~~~.png") !important; }




◎「 /* 背景色指定 */ 」のカラーコード「#98d1dc」を変更すれば、編集画面の配色を好みにアレンジ可能です。
◎「 /* 編集アイコン背景画像の指定 */ 」の「http://pds.exblog.jp/pds/~~~.png」の部分に、アップロードしたオリジナルの編集アイコン背景画像のURLをペーストすると、オリジナルアイコンが表示されます。




[PR]
by Ataron | 2017-04-23 21:47 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

エキサイト旧編集画面のアレンジ(9) IE11版 - ブラシュアップ ver.3

2017年 04月 23日
旧編集画面に「エモーティコン」(絵文字/スカイプ文字)が復活しないまま、1ヵ月が経ちました。 これは旧編集画面からの移住をうながすための方策でしょうか。 システム改変が一段落した様なので、IE版にマイナーアレンジを加えました。

「ブラシュアップ ver.3」の改善点は以下です。
●無効なエモーティコン関係の修飾を削除整理しました。
●新編集画面のアイコンデザインを流用した、オリジナルの編集アイコンに改めました。
(注意)オリジナル編集アイコンの登録/指定をしないと、デフォルトアイコンが崩れて表示され逆効果ですから、この版を使う意味がありません。



デフォルトの編集アイコンの背景画像
b0174191_19421155.png

オリジナルの編集アイコンの背景画像
b0174191_19435142.png

アイコン枠はCSSの「border-radius」で描画しているので、オリジナルの背景画像には枠線がありません。 この背景画像をアップロードし、そのURLを調べてスタイルシート末尾の「 /* 編集アイコン背景画像の指定 */ 」の項のURL部(太字で一般形で表示しています)にペーストすることで、オリジナルアイコンが表示されます。 下図は、オリジナルアイコンの様子です。

b0174191_19513512.png

「IE11版 - ブラシュアップ ver.3」を利用する設定方法は、以下のリンク先を参照ください。
ユーザースタイルシートとして以下のスタイルシートをコピーして登録します。

「旧編集画面用 スタイルシート IE11版 - ブラシュアップ ver.3」


/* 旧編集画面用 スタイルシート IE11版 - ブラシュアップ ver.3 */

#exHeaderWrapper {
display: none; }

#exFooterWrapper {
display: none; }

/* 新管理画面バー幅補正 */
#toUserconf {
overflow: hidden; }


/* *** */

/* iframe#tmpfilelist は新規編集画面にのみ存在 背景色指定 */
/* iframe#filelist はテンプレ編集画面と更新編集画面にのみ存在 背景色指定 */

iframe#tmpfilelist~table , iframe#filelist~table {
position: absolute;
top: 0;
width: 100% !important;
height: 100%; }

iframe#tmpfilelist~table , iframe#filelist~table {
background-color: #98c1dc; } /* 背景色 */


/* 編集画面べース 左側部 / 登録データ表示 */

td.drop_invalid:nth-child(1) {
position: absolute; }

td.drop_invalid:nth-child(1)>:not(.capacity) {
display: none; }

td.drop_invalid:nth-child(1)>.capacity {
position: absolute;
top: 626px;
left: 340px;
height: 28px;
width: 200px;
margin: 0 !important;
padding: 5px 0 0 12px !important;
border: 1px solid #ddd;
border-radius: 3px;
box-sizing: border-box; }

td.drop_invalid:nth-child(1)>.capacity>div:nth-child(2) {
position: relative;
top: -17px;
left: 80px;
font-weight: normal !important; }

td.drop_invalid:nth-child(1)>.capacity>div:nth-child(2) b {
color: #777; }


/* 編集画面ベース 中央部 */
td.drop_invalid:nth-child(2) {
position: relative;
left: 0;
width: auto !important;
padding-left: 15px !important; }

/* 編集画面べース 右側部 */
td.drop_invalid:nth-child(2)+td {
display: none; }


/* *** */

td.drop_invalid #entry_header {
display: none; }

td.drop_invalid #template {
position: absolute;
top: 15px;
left: 660px;
height: 24px;
width: 90px;
padding: 4px 4px 0 !important;
overflow: hidden;
transition: 0.5s; }

td.drop_invalid #template:hover {
left: 150px;
height: auto;
width: 600px;
padding: 8px 10px 0 !important;
background: #fff !important;
z-index: 6; }

td.drop_invalid #template_names {
overflow: hidden; }

td.drop_invalid #template_names>span {
display: block;
text-align: left;
margin: 0 20px 6px;
width: 100%;
white-space: nowrap; }

td.drop_invalid #template_names>span.tmp>a ,
td.drop_invalid #template_names>span.st {
font-size: 16px !important;
line-height: 130% !important;
text-decoration: none; }

td.drop_invalid #template_names>span:not(.tmp) {
text-align: right !important; }

td.drop_invalid #template_names>span:not(.tmp)>input {
width: 90px !important;
height: 21px !important;
padding: 1px 10px 0 !important;
border: solid 1px #aaa !important;
border-radius: 3px !important;
margin: 0 6px; }


/* *** */

td.drop_invalid #subject {
position: absolute;
top: 15px;
padding: 0 !important; }

td.drop_invalid #subject_title {
display: none; }

td.drop_invalid #subject_content>input {
width: 590px !important;
height: 23px;
padding: 3px 15px 0;
font-size: medium !important;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px;
transition: 0.5s; }

td.drop_invalid #subject_content>input:hover {
width: 703px !important; }

td.drop_invalid #subject_content>input:focus {
width: 703px !important; }


/* *** */

td.drop_invalid #category {
position: absolute;
top: 55px;
padding: 0 !important; }

td.drop_invalid #category_title {
display: none; }

td.drop_invalid #CateStr>select {
width: 180px;
height: 23px !important;
font-size: inherit !important;
padding: 2px 0 0 4px !important;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px; }

td.drop_invalid #CateStr>select::-ms-expand {
height: 12px !important;
border: none !important;
background: none !important; }

td.drop_invalid #CateStr>input[value="カテゴリ設定"] {
height: 24px !important;
padding: 2px 0 0 !important;
vertical-align: top; }


/* *** */

td.drop_invalid #tags {
position: absolute;
top: 55px;
left: 305px;
width: 448px;
padding: 0 !important; }

td.drop_invalid #tags_title {
width: 32px !important;
padding: 5px 0 0; }

td.drop_invalid #tags_content>.tag {
width: 138px !important; }

td.drop_invalid #tags_content>.tag>input {
width: 116px !important;
height: 19px !important;
font-size: inherit !important;
padding: 2px 0 0 4px !important;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px; }

td.drop_invalid #tags_content>.tag>a {
width: 13px !important;
height: 13px !important;
border-radius: 13px;
background-position: -5px -4px; }

td.drop_invalid #tags_attention {
display: none; }

/* タグリストの幅拡大 公開設定の上に表示 */
body>#exHeaderWrapper~div[style*="width: 122px"]:last-child {
position: relative;
width:162px !important;
z-index: 5; }

body>#exHeaderWrapper~div[style*="width: 122px"]:last-child>div {
width:150px;
padding: 0 6px 0; }


/* *** */

td.drop_invalid #entryoption {
position: absolute;
top: 85px;
left: 15px;
width: 110px;
height: 23px;
overflow: hidden;
margin: 0px !important;
padding: 10px 0 10px !important;
background-color: #98c1dc !important; /* 背景色 */
transition: 0.5s;
z-index: 3; }

td.drop_invalid #entryoption:hover {
width: 745px; }

td.drop_invalid #entryoption_title {
display: none; }

td.drop_invalid #entryoption>.entryoption_menu {
padding: 4px 4px 2px;
margin: 0px 2px 15px !important;
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

td.drop_invalid #entryoption>.entryoption_menu input {
margin: -3px -2px 0 0 !important; }


/* *** */

td.drop_invalid #cdcdcd {
display: none; }


/* *** */

td.drop_invalid #entrydate {
position: absolute;
top: 85px;
left: 140px;
height: 23px;
width: 435px;
margin: 0;
padding: 10px 0 10px !important;
background-color: #98c1dc; /* 背景色 */
transition: width 0.5s;
z-index: 0; }

td.drop_invalid #entrydate:hover {
width: 612px;
z-index: 3; }

td.drop_invalid #entrydate>div {
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

td.drop_invalid #entrydate>div:nth-child(1) {
position: absolute;
padding: 4px 0 2px 6px;
width: 190px; }

td.drop_invalid #entrydate_content {
margin: -2px 0 0 -22px; }

td.drop_invalid #entrydate_setting {
position: absolute;
top: 10px;
left: 202px;
margin: 0 !important;
padding: 1px 10px 1px 15px !important;
width: 300px; }

td.drop_invalid #entrydate_setting>select {
height: 21px !important;
padding: 2px 0 0 !important;
border: 1px solid #ccc !important; }

td.drop_invalid #entrydate_setting>select::-ms-expand {
height: 12px !important;
border: none !important;
background: none !important; }


/* *** */

td.drop_invalid #entryopen {
position: absolute;
top: 85px;
left: 340px;
height: 23px;
width: 396px;
overflow: hidden;
margin: 0;
padding: 10px 0px 10px 16px !important;
background-color: #98c1dc; /* 背景色 */
transition: width 0.5s;
z-index: 1; }

td.drop_invalid #entryopen:hover {
z-index: 3; }

td.drop_invalid #entryopen_title {
float: none !important;
position: absolute;
width: 170px !important;
margin: 0;
padding: 4px 6px 2px;
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

td.drop_invalid #entryopen_title>a {
display: none; }

td.drop_invalid #entryopen_content {
float: none !important;
position: absolute;
left: 204px;
margin: 0 -210px 0 0;
padding: 2px 6px 2px 0px;
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

td.drop_invalid #openflag_public {
position: absolute;
top: 2px;
left: -124px; }

td.drop_invalid label[for="openflag_public"] {
position: absolute;
top: 4px;
left: -104px; }

td.drop_invalid #openflag_private {
position: absolute;
top: 2px;
left: -74px; }

td.drop_invalid label[for="openflag_private"] {
position: absolute;
top: 4px;
left: -54px; }

td.drop_invalid #fan_only {
position: relative;
top: 0px;
left: -24px; }

td.drop_invalid #entryopen_content>label[for="fan_only"] {
margin-left: -25px !important; }


/* *** */

td.drop_invalid #ping_form {
position: absolute;
top: 85px;
left: 541px;
height: 23px;
width: 158px;
overflow: hidden;
white-space: nowrap;
margin: 0;
padding: 10px 0px 10px 50px !important;
background-color: #98c1dc; /* 背景色 */
transition: 0.5s;
z-index: 2; }

td.drop_invalid #ping_form:hover {
left: 351px;
width: 348px;
z-index: 4; }

td.drop_invalid #ping_form>label:nth-child(1) {
display: inline-block;
position: relative;
top: 0px;
right: 12px;
text-align: right;
width: 100% !important;
height: 19px;
padding: 4px 10px 0 0px;
border: 1px solid #eee;
border-radius: 3px;
background: #b7d3e6; }

td.drop_invalid #ping_form>input {
position: absolute;
top: 13px;
right: 140px; }

td.drop_invalid #ping_form>label:nth-child(3) {
position: absolute;
top: 15px;
right: 170px;
margin-right: 40px;
font-size: 12px; }

td.drop_invalid #ping_form>label:nth-child(3):after {
content: "    ※非公開記事はPING不能"; }


/* 文書編集部 */

td.drop_invalid #entrymenu {
position: absolute;
top: 130px;
width: 700px; }

td.drop_invalid #entrymenu_title {
display: none; }

td.drop_invalid #entrymenu_content {
width: auto !important; }

td.drop_invalid #usehtml>a {
border-radius: 3px; }

td.drop_invalid #usehtml>br {
display: none; }


/* *** */

td.drop_invalid #entry_menu6 {
position: relative;
left: 168px; }

td.drop_invalid #entry_menu7 {
position: relative;
left: 224px; }

td.drop_invalid #smallPallet {
width: 24px !important;
height: 20px !important;
position: relative;
left: 56px; }

td.drop_invalid #entry_menu11 {
position: relative;
left: -84px; }

td.drop_invalid #entry_menu12 {
position: relative;
left: -84px; }

td.drop_invalid #entry_menu13 {
position: relative;
left: -84px; }

td.drop_invalid #entry_menu14 {
position: relative;
left: -84px; }


/* *** */

/* 新パレットが下に表示されるバグ回避 */
#colorPallet {
z-index: 101 !important; }

#colorPallet>.curve-head , #colorPallet>.curve-head>div ,
#colorPallet>.curve-body , #colorPallet>.curve-body>.curve-body_left ,
#colorPallet>.curve-bottom , #colorPallet>.curve-bottom>div {
background: none !important; }

#colorPallet {
border: 1px solid #777;
border-radius: 6px;
background: #fff;
box-shadow: 2px 2px 12px rgba(140,140,140,0.5); }


/* *** */

td.drop_invalid #no_html {
padding: 2px 6px 1px 2px;
border: 1px solid #fff;
border-radius: 3px;
height: 20px; }

td.drop_invalid #no_html>label {
vertical-align: 1px; }

td.drop_invalid #no_html>input[value="プレビュー"] {
display: none; }


/* *** */

td.drop_invalid:nth-child(2)>form>table:first-of-type>tbody>tr>td.mid {
padding-bottom: 0 !important; } /* 新規編集枠の以降の高さ調整をOFF */

td.drop_invalid:nth-child(2)>form>table:first-of-type {
width: 100% !important;
margin-top: 160px !important; } /* 編集枠高さ位置 */

textarea#content {
width: 713px !important;
height: 440px !important;
font-size: medium !important;
padding: 5px 10px !important;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px !important;
background: #fbfbfb !important; }


/* *** */

textarea#content~.mt5 {
height: 24px;
width: 80px;
margin-top: 8px !important;
padding: 2px 0 0 !important; }

textarea#content~.mt5>label {
vertical-align: 2px !important; }

textarea#content~.mt5>span.HELP {
display: none; }

#morehtml>table {
width: 100%; }

#morehtml>table>tbody>tr:nth-child(2)>td>input {
height: 23px;
font-size: medium !important;
padding: 3px 8px 0;
margin: 3px 0 3px;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px; }

#morehtml>table>tbody>tr:nth-child(2)>td>span.HELP {
display: none; }

textarea#morecontent {
width: 713px !important;
height: 440px !important;
font-size: medium !important;
padding: 5px 10px !important;
margin-bottom: 32px !important; /* Moreの下幅調整 */
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px !important;
background: #fbfbfb !important; }


/* *** */

td.drop_invalid #upload {
height: 28px;
width: 200px;
margin: -23px auto 60px 533px; /* 60px 全体の縦幅指定 背景切れに関係 */
border: 1px solid #ddd;
border-radius: 3px;
box-sizing: border-box; }

td.drop_invalid #upload_title {
margin: 0 2px; }

td.drop_invalid #upload_content>input[value="参照"] {
height: 24px !important;
margin: -4px 0 0;
padding: 3px 10px 0 !important; }

td.drop_invalid #upload_attention {
display: none; }


/* *** */

td.drop_invalid #imageframe {
position: absolute; /* 新規/更新で最下端位置に影響させない */
margin: -88px auto 0px 110px;
height: 28px !important;
width: 550px !important;
border-radius: 3px;
box-sizing: border-box; }


/* *** */

form[name="fileform"]>table:nth-child(1)>tbody>tr:nth-child(-n+4) ,
form[name="fileform"]>table:nth-child(1)>tbody>tr:nth-child(7) {
display: none; }

form[name="fileform"]>table:nth-child(1)>tbody>tr:nth-child(5) {
position: absolute;
top: 5px;
left: 6px; }

form[name="fileform"]>table:nth-child(1) #POPUPBOX>table:nth-child(7) {
position: absolute;
width: 128px !important;
top: -7px;
left: 166px; }

form[name="fileform"]>table:nth-child(1) #POPUPBOX>table:nth-child(7) input[name="filename"] {
width: 125px !important;
padding: 1px 0 0;
height: 22px;
border: 0 !important;
opacity: 0.8; }

form[name="fileform"]>table:nth-child(1) #POPUPBOX>table:nth-child(8) {
position: absolute;
top: 5px;
left: 268px;
width: 200px !important; }

form[name="fileform"]>table:nth-child(1) #POPUPBOX img {
display: none; }

form[name="fileform"]>table:nth-child(1) input[value="アップロード"] {
position: absolute;
top: 3px;
left: 440px;
width: 100px !important;
height: 23px !important;
padding: 2px 0px 0 !important; }


/* *** */

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3)>tr:nth-child(-n+4) {
display: none !important; }

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3)>tr:nth-child(5) {
position: absolute;
top: 5px;
left: 6px; }

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3) #POPUPBOX>table:nth-child(1) td {
position: absolute;
white-space: nowrap;
width: 130px !important;
overflow: hidden;
top: 3px;
left: 165px; }

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3) #POPUPBOX>table:nth-child(1) input[name="tagURL"] {
width: 120px !important;
height: 19px !important;
font-size: inherit !important;
padding: 2px 0 0 4px;
margin-left: -42px;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px; }

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3) #POPUPBOX>table:nth-child(2) {
position: absolute;
top: 5px;
left: 268px;
width: 200px !important; }

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3)>tr:nth-child(7) td {
display: none; }

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3) #POPUPBOX img {
display: none; }

form[name="tagurl"]~tbody:nth-child(3) input[value="アップロード"] {
position: absolute;
top: 3px;
left: 440px;
width: 100px !important;
height: 23px !important;
padding: 2px 0px 0 !important; }


/* *** */

td.drop_invalid #upfile_list {
position: absolute;
bottom: 340px;
right: 15px;
overflow: hidden;
min-height: 126px;
min-width: 6px;
background: #fff;
border: 1px solid #777 !important;
border-radius: 3px;
box-sizing: border-box; }

td.drop_invalid #upfile_list>table:nth-child(1) {
display: none; }

td.drop_invalid #upfile_list>table:nth-child(2) {
display: block;
height: 106px; /* 画像リスト縦幅 */
width: 370px !important;
overflow-x: hidden;
overflow-y: scroll;
margin: 4px 4px 4px -230px;
padding: 0 340px 0 0;
transition: margin 0.5s; }

td.drop_invalid #upfile_list>table:nth-child(2):hover {
margin: 4px 4px 4px 4px;
padding: 0; }

td.drop_invalid #upfile_list>table:nth-child(2)>tbody>tr>td:nth-child(1) {
display: none !important; }

td.drop_invalid #upfile_list>table:nth-child(2)>tbody>tr>td:nth-child(3)>font {
font-size: 9px !important; }

td.drop_invalid #upfile_list>table:nth-child(2)>tbody>tr>td:nth-child(3) a {
font-size: 16px;
display: inline-block;
width: 230px; } /* 画像リスト ファイル名幅 */

td.drop_invalid #upfile_list>table:nth-child(2)>tbody>tr>td:nth-child(3)>table {
padding: 5px 0 0 10px;
margin: 0 0 4px;
background: #f4f4f4; }

td.drop_invalid #upfile_list select {
height: 23px !important;
font-size: inherit !important;
padding: 2px 0 0 !important;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px; }

td.drop_invalid #upfile_list select::-ms-expand {
height: 12px !important;
border: none !important;
background: none !important; }

td.drop_invalid #upfile_list input[value="削除"] {
height: 23px !important;
padding: 2px 10px 0 !important;
margin-left: -22px; }

td.drop_invalid #upload_notes {
display: none; }


/* *** */

/* トラックバック枠の削除 */
td.drop_invalid:nth-child(2)>form>table:last-of-type {
display: none; }


/* *** */

td.drop_invalid input[value="プレビュー"] {
position: absolute;
left: 250px;
margin: -60px 0 0 !important;
width: 100px;
height: 26px;
padding: 3px 0 0;
background: linear-gradient(to bottom, #fff 0%,#eee 100%) !important; }

td.drop_invalid input[value="送信"] {
position: absolute;
left: 370px;
margin: -60px 0 0 !important;
width: 150px;
height: 26px;
padding: 3px 0 0;
background: linear-gradient(to bottom, #fff 0%,#B3E5FC 100%) !important; }


/* *** */

/* カテゴリ設定ウインドウ */

input[name="cgname"] {
width: 150px !important;
height: 19px !important;
padding: 2px 4px 0 !important;
border: 1px solid #aaa !important;
border-radius: 3px; }

input[value="削除"] , input[value="変更"] ,
input[value="カテゴリの追加"] , input[value="閉じる"] {
height: 23px !important;
padding: 2px 10px 0 !important; }

input[value="カテゴリの追加"] {
width: auto !important; }


/* *** */

#template , input[value="カテゴリ設定"] , .mt5 ,
input[value="参照"] ,
input[value="削除"] , input[value="変更"] ,
input[value="カテゴリの追加"] , input[value="閉じる"] ,
input[value="アップロード"] ,
input[value="プレビュー"] , input[value="送信"] {
border: solid 1px #aaa !important;
border-radius: 3px !important;
text-shadow: 0 1px 0 #fff;
box-shadow: 0 1px 0 #fff inset;
box-sizing: border-box;
background: linear-gradient(to bottom, #fff 0%,#ddd 100%); }

input[type="radio"] {
vertical-align: bottom; }

input[type="checkbox"] {
vertical-align: bottom; }

*{ font-family: "メイリオ","Meiryo" !important; }


/* 背景色オプション */
/*
iframe#tmpfilelist~table , iframe#filelist~table ,
td.drop_invalid #entryoption , td.drop_invalid #entrydate ,
td.drop_invalid #entryopen , td.drop_invalid #ping_form {
background-color: red !important; }
*/

/* 編集アイコン背景画像の指定 */

#entry_menu1 , #entry_menu2 , #entry_menu3 , #entry_menu4 ,
#entry_menu5 , #entry_menu6 , #entry_menu7 , #smallPallet ,
#entry_menu11 , #entry_menu12 , #entry_menu13 , #entry_menu14 ,
#entry_menu15 , #entry_menu16 {
background-image: url("http://pds.exblog.jp/pds/1/~~~.png") !important; }





◎背景色を好みの色に変更するには、「 /* 背景色オプション */ 」の項の4行を囲む「 /*」「*/」を消し、「red」を、指定したい色のカラーコード「#nnnnnn」等に置き換えます。

◎オリジナルのアイコン背景画像をアップロードし、そのURLを調べて、最後の「 /* 編集アイコン背景画像の指定 */ 」の項のURL指定部と置き換えれば、オリジナルアイコンを表示できます。




[PR]
by Ataron | 2017-04-23 20:23 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

編集画面をアレンジする(30)/ エキサイトブログ 編集アイコンのグラフィックアレンジ

2017年 04月 23日
新世代「More拡張」に相当する(27)(28)(29)の版は、編集アイコンの輪郭を明瞭にするコードを盛り込んでいます。(このテクニックは(13)重箱の隅 番外編 のアレンジを標準アレンジとしたものです)

「More拡張」以前では、コード行が増えるのを嫌って編集アイコンの「配置」のみ標準アレンジに採り入れていました。 しかし、私自身の使用の実感として、ユーザースタイルシートのコードの増加が編集画面の表示速度や動作に影響を及ぼす印象はありません。 この経験から、編集アイコンの背景画像の「位置指定」も標準アレンジに追加しました。 それが「 編集アイコンの輪郭をくっきりさせる精密なアイコン指定」です。



スタイルシートの後半の「 /* 編集アイコン配置・デザイン */ 」の項目には、ずらりと編集アイコンの修飾項が並んでいます。 例えば最初の項は「 B:強調(太字)」を指定するアイコンの修飾項です。

Chrome版のコードでは、

#exbtn_bold {
top: initial;
bottom: 5px;
left: 223px;
background-position: -1px -1px; }

この部分を例に、どの様なアレンジをしたかを以下に説明します。

①編集アイコンの「配置」のアレンジ

「top: initial;」は、余り使わない指定ですが、ここでは不可欠です。
元のアイコン配置は「top」指定で、これを「bottom」指定に改めたかったのです。 しかし、単に「bottom: 5px;」とすると「top」指定が打ち消されず、bottom指定は無効になります。 では「top: 0;」等とすると、今度は「0」値が優先され、やはりbottom指定が無効なままです。 この場合は「top」指定が無かった事にする=リセットする記述が必要で、「top: initial;」とする以外にないのです。

話が外れましたが、「top: initial;」「bottom: 5px;」「left: 223px;」の3行で、編集アイコンの「配置」を指定しています。 これらの値を操作すれば、外枠の編集パネル内で編集アイコンの位置を自由に変更出来ます。

➁編集アイコンの背景画像の「位置指定」のアレンジ

最後の行「background-position: -1px -1px;」の指定は、編集アイコンの背景画像の「位置指定」で、これは「More拡張」で初めて採り入れました。

編集アイコンの絵は、実は全てのアイコンを網羅した1つの画像の一部です。 その全体は、下図の様に編集パネルの背景まで合体しています。

b0174191_10375232.gif

全てのアイコンはこの画像を背景として共用していて、その「どの部分を見せるか」だけが異なります。 アイコン画像を別個に読ませると通信速度の影響を受けるため、これはそれを節約する手法です。 良く見ると機能が無くなり表示されない旧いアイコンも残っています。 また、赤枠で囲んだ「リンク」の新アイコンは、リッチリンクの導入時に描き加えられました。

B:強調(太字)」のアイコンの絵は「background-position: -1px -1px;」つまり上の背景画像の左上隅から「右へ1px」「下へ1px」の場所を基点として、背景に表示するという指定です。 アイコンの枠線内部は「21×21px」で、背景の他の部分は隠れてしまうという塩梅です。

本来のエキサイトの編集アイコンは、アイコンの輪郭も画像です。 アイコン背景画像は23×23pixのサイズで、枠線分入みです。 編集アイコンの輪郭を明瞭にするアレンジでは、アイコンに「border-radius」の枠線指定を採り入れています。 そして画像の枠線は表示範囲から隠し、アイコン背景画像は21×21pixのみを利用します。

b0174191_11352657.png

細かな話ですが、この際に上の〇で囲んだ隅の1pixは、角丸の枠線に普通は隠れます。(枠線が角丸でないと隠れません)

さて、この「21×21pix」の範囲をアイコン絵に利用するので、全てのアイコンで背景画像の位置指定を縦横1pixずつシフトさせる必要があります。 先の「background-position: -1px -1px;」の指定は、既にアレンジした値で、エキサイトの本来は「background-position: 0px 0px;」です。 この様な位置指定のシフトを、全てのアイコンに関して書き換えています。

「More拡張」版の「編集アイコンの輪郭をくっきりさせる精密なアイコン指定」というのは、以上の様に「アイコン枠の自前の描画」と「アイコン背景画像の位置指定のシフト」で実現しています。



オリジナルの編集アイコンを使う

「More拡張」版は、エキサイトデフォルトの「アイコンの絵」を利用しています。 そのURLは以下です。

http://image.excite.co.jp/jp/exblog/userconf/images/entry/ico_exeditor.gif

これをブラウザのURL枠にペーストすれば、直接表示させて「アイコンの絵」をダウンロード出来ます。
通常、編集アイコンはこのデザインで充分ですが、オリジナルの編集アイコンをデザインするのも、大いにありです。 私は、特に「自動改行」の有無を目立たせたくて「アイコンの絵」を一部改造しています。

a0349576_13111152.png

▪「自動改行」「リンク」「取り消し」「やり直し」「文字サイズ」などのデザインを変えています。
▪ アイコンの枠線を全て消しています。
▪ ファイル形式は元と同じ「.gif」が無難ですが「.png」も可能です。

〔注意〕IE11は、ユーザースタイルシートの動作仕様が「気難しい」傾向があり、アイコンが全て「B」になる不具合に悩まされました。 背景画像を「.png」形式で作成した場合、背景画像を編集するアプリを選び、PhotoShopの「.png」ならOKという事がありました。 セレクタ指定も、この項に関しては下記の「.panelBtn」の形でないと正常に働きません。

オリジナルデザインの「アイコンの絵」を利用手順は、テクスチャー画像を利用するのと同じです。
先ず「オリジナルのアイコンの絵」をブログに投稿する画像と同様にアップロードします。 アップロード後の「アイコンの絵」を右クリックして、Chromeなら「リンクのアドレスをコピー」しメモ帳にペーストすれば、アップロード後のアドレスが判ります。 IE11では「プロパティ」で知ることが出来ます。

b0174191_14180415.png

このアドレスを以下のオプションコードの「URL」の青い文字の部分にペーストした上で、基本のスタイルシートの最後に追記すれば、オリジナルのアイコンが表示される様になります。

●アイコンの絵(オリジナル)の指定オプション

Chrome版
.panelBtn {
background: url("http://pds.exblog.jp/pds/~~~ ~~~.gif") no-repeat; }

IE11版
.panelBtn {
background: url("http://pds.exblog.jp/pds/~~~ ~~~.gif") no-repeat !important; }




[PR]
by Ataron | 2017-04-23 13:54 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2017.04.21 帰って来たヒジ

2017年 04月 21日
今日もヒダリが待ってるだろう、と公園に向かう。

13時過ぎに到着し、駐車場から林に入った所で、10羽程のハト達が落葉をかきわけているのに出会いました。 普通なら気にしないが、白いのが混じったハトが見えたので...  シロかパンクかもと近付くが、どうも違う様で、この集団は人を気にします。 150mmが有ったのでレンズを換えて、少し離れて撮影です。

b0174191_20081266.jpg

世の中は広い、白が混じったハトは多く、私が知っているのはほんの僅かなハト達だけの様です。
林を下って池に近付くと、林の出口で今日は左アシが一番に見つけてやって来ました。 彼は私が捕獲したトラウマで、一定以上は決して近付けないので、樹にとまりました。

b0174191_20133553.jpg

その後から、左ユビや数羽のハト達が来ました。 皆んな私を待っていたのか?

ハト様ポイントは先客があり、少し北岸側のベンチに行きました。 ハト達はすぐ集まり、その後も少しずつ増えて最後は50羽以上になりました。 対岸で草刈が始まったので、林から追い出されたハト達も居たかも知れません。 今日はマーカーが沢山現れました。

左アシ、左ユビ、マギ4、そしてアサッテが来ました。

b0174191_20233272.jpg
b0174191_20234110.jpg

食事を開始してから、思っても見なかった面子が。 この頭のマーク、きっと消えたと思っていた肘フェチです。 どうやら長期出張していたらしい。 最初は別の似たハトかと思ったのですが、この厚かましさはヒジに違いない。

b0174191_20280053.jpg
b0174191_20281952.jpg

肘フェチは1月12日以来です。 およそ100日も姿を見せなかったのです。 鼻コブも女性っぽいので、もしかしたら卵を抱いてたのか...などと考えもしますが、とにかく戻って来てなにより。

マーカーはその後も増え、エルトが現れました。 手の上で誰かに咬みついてます。

b0174191_20421455.jpg

食事の後で草刈機のエンジン音が始まった様に思います。 多分、食事が終わってから加わったのがシロとピンク。 シロは久しぶりです。

b0174191_20453632.jpg

緊急用ニャンコフーズがあったので、後から来た連中にと出したのですが、なにしろ多いので余り当たらなかったでしょう。 で、ツメ白親分も現れました。

b0174191_20483753.jpg

今日は、沢山のマーカーが揃ってなによりです。 もっと食事を用意しとけば良かった...


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6(p1) 、G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2017-04-21 20:50 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.04.20 マギ4

2017年 04月 20日
少し曇ってはいるが、このところとても暖かです。 公園に12時半頃に到着、駐車場は時折年配の方やグループが通り、平常通りです。

林から池に近付いて池岸を覗くと、最初から十数羽のハト達が散開していました。 林の出口で、今日もすぐに左ユビが私を見つけて、私の周りをホバリングしました。 まるで子犬がじゃれるみたいです。

ハト様ポイントまで行くと、周囲や対岸からハト達が集まって、数分で40羽位になりました。 直ぐに気付いたのは、左ユビと同じユビを失った、若そうな一羽です。 代々マギとしていますが、顔は後ユビに似ていて、少し大人しいハトです。 人に右効きが多い様に、何か理由があるのか左ユビの足と似たハトが多い様に思います。 足の指以外に特徴が見分け易そうなハトに限って、マーカーにして来たつもりですが、それでも再現率はいまいちです。「マギ4」は、私に何かしっくり来たのですが、これからも来てくれるでしょうか? 左ユビが横にやって来たので、一緒にパチリ。

b0174191_14132098.jpg

マーカーは他に見つからず、この後は食事タイムにしましたが、最後は更に増えて60羽位になり、ピンクと左アシが加わっていました。 後から来たので殆ど食事が当たらなかったかも...


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2017-04-20 14:17 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.04.18 春の嵐の後

2017年 04月 18日
昨夜は全国で強風が吹き、今朝は綺麗に晴れ。 暖かさに誘われ公園に出向く。

池に13時前に到着、昨日の左ユビは遅れて現れたので、彼のタイミングに合せたのだけど、これが正解。 左ユビは私を林の出口で待っていました。

b0174191_15224290.jpg

人出も余りなく静かな公園、早速ベンチを選んで座ると、すぐに50羽位が集まりました。 マーカーは確認した順に、左ユビ、タマ、ツメ白、左アシ、ちょっと少ないかな。

b0174191_15224187.jpg

今日は沢山でバッグにたかって来て大騒ぎでした。 人目を気にしないで良く、これもご機嫌の食事タイムでした。

b0174191_15224114.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2017-04-18 15:35 | 鳥さんの写真 | Comments(0)