Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2017年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

明石公園 2017.06.29 掘った、食った、逃げた

2017年 06月 29日
雨の止みかけた昼、公園に13時に到着。

到着時はさすがにベンチに人影は無く、ポイントに立って1分ほどでハト達が集まりました。 デッキのテントに3人の常連が居て、何時もは休みの樹の下に集まる人達の様子。 彼等が撒く餌に集まっていた群れが、一斉にやって来た様です。 数は60羽ほどと多く、とてもガッついています。

マーカーを急いでチェックすると、左ユビ、アサッテ、ツメ白、マギ、マギ3、エルト、ヒジ。 カンが居ないなぁと思いながら、一斉配布です。 何時ものてんやわんやで、あっさり一回目が終了。 今日は食事のストック分の買い出しです。

約40分後、新しい食事の袋を抱えて戻って来ました。 途中の路上でアサッテが私を見つけ、着いて来ました。 こういう事をするのは、今のところ左ユビと彼だけです。 さて、ポイントで再びハト達を集めると、今度は40羽位が集まりました。 先ほど休みの樹の下を通ると、何組か餌を撒く人達が居ました。 腹が膨れたハト達が抜けたり、別の群れが加わったりして、集まる面子はシャッフルされます。 それが今回も上手く働き、今度はカンが混ざっていました。

今度のマーカーは、左ユビ、アサッテ、新しくシロ、といった所。 しかし、カンにいかに食べさせるかが最大の問題です。 総数が少ないので、全体に食事をどんどん配布して、競い合いを減らすのが基本的な作戦です。 買い出しの時しか出来ませんが、食事の袋もハト達の好きにさせました。

b0174191_18322174.jpg

こうなると、カンも落ち着いて私の手渡しに対応出来ます。 ベンチに上がり私にアイコンタクトするのを覚えました。 私の足に登って来て、手渡しから食べるのですが、下に落ちた小さな穀粒の方が食べ易すそうにしています。

b0174191_18251912.jpg

左ユビなどは、大きなコーンを要領良く取って腹を満たすのですが、カンは小さなのばかり選びます。 また、手の上に沢山盛ってあるのに、右の隅へと直ぐ頭が行き、小さな粒をやっと取ります。 左の眼が見えないわけではない様ですが、この右へ右へ逃げるのは、変な癖です。

b0174191_18431217.jpg

それでも、今日は手から取るのが少し上手くなった様です。 他のハトが邪魔をした時に、怒る様な仕草をしたので、ほっとします。 今までそんな元気も無い様に見えていたので。 食事の大量供給策は、予想以上の成果でした。 カンは私から直接貰う事に馴れた上に、食事の袋に首を突っ込んで数分間も食べたのです。

b0174191_18493685.jpg

皆が満腹しないと、こういう状況にはなり得ないので、ラッキーです。 この後、カンはいかにも満腹した様にボーッとしていました。 味を占めたら、この後も積極的になると思っています。 ともあれ、今日は上手く行きました。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-06-29 18:57 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.06.28 やっぱり気になるカン

2017年 06月 28日
今日は昼から晴れ、13時半に公園到着。 曇り空の下、最初は居なかったハト達は、少し待つと集まって来ました。

数は40羽位、少し少な目でマーカーはツメ白、エルト、ヒジ。

b0174191_16112257.jpg

そしてカンを見つけたので、その後は彼に食事を食べさせる事に終始しました。

b0174191_16122393.jpg

パンはポロポロ落とすだけであきません。 食事を手に盛って彼の前に差し出すと、少しは口に入る時がある、といった感じ。 盛んに食べようとするのですが、上手くキャッチ出来ないのと、すぐ押し寄せて来る連中の下敷きになり、何も食べずに逃げ出します。 どれくらい彼の口に入ったのやら? 今後の対策が必要と感じます。

なんとかカンに食事を食べさせようとしたので、マーカーチェックは中断しました。 後半にシロと左ユビが現れた事以外は、判りません。 彼等にはパンをちょっと手渡ししてカンベンしてもらいました。



Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-06-28 16:21 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

私感 最近のテレビCM

2017年 06月 28日
最近のTVで、一番面白いと思ったのが、キンチョウ「虫コナーズ」の「どうなったと思う?」編です。

b0174191_10532939.jpg

この導入のシーン、全く同じではありませんが、昭和の中期、私の子供の頃の日常風景を感じさせます。 今もよくありそうな家庭の雰囲気のセットで、それもそのはず実際の個人宅を使ったそうです。 照明も自然で掴みが上手く、見る側とCMの世界の垣根が抵抗なく取りはらわれてしまうのでしょう。

さて、その中で演じられる劇が傑作。 後で知ったのですが、この二人は演劇の長澤まさみ/松尾スズキのコンビだそうです。 中でも「し、し、知らんのんかいなっ」が可笑しい。 最後の「今年、またぶらさげてはるわ」の間と表情、理由もなくぶら下がる二人の映像とたたみかけ、ひつとの演劇世界が出来上がっているのです。

以下で見れるので、興味のある方は見に行ってください。


二作目の方は、さすがにこの出来には続けませんでしたが、よく見ると最後のオチが面白い。 ウンザリするような外したCMも多い中、こういうCMなら次回も期待したいです。




[PR]
by Ataron | 2017-06-28 11:59 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

明石公園 2017.06.27 およよのカンちゃん

2017年 06月 27日
大変にむし暑い日、正午前に公園に着く。 午後は降りそうで人は少なく、ハト達も何故か姿なし。 ポイントのベンチで1~2分、スズメ達が来たのでパンを投げたとたんに、どっとハト達がやって来ました。

総数は40~50羽位で、早速マーカーをチェック。 最初にツメ白が膝に乗って来て、すぐ後にエルトが侵攻、膝の上で格闘してエルトが落とされたところです。

b0174191_14234338.jpg

バッグへの総攻撃に耐えながら、マーカーチェックを続けると、元祖マギやマギ3が居ました。 マギ3はすぐ喧嘩します。 手強い相手に羽を咬まれてるのがマギ3です。

b0174191_20570301.jpg

そして少し見なかったマギ2が居ました。 ベンチの背に来たので、パンを2個ほど手渡しです。 相変わらず伏し目がち。

b0174191_14304485.jpg

そして、やっとカンを発見。

b0174191_14325898.jpg

カンは皆に混ざって近付いて来て、手渡しを求めるのですが、受け取るのがとても下手です。 左ユビも争ってる時は下手で、半分位を落とす時もありますが、カンは2割ほどしかゲット出来ず、落として周りから取られたりします。 眼か神経に問題があるのかも知れず、ついばむという普通の動作が怪しいのです。 決して周囲は助けてくれない状況で健気にやってます。 アサッテの様に手に載せてやろうとしましたが、仲間が居ないと逃げ出してしまい、付き合いはこれからです。

最後の方で左ユビを見つけました。 それまで居たのか判りませんが、ニャンコフーズを開けたので、少し食べて行きました。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2017-06-27 14:49 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.06.26 粘り足りない

2017年 06月 26日
曇り、13時半に公園到着。 余りひと気のない公園、ハト達は岸辺に散開している様子。 林から出ると、シロを先頭にポロポロとハト達が集まって来ます。

b0174191_15212418.jpg

しかし、ハト様ポイントまで歩くほんの僅かの間に30羽位に増え、マーカーを調べ始めました。 先ずシロ、アサッテ、エルト、ヒジ、マギ3、マギ、そしてツメ白。

b0174191_15281890.jpg

時間を引き延ばして食事を配布すると、最後は50羽位になったものの、新たなマーカーは見つかりません。 カンはやはり姿がなく、帰ろうという段で左ユビが現れました。 彼は私の周りでホバリングしてリクエストするので、ニャンコフーズを開けてやりました。 足りないでしょうが、遅れて来たので仕方ありません。

もっと長時間粘れば、カン等を見つける事が出来そうな気がしますが、食事を小出しにして隠れる必要があります。 その場に居ると、食事が無くなるまでたかられるからです ^^;


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2017-06-26 15:40 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.06.25 梅雨の日曜日

2017年 06月 25日
昨夜から今朝まで雨が降り、午前中もしとしと。 いかにも梅雨らしい日曜、午後から降りが収まったので公園に向う。 予想の通り人は少なく、池のボートは開店休業です。

ハト達はポイントの近所で待っていたらしく、林を抜けるなり左ユビそしてツメ白が出迎えました。

b0174191_14262101.jpg

どんどん集まって来るので、ポイントのベンチまで行き、マーカー確認を開始。 約60羽位で、左ユビ、ツメ白、ヒジ、マギ、マギ3、まで確認しましたが、みんな腹を空かせているに違いなく、だんだん攻撃が激しくなって来ました。 頭や肩に乗って来る数がいつになく多く、首筋を咬むヤツもいます。

マギ3は最近よく見かけますが、手の上も平気で、今日はしたたかに手に咬みつきます。 これも、早く食わせろと言う意味らしいが。

b0174191_14262574.jpg

残念ながらカンは見つからず、他にもマギ2やマギ4は、少し姿を見ません。 一斉配布はあっけなく終了し、仕方なく早めに帰って来ました。 全体に対して少し食事が少な目ですが、過剰に給餌するのは控えるべきと思ってます。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-06-25 14:37 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.06.23 だいぶ回復、大丈夫そう

2017年 06月 23日
再び晴天、公園に15時に到着。 公園は静かで先客もなし。

昨日のカンが気になってました。 少し遅かったのにハト達は60羽位が集まりました。 催促の襲撃に耐えながらマーカーチェックから始めると、すぐにカンがみつかりました。 早速パンを出して手渡し。 時々逃げ腰になりますが、昨日よりずっとマトモに取れます。

b0174191_17243378.jpg

少し顔を傾ける時がありますが、昨日は頭が逆さになるまでぐにゃりでしたから、かなり良くなっている様子。

b0174191_17244234.jpg

何が原因か判りませんが。 今日は何度もパンを取れたし、それなりに食事も食べられたはずです。 とりあえず一安心。

マーカーは、左アシ、アサッテ、エルト、ヒジ、シロ、マギ、マギ3、今日はツメ白が居ません。 この頃はヒジがけっこう腕に来てアピールします。

b0174191_17544694.jpg

今日の珍客、パンクもずい分白かったが、このハト君ほどではありませんでした。

b0174191_17572487.jpg

何か視線が下向きで、ちょっと変わってます。


明石の街に出る途中のコンビニ。 今日は珍しいキャンペーンカーが陣取ってました。

b0174191_18001883.jpg

7iのアイスもインスタントも、私の味覚に合って愛用です。 しかし、店頭のドリップコーヒーはイマイチで試飲は遠慮しました。 本当はこちらが合えばもっと嬉しいんですが。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-06-23 18:04 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.06.22 カンが変になっている 

2017年 06月 22日
沢山降った翌日です。 公園に13時頃到着、2人ほど先客がいる程度でまあ静か。 ハト様ポイントに向かうのをハト達が着いて来て、最初の食事が始まりました。

およそ50羽ほど、昨日は雨で腹を空かしている様子で、食事はすぐになくなりました。 マーカーは、左ユビ、シロ、エルト、マギ3、ヒジ、ツメ白、など。 相変わらず手の上で争いが絶えません。

b0174191_19544346.jpg

食事が終わった頃に、最近マーカーになったカンが現れました。 ところが、彼の様子が変です。 顔を右下に傾けて、こけそうに歩くのです。

b0174191_20403822.jpg

ニャンコフーズを出して彼に手渡しするが、食べようとすると更に顔が傾いて空を向き、上手く受け取れません。 何が起こっているのか判りませんが、食うのが大変なのは間違いありません。 殆どカンに渡らないまま、ニャンコフーズが全部なくなってしまいました。


丁度、食事の買い出しがあり、一旦切り上げて40分後にまた戻って来ました。 14時前でハト達は未だ沢山居るはずで、カンを待ってポイントで粘りました。 すぐに20~30羽が集まり、その後も何度かシャッフルが繰り替えされ、ハト達は少しずつ入れ替わっている様でした。

左ユビ、ツメ白、マギ3などは2度目も現れ、先に見なかったアサッテも現れました。 マギ3は少し見なかったのですが、今日は大暴れしました。 鼻コブが大き目で右足の指に糸痕があり、とても慣れてます。 封を開けた食事の袋に取り付いているのがマギ3です。

b0174191_20144528.jpg

次々現れるハト達に食事を出して30分、ようやくカンが現れました。 今度は食事は沢山あるので、彼が食べ易い様にどんどん撒きます。 食べる時は頭が逆立ちしそうになりながら、なんとか食べています。

b0174191_20194083.jpg

満腹になったとは思えないのですが、カラスが騒いだので皆んな飛び出してしまいました。 カンも飛ぶ事は出来る様ですが、今後どうなるのか。 何か病気なのかも知れず、くるくる周る様に歩くのを見ていると心配です。 私には、なるべく食べさせてやる事だけしか出来ません。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-06-22 20:28 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.06.20 夜には降るよ

2017年 06月 20日
頭のどこかから「ハーダーゼーカム」のフレーズが蘇って来て、公園に向かう。 そうや、天気予報がいよいよ降ると言っていた。

到着したのは正午、私の来る時間が遅くてハト達の一部しかチェック出来ていない気がしていたので、今日は少し早めにしたのです。 ハト様ポイント周辺のベンチが軒並み埋まっていて、少しびっくり。 ポイントではおばちゃんが餌を出して数十羽は集まってます。 これはあかんと、空いていた北側の岸へ。

こちらで大人しく待っていると、シロと彼女が来ました。 左ユビもそうでしたが、デキてる時は群れとは少し離れて行動します。

b0174191_01042550.jpg

少しだけ食事を出していたら、エルト達が見つけてやって来て、皆んなで7羽になりました。 でも、他は全く気付かない様子。 一段落して偵察に行くと、今度はどこかの叔父さんが大量にパンを撒いてます。 最近は餌撒きの常連さんが増えて来たのか?

ともあれ、ポイントは空きそうになく、池の北端の芝生に行って待つ事にしました。 北端は先ほどの岸よりハト達から良く見えますから。 撮影を見返すと12時40分位にハト達がポイントから飛び出し、この頃に餌撒きが終わった様です。 それから数分で20羽足らずのハト達が私の所にやって来ました。 真っ先に左ユビが居たので、彼が率いて来たのかも。

もちろん食事の配布を始めたのですが、左ユビは余りガッツキません。 先の餌撒きですでに食べていたに違いなく、しばらく食べると皆んなの後ろでウロウロし始めました。

b0174191_01273734.jpg

その内にまた一群がやって来ました。 食事を配りながらマーカーを探すと、少し見なかった左アシが居ました。 毎日来る様になったマギと左アシです。

b0174191_01373484.jpg

アサッテ、ヒジ、いつのまにか膝の上でツメ白が突っ張ってました。 やはり時間をかけないと、池周辺に居るマーカー全てをチェックは出来ない様です。

b0174191_01410885.jpg

この北端の芝生は、寝ころべるなかなか良い場所です。 スズメ達も数十羽が集まって来ました。 彼等には殆ど出せるものが無くて申し訳なかったのですが。

b0174191_01413704.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-06-20 23:55 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.06.19 なんか暑いなぁ 

2017年 06月 19日
だんだん暑くうだって来てます。 公園到着14時、木陰に涼みに来たらしい先客が多く、北の岸を選びました。

最初の5分は、左ユビを含む4羽しか私を見つられず、左ユビはたらふく食いました。 その後に本隊の50羽くらいが見つけてやって来ました。 マーカーは、左ユビ、アサッテ、エルト、マギ、ヒジ、シロ。 最近来ないなぁと思うのは、左アシとツメ白で、ピンクやパンクは長く見ません。

アサッテはバッグに貼り付いてます。 昔の様に彼だけひいきにしないので、これは最近の傾向。

b0174191_17394387.jpg

一時期遠ざかっていたマギ(元祖)が良く来ます。 彼は手にも乗って来るし、少し馴れています。

b0174191_17400482.jpg

今日は、足に糸を巻き着けた若そうなのが居ました。 最初は手を怖がって逃げ腰でしたが、食事を手に盛って出すと、何羽かと一緒に近付いて食べに来ます。 下の写真は右足の糸が写っています。

b0174191_17445631.jpg

何度か食べさせ、近付いたところを捕獲。 周囲が食事を争う状態なので、手掴みが簡単です。 子供の頃、文鳥をお腹を上にして寝させて遊びました。 ネットを調べるとフィンチを寝かせている記事がありました。 文鳥も仰向けにすると寝た様になってしまうのですが、ハトにもこれは応用できます。 足の糸を切るには、どっちみち仰向けにするしか無いのですが、羽を開かない様にしっかり持って仰向けにすると、かなり大人しくなるのです。

b0174191_17555239.jpg

上は糸が綺麗に取れた直後です。 糸は細い網の様なもので、何処かの庭か田んぼで着けて来たのか。 糸を取るのに慣れて来て今日は1分程度でしたが、糸が締まっていたらまた違うでしょう。 いつも携帯している少し良質の小型ハサミが、尖って良く切れてとても役にたちます。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-06-19 18:09 | 鳥さんの写真 | Comments(2)