Studio TA Subsite の案内とお知らせ

<   2017年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明石公園 2017.10.30 重なる秋

2017年 10月 30日
台風が過ぎたのに、強い風が残る。 空は晴れたり曇ったり。

公園到着は正午過ぎ、いつもより早い。 今日は、10羽位が出たり入ったり。 強い風が彼等の気分を落ち着きなくさせている様に思えました。 マーカーは、左ユビ、ツメ白、シロ。 みな、最初は居なかったが、いつのまにか群れに混ざって、しっかり食べて行きました。

b0174191_16544919.jpg
b0174191_16554545.jpg

伝書バト君、今日も現れました。 皆の下手に廻って大人しい、とりあえず「デン」としてマーカーに入れます。 どのくらいフォローできるか判らないけど。

b0174191_17010475.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-10-30 17:02 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.10.25 ~ 28 アオドンは学習しない

2017年 10月 28日
ちょっと諸事で忙しく、アップロードが遅れました。

25日、良く晴れて公園に14時前に着きました。 10羽程度の小群という集まり方が、ずっと続いています。 マーカーは左ユビとツメ白。 それと、伝書バトは居つかないと書いたんだけど、このハト君はなんか仲間に入って居続けてる様です。 マーカー達が馴れなれしいのに、人と付き合いの長い彼が大人しいのは変な気がします。

b0174191_17201902.jpg

ツメ白は、地上に撒いたのは知らん顔で、バッグから直接食べようとします。 仕方ないので直接手渡し。 左ユビも直接に食べに来るので、バッティングするわけで。

b0174191_17271162.jpg
b0174191_17272415.jpg
b0174191_17273256.jpg

彼等は腹が減っていなくても、縄張りを主張する傾向があります。

若いアオドンは、しっかりパンを食いに来ます。 パンを丸めて早く沈む様にし、ヒガモン達やアオドン自身が食べない様に、アオドンの近くを狙って沈めます。 この作戦が成功して、撒き餌に集まった小魚をアオドンがゲットしました。 本人は撒き餌の偉大な効果が判っていません。 その証拠に、この後も積極的にパンを自分で食べてしまいます。

b0174191_17353461.jpg


日が変わって本日28日、雨の隙間に来たつもりが、しっかり降られました。 また台風が近付いてるらしい。 公園到着は13時半、大きな葉の在る樹の下でハト達を集めました。 10羽位がやって来て、左ユビとアサッテが居ました。 食事は半分もなくならない内に、カラスの声で驚いて行ってしまい、戻って来ませんでした。

今日はヒガモン達にも少しパンを配りました。 この雨では、餌撒きも殆ど無かったでしょう。 若いアオドンは、やはりやって来ました。 先日と同じ作戦でパンを沈めるのですが、沈む前にうまく獲って食べ出しました。 まあ、それでも時々獲りのがして沈んで行くのがあり、魚が集まって今日も大成功。 そして、一匹目で少し満足して、パンに執着が無くなり、沈むパンが増えて次の魚もゲットしました。

b0174191_17505655.jpg

アオドンは、何で漁の成功率が良いのか判ってない様ですが、パン目当てにこれからも来そうです。

雨はちっとも小降りにならず、早々に撤収することに。 少しパンをおすそわけしたハシブト君が、名残惜しそうに見ていました。

b0174191_17554682.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2017-10-28 17:57 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.10.23 台風過ぎて眩しい晴れ

2017年 10月 23日
巨大台風が過ぎ去った神戸、空気がクリーンになり、昼にはいつもより眩しい陽射しでした。 公園に12時半、いつもより早めに到着。 公園内は台風で折れた枝が散乱し、何本かの巨木が倒れ、こういうのは年に1~2度です。 倒木は根が緩んで倒れたものと幹が割れたものが半々です。

ハト様ポイントで待つがハト達が現れないので、近くに来た若いアオドンにパンを投げると、ヒガモンがどっと集まり、それを見てかハト達が集まって来ました。 最初の数は10羽ほどで、最初からシロが居ましたが、暫くして左ユビ、更に少し経ってツメ白、という具合に後から集まって来た様です。

台風で腹を空かしているのか、積極的にハトの食事に参加するヒガモンが居ました。

b0174191_17553689.jpg
b0174191_17013611.jpg
b0174191_17014749.jpg
b0174191_17015937.jpg

今日はヒガモンの雄も岸からベンチの傍まで上がって来ました。 下のヒガモンはとうとう私の手からパンを取って食べました。 ヒガモンに手渡しは初めてです。

b0174191_17091540.jpg

今日のアオドンは、若いヤツでパンを欲しがります。 私の目の前から動かない。 本当は、池に落としたパンに集まる魚を、彼に獲ってもらいたいのだけど、ヒガモン達が邪魔をして上手く行きません。

b0174191_17360115.jpg

このアオドンは、餌撒きが始まると直行します。 若さに恐いものなし。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2017-10-23 17:41 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.10.21 秋台風が近付く

2017年 10月 21日
大型の秋台風が近づいて、今朝は朝から降っています。 一昨日19日、昨日20日は、降り出さない内にと、食事を届けました。

19日、公園に14時前到着。
ハト達は、このところ10羽以下の小群が来る状態が続く。 最初はツメ白と左ユビが現れました。

b0174191_10100481.jpg

ハトの食事を食べに来るヒガモン。 理由があるのか、食べるのはごく一部の雌だけです。

b0174191_10332758.jpg

その群れの後、ばったりハト達が来ないのでボートデッキに向うが、着く前に数羽がハト様ポイントに降りるのが見えました。 中にシロが見えたので引き返し。 彼等に食事を出していると、このところ良く来るマギも居ました。 ひとしきり食うと喧嘩。

b0174191_10274842.jpg

昨日20日、14時過ぎに公園到着。 ハト様ポイントにシロと左ユビと数羽が最初から居ました。 彼等が去ってその次の群れは10分後位で、ツメ白が居ました。 このところ限られたマーカーは来ますが、普通に来ていたマーカー達の半分以上が姿を現しません。 それが気になる所で、もっと早い時間帯に来てみようかなどと考えています。

この頃、ポイント周辺にアオドンがよく来て、先日から頭上の樹で休憩する様になりました。 全くパンを欲しがらず、ハト様ポイントの岸をのっそりと行ったり来たりします。 どうも私を覚えている同じアオドンらしいのですが、見上げると必ずジーっと見てます。

b0174191_10545062.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-10-21 11:08 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.10.17 秋雨が多いなぁ

2017年 10月 17日
ここ数日、雨に降りこめられていました。 暗く曇り地上も濡れていたが、なんとか降られずに公園に。

14時に池に到着、ちょっと待つと2羽がやって来ました。 最初はやはり左ユビ、彼がこんな事が出来る秘密は何なのか?

b0174191_00144512.jpg

一緒に来たヤツとは後で喧嘩をしていました。 たまたま一緒になっただけでしょう。 どちらかと言うと左ユビは負けてましたが。

ヒガモン達は50羽以上に増えています。 人が少ないので、池岸に居るとかならず集まって来ます。 今日は、ハト達の食事の小さな穀粒を食べて行くヒガモンが何羽か居ました。 彼等の殆どは食べないのですが。

b0174191_00172070.jpg

雨が降らなかったので、少し濡れて冷たいベンチで、15時半位まで粘りました。 なにしろ、20分位待って2~3羽のハトが来る、といった事の繰り返しなのです。 最後の方で、マギとアサッテが来ました。 アサッテが膝に来るかなと思ったのですが、ライバルが無い事と、私が黒いレインコートだったからでしょうか、いつになく他人行儀でした。

b0174191_00172682.jpg

Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-10-17 23:55 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

Chrome DevTools を使ってみよう (26) ページ中央の配置指定と背景暗転

2017年 10月 15日
今回は以下のページをサンプルにします。 実際にDevToolsを操作しながら読まれると、いっそう判り易いと思います。




 ページ中央に要素を配置する 

これは多くのページで紹介されていますが、原理を理解していないと応用に苦労します。 しかしその内容は、中学生レベルの計算で難しくありません。 判ってしまうと、後々の色々なところで役に立ちます。

 配置指定 

上記サンプルページの「ヘルプのパネル」を、例としてページ中央に配置してみます。

a0349576_13485735.png

「ヘルプパネル」の要素名は「div.bloghelp」ですが、最初にこれに「position: fixed」を指定して、メニュー内の配置からフリーにします。 中央に持って行くと、ブログ本文等の下に潜り込むので「z-index:1」を指定。 また、パネルの幅は、配置のフリー化でパネル内の文字列幅になってしまうので、体裁上で切りの良い「width: 300px」を指定しています。

a0349576_14105300.png

それ以下が、肝心の「ページの中央配置」の算段です。
幾つか方法がありますが、上の方法は画面にピッタリの幅になる様に「横padding」を計算して、「div.bloghelp」の両横に付加する方法です。

下図は、上の設定の結果の画面で、既に「ヘルプパネル」が左右の中央に配置されています。

a0349576_14185032.png

「100vw」というのは便利な値で、ウインドウ横幅(スクロールバー幅込み)を指定に利用できます。「M」は、ここではヘルプパネル幅で「300px」です。 ページにちょうど納まる様な「P」(ここではpadding)の幅値は、下の計算で得られます。

  P=(100vw-M)÷2

M=300px なので、

  p=(100vw-300px)÷2=50vw-150px

先の「div.bloghelp」の指定の中で、calc() という書式を使っています。 これは、値の指定に計算式を持ち込める、とても便利な書式です。

  padding: 50vh calc(50vw - 150px);

これは、paddingを2値で指定しています。
paddingの第1値の「50vh」は、上下padding値になります。 これでは、ヘルプパネルはウインドウの高さの中央より少し下になりますが、高さ位置は少しアバウトにやり過ごしてます。

paddingの第2値は、横padding値になります。 こちらは正確で、状況によって様々に変化するウインドウ幅に対して、常に横padding値を計算して、ヘルプパネルを横方向の中央に配置します。 calc()の書式で注意が要るのは、演算子「+」「-」等の前後に半角空白が要る事です。 これを守らないとコードが上手く働きません。


 背景暗転の指定 

「背景暗転」は、画像のポップアップ等で重宝される表現方法です。 何かの要素を他からきわだたせる手法なので、スクリプトを使ったポップアップやhover等の表示と兼用するのが、一般的な利用場所になるでしょう。

画面中央に持って来たヘルプパネルに背景暗転を指定するのは、既に「padding」がウインドウ内の全領域を覆っているので簡単です。 直接「background」を指定しても良いですが、下図の様にDevToolsの「Add background-color」を使うと、半透過が簡単に指定出来ます。

a0349576_15031953.png

下はその操作中ですが、要点を赤枠で示しています。

a0349576_15241542.png

黒背景にしたい時は、最初に「フルカラーパレット」の下隅をクリックするのが近道です。
次に透過スライダーで、実際のブラウザ画面を見ながら背景を適当な濃さに調節します。

この調節の結果の例ですが、

  background-color: rgba(11, 11, 11, 0.57);

となったとしても、(11, 11, 11)は(0,0,0)の黒とほぼ同じです。 コードをすっきりさせたいなら、

  background-color: rgba(0,0,0, 0.6);

と書き換えても、問題ありません。



 ページ中央に要素を配置する別の指定方法 

少しだけ違った指定方法ですが、暗背景の付け方は独特です。

 配置指定 

「position: fixed」「z-index: 1」「width: 300px」は同じです。 今度は次のコードで、ヘルプパネルのpadding無しの状態で、配置指定をしています。

  top: 50vh;
  left: calc(50vw - 150px);

a0349576_15490152.png


 背景暗転の指定 

同じ様に中央配置になりますが、こちらは padding領域が無いのでbackgroundを指定しても背景色が表に出て来ません。 こんな場合、余り紹介されていませんが、「box-shadow」を使う上手い方法があります。

DevToolsで「Add box-shadow」を押して、「影コントロールボックス」を表示します。

a0349576_16150893.png

下図は、このボックで余り使われない「Spread」に、直接「100vw」を入力した所です。

a0349576_23460821.png

一般には「Blur」で作られる半影の方を意識して box-shadowを扱う事が多いのですが、この「Spread」値は、影の芯になる部分の広さを指定するものです。 この利用方法では、値は200vwでも1000vwでも良く、影の端がウインドウ端に充分に届いて余裕があれば目的を達します。

「100vw」を指定した場合は、以下のプロパティが設定されます。

   box-shadow: 0 0 0 100vw black;

この影色「black」を rgba(0,0,0, 0.6) に書き換えれば、先の例と同様の半透過の暗背景になります。

   box-shadow: 0 0 0 100vw rgba(0,0,0, 0.6);

a0349576_16343979.png

この指定方法は、コード行が少なくて簡潔です。「box-shadow」の利用は、便利な指定方法だと思います。




この記事はカテゴリ「スキン編集」にトラックバックしています。



[PR]
by Ataron | 2017-10-15 16:55 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2017.10.13 どんよりとして寒さ増す

2017年 10月 13日
曇り空、寒さが増して晩秋の雰囲気。 14時前に池に着く。

休みの樹の方から、一番乗りで左ユビが飛んで来ました。 最初は私を値踏みする様に、ちょっとウロウロします。

b0174191_16144803.jpg

パンを出すとすぐに膝に乗って来たので手渡ししていると、5~6羽が後からやって来ました。 それから食事を出して、いつもの通りです。 しかし、30羽以上の時の様な大混乱はなく、こちらも慌てる必要がありません。

今日はそんな数のままで、2度ほどシャッフルが繰り替えされました。 シャッフルと言ってるのは、カラスの鳴き声等で驚いて群れ全部が飛び出し、少し旋回してまた戻って来るのですが、その間に群れの一部や殆どが入れ替わる事を言ってます。 最後の組にはアサッテが居ましたが、他のマーカーは確認できませんでした。

今日は、左ユビが単独で帰って行くのを見ました。 普通は数羽以上の群れで飛び去り見分けが付かなくなりますが、数が減っていてめずらしい状態です。 それが、左ユビは最初から対岸(西南)の休みの樹ではなく、真南の城か、JR駅の方に向かって飛んで行ったのです。 午後の15時には池岸からハト達の姿がほぼ無くなります。 北西に行くハト達も居る様ですが、多くはやはり駅の方から来ている様な気がします。


さてヒガモン達、私は彼等にパンを撒くのは控えてます。 特にシロロン達がやって来だすと、パンを撒くと大混乱になるので、これは普通の公園のお客さんに任せる様になったのです。

それでも、人気のない岸辺に居ると、それとなくヒガモン達は近付いて来るのです。

b0174191_16302854.jpg

今年も、楽しい彼等との神経戦の時期が近付いて来ました。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-10-13 16:44 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2017.10.10 ヒガモン達か来たぞ

2017年 10月 10日
連休明けの雲が無い青空の日、公園に14時に到着。

10月6日に、今秋初めてのヒガモン4羽が現れました。 これはその時の写真です。

b0174191_22042663.jpg

連休は遠慮して、人の少ない明けを選んでやって来ましたが、ヒガモン達はもう30羽近くに増えていて、カルガモも1羽だけ見ました。

さてハト達は、やはり群れの数は少なく、今日は10羽前後です。 とはいえ、マーカーはシロ、ツメ白、左ユビと確率としては高い。 ツメ白は、ツメを見てもかなり見分けが付かなく、怖いモノ無しの態度で判る。

b0174191_22125532.jpg

比べると、やっぱり左ユビは節度があり、性格が現れます。

b0174191_22162884.jpg

ハト達の群れに、時たま伝書バトが混ざって居るのを見かけます。 捕まえる事は出来るかも知れませんが、自宅に迷い込んだわけでなく、群れに混ざって生きてるのを、無理に引き離すのが良いとは思えません。

b0174191_22242022.jpg

マヨちゃんは何度も見る事はなく、群れに定着はしない様です。 また自分の飼い主の所を探して戻るのでしょうか。 彼等には、その能力があるといいますから。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-10-10 22:26 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

Chromeでページの横スクロールバーが消えない

2017年 10月 05日
先ほど気付いたので、最近になって何かが変わった(例えばブラウザの微細なレンダリング仕様の変更とか)のかと思うのだけど、私自身が何か別の所で変更した事の結果というのも大いに有り得るし。 とにかくChromeで見たところ、私のブログページに常に横スクロールバーが着いて、消えなくなっていました。



スクロールバーが消えなくなる(ページの端部が明らかで、本来ならスクロールバーが消えるべきなのに)という状態は、CSSを弄っていると時々遭遇する事です。 解決するのには原因を見つけるのが先決です。 DevToolsで調べて行くと、投稿本文部の「width:100%;」の指定を「99%」にするだけで、横スクロールバーが消えます。 何か、ほんの少しはみ出してる様です。

怪しいのは右側のメニューで、色々弄っているとどうやら原因が見えて来ました。

下図の左側はページの実表示で、右側はDevToolsのウインドウです。 ページのウインドウ下端に問題の横スクロールバーが出ています。

a0349576_00383905.png

右メニューに「box-shadow」(影)を着けていますが、この影をOFFにすると下図の様に、横スクロールバーが消えます。

a0349576_00424646.png

どうも、このあたりに問題がありそうです。 更に調べて行くと、右メニューのウインドウ端との余裕を指定する、下の赤枠の「padding-right:10px;」を「11px」に増すと、やはり横スクロールバーが消えました。

a0349576_00512889.png

横スクロールバーが消えないのは Chromeのみで、IE11、Edge、Firefoxで見た場合は横スクロールバーは出ずに正常です。 結局 Chromeでは、box-shadowがページ幅を越えているという計算になり、横スクロールバーが消えないと考えられます。 余裕を見て、上記のコードで「padding-right: 12px;」に指定して、回避する事にしました。

この問題を長く見落としていたとは考えにくく、暫くネットをウォッチして、関係する仕様変更があったのか調べたいと思っています。



この記事はカテゴリ「スキン編集」にトラックバックしています。



[PR]
by Ataron | 2017-10-05 01:22 | ブログスキンのアレンジ | Comments(0)

明石公園 2017.10.04 続く分散傾向

2017年 10月 04日
晴れ、公園に14時。 少し早く来たつもりだが、ここ数日と同じくハト達の分散傾向が続いています。

今日は30分以上経ってから、最初の6羽が来ました。 左ユビ、アサッテが居る小群で、アサッテがいつもの様にバッグに首を突っ込んでます。

b0174191_22122462.jpg

カラスの姿を見て一度飛び出し、再び戻って来た時は左ユビと他の数羽に減り、また暫く食べて行ってしまいました。 それから15分ほど後に、ツメ白と数羽の小群が来ました。

b0174191_22221551.jpg

ツメ白は、やはりバッグに首を突っ込んで、充分に食ってから行ってしまいました。 それからまた15分ほど、時刻は15時20分。 マギ2が2羽の群れでやって来ました。 一羽は落ち着かず「フーッ、フーッ」と、何とも変な声を出して、少しも食べません。 これはたまに聞く声で、緊張した時に出す声の様に思えます。 マギ2の方は私の手からも食べて、それなりに食べてから飛んで行きました。

後は、アオドン少年が来たのでパンを投げてやりました。 池に沈むパンに小魚が集まる様で、目の前で2匹も魚をゲットしました。 偶然に魚の撒き餌になったのか、アオドン少年がわざとパンを沈めたのか、ちょっと判りませんが、普通にない効率の良い漁です。 これから岸でなく池面にパンを投げる様にしなくては。


Panasonic DMC-G8 + G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-10-04 22:42 | 鳥さんの写真 | Comments(0)