Studio TA Subsite の案内とお知らせ

タグ:和訳 ( 54 ) タグの人気記事

Why Can’t This Be Love / Van Halen(ヴァン・ヘイレン) 和訳

2017年 02月 28日
Van Halen という名を最初に耳にした時、ギターが凄いと言われてました。「Beat It / Michael Jackson」のギターソロはなるほど速い、「Jump / Van Halen」のプロモを見て流石と思ったものの、曲としてはなんだか... 充分に好きなんだけど歌えないから? そんな応援したい様な、もの足りない様な気分に応えたのが、この曲でした。

初代ボーカルのデイヴィッド・リー・ロスが抜けた後、サミー・ヘイガーが入って間もなくこれが発表されています。 渋い歌いを聞かせるサミーとキーボードでも勝負するエディ、いかにもヴァン・ヘイレンらしい素敵な一曲です。




              Why Can’t This Be Love
                   / Van Halen 1986
                    Music & Lyrics by : Eddie Van Halen, Michael Anthony
                              Sammy Hagar, Alex Van Halen

Oh here it comes
That funny feeling again winding me up inside
Every time we touch
Hey I don’t know
Oh, tell me where to begin cause I never ever
Felt so much
And I can’t recall any love at all
Baby this blows ’em all away

It’s got what it takes
So tell me why can’t this be love?
Straight from my heart
Oh, tell me why can’t this be love?

I tell myself
Hey only fools rush in and only time will tell
If we stand the test of time
All I know
You’ve got to run to win and I’ll be damned if
I’ll get hung up on the line

Hey!
No I can’t recall anything at all
Oh baby this blows them all away

Woo!
It’s got what it takes
So tell me why can’t this be love?
You want it straight from the heart
Oh tell me why can’t this be love?

(instrumental)

Woo!
It’s got what it takes
So tell me why can’t this be love
Straight from the heart
Oh, tell me why can’t this be love

Tell me why can’t this be love
Got to know why can’t this be love
I wanna know why can’t this be love


あぁ 始まった
俺の中でもやもやさせる またあの変な気分が
俺達が触れ合うといつもさ
ヘィ 判らないんだよ
あぁ、何処から始めたらいいんだ だって俺は今まで
こんなにも感じたことがないから
そして 俺はどんな恋も全く思い出せない
ベイビー こいつが全部を吹き飛ばしてしまう

もう準備はそろってる
だから教えてくれよ これが恋でなきゃ何んなのだ
ありのままを言えば
あぁ、教えてくれ これが恋でなきゃ何んなのだ

俺は自分に言い聞かせる
おぃ 何も見ずに飛び込むのは愚か者だ 時が経てば判る
俺達が時の試練に耐えるかどうかなどと
でも俺はみんな判ってるさ
おまえは勝利に向かって走るべきで 俺は絶対にしない
そのセリフにこだわる事なんか


そうさ 全くなんにも思い出せない
あぁベイビー こいつが全部を吹き飛ばしてしまう


もう準備はそろってる
だから教えてくれよ これが恋でなきゃ何んなのだ
おまえは心のままを聞きたいんだ
あぁ、教えてくれ これが恋でなきゃ何んなのだ




もう準備はそろってる
だから教えてくれよ これが恋でなきゃ何んなのだ
ありのままを言えば
あぁ、教えてくれ これが恋でなきゃ何んなのだ

教えてくれ これが恋でなきゃ何んなのだ
知りたいよ これが恋でなきゃ何んなのだ
俺は知りたい これが恋でなきゃ何んなのだ




〔訳注〕
第2節など
It’s got what it takes
「what it takes」は必要な特質、資質、素質、能力などを意味する様です。 文意は「要件は揃った」という様なもので、ここでは「もう、僕ら出来ちゃってるんだ」という事か。

第3節
only time will tell if we stand the test of time
これらは繋がった文章と解釈出来ます。「we stand the test of time」は「二人の関係が時を経ても色あせない」という事で、「時の流れだけがその可否を証明する」という流れになります。

I’ll be damned if
「I'll be damned if ~」は「~なら私は呪われる」から転じて「絶対に ~しない」という意味の慣用句。

I’ll get hung up on the line
「get hung up on ~」は「~にくよくよする、~にこだわる」の意。「the line」は、この節の最初の3行を指しているでしょう。


b0174191_16575941.png



[PR]
by Ataron | 2017-02-28 17:18 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Jessie's Girl / Rick Springfield(リック・スプリングフィールド) 和訳

2017年 02月 26日
「Jessie's Girl」と言えば「Rick Springfield」、「リック・スプリングフィールド」と言えば「ジェシーズ・ガール」ですね。 一生の内で、こんな曲を一曲でも作れたら幸せというものです。 ツボに嵌ったと言えば良いのでしょうか、ポップスの名曲のひとつに入れて良いと私は思います。

ただし、彼の若い頃のアクションはちょっとやりすぎ感があり惜しい。 最後に2011年のライブ録画を引きますが、そちらの方がしっくり来ます。 カッコよく見せんでも、完璧に素晴らしい曲なんだから。



                  Jessie's Girl
                     / Rick Springfield 1981
                      Music & Lyrics by Rick Springfield

Jessie is a friend, yeah
I know he's been a good friend of mine
But lately something's changed that ain't hard to define
Jessie's got himself a girl and I want to make her mine

And she's watching him with those eyes
And she's loving him with that body, I just know it
Yeah 'n' he's holding her in his arms late, late at night

You know
I wish that I had Jessie's girl
I wish that I had Jessie's girl
Where can I find a woman like that

I play along with the charade
There doesn't seem to be a reason to change
You know, I feel so dirty when they start talking cute
I wanna tell her that I love her,
But the point is probably moot

'Cause she's watching him with those eyes
And she's loving him with that body, I just know it
And he's holding her in his arms late, late at night

You know
I wish that I had Jessie's girl
I wish that I had Jessie's girl
Where can I find a woman like that

Like Jessie's girl
I wish that I had Jessie's girl
Where can I find a woman
Where can I find a woman like that

And I'm looking in the mirror all the time
Wondering what she don't see in me
I've been funny, I've been cool with the lines
Ain't that the way love supposed to be

Tell me, where can I find a woman like that

You know
I wish that I had Jessie's girl
I wish that I had Jessie's girl
I want Jessie's girl
Where can I find a woman like that
Like Jessie's girl
I wish that I had Jessie's girl
I want, I want Jessie's girl'


ジェシーは友達の一人、あぁ
あいつは僕のいい友達だったんだ
でも最近 はっきり出来ないが何かが変わった
ジェシーに彼女が出来て 僕は彼女を自分のものにしたいんだ

そして彼女は あいつをあの目で見つめてる
彼女はあの体で愛し合ってる、僕は知ってるよ
あぁ、あいつは夜の夜中に彼女を抱いてるんだ

わかるかい
僕の望み ジェシーの彼女が欲しいんだ
僕はジェシーの彼女が欲しい
あんな娘を何処で見つけられるというんだ

僕はふりをして調子をあわせてる
事態が変わる理由などなさそうに見える
そうさ、彼等が気取って喋り出すとげんなりする
僕は好きなんだと彼女に言いたいよ
でも それはたぶん無意味なことだ

だって 彼女は あいつをあの目で見つめてる
彼女はあの体で愛し合ってる、僕は知ってるよ
あぁ、あいつは夜の夜中に彼女を抱いてるんだ

わかるかい
僕の望み ジェシーの彼女が欲しいんだ
僕はジェシーの彼女が欲しい
あんな娘を何処で見つけられるというんだ

ジェシーの彼女みたいな
僕はジェシーの彼女が欲しいんだ
何処で見つけられるというんだ
何処で見つけられるというんだ あんな娘を

それから僕は いつも鏡を覗き込んでしまう
彼女が僕に気付かないのはなぜだろうと
僕は滑稽だったよ、セリフは問題なかったが
ほんと恋って そんなものじゃないのか

教えてよ、あんな娘 他の何処で見つけられるんだ

わかるかい
僕の望み ジェシーの彼女が欲しいんだ
僕はジェシーの彼女が欲しい
ジェシーの彼女が欲しいんだ
あんな娘を何処で見つけられるというんだ
ジェシーの彼女みたいな
ジェシーの彼女が僕は欲しい
欲しいよ、ジェシーの彼女が欲しいんだ




〔訳注〕
第4節
the point is probably moot
これは以下のリンクが参考になります。
 アメリカでプロジェクトマネジメント!
文字上の意とは逆の使われ方をする慣用句で、「多分そんな話をしてもしょうがない」という意味になる様です。

第8節
Wondering what she don't see in me
「she don't ~」の言い方、教育文法上は×ですが歌詞では頻繁に出て来る表現。「see in」は「見出す」の意味があり、ここは「僕に気付く」と受け取れます。「wondering what ~」は前行の全体を修飾して「いつも鏡を覗きこんで ~の事を考えてしまう」という構成と思います。

I've been cool with the lines
「be cool with ~」は「~でよい、構わない、問題ない」という使い方をする様です。「the lines」を「台詞(せりふ)」としましたが「行間」「電話」という事もあるのかも。 ここは、悶々としながら表向きは演技を続け、しだいに思い詰めた様子を言ってるのだと解釈しました。

Ain't that the way love supposed to be
「 Ain't that the way love (is) supposed to be(?)」を省略したものとして訳していて、「恋とはそうあるべきもの」を強調した言い方かと思います。



下の動画、< Where can I find a woman like that! >って、一緒にシャウトしたくなります。



b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2017-02-26 01:48 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Hold Me / Fleetwood Mac(フリートウッド・マック) 和訳

2017年 02月 25日
フリートウッド・マックと言っても、知らない人が増えているかも知れません。 誰もが知る様な大ヒットというものは、日本国内では無かった様な気がします。 もちろんポップスファンで大好きな人は、私を含め今もかなり居るでしょうけど。 私には、独特の陰影が彼らの曲に潜んでいる様に感じます。 また、彼らの歌い方の情緒的な節回しは、他にない魅力です。

この曲は、彼らの曲の中で一番好きなものです。 Fleetwood Mac の女性シンガーでもありキーボードを担当する Christine McVie と、お友達のシンガー Robbie Patton との共作とされています。 曲中のサビの所で、思わぬタイミングでクラップが入ってあれっと思わされます。 このバンドのドラマーのセンスは、なにげに渋いのです。




               Hold Me
                  / Fleetwood Mac 1982
                   Written by Christine McVie & Robbie Patton

Can you understand me
Baby don't you hand me a line
Although it doesn't matter
You and me got plenty of time

There's nobody in the future
So baby let me hand you my love
Oh, there's no step for you to dance to
So slip your hand inside of my glove

Hold me, hold me, hold me
Hold me, hold me, hold me

I don't want no damage
But how am I gonna manage with you
You hold the percentage
But I'm the fool payin' the dues

I'm just around the corner
If you got a minute to spare
I'll be waitin' for you
If you ever want to be there

Hold me, hold me, hold me
Hold me, hold me, hold me
.....


私のこと判ってくれるかな
愛しい人、口先だけでごまかさないでね
別に構わないんだけれども
あなたと私に時間がたっぷりあった事はね

この先には誰もいないの
だからあなたに私の愛をわたさせて
あぁ、あなたが踊るステップがないわ
だから私の手袋の中にあなたの手を入れてよ

私を抱いて、抱いてよ、抱きしめて
私を抱いて、抱いてよ、抱きしめて

傷つかないでいようなんて私は望んでない
でもどうすれば あなたとうまくやって行けるの
あなたは何割かを握っている
でも私はみんな支払ってしまうおバカさん

私はすぐ目と鼻の先にいるのよ
あなたに1分でも余裕があったらね
私はあなたを待っているわ
あなたが未だそこにいたいのならね

私を抱いて、抱いてよ、抱きしめて
私を抱いて、抱いてよ、抱きしめて
.....




約注〕
第1節
Baby don't you hand me a line
「hand someone a line」「feed someone a line」は「人にうまい話を持ちかける」「口先で人をだます」という意味があります。

第2節
there's no step for you to dance to
「There is no place for you to go.」は「あなたが行く場所はない」と一般に訳します。「あなたのための行き場所がない」と言っても通じますが。 「dance to ~」は「~ に合わせて踊る」ですから、ここは「あなたが合わせて踊るステップはない」と訳すのが適当でしょう。
ちょっと「?」な言い回しですが、その前のくだりで自分の一方的な提案を持ち出したので、それこそ「ずっこけちゃうでしょうね」という様な意味だと私は想像しました。 その下の行は、大人ならなんとなく判りますね。


b0174191_16575941.png



[PR]
by Ataron | 2017-02-25 04:03 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

No Milk Today / Herman's Hermits(ハーマンズ・ハーミッツ) 和訳

2016年 11月 03日
Herman's Hermits は、The Beatles に全てが牽引されていた1960年代中期の洋楽ポップスのシーンに、実は2番目に人気があるんだよと紹介されたバンドでした。 私にとってはひょっこり現れたといった登場でしたが、私の兄弟がLPを買って聞いていて、力の抜けた特異な曲調で楽しい曲が多く、なるほどと思ったもんです。 LPには「Mrs. Brown You've Got a Lovely Daughter」等も入ってたので1965年か66年の事だったでしょう。

で最近、YouTube を見ていてこの曲を知りました。 今までノーマークでしたが、マイナーコードで始まり、サビがメジャーコードになる、何か当時を思い出させる曲調で、ちょっと気に入りました。 調べると The Hollies の「Bus Stop」の作者で有名な Graham Gouldman の作曲でした。 ごく普通に若者の生活する街を感じさせる歌詞も、彼らしいものです。 ハーマンズは「A Must to Avoid( By P.F. Sloan and Steve Barri )」等、いい曲を色んな人から貰ってますね。



                      No Milk Today
                         / Herman's Hermits 1966
                           Written by Graham Gouldman

No milk today, my love has gone away
The bottle stands forlorn, a symbol of the dawn
No milk today, it seems a common sight
But people passing by don't know the reason why

How could they know just what this message means?
The end of my hopes, the end of all my dreams
How could they know the palace there had been
Behind the door where my love reigned as queen

No milk today, it wasn't always so
The company was gay, we'd turn night into day

But all that's left is a place dark and lonely
A terraced house in a mean street back of town
Becomes a shrine when I think of you only
Just two up two down


No milk today, it wasn't always so
The company was gay, we'd turn night into day
As music played the faster did we dance
We felt it both at once, the start of our romance

How could they know just what this message means?
The end of my hopes, the end of all my dreams
How could they know a palace there had been
Behind the door where my love reigned as queen

No milk today, my love has gone away
The bottle stands forlorn, a symbol of the dawn

But all that's left is a place dark and lonely
A terraced house in a mean street back of town
Becomes a shrine when I think of you only
Just two up two down


No milk today, my love has gone away
The bottle stands forlorn, a symbol of the dawn
No milk today, it seems a common sight
But people passing by don't know the reason why

How could they know just what this message means?
The end of my hopes, the end of all my dreams
How could they know a palace there had been
Behind the door where my love reigned as queen

No milk today, it wasn't always so
The company was gay, we'd turn night into day

But all that's left is a place dark and lonely
A terraced house in a mean street back of town
Oh, all that's left is a place dark and lonely
A terraced house in a mean street back of town
Oh, all that's left is a place dark and lonely
A terraced house in a mean street back of town



「今日はミルク要りません」 君はどこかへ行ってしまった
ビンが寂しく立っている、夜明けのシンボルだ
「今日はミルク要りません」 それはよく見かける風景
でも人々はその理由を知らず通り過ぎていく

このメッセージの意味なんて どうして人に判るというのだ
それは僕の希望の終わり、僕の全ての夢の終わり
そこに立派な宮殿があったなんてどうして判るだろう
その扉の後ろに君は女王として君臨していたのだ

「今日はミルク要りません」 いつもそうとは限らなかったけど
仲間はにぎやかで、僕らは夜も昼間の様に明るくしていたもんだ

でも残ったのは暗く寂しい場所だけ
裏町の普通の通りにあるテラスの家だって
君のことを考えると聖堂に思えて来る
たった二部屋二階建ての家だって


「今日はミルク要りません」 いつもそうとは限らなかったけど
仲間はにぎやかで、僕らは夜も昼間の様に明るくしていたもんだ
音楽が流れた時に僕らは真っ先に踊り出した
僕らは両方ともすぐに、恋が始まったことを感じたのだ

このメッセージの意味なんて どうして人に判るというのだ
それは僕の希望の終わり、僕の全ての夢の終わり
そこに立派な宮殿があったなんてどうして判るだろう
その扉の後ろに君は女王として君臨していたのだ

「今日はミルク要りません」 君はどこかへ行ってしまった
ビンが寂しく立っている、夜明けのシンボルだ

でも残ったのは暗く寂しい場所だけ
裏町の普通の通りにあるテラスの家だって
君のことを考えると聖堂に思えて来る
たった二部屋二階建ての家だって


「今日はミルク要りません」 君はどこかへ行ってしまった
ビンが寂しく立っている、夜明けのシンボルだ
「今日はミルク要りません」 それはよく見かける風景
でも人々はその理由を知らず通り過ぎていく

このメッセージの意味なんて どうして人に判るというのだ
それは僕の希望の終わり、僕の全ての夢の終わり
そこに立派な宮殿があったなんてどうして判るだろう
その扉の後ろに君は女王として君臨していたのだ

「今日はミルク要りません」 いつもそうとは限らなかったけど
仲間はにぎやかで、僕らは夜も昼間の様に明るくしていたもんだ

でも残ったのは暗く寂しい場所だけ
裏町の普通の通りにあるテラスの家だけ
ああ、残ったのは暗く寂しい場所だけ
裏町の普通の通りにあるテラスの家だけ
ああ、残ったのは暗く寂しい場所だけ
裏町の普通の通りにあるテラスの家だけ



〔訳注〕
Songfacts の情報によると、Graham Gouldman はこの曲のアイデアを彼の父親から貰ったそうです。 彼はこんな風に説明しています。
父は友人の家に行き、戸口に「no milk today」と張り紙をしたミルク瓶があるのに気付いたんだ。 そして帰って来て、私に「"No Milk Today"という曲はどうかな」と提案したのです。 ミルクがそんなに面白いかなぁと言うと、父は「いやミルクの事じゃないんだ! 家の中に誰もいなくて、家はからっぽ、その家から愛が去って行ったって事だよ」と言いました。 父は私に、それを全く違った視点で見る事を教えてくれたのです。 父さんありがとう。

この記事を知らなければ、「今日はミルク要りません」が付箋の文句だとは判らなかったでしょう。

b0174191_16575941.png

[PR]
by Ataron | 2016-11-03 21:21 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Windy / The Association(アソシエイション)

2016年 10月 31日
シックな曇り空の下を軽やかに歩いていると、風がさっと吹いて来る。 それは絶対に晴れた日ではなく、だから青春なのだ。

「Windy」という曲は、僕たちのそんな季節感を表しています。 作曲したのは、サンフランシスコのヒッピームーブメント中にいたルーサン・フリードマンという女性シンガーソングライターだという。

Songfacts のこの曲に関するページに、彼女のコメント記事がありました。

この曲の由来を色々と言われてる様だけど、これが本当の事。 私はベッドに座ってたの - ビバリーグレンのデビッド・クロスビーの家の一階のアパートだったんだけど - で、私を訪ねて来たヤツが居てね、そこに座って私の事を見つめるの、まるで私の命まで飲み込んでしまうみたいにね。 それで、私は一緒に居るならどんな男がいいんだろうって空想し始めた、それがウインディだったの - 一人の男(空想のね)。 この曲を書くのに20分ほどかかったわ。

ビバリーグレンはロサンジェルスのビバリーヒルズから数キロの場所です。 クロスビーの在籍したThe Byrds は1965年に「Mr. Tambourine Man」をヒットさせていますから、クロスビーの家の一階のアパートというのは、どんな様子だったのでしょうね。 元はワルツのリズムだったのを、プロデューサーのボーンズ・ハウがポップに仕上げてヒットに繋がった様です。 曲間のベースとハープシコードの様な単音が4拍打つところが素晴らしい。 旋律に織り込まれた音階は「Downtown / Petula Clark」と私には同じに聞こえます。 この曲を言い伝えずにはおれません。



                Windy
                  / The Association 1967
                   Written by Ruthann Friedman

Who's peeking out from under a stairway
Calling a name that's lighter than air?
Who's bending down to give me a rainbow?
Everyone knows it's Windy

Who's tripping down the streets of the city
Smiling at everybody she sees?
Who's reaching out to capture a moment?
Everyone knows it's Windy

And Windy has stormy eyes
That flash at the sound of lies
And Windy has wings to fly
Above the clouds (above the clouds)
Above the clouds (above the clouds)

And Windy has stormy eyes
That flash at the sound of lies
And Windy has wings to fly
Above the clouds (above the clouds)
Above the clouds (above the clouds)

Who's tripping down the streets of the city
Smiling at everybody she sees?
Who's reaching out to capture a moment?
Everyone knows it's Windy

Who's tripping down the streets of the city
Smiling at everybody she sees?
Who's reaching out to capture a moment?
Everyone knows it's Windy


階段の下から覗いてるのは誰
空気より軽い名前を呼びながら
体を傾けて僕に虹をくれるのは誰
みんな知っているよ それはウインディ

街の舗道をさっそうと行くのは誰
出会った誰にも微笑みかけながら
チャンスを掴もうと手を伸ばしたのは誰
みんな知っているよ それはウインディ

そしてウインディは嵐の瞳で
嘘っぽい響きをちらっと見る
そしてウインディには飛ぶ羽がある
雲の上を 
雲のその上を

そしてウインディは嵐の瞳で
嘘っぽい響きをちらっと見る
そしてウインディには飛ぶ羽がある
雲の上を 
雲のその上を

街の舗道をさっそうと行くのは誰
出会った誰にも微笑みかけながら
チャンスを掴もうと手を伸ばしたのは誰
みんな知っているよ それはウインディ

街の舗道をさっそうと行くのは誰
出会った誰にも微笑みかけながら
チャンスを掴もうと手を伸ばしたのは誰
みんな知っているよ それはウインディ




b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2016-10-31 18:56 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Kokomo(ココモ)/ The Beach Boys(和訳)

2016年 07月 16日
蝉の声が聞こえ、この梅雨が明ければ夏です。 FMで耳にして、この曲を思い出しました。 流行っていた当時は、色々あって袖にしていたのか、でもあらためて聞くとカリブの海を感じさせて余りある音です。

訳そうとすると詞に地名がやたら出て来るので、まずそれらをMapで調べて見ました。 下の地図で赤枠が曲の中に出て来る地名で、みんな有名なリゾートの様です。 おーカリブ海ってこんなとこにあるのかと、世事に疎い私でした。

b0174191_10525032.png

Wikiによるとタイトルの"Kokomo"は、現在のSandals Cayに当たるジャマイカのリゾート地のことだそうです。 曲の詳細はこのWikiに良く纏められているので、興味のある方はリンクを辿ってください。 この曲に関わったミュージシャンはちょっとした顔ぶれで、出来上がりの良さはなるほどと思います。




                Kokomo
                  / The Beach Boys 1988
             Songwriters: Mike Love, Terry Melcher, Scott Mckenzie, John Phillips

Aruba, Jamaica, ooh I wanna take ya
Bermuda, Bahama, come on pretty mama
Key Largo, Montego, baby why don't we go, Jamaica

Off the Florida Keys, there's a place called Kokomo
That's where you wanna go to get away from it all
Bodies in the sand, tropical drink melting in your hand
We'll be falling in love to the rhythm of a steel drum band
Down in Kokomo

Aruba, Jamaica, ooh I wanna take you to
Bermuda, Bahama, come on pretty mama
Key Largo, Montego, baby why don't we go
Ooh I wanna take you down to Kokomo,
we'll get there fast and then we'll take it slow
That's where we wanna go, way down in Kokomo

Martinique, that Montserrat mystique

We'll put out to sea and we'll perfect our chemistry
By and by we'll defy a little bit of gravity
Afternoon delight, cocktails and moonlit nights
That dreamy look in your eye, give me a tropical contact high
Way down in Kokomo

Aruba, Jamaica, ooh I wanna take you to
Bermuda, Bahama, come on pretty mama
Key Largo, Montego, baby why don't we go
Ooh I wanna take you down to Kokomo,
we'll get there fast and then we'll take it slow
That's where we wanna go, way down in Kokomo

Port au Prince, I wanna catch a glimpse

Everybody knows a little place like Kokomo
Now if you wanna go to get away from it all
Go down to Kokomo

Aruba, Jamaica, ooh I wanna take you to
Bermuda, Bahama, come on pretty mama
Key Largo, Montego, baby why don't we go
Ooh I wanna take you down to Kokomo,
we'll get there fast and then we'll take it slow
That's where we wanna go, way down in Kokomo


アルバ、ジャマイカ、あぁ君を連れて行きたい
バミューダ、バハマ、おいでよ綺麗なお嬢さん
キー ラーゴ、モンテゴ、ねえ行ってみようよジャマイカへ

フロリダキーズの沖に、ココモと呼ばれる場所がある
それは君が街の煩わしさを逃れて行きつくところ
砂に埋まった体 トロピカルな飲物が手の中で溶けていく
スチールドラムのバンドのリズムを聞いて恋に落ちよう
遠くココモの地で

アルバ、ジャマイカ、あぁ君を連れて行きたい
バミューダ、バハマ、行こうよ綺麗なお嬢さん
キー ラーゴ、モンテゴ、ねえ行ってみようよ
あぁ ココモに君を連れて行きたいんだ
そこに早く着いて それからゆっくりと過ごそう
それが二人で行きたい場所、はるか南のココモ

マルティニーク、そしてモントセラトの神秘

二人で沖へこぎ出して そしてとけてひとつになろう
やがてちょっとした重さなど無視する様になるだろう
午後の楽しみ、カクテルと月あかりの夜
君の夢見る様なまなざしが 熱いふれあいを高める
はるか南のココモで

アルバ、ジャマイカ、あぁ君を連れて行きたい
バミューダ、バハマ、行こうよ綺麗なお嬢さん
キー ラーゴ、モンテゴ、ねえ行ってみようよ
あぁ ココモに君を連れて行きたいんだ
そこに早く着いて それからゆっくりと過ごそう
それが二人で行きたい場所、はるか南のココモ

ポルトープランス、ちょっと行ってみたいね

みんな知っている ココモのようなささやかな場所を
さぁ 煩わしい毎日から抜け出したいなら
ココモへ行くといい

アルバ、ジャマイカ、あぁ君を連れて行きたい
バミューダ、バハマ、行こうよ綺麗なお嬢さん
キー ラーゴ、モンテゴ、ねえ行ってみようよ
あぁ ココモに君を連れて行きたいんだ
そこに早く着いて それからゆっくりと過ごそう
それが二人で行きたい場所、はるか南のココモ




訳注)
第1節 以下何度も繰り返されるコーラスの2行目
come on pretty mama
の「mama」は、魅力的な女性への呼びかけで、下の様な言い回しがあるそうです。
little mama (セクシーな女性・かわいい娘)
what’s up mama(よう、ネエちゃん)

第2節 
Off the Florida Key
offは「~から外れて」「~から離れて」「~の沖に」といった意味か。 Kokomo(ジャマイカ)はフロリダ半島から800km南で、「沖」はもっと近くの印象があります。 でも飛行機なら2時間以内、次の節で「get there fast」と言ってる様に、ここの詞の感じでは「沖」でいいかとなりました。

第2節
Down in Kokomo
第3節 以降の
way down in Kokomo
「way down ~」は「~へ向ってもっと遠く」という意味合いで使われる場合が多い様です。 これは地理の説明でなく歌詞ですから「気分の一致」を重んじて訳してます。

第4節
we'll perfect our chemistry
「perfect」は「まっとうする」「完成させる」という動詞です。「chemistry」は「化学」の他に「相性、親和力」という意味があります。「we'll」が他の所でも頻繁に出て来ますが、「we will」の略で誘いかける表現。 結局ここは「二人の相性を完成させようよ」という事で、およそ推測が着きます。 ここばかりは「意訳」の方がフィットするのではないでしょうか。


b0174191_16575941.png

[PR]
by Ataron | 2016-07-16 11:31 | 映画/音楽/本 | Comments(2)

Always On My Mind / Pet Shop Boys (ペット・ショップ・ボーイズ)和訳

2016年 04月 24日
ペットショップボーイズでこの曲を知った人は多いかもしれません。 私はその一人で、長い間この曲のルーツを知りませんでした。

カントリー系のソングライター Wayne Carson の原曲に他の2人が少し手を加え、この曲が完成したのが1972年だそうです。 最初のレコーディングはブレンダ・リー、同年5月にはエルビス・プレスリーがレコーディングし、その後はカントリーソングの定番として多くに歌われるに至っています。

私はもちろんペットショップボーイズのアレンジが光る、彼等のが一番好きです。 でも、この曲の歌詞を訳して行くと、かなり「がっかり」します。 こんな勝手な男のセリフは好きにはなれない。 演歌で「女性蔑視だと叩かれた歌詞」の方がまだ諦めがつく。 しかしこれは、この曲が書かれた時代のカントリー風決まり文句なのかも知れません。

Wayne Carson って知らないなと調べると「The Letter / The Box Tops」も彼の作曲、昨年亡くなったそうですがハートも腕もある人だったに違いありません。
下のリンクは、Wayne Carson について詳しく書かれた、ある方のレコード紹介記事です。
[SSWの快楽] Wayne Carson / Life Lines ( Monument Z30906 / 1972 )
これを読んでいると、やはり歌詞について片意地に構えるのもと思えて来ます。 そして、ペットショップボーイズのトラックを聞くと、この曲を挙げない理由が無いと思ったのです。




              Always On My Mind
                  / Pet Shop Boys  1987
                   Music & Lyrics by Johnny Christopher
                             Mark James
                             Wayne Carson

Maybe I didn't treat you
Quite as good as I should
Maybe I didn't love you
Quite as often as I could
Little things I should have said and done
I never took the time
You were always on my mind
You were always on my mind

Maybe I didn't hold you
All those lonely, lonely times
And I guess I never told you
I am so happy that you're mine
If I made you feel second best
I'm so sorry I was blind
You were always on my mind
You were always on my mind

Tell me, tell me that your sweet love hasn't died
Give me one more chance to keep you satisfied
Satisfied

Little things that I should have said and done
I never took the time
You were always on my mind
You were always on my mind

Tell me, tell me that your sweet love hasn't died
Give me one more chance to keep you satisfied
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind
You were always on my mind

Maybe I didn't treat you
Quite as good as I should
Maybe I didn't love you
Quite as often as I could
Maybe I didn't hold you
All those lonely lonely times
I guess I never told you
I am so happy that you're mine



おそらく君をちゃんと扱ってなかった
ほんとはもっと良くすべきだったのに
たぶん僕は君を愛し足りなかったんだ
ほんとはもっと愛せたはずなのに
言うべきそしてすべきだったちょっとした事に
僕は少しも時間をとらなかった
君はいつだって大切な人だったのに
君はいつだって大切な人だったのに

おそらく君を抱きしめてやれなかったんだ
寂しくてよるべない日々に
そして 君には決して言わなかったと思う
君がいてくれてどれだけ幸せかを
君はひかえの番だと感じさせていたなら
僕は何も見えてなかったことを恥じるよ
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった

言っておくれ、君の素晴らしい愛は死んではいないと
チャンスをもう一度くれないか 君に満足して欲しい
満足して欲しいんだ

言うべきそしてすべきだったちょっとした事に
僕は少しも時間をとらなかった
君はいつだって大切な人だったのに
君はいつだって大切な人だったのに

言っておくれ、君の素晴らしい愛は死んではいないと
チャンスをもう一度くれないか 君を幸せにしたい
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった
君はいつだって一番大切な人だった

おそらく君をちゃんと扱ってなかった
ほんとはもっと良くすべきだったのに
たぶん僕は君を愛し足りなかったんだ
ほんとはもっと愛せたはずなのに
おそらく君を抱きしめてやれなかったんだ
寂しくてよるべない日々に
君には決して言わなかったと思う
君がいてくれてどれだけ幸せかを




b0174191_16575941.png


[PR]
by Ataron | 2016-04-24 13:24 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Tunnel Of Love / Dire Straits(和訳)

2016年 02月 23日
妙に心に沁みる曲で、熱い様な懐かしい様な気分にさせる音だと、ずっと思っていました。 「Tunnel Of Love」(トンネル・オブ・ラブ)は遊園地の乗り物のこと、詞を訳すとなんとなく輪郭が見えて来ます。 Songfacts でこの曲のことを調べると、以下の様に紹介されていました。

アップテンポでいかにも売れ線狙いのこの曲は、ノップラーの自伝的な曲のひとつで、ウィットレイ・ベイにある遊園地(スパニッシュ・シティ)に行った事を回想をしたもの。 少年の頃、ノップラーはそこから10マイル程離れたニューカッスル・アポン・タインに住んでいた。 その遊園地は彼が音楽を目指すのを触発したものかもしれない。 ロックンロールの本当の大音響の演奏を初めて聞いた場所がそこだと、かつて彼は語っている。 そこはやがて閉園となったが、しばらくの間この「Tunnel Of Love」が非公式ながらテーマソングとなっていた。

最初、「Spanish City」を「スペインの街」と思っていたので、この記事でいっぺんに視野が拡がりました。 この曲は、実在したこの遊園地に回帰していたのです。 ますます、この曲が好きになりました。




              Tunnel Of Love
                  / Dire Straits 1980
                   Music & Lyrics by Mark Knopfler

Getting crazy on the waltzers
but it's the life that I choose
Sing about the six blade sing about the switchback
and a torture tattoo
And I been riding on a ghost train
where the cars they scream and slam
And I don't know where I'll be tonight
But I'll always tell you where I am

In a screaming ring of faces
I seen her standing in the light
She had a ticket for the races
Yeah just like me she was a victim of the night
I put my hand upon the lever
said let it rock and let it roll
I had a one arm bandit fever
There was an arrow through my heart and my soul

And the big wheel keep on turning
neon burning up above
And I'm just high on the world
Come on and take a low ride with me girl
On the tunnel of love, yeah love

It's just a danger
and when you're riding at your own risk
She said, "You are the perfect stranger"
She said, "Baby let's keep it like this"
It's just a cakewalk
twisting baby step right up and say
"Hey mister, give me two, give me two now
'Cause any two can play"

And the big wheel keep on turning
neon burning up above
And I'm just high on the world
Come on and take a low ride with me girl
On the tunnel of love, oooh love

Well it's been money for muscle another whirligig
Money for muscle and another girl I dig
Another hustle just to, just to make it big
And rock away, rock away
Oh rock away, rock away

And girl it looks so pretty to me
like it always did
Oh like the Spanish City to me
when we were kids
Yes, girl it looks so pretty to me
just like it always did
Oh like the Spanish City to me
when we were kids

Woh-la
Check it out

She took off a silver locket
She said remember me by this
She put her hand in my pocket
I got a keepsake and a kiss
And in the roar of dust and diesel
I stood and watched her walk away
I could have caught up with her easy enough
but something must have made me stay

And the big wheel keep on turning
Neon burning up above
And I'm just high on this world
Come on and take a low ride with me girl
On the tunnel of love, yeah love love
On the tunnel of love, oooh love love

And now I'm searching through these carousels
and the carnival arcades
Searching everywhere
from steeplechase to palisades
In any shooting gallery where promises are made
To rock away, rock away
Rock away, rock away
From Cullercoats and Whitley Bay
Out to rock away

And girl it looks so pretty to me
like it always did
Like the Spanish City to me
when we were kids
Girl it looks so pretty to me
like it always did
Like the Spanish City to me
when we were kids




ワルツァーに乗って大はしゃぎ
でもそれは俺の選ぶ人生
シックス・ブレードとかスイッチバックだとか
トーチュン・タトゥーとか歌いながら
それから俺は幽霊列車に乗っていた
そこじゃタイヤが悲鳴を上げドアがバタンと鳴る
そうさ今晩俺がどこに居るかなんて判らない
でも居場所はいつも知らせるから

キャーキャーと叫ぶ顔の輪の中に
彼女が光の中に立っているのが見えた
彼女はレースのチケットを持っていた
イェー 俺と同じで彼女は夜の犠牲者だった
俺はレバーに手をかける
さぁロック それロールだ
俺はスロットマシンに熱中していた
俺のハートも魂も 一本の矢が貫いていた

そして大きな輪は周り続ける
頭上にはネオンが賑やかに点っていた
そして俺は世界の頂上にいる
ついて来いよ俺とローライドに乗ろう、カノジョ
恋のトンネルだ、イェー 愛し合おうぜ

それは全く危いもの
たとえ危険承知で乗っていても
彼女が言った「あなた全く慣れてないのね」
「坊や この調子で続けようね」なんて
こいつはまぁ楽勝だ
彼女が体をひねりながら寄って来て言う
「ねえ兄さん、2枚、さあ2枚ちょうだいよ、
どれも2枚で遊べるんだから」

そして大きな輪は周り続ける
頭上にはネオンが賑やかに点っていた
そして俺は世界の頂上にいる
ついて来いよ俺とローライドに乗ろう、カノジョ
恋のトンネルだ、イェー 愛し合おうぜ

さて 腕力にカネという別の乗り物があった
腕力にカネとまた別の娘を俺は好きになる
もうひと頑張り、大儲けするために
そしてロッカウェイ、ロッカウェイ
あぁロッカウェイ、ロッカウェイ

そう 女の子 それは俺にはとても美しく見える
いつもそうだった様に
あぁ スパニッシュ・シティがそうだった様に
俺達が子供だった頃
そう 女の子 俺にはとても美しく見える
いつもそうだった様に
あぁ スパニッシュ・シティがそうだった様に
俺達が子供だった頃


(さぁ聞かせてやろう)

彼女は銀のロケットを外し
これで私を思い出してと言った
彼女は俺のポケットに手を入れた
俺は形見とキスを受け取った
そして埃を巻き上げディーゼルが咆える中
俺は彼女が歩き去るのを立って見ていた
彼女にとても簡単に追いつけたのに
しかし何かが俺をとどまらせたに違いない

そして大きな輪は周り続ける
頭上にはネオンが賑やかに点っていた
そして俺は世界の頂上にいる
ついて来いよ俺とローライドに乗ろう、カノジョ
恋のトンネルだ、イェー 愛し合おうぜ
恋のトンネルだ、オォー 愛し合おうぜ

そして今では俺は これらの回転木馬や
カーニバルの露天の間を ずっと探しているのだ
あらゆる所を探している
溝から柵までどんな所も
望みがありそうならどんな射的場の中も
ロッカウェイ、ロッカウェイ
ロッカウェイ、ロッカウェイ
カラーコーツやウィットレイ・ベイも
さぁ行けロッカウェイ

そう 女の子 それは俺にはとても美しく見える
いつもそうだった様に
スパニッシュ・シティがそうだった様に
俺達が子供だった頃
そう 女の子 俺にはとても美しく見える
いつもそうだった様に
スパニッシュ・シティがそうだった様に
俺達が子供だった頃




訳注)
第1節
waltzer
遊技場の回転する乗り物の一種。「car」と呼ばれる数人乗りのカートが、浮き沈みしながら回転する。
b0174191_21190364.jpg
six blade
6刃のナイフ。「Six Blade knife」という曲を78年にノップラー自身が発表している。
b0174191_15182716.jpg
switchback
険しいつづら折れの道。 他に、ハーレー(バイク)で後ろのサドルバッグを取替えられる車種とも考えられる。
torture tattoo
拷問の刺青... 海外では普通に言うらしく、入れるのが痛い本物のタトゥーという事でしょうか?
ghost train
遊園地の乗り物、お化け屋敷の中を通り抜けて走る。
b0174191_16265650.jpg
第2節
one arm bandit
このゲーム機特有のレバーから付いた名。 安い賭け金で遊べて遊戯場の定番となった。
b0174191_11043725.jpg
第3節
low ride
一般には車高の低い改造車を言いますが、ここは遊園地の乗り物を言ってる様に思われます。 あるいは、後に続く「恋のトンネル」のカートのことをさすのかも。
tunnel of love
暗く狭いトンネルをカートやボートが自動的に動く。「恋のトンネル」は恋人達にはうってつけの乗り物。
b0174191_17115682.jpg
第4節
cakewalk
ケークウォークはステップダンスの意味もあるが、スラングで朝飯前の意でよく使われます。 どちらか迷うところ。
give me two
話の流れから、これは奢ってくれという話と受取ってます。 ノップラーの少年時代を60年代後期として調べると、1シリング(コイン)60円、1ポンド(札)1200円程度(当時の円価値で)ですから、twoは2シリング(120円)と推測されます。

第6節
money for muscle
「腕力にカネ」と勝手な名前にしたが、「ごろつきにカネ」かもしれない。
whirligig
回転する遊具、回転木馬など
rock away
ここではロックンロールと同様な、掛け声かと思います。

第7節
Spanish City
ウィットレイ・ベイの遊園地、2000年に閉園され現在は新施設化が予定されている様です。(現在の様子の Street View
b0174191_16274924.jpg
第10節
Cullercoats and Whitley Bay
カラーコーツとウィットレイ・ベイは1km程の距離、イングランド北東部の海岸沿いの街で、ロンドンの北約400km。


b0174191_16575941.png

[PR]
by Ataron | 2016-02-23 20:06 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Jungle love / The Steve Miller Band(和訳)

2016年 02月 21日

Steve Miller Band は、1967年からの米国のバンド。 スティーブさんのワンマンバンドみたいなものらしく、あちらでは彼は大御所の扱いだとか。 彼の両親の友人で、彼に最初にギターを教えた人がレス・ポール、また、バンド初期に在籍したボズ・スキャッグスにハイスクール時代ギターコードを教えたのが彼だと言う。 そんな話を聞くと、なるほど凄い人なんだという気がして来ます。 彼はポップなセンスを持ちつつも根っからはブルース大好きらしく、このバンドの曲を幾つも聞いていると多彩な音楽が混じっている様な所があり、良質なアメリカン・ミュージックと評する人もいます。

さてこの「Jungle love」は、1977年に発表された「ペガサスの祈り」の中の曲。 彼等はその前後で全米チャートのヒトケタに何曲も送り込んでます。 この曲のバックのギターが大変カッコ良く、ドラムやベースのリズムも独特、歌い方もフッキレてます。(スティーブは普通はもっちゃりした歌い方です) メンバーの Lonnie Turner(B) と Greg Douglass(G)の作です。



               Jungle love
                  / The Steve Miller Band 1977
                   Written by Lonnie Turner & Greg Douglass

I met you on somebody's island
You thought you had known me before
I brought you a crate of papaya
They waited all night by your door
You probably wouldn't remember
I probably couldn't forget
Jungle love in the surf in the pouring rain
Everything's better when wet

Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy
Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy

But lately you live in the jungle
I never see you alone
But we need some definite answers
So I thought I would write you a poem
The question to everyone's answer
Is usually asked from within
But the patterns of the rain
And the truth they contain
Have written my life on your skin

Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy
Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy

You treat me like I was your ocean
You swim in my blood when it's warm
My cycles of circular motion
Protect you and keep you from harm
You live in a world of illusion
Where everything's peaches and cream
We all face a scarlet conclusion
But we spend our time in a dream

Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy
Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy

Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy
Jungle love it's drivin' me mad
It's makin' me crazy




僕はとある島で君に出会った
君が言うには前から僕を知っていたとか
僕は君のところへパパイヤのカゴを届けた
それは君の戸口で一晩中待っていた
たぶん君はどうしても思い出したくなかった
まあ僕の方は忘れられなかった
ジャングルの恋は波の中 どしゃ降りの雨
なにもかも最高だよ 濡れてるんだから

ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた
ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた

しかし近頃の君はジャングルに住んでいて
君が一人でいるのを見たことがない
でも皆んなは確かな答えを聞きたい
そこで君に詩を書いてみようと僕は考えた
だれもが答える様な質問は
たいていはもう既に聞かれてる
だけれど雨の降り方と
そしてそれに含まれた真実が
君の肌の上に僕の人生を書き留めていた

ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた
ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた

僕は君にとって海みたいなものだった
暑い時には君は僕の血の中で泳ぎ
循環運動の周期は
君を保護して害から守るのだ
君は幻の世界に住み
そこは何もかもが桃とクリームの色
皆んな残らず痛い結果になったけど
でも皆んな夢心地の時間をすごしたのだ

ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた
ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた

ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた
ジャングルの恋 それは僕を夢中にさせ
それは僕を狂わせた




訳注)
第1節
They waited all night by your door
Theyは運んだパパイヤの事、戸口にほっておかれた。

第3節
But the patterns of the rain
And the truth they contain
Have written my life on your skin
以前のどしゃ降りの中での出会いが、彼女の心に焼き付いていた、と言ってるらしい。


b0174191_16575941.png

[PR]
by Ataron | 2016-02-21 11:52 | 映画/音楽/本 | Comments(0)

Song On The Radio / Al Stewart(和訳)

2016年 02月 20日
アル・スチュワートはAORが流行った1970時代の後期に有名だった人です。 曲自体も良いけど独特の濃密な音作りがされていて、良い装置で聞くとますますその味が深まります。 冬に暖炉(本当はストーブですが)の前でホットをすすりながら聞くにはもってこい。 淡々としたリズムが詩の空間を作って行く曲です。 彼の音はどういうわけか冬の季節に合いますね。



             Song On The Radio
                  / Al Stewart 1978
                   Music & Lyrics by Al Stewart

I was making my way through the wasteland
The road into town passes through
I was changing the radio stations
With my mind on you
Oh your friends call you "Lily Paloma"
But that's not the way that you are
It's too much of a gentle misnomer
For a shooting star

But you and me, baby
I saw you there, straight away I knew
There's really no hiding
I'll tell you right now what we're gonna do
We'll go collecting the days
Putting the moments away
You're on my mind like a song on the Radio
You're on my mind like a song on the Radio

I remember the first time I saw you
Alone in the dark with a drink
With a candle flame burning before you
And your thoughts closed in
You were staring out into the distance
Not seeming to hear what I said
Why did you put up such resistance
Like all the lights are red

'Cause you and me, baby
I saw you there, straight away I knew
There's really no hiding
I'll tell you right now what we're gonna do
We'll go collecting the days
Putting the moments away
You're on my mind like a song on the Radio
You're on my mind like a song on the Radio

I don't know what it was that was painful
But sometimes it's there in your face
There are times when you just look disdainful
Of the human race
Ah, but then on the wings of emotion
We circle each other in flight
Till together we roll like the ocean
In its bed at night

'Cause you and me, baby
I saw you there, straight away I knew
There's really no hiding
I'll tell you right now what we're gonna do
We'll go collecting the days
Putting the moments away
You're on my mind like a song on the Radio
You're on my mind like a song on the Radio


僕は荒れ地の中を進んでいた
街への道が通り過ぎて行く
僕はラジオ局を切換えているところだった
君のことを思いながら
あぁ、君の友達は君を「リリー・パロマ」と呼ぶ
だけどそんなのは君には似合っていない
それは優し過ぎる間違いだ
流れ星の名前としてはね

でも君と僕はね、ベイビー
僕は君を見て、すぐその瞬間に判ったんだ
隠すことなどほんとに無い
僕らがどうしたらいいか今すぐに教えるよ
こんな毎日はひと纏めにしてしまおう
こんな時間を片付けてしまうんだ
君は僕の中に居た ラジオから流れる曲の様に
君は僕の中に居た まるでラジオから流れる曲の様に

君に初めて会った時のことを覚えている
暗闇の中で独り 飲み物を片手にしていた
君の前にはキャンドルの火が燃え
そして君の思いは閉ざされて
遠くを見つめている様だった
僕の言ったことは聞いていそうになかった
君はなぜそんなに抵抗していたのか
全ての光が赤だといわんばかりに

だって君と僕はね、ベイビー
僕は君を見て、すぐその瞬間に判ったんだ
隠すことなどほんとに無い
僕らがどうしたらいいか今すぐに教えるよ
こんな毎日はひと纏めにしてしまおう
こんな時間を片付けてしまうんだ
君は僕の中に居た ラジオから流れる曲の様に
君は僕の中に居た まるでラジオから流れる曲の様に

辛い事が何だったのか 僕は知らない
でも時々 それが君の顔に読みとれた
君は まるで人類を見下した様な時が
何度かあったのだ
あぁ、でも感動の翼に乗った時には
僕らは互いの周りを飛びながら回るのだ
しまいに一緒に 僕らは海の様に波うつ
夜のベッドの中で

だって君と僕はね、ベイビー
僕は君を見て、すぐその瞬間に判ったんだ
隠すことなどほんとに無い
僕らがどうしたらいいか今すぐに教えるよ
こんな毎日はひと纏めにしてしまおう
こんな時間を片付けてしまうんだ
君は僕の中に居た ラジオから流れる曲の様に
君は僕の中に居た まるでラジオから流れる曲の様に




訳注)
第1節
Oh your friends call you "Lily Paloma"
「Lily Paloma」はあだ名でしょうか。「Lily」はユリの花、あちらでは純潔・無垢という印象らしく「Paloma」は鳩です。 確かに「飛んでる」彼女にそぐわないですね。

第2節 など
You're on my mind like a song on the Radio
訳は時制に注意しているつもりですが、ここは敢えて無視しました。 この詞を、運転しながら彼女に思いをめぐらしている話とすると、その方が良いと思ったからです。

荒れ地に車を走らせていても、ラジオから流れる曲みたいに君は僕を熱くさせる、はいはい判りましたよ、ご馳走様。 


b0174191_16575941.png

[PR]
by Ataron | 2016-02-20 19:58 | 映画/音楽/本 | Comments(0)