Studio TA Subsite の案内とお知らせ

タグ:EF70-200mm F4L ( 32 ) タグの人気記事

長いクチバシだぞ

2016年 05月 05日
祭日、子供の日。 天気が良いから公園は避ける。 私は世間とは逆に行動せねばなりません。

で、私は部屋のテラスでチュン達にパンをお出しして、たまにカラス君にもパックを出します。 巣立ったばかりの子供を2羽連れて来た親スズメがいて賑やか。 賑やか過ぎて近所にまずいが、こどもの日じゃないか。

テラスのカーテンも窓も開けました。 その代わりに部屋の奥に数メートル下がって三脚を据え、望遠レンズで餌台を狙って待っていると、カラス君がやって来ました。
b0174191_19374012.jpg
パックを取って行ったら、時間を置いてまたパックを出しておきます。 タイミングが悪いとチュン達が殆ど食べてしまいます。 ちょっと追い払う様にしても、チュン達は本気でない事を知っているかの様に戻って来ます。 どうも彼等、パックのガワを引きちぎって取るのが快感らしい。
b0174191_19374419.jpg
今日は、かなりカラス君の顔を撮れました。 真横から撮ると長いクチバシです。



EOS7D + EF400mm F5.6L 、EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2016-05-05 19:49 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.04.29 もう連休だというが

2016年 04月 29日
世間は連休に入ったという、思わず外に出たくなる良い天気。 公園には午後2時半、最近はどんどん遅くなってます。

最初は東岸ハトポイントで5羽位に食事を配るが、新緑の桜の葉が目隠しをして、他のハト達は一向に気付きません。 時々数羽のハト達が移動するし、ボートデッキにもけっこう集まっていて、ハト達が引き上げたとは思えません。 しばらくしてから、私は北岸から西岸の休みの樹に周りました。

休みの樹に着くと、すぐに私目指して飛んで来てホバリングしたのが左アシでした。 このあたりに良く居る様で、彼は私を判別している様に感じます。 午後は休みの樹周辺は日陰になり、今日は少し寒さが残っています。 おかげで公園の人出の割に、このあたりは人が僅かでした。 ベンチに座って、左アシと他の数羽を相手に食事を配りました。
b0174191_20020815.jpg
左アシは相変わらず左足に糸をまとってますが、締め付けはなさそうです。 今日は10羽ほどしか集まらず、みんな腹いっぱい食事が当たりました。 チュン達がハト達の間に入って元気に餌の横取りをしますが、こんなヤツも。
b0174191_20260754.jpg
おそらく巣の材料にするのでしょうが、こういうのを掴むとかなり執着する様です。



なんとなく池岸を一周してボートデッキに行くと、もしかしたらの勘が当たりました。 左ユビが居たのです。 ここのハト達の目当ては、デッキに集まり色々と餌をくれる「休日の客達」です。 ヒガモンやカモ達が池を去った今、ハト達は持ち込まれた餌を独占しています。
b0174191_20311842.jpg
客の間でカメラを出すのが憚られ、デッキの外れから撮影。
b0174191_20410806.jpg
しばらくして左ユビが気付いた様で、足元に来て私を見上げました。 これは、いつもの通りです。 しゃがんでバックの底の食事のこぼれ残りを集めて、彼に手渡し。 それも無くなり、後はニャンコフーズを開けました。 案外、彼も周囲のハト達もこれに飛び付き、もう一袋フーズを開けました。 彼等はもしかしたら一日中、デッキを務めてるのかもしれません。

ハト達は、今や公園の大事な親善大使です。 ここで彼等と出会ったことで、その後の動物達との関係を大きく開いて行く子供も、きっと居るでしょう。



EOS7D + EF70-200mm F4L 、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-04-29 20:54 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

新しい隣人

2016年 04月 24日
私のデスクのほんの1mの所に、毎日スズメ達がやって来ます。 もちろん、私が彼らの腹を満たすパンなどを供するからですが。 でも、公園のチュン達の様にもっと親しくしてくれても良いのに、彼らはツンツンです。 私が物資の元なのを知っていても、公園と違う状況が壁を作っている気がします。 まあ「君子の交わりは…」と言うから、これで良いのかもしれませんが。

さて、私の棲み家の近所に林があり、そこにハシボソの番が住んでいます。 近くを通ると高いアンテナの上でのんびり偵察していたりして、昨年あたりから気付いていました。 以前は彼らとコネクションを持つのは無理と思っていたのですが、スズメ達が私との距離を近付けたかも知れません。 スズメ達が毎日私のところに出入りするのを、彼等が知っていて当然です。



きっかけはある夕方で、私が買い物から帰って来ると1羽が電柱の上に居ました。 私は人通りが無いのを確かめて、買って来たパンをちぎって道にポトリと。 少し離れて振り返ると、彼はパンを咥えてもう電柱に上がっていました。 私は棲み家まで少し歩いて見失ったと思っていたら、別の建物の上から彼が顔を出しました。 今度は塀の上にまたひとかけら ^^;

思いがけなく交流が始まりました。 私の棲み家から彼等が見えたらパンを投げてやっていると、頻繁に現れる様になりました。 近所の人に何を言われるか判りませんから、これは隠密行動です。 パン片は先週あたりからパンパックにグレードアップしました。 パンパックを作るのは久しぶりです。

今日は事態が進行して、私の部屋のテラスにおそらく雄の方がチラリと現れました。 建物の配置上でテラスの方が近所には気付かれ難いはずです。 早速、餌台にパンパックを刺しました。 未だこの隣人は私を見るとスズメ達同様にさっと居なくなるのですが、すぐにパックを取って行きました。



カーテンを引かないと警戒してパックを取りに来ないので、デスクの隅に手鏡を置いてパックを取りに来たか見える様にしました。 パックがどうなるか見ていると、チュン達が先に手を着けました。
b0174191_22580261.jpg
自分の体ぐらいのパックをガンガンつついて、すぐ中身を出してしまい困ったもんです。 足元にはチュン様用のパンが未だいっぱいあるのに...

で、ちょっと別のことをしている内に、パックは無くなっていました。 街中のカラスも、忍者の様に静かに素早く行動するのです。 そのうち、撮らせてもらいたいと思ってますが。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-04-24 23:18 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.03.10 キジバトの時間

2016年 03月 10日
昼寝しすぎて公園に来たのは午後4時前、さすがにハト達は全く居ません。 寒さが戻った様ですが、池をまわり城の南へ行っても、一羽のハトにも出会いません。



武蔵の庭の周辺で、キジバト達やシロハラ、ツグミっち達に出会いました。 このところ暖かだったので、もう去ったのかと気になってましたが、ツグミ達は健在でした。 余り撮らないキジバト達も、良く見ると綺麗な羽色です。
b0174191_20381418.jpg
b0174191_20381986.jpg
b0174191_20382315.jpg
鳥さんを撮って歩くには酔狂な時間ですが、私もメタポ対策なのです。

城跡に登って駐輪場を確かめましたが、ハト達は何処にもいません。
b0174191_20382908.jpg
駅南の建築工事は着々と進んでます。 明石駅周辺の近代化もなんとか時代に追いついていこうとしている様です。

しかし一体、ハト等は何処へ? 港の方にマンモスな寝床があるのでしょうか?



EOS7D + EF70-200mm F4L 、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-03-10 21:02 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.01.28 ハト達の行方

2016年 01月 28日
公園に11時に到着。 少し早めに来ると、やはり集まり方が違う感じです。 一羽もいない岸に立ってほんの一分も経たずに40羽ほどが一気に集まりました。

マーカーは、左アシ、左ユビ、シロ、赤アシ、ブラック、など。 ダブルは判らないだけかも知れませんが、アシタはやはり居ません。 ブラックは3羽ほど似ているのがいて、間違う時があるかも。
b0174191_22052431.jpg
マーカーを確かめていると、小競り合いが始まってしまいました。 ベンチの場所を譲らないシロは徹底抗戦。 しかしマブタを噛まれて痛そうです、大丈夫かいな。
b0174191_22053174.jpg
左アシも誰かとやりあってましたが、喧嘩できるだけ元気になったか。
赤アシは肩に来てリクエスト、でも多く集まっているので、一度に皆に撒いてしまいました。 ちょっと遊びたいんだけど。



今日はシロハラ探しを兼ね、ハト達の行き先を調べました。 主にハト達の休憩所あたりで偵察したのですが、昨日、ハト達の大群が飛び出して来た場所が判りました。 新たなポイント名として「偵察の樹」とします。 下の左の岸辺の樹がそれで、近くにはアオサギ達が巣を沢山作っている樹があります。
b0174191_22254188.jpg
私が見つけた時は、ハト達は樹の上に居ましたが、岸辺に降りて右手の林の茂みなどに散開し始めました。 枯葉の積もった茂みも彼等の餌を探す場所で、それはキジバト達と変わらない様です。 ハト達は40羽以上、食事ポイントに来た群れとほぼ重なっている様で、左ユビが私の前に来て、ちらりと品さだめして行きました。
b0174191_12101978.jpg


岸辺のこの「偵察の樹」や「休みの樹」など、ボートデッキやその北側の食事ポイントが見渡せる場所にあります。 この樹の下で餌をやる人も居る様で、ハト達が腰を降ろすに適した場所なのでしょう。
b0174191_22372266.jpg
ハト達の動きを追っていると、地上の高さからでは何処に行くのかすぐ見失います。 南に少しずつ別れて行く様にも思えますが、確かとは言えません。 毎日、午後には剛の池周辺から居なくなるのですが、もっと観察が必要です。



午後1時過ぎ、未だ池周辺にハト達が残っていそうですが、とりあえず高い場所にと思い、剛の池の南の城跡に登りました。 芝地になった本丸跡の庭に出てまもなく、西端の林で10羽程の群れを発見。
b0174191_11163760.jpg
すぐに飛んで行ってしまいましたが、珍しい野鳥をなどと思っていると気にもかけなかったハト達は、この公園の各所に出張先を持っている様です。 ただ、マーカーを見る余裕もなく、池から来た群という確証はありません。 (本丸の場所はこの図を参照ください。出典は余湖君のお城のページです)

本丸の南端から見下ろすと、球場や芝部広場の上を時々ハト達の小群が移動しています。 芝生広場はよくハト達を見かけるのですが、剛の池のハト達と関係無いのか、同じ群れの一部なのか、今後もマーカーを増やして調べるしかありません。

驚いたのは、球場より南へ行く群や、鉄道の線路も越えた南のビル街の方に飛んで行くハト達が居ました。 考えれば、カラス同様に街中も彼等にとって普通の生活場所なんですが。

そして、気になっている明石駅のハト達、やっぱり沢山居ました。 写真に写っているだけでも50羽はかるく越えてます。
b0174191_23115675.jpg
朱ジャケットの作業の人の居るのは、公園南入口の管理棟です。 その南に堀があり、道路を隔てて白く長い建物(自転車駐輪場)、明石駅と並んでます。 ハト達はこの駐輪場の上で何を待っているのか? 以前から、このあたりにハト達が多いのは判っているのですが。 この大群に、マーカーが含まれているのか、これも今後確かめたいことです。



さて、シロハラ君、ちょこちょこ見かけるのですが、未だゆっくり撮らせてくれません。 下は城跡に居たヤツ。 まあ、いつも愉快な相手です。
b0174191_23270845.jpg


EOS7D + EF70-200mm F4L 、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。








[PR]
by Ataron | 2016-01-28 23:29 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.01.05 左ユビにロックオンされる

2016年 01月 05日
全天薄曇りの空でした。 公園到着は11時、さすがに肌寒いが人は意外にいます。

パンを撒かずにいつもの岸辺に立つと、ハト達がすぐに集まり始めました。 ペースは遅いがその数が増え、餌が撒かれるのを期待して地上に散開します。 他の岸で餌撒きが始まれば、きっと集まったハト達はそちらに飛ぶでしょうが...

20羽位に増えても左アシが来ないので、一旦河岸を変えようと歩き出しました。 直後、林の中からカラスが一羽現われて啼いたので、ハト達が驚いて飛び立ちました。 しかし、周回飛行してまた戻って来そうです。 それと前後して、尾羽が一部欠けた左アシが現れ岸に近付いたのですが、降りずに周回飛行に加わりました。 左アシの飛ぶスピードは、全く問題なさそうです。

私は岸辺に戻って、ハト達を招くことにしました。 パンは撒かなかったのですが、先のハト達は数が増えて岸辺に戻って来ました。 最初に岸に降りたのは左アシで、彼が餌撒きに対して積極的なのを感じます。 でも、集まって来るタイミングが遅めというのは、彼の現状に関係するかもしれません。



30羽以上のハト達が集まり、ハトの食事を配布しました。 みな黙々と食事タイムです。
b0174191_20004017.jpg
地上のハトの食事が減り出して、パンを少しずつ撒きました。 スクラムは崩れ、シロロン達が進入します。

ベンチ上や私に近付き直接にパンを貰えば、シロロンやライバル達に優位と気付いているハト達は多く居ます。 とりわけ目印のあるハト達を少し贔屓にするので、そういうハト達はより私に近付こうとします。 下の写真では、シロちゃんとアシタがやはりベンチに登りアピールしています。
b0174191_20004434.jpg
左アシは必要以上に近付くのを怖がっているフシがあります。 これは、捕獲された経験を学習したのかもしれません。 また、左アシやアシタは、ハンディが原因で、下の写真の様にハト達の群れの輪から少し離れる事があります。
b0174191_20004893.jpg
左アシは幾分歩きが良くなったが、べたりと座り込むと楽なのでしょう。 アシタもさすがに歩くのは楽そうではない。 こういう姿は他の動物に狙われ易く多難です。



所定の配布を終えて歩き出すと、池の北端で 5~6羽のハトが飛び立ち周回飛行を始めました。 あの中に左ユビが居るかもと思って、池上を飛び廻るハト達を時々眺めながら歩いていると、一羽のハトが飛びながら私を見つけ、そして私の側に降り立ちました。
他のハト達は全く無関心なのに、左ユビは見逃さなかったのです。

近くのベンチに向かうと、判った様に左ユビがベンチに登ります。 今日も非常用のニャンコビスケットを開けました。 半分位無くなったところで、やっと他のハト達が気付いて集まって来ました。
b0174191_20005919.jpg
左ユビが敏いことは確実です。 但し、どの程度に他の人と私を区別しているかは、はっきりしません。 しかし今日は、一瞬で餌を貰えそうな相手と判断したのは事実です。 バッグと服装を換えて実験すると面白そうです。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2016-01-05 21:47 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.01.04 順調でぼちぼち

2016年 01月 04日
アルコールやなんやかやで正月疲れ、公園に足を向けたのは今日が始めてです。 それも、正午過ぎという元気なさですが、仕事初めで餌撒きの人が減ったのか、ハト達はお腹を減らしていた様です。



いつもの岸辺でパンを撒くと 20羽ほどのハト達がすぐに集まり、次第に増えて30羽以上になりました。

最初に目立ったのがダブルでした。 私がベンチに座っていなかったので、近くの鉄柵に止まり手渡しを所望、しまいには私の手に登ってパンを取って行きました。 することがだんだんエスカレートしています。

カメラを出して気付いたのは左ユビで、最初から居たのかも。 過半数が集まったと判断して、ここでハトの食事を分配しました。 前回から日が経ったので多めに用意していて、その半分を分配。
b0174191_16383050.jpg
撒いたハトの食事が無くなった頃に、左アシが単独で飛んで来ました。 少しずつ歩きが改善しているのが感じられ、なによりです。 彼には、まだ優先してハトの食事を与えたいので、残っていた半分のハトの食事を分配。 なるべく彼の近くに撒く程度の適当な方法なので、余り効率は良くありません。

ハトの食事が尽き、残っていたパンもほぼ撒き終わった頃に、アシタがひょっこり現われました。 袋の底に残っていた、ほんの数個のパンのカケラしか当たらず。 彼はそれで参ることはないでしょうけど。

まずまずのスタートです。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-01-04 17:05 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2015.12.31 連れができたホシハジロ

2015年 12月 31日
ホシハジロ君、今日は2羽に増えていたけど、メスの仲間は探しても来ていないみたい。 一緒に居るからもしやと思ったけれど、ヒガモンさんみたいです。
b0174191_18174283.jpg


今日は早めの10時前に池に着くが、ハト達の姿はありません。 ハトは寝坊なのかも。 昨日、左アシを見つけた池南西の休みの樹に近付くと、どこから現れたのかハトの群れが周回を始めました。 休みの樹の下でパンを撒いて集めると20羽ぐらい。 目印の判るハトは全く居ません。

公園の西出口まではすぐで、楠の大木(休憩所)には別の20羽程が休んでいるのを見つけました。 しかし、先日と同じで動く気配なし。 池岸の休みの樹に戻るが、やはり知らないハト達が数羽残っているだけ。 しばらくして再び楠の大木を見に行くと、先のハト達が真下の将棋道場に降りて地上を漁ってます。
b0174191_18381463.jpg
群ごと降りた様で、中に左アシが居ました。 いさんで近付いたのですが、ここでは本来の餌探しモードに入っている様で、パンを投げても知らん顔です。 しまいには群れごと逃げる様に公園の西方に飛んで行ってしまい、私はがっかりしました。



この周辺はツグミっちが賑やかにしてるので、まあ気をとりなおして撮影。 ほんとなら400mmを持って来るべきですが。
b0174191_18471575.jpg
しばらくこんな事をしてから池岸の休みの樹に戻って見ると、とどっとハトの群れが降りて来ました。 尻尾の「欠け」で判ったのですが、左アシも私の近くに降りました。 公園の外に行ったと思っていた群れが、ちゃんと池岸に来ていたのです。

シロちゃんや元気なアシタも居ました。
b0174191_18524473.jpg
今日は、沢山ハトの食事を用意していたので、左アシのお腹にも届いたでしょう。
b0174191_18524908.jpg


ハトの食事が尽きて、パンも放出したので帰り始めました。 デッキから池北に向かって歩いていると、3羽のハトが岸辺でウロウロしています。 悪い予感があたりました、左ユビです。 最後の奥の手は、緊急用に持っていたニャンコビスケット。 カラス殿は大好きですが、ハトには余り好ましくないかも。 しかし、左ユビ達は3羽で一食分をきっちり食べてしまいました。 お仲間の一羽は「ウー」と時々変な声で啼くヤツでした。 次に聞いても判別できる様な変な声です ^^;

今年の最後は、やっぱり君だね。
b0174191_19215002.jpg


EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2015-12-31 19:23 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2015.12.30 ホシハジロはひとりぼっち

2015年 12月 30日
晴れた年末の公園、休日に入って子供連れの家族やカメラを抱えた人達と、かなり賑やかです。

先週から剛の池に一羽だけ駐留しているホシハジロ君、調べると今年の2月にも一羽が来ていました。 お仲間が居ない様で、数羽のカモさんの群れの近くで、つかず離れずにじっとしています。
b0174191_15004978.jpg
目が赤いのでヒガモンと違うのに気付きます。



今日の最初のハト達は20羽ほど、このグループにはシロちゃんが混ざっていました。 なかなか美形です。
b0174191_15054644.jpg
ハトの食事を皆に配り、グループをシャッフルするために、わざと離れました。

少し北側の岸に移動して池を見渡していると、3羽のハトが少し離れた岸に降りました。 その内の一羽が、私を認めたかと思うと真っ直ぐに近付いて来ます。 これはと思うと、やっぱり左ユビ ^^;
人を見つけるとこんな風に積極的に仕掛けるのか、私を識別できるのか? まあ、7割前者と考えていますが。 集団全体に埋没せず、プイっと離れて別行動する様なところも目に付きます。
b0174191_15271230.jpg
この3羽のグループにも、パンとハトの食事を配ってから離れました。

元の場所に戻る途中でホシハジロ君を撮影したのですが、池の遠くにカイツブリ達が集まっていました。 剛の池の彼等は少しずつ増えた様で、数えると10羽が居ました。
b0174191_15332087.jpg
最初の場所に戻って再びハト達を集めました。 やはり、20羽ほどが集まって来たのですが、見分けられるマークはなく、最初のグループのメンバーも混ざっているのかも。 ハトの食事は温存し、パンを少し配って池南端に向いました。

休みの樹(ここの(C)を参照ください)の下で、子供連れの家族が餌撒きをしていました。 カラス達やシロロン達が沢山集まり、20羽ほどのハト達も居ます。
b0174191_15391282.jpg
そして、このハト達のグループの中に左アシが居ました。 やっと見つけた左アシ、まがいなりにも両足を前方に向けています。 両足ともグリップが戻りそうにないですが、少しでも強く歩ける様になれば報われます。
b0174191_16050666.jpg
残っていたパンとハトの食事をここで配りました。 思うほど彼に渡りませんでしたが、暫くフォローを続けます。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2015-12-30 16:13 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2015.12.29 シロロンも色々

2015年 12月 29日
左アシを探しに公園に。 しかし結局見つからずです。

第1陣は20羽ほど、判別できる面子はダブルのみでした。
b0174191_19533225.jpg
先ず池面にパンを見せびらかして投げ、ヒガモンやシロロン達を集めます。 特にシロロンは数も色も目立つので、これが引き金になりハト達が追って集まります。 こうして集まった第1陣はそれ以上増える様子がなく、ハトの食事を半分ほど配布しました。
シロロン達には殆どパンを配らないのですが、ハト達に混ざって餌を得ようとする積極派が増えて来ました。 さすがに人には少し距離を置いていますが。
b0174191_19533773.jpg
このシロロンはハトの食事を試食しましたが、やはり諦めた様子。



池周囲にもっとハト達が居るはずで、公園の西出口へ向いました。 案の定、ハト達がよく集まる楠の大木に、30羽を越えそうな群が休んでいました。
b0174191_19534227.jpg
これは先のグループと違って、なかなか動く気配がありません。 この状態では、誰がだれだか判りません。 彼等から見えそうな地上に、パンを少し撒いてアピールしたのですが、全く反応なし。 いずれは動き出すのでしょうが、池岸に戻るかどうかも判りません。 元の岸に戻って、動き出すハト達を集めるしかなさそうです。



最初にハト達を集めた場所はボートデッキの少し北で、この辺の岸はハト達を集め易い定位置のひとつです。 最初と同じくシロロン達にパンを撒くと、第2陣のハト達がやはり20羽ほど集まりました。 判別できる面子はアシタだけでしたが、どうも第1陣と別のグループの様に思えます。

アシタはほんとに元気で、立っている私の顔に飛びかからんばかりに接近して、パンをねだります。
b0174191_19534652.jpg
このグループに残りのハトの食事を配り、帰って来ました。

今日は左アシが来ませんでしたが、こんな風に何度かグループが変わって、どれかに混ざって現れるはずです。 もう少し早く公園に出るのも、試したいところです。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2015-12-29 20:40 | 鳥さんの写真 | Comments(0)