Studio TA Subsite の案内とお知らせ

タグ:EOS 7D ( 453 ) タグの人気記事

近所の子

2016年 08月 05日
近所のカラス家族の子供は、成長が早い。 つい先日まではウチのテラスで大騒ぎしていたのが、あっという間に世間の諸事情を学習した様です。

親達に食べ物を食べさせてもらおうと、幼い間は大きな声で啼くのですが、もうその段階は卒業して単独でパックをゲットしに来ています。 今日は餌台にパックを置き、網戸を閉じて部屋の奥数メートルの場所に三脚を据え、300mmで餌台を狙って待ちました。 およそ10分位でチュンが一羽来て少しツツき、さらに数分後に大きな黒い影が現れました。

明るい表側に居る鳥さんには網戸で部屋の中が見え難く、チュン達やカラス君は警戒が薄くなります。 その代わり写真は絵が邪魔されますが。
b0174191_17022500.jpg
パックを餌台から咥え取るまでは良かったが、下に落としてしまいました。 そこで床に降りて、パックをその場で食べた様です。(様子をつぶさに見ることはできません) 上の写真は逆光も手伝って見難いですが、子供らしい顔つきや、子供の特徴の茶の毛色が判ります。 安全と思ったのか、少しの間テラスでごそごそしてから、静かに去って行きました。 忍者の様にこっそり来てくれるなら大歓迎です。 余り熱心に観察していないので、どんな面子がテラスに来ているのか判りませんが、今後もゆっくり付き合おうと思っています。


EOS7D + EF300mm F4L IS USM で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2016-08-05 17:17 | 鳥さんの写真 | Comments(2)

近所のハシボソ一家

2016年 07月 23日
5月頃からウチのテラスにハシボソ君が時々現れます。 餌台にパックを出しておくと、半分くらいはチュン達が平らげてしまいますが、残りはハシボソ君が来てさっと取って行きます。 私はカーテンを閉めて、ミラーごしにそっと見ているだけですが、いつも彼は忍者の様に行動するので、周囲の宅には気付かれてないかなと...

と思っていたら、今日は私の心臓をえぐる様な大きな声で、テラスから声がします。 あんまり凄いので、笑ってしまいました。 そっと覗くとやっぱり子供のカラス、今年に生まれて未だ親の面倒が要る幼さです。 どうやら、パックを発見したが、まだ自分では取ることも食べる事もままならないので、親を呼んでいるらしい。

で、すぐに親が来たらしく、パックを取って飛び去り、問題児も後を追って飛び出して行きました。 うーむ、面白い展開。 それは午前中の事で、半日経って夕方にもう一度パックを置くと、上手い具合に彼等の目にとまり、今度は親だけが来てさっと持って行きました。 そして、ハシボソの声が聞こえたので外を見ると、ちょうどパックを近所の屋根の上で家族で分けようとしていました。 パパとママと幼い兄弟の家族です。


b0174191_21213797.jpg
b0174191_21214750.jpg
b0174191_21220138.jpg
b0174191_21221981.jpg
b0174191_21223205.jpg
b0174191_23101719.jpg
b0174191_21231419.jpg

ホントの所、出動したのはパパかもしれませんが、屋根に残っていた方が大きく雄の雰囲気。 公園のママに出会った頃と良く似た番で、パパはもっさりとして強そうだが優柔不断な感じです。

写真では、スクランブル出撃する時に、未だパックの一部を咥えたままです。 すぐに追跡戦になり、どこかへパックを落としたのでしょうね。 子供も居るし、大事な縄張りで敵に少しでも美味しい思いをさせてはならじと、瞬時に沸騰するのは野生の血かな。


EOS 7D + EF400mm F5.6L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-07-23 21:39 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

洲本 久しぶりに訪れる

2016年 05月 21日
友人と連れ立って洲本に行って来ました。 天候は晴れて絶好の行楽日和でしたが、私は初夏風邪をひいていたらしくアップアップ。 それでも素敵な場所、写真を見返して思います。 また行くぞ。

洲本に行くには、舞子駅で電鉄から高速バスに乗換えが一番便利です。 バス路線は種類が多くて複雑ですが「洲本バスセンター」行きを確かめれば、間違いなく辿り着けます。
b0174191_11200913.jpg


洲本に着いたら海岸に出ます。 海に近付くと壊れたモノが多く、海に来たと思う。
b0174191_11275174.jpg

祭日ではないので人の居ない海岸でした。 しばし海岸で飲食をし^^; 日陰で休むと素晴らしい風が吹いていました。 気が済むまで休んでから洲本の街へ出かけました。 商店街は海からすぐ近くです。
b0174191_11320650.jpg

最初にここに来たのは1970年代の半ば、三洋電気の保養所が現場の一泊仕事があり、この商店街の傍の旅館に泊まった記憶があります。 記憶が断片化して怪しいかぎりですが。 それから何度か来ましたが、商店街はシャッターが降りた店が目立ち、以前はこんなじゃなかったのにと思う。

商店街の山側の路を歩いて、風化した看板に出会う。
b0174191_11514810.jpg
友人と一緒にカシャカシャ。 オジサン達はちょっと勘違いしていたのだが、調べると「キリンビール」と言ってたのを「キリンラガービール」に改めたのが1989年からで、この看板は少なくともそれ以降のもの。 潮風で傷みが早くよけいに旧く見えるのかもしれない。 ちなみに、他社ビールの殆どが製法上はラガービールだそうで、キリンはそれを商品名にしてしまったらしい。

その近所の民家の玄関に、ツバメの巣を見つける。 球状のガラスシェードの真上に、冠の様に巣を造ってます。 こういう造り方を見たのは初めてです。
b0174191_12100103.jpg
最初は不在と思って撮ってたら主が顔を出しました。


何か食べようと海岸の方に戻ると、バスターミナルの周辺は、古いレンガ造りを利用した洒落た建物群になっているのに気付きました。 洲本アルチザンスクウェアと称し、旧鐘紡工場を改築したそうです。
b0174191_12401943.jpg
この一角で食事とビール、オジサン達は樹の下でハト達と遊んでいる内に寝てしまったのですが、とても良い所らしいので建物の中に入られることをお勧めします。(入らずに寝るなんて僕らだけか)

そんなこんなで、島に渡ってあっけなく帰って来たのですが、淡路島はとても好きなところです。 若い頃の「夏休みの時間」が、いつもそこにある様な気が、私はするのです。


EOS7D + SIGMA 17-50mm F2.8 、EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。






[PR]
by Ataron | 2016-05-21 12:52 | 単なる写真 | Comments(0)

長いクチバシだぞ

2016年 05月 05日
祭日、子供の日。 天気が良いから公園は避ける。 私は世間とは逆に行動せねばなりません。

で、私は部屋のテラスでチュン達にパンをお出しして、たまにカラス君にもパックを出します。 巣立ったばかりの子供を2羽連れて来た親スズメがいて賑やか。 賑やか過ぎて近所にまずいが、こどもの日じゃないか。

テラスのカーテンも窓も開けました。 その代わりに部屋の奥に数メートル下がって三脚を据え、望遠レンズで餌台を狙って待っていると、カラス君がやって来ました。
b0174191_19374012.jpg
パックを取って行ったら、時間を置いてまたパックを出しておきます。 タイミングが悪いとチュン達が殆ど食べてしまいます。 ちょっと追い払う様にしても、チュン達は本気でない事を知っているかの様に戻って来ます。 どうも彼等、パックのガワを引きちぎって取るのが快感らしい。
b0174191_19374419.jpg
今日は、かなりカラス君の顔を撮れました。 真横から撮ると長いクチバシです。



EOS7D + EF400mm F5.6L 、EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2016-05-05 19:49 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

初めて写されました

2016年 05月 02日
スピーカーの調子が悪く、最近のフルレンジユニット情報を調べて一日を過ごしました。

そんな事をしている私の横のテラスで、スズメ達と時々現れる近所のカラス君。 カラス君は私がテラスの窓の近くに居ないのを確かめて、パックを取って行きます。 窓に近いデスクに私が居る場合は、スズメ達はけん制しながらパンを取って行きますが、カラス君はテラスに侵入するのを諦めます。 部屋を覗き込んで観察するので、私もちょっと視線を合わせて気にしないフリをして横を向くのですが、やはり諦めて行ってしまうのです。

今日はカーテンを殆ど閉じて、三脚を据えてリモコンで撮影しました。 パックを置いてしばらくするとカラス君はやって来ました。 時々、私のテラスをチェックしているのでしょう。 餌台のあたりを偵察しながら、手摺の上をのそのそ近付いて来ます。
b0174191_23264976.jpg
カーテンで安心した彼はすぐに餌台に降り、上手にパックを抜いてさっさと飛んで行きました。 上は適当にワイドに撮影してトリミングしたもので、全く逆光になりました。 多分、何時も来るのはオスかと思うんですが、未だ確かではありません。 さて、これからどうなる事やら。



EOS7D + SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-05-02 23:51 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.04.29 もう連休だというが

2016年 04月 29日
世間は連休に入ったという、思わず外に出たくなる良い天気。 公園には午後2時半、最近はどんどん遅くなってます。

最初は東岸ハトポイントで5羽位に食事を配るが、新緑の桜の葉が目隠しをして、他のハト達は一向に気付きません。 時々数羽のハト達が移動するし、ボートデッキにもけっこう集まっていて、ハト達が引き上げたとは思えません。 しばらくしてから、私は北岸から西岸の休みの樹に周りました。

休みの樹に着くと、すぐに私目指して飛んで来てホバリングしたのが左アシでした。 このあたりに良く居る様で、彼は私を判別している様に感じます。 午後は休みの樹周辺は日陰になり、今日は少し寒さが残っています。 おかげで公園の人出の割に、このあたりは人が僅かでした。 ベンチに座って、左アシと他の数羽を相手に食事を配りました。
b0174191_20020815.jpg
左アシは相変わらず左足に糸をまとってますが、締め付けはなさそうです。 今日は10羽ほどしか集まらず、みんな腹いっぱい食事が当たりました。 チュン達がハト達の間に入って元気に餌の横取りをしますが、こんなヤツも。
b0174191_20260754.jpg
おそらく巣の材料にするのでしょうが、こういうのを掴むとかなり執着する様です。



なんとなく池岸を一周してボートデッキに行くと、もしかしたらの勘が当たりました。 左ユビが居たのです。 ここのハト達の目当ては、デッキに集まり色々と餌をくれる「休日の客達」です。 ヒガモンやカモ達が池を去った今、ハト達は持ち込まれた餌を独占しています。
b0174191_20311842.jpg
客の間でカメラを出すのが憚られ、デッキの外れから撮影。
b0174191_20410806.jpg
しばらくして左ユビが気付いた様で、足元に来て私を見上げました。 これは、いつもの通りです。 しゃがんでバックの底の食事のこぼれ残りを集めて、彼に手渡し。 それも無くなり、後はニャンコフーズを開けました。 案外、彼も周囲のハト達もこれに飛び付き、もう一袋フーズを開けました。 彼等はもしかしたら一日中、デッキを務めてるのかもしれません。

ハト達は、今や公園の大事な親善大使です。 ここで彼等と出会ったことで、その後の動物達との関係を大きく開いて行く子供も、きっと居るでしょう。



EOS7D + EF70-200mm F4L 、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-04-29 20:54 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

新しい隣人

2016年 04月 24日
私のデスクのほんの1mの所に、毎日スズメ達がやって来ます。 もちろん、私が彼らの腹を満たすパンなどを供するからですが。 でも、公園のチュン達の様にもっと親しくしてくれても良いのに、彼らはツンツンです。 私が物資の元なのを知っていても、公園と違う状況が壁を作っている気がします。 まあ「君子の交わりは…」と言うから、これで良いのかもしれませんが。

さて、私の棲み家の近所に林があり、そこにハシボソの番が住んでいます。 近くを通ると高いアンテナの上でのんびり偵察していたりして、昨年あたりから気付いていました。 以前は彼らとコネクションを持つのは無理と思っていたのですが、スズメ達が私との距離を近付けたかも知れません。 スズメ達が毎日私のところに出入りするのを、彼等が知っていて当然です。



きっかけはある夕方で、私が買い物から帰って来ると1羽が電柱の上に居ました。 私は人通りが無いのを確かめて、買って来たパンをちぎって道にポトリと。 少し離れて振り返ると、彼はパンを咥えてもう電柱に上がっていました。 私は棲み家まで少し歩いて見失ったと思っていたら、別の建物の上から彼が顔を出しました。 今度は塀の上にまたひとかけら ^^;

思いがけなく交流が始まりました。 私の棲み家から彼等が見えたらパンを投げてやっていると、頻繁に現れる様になりました。 近所の人に何を言われるか判りませんから、これは隠密行動です。 パン片は先週あたりからパンパックにグレードアップしました。 パンパックを作るのは久しぶりです。

今日は事態が進行して、私の部屋のテラスにおそらく雄の方がチラリと現れました。 建物の配置上でテラスの方が近所には気付かれ難いはずです。 早速、餌台にパンパックを刺しました。 未だこの隣人は私を見るとスズメ達同様にさっと居なくなるのですが、すぐにパックを取って行きました。



カーテンを引かないと警戒してパックを取りに来ないので、デスクの隅に手鏡を置いてパックを取りに来たか見える様にしました。 パックがどうなるか見ていると、チュン達が先に手を着けました。
b0174191_22580261.jpg
自分の体ぐらいのパックをガンガンつついて、すぐ中身を出してしまい困ったもんです。 足元にはチュン様用のパンが未だいっぱいあるのに...

で、ちょっと別のことをしている内に、パックは無くなっていました。 街中のカラスも、忍者の様に静かに素早く行動するのです。 そのうち、撮らせてもらいたいと思ってますが。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-04-24 23:18 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.04.17 左ユビがいた

2016年 04月 17日
天気が良い日曜は公園に人が多い、特に桜が咲いていなくても。 だから午後4時過ぎて公園に着く、中途半端に運動がてら。

花見の群れが減ってほっとしたか、ムクッちもツグミっちも言い訳にしか逃げません。 そろそろ帰ってしまうから、今のうちに撮らせてもらう。
b0174191_22104284.jpg
ぽっかり空いた北岸の芝生、ハト達を探していると数羽が水辺に降りました。 岸に打ち寄せられた木の葉の溜まりを漁っている。 左ユビに似たヤツがいると思ったら、左ユビだった。
b0174191_22201939.jpg
水を飲んでいるのではなく、何か食べ物を探しているらしい。 バックに手を入れて食事を少し飛ばす。 数羽のハト達は、すぐ気付いてやって来ました。

時刻や服装や帽子も違っているからか、ハト達はまるでいつもと違う。 下手に食事を撒くと驚いて飛び上がります。 私に気付いてタカリを始めるかというと、一向にその気配は無く、それは最後まで続きました。

ハト達は、少しずつ近所に居たのが気付いて集まり、最後は20羽位になりました。 今日は、少しずつ食事を撒いたのですが、左ユビは飛びつき集団から少し離れている事が多くクールでした。
b0174191_22383619.jpg
彼とて私に気付いた風ではなく、「ちょっと前なら覚えちゃいるが、半年前だと...」というセリフを頭の中で反芻しながら、私は池を後にしたのでした。 久しぶりに会ったのに、冷たいヤツだ。



EOS7D + EF70-200mm F4L で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2016-04-17 22:55 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

浜の宮ぶらり

2016年 04月 10日
私のところから浜の宮は比較的行き易く、花見であかんのが判っている明石公園は避け、思いつきで行ってみました。 狙いは良く、いつもより人が少ない位の浜の宮の杜でしたが、3人のスゴイ望遠を据えた人達に圧倒され、散歩気分の私は少し...

でも杜に入った当初はラッキーでした。 通り過ぎて行った近所のおじさんが、私の先の方でさかんに原っぱを指さしている。 何か居るのを教えてくれたわけで、このあたりの方には前にも親切にしてもらった。 ここはとてもいい所なのです。 ニコニコ挨拶して見に行ってみると、白がいっぱい混ざったツグミっちらしい。
b0174191_21361860.jpg
私は、こんなツグミっちは初めてです。
b0174191_21362337.jpg
まあ、しばしわくわくして撮影。 それから杜に入りカササギ達を探すと、すぐに撮影隊に出会ったわけで。 そろそろ巣作りの季節、私に巣は判りませんでしたが、毎回の様に時々「カッキャカッキャ」言ってました。 一度だけ、杜から東に向って出て行くのを見ましたが、シャッターも押さず。 彼等が元気ならいい。

この杜の東にあるプールは、オフシーズンはいい廃れ具合です。
b0174191_21430918.jpg
で、覗き込んで見ると思わぬ方達が。 4~5羽、みなプール傍で休んでましたが。
b0174191_21451892.jpg
考えたら、彼等はやっぱり水が無いと落ち着かないんでしょう。 エサはないと思うんだけど。

杜の中は、けっこう色んな鳥さんが居ます。 シロハラやツグミ達もたくさん駐留中です。
b0174191_21504816.jpg
まあ、ちょっと散歩という感じの静かな浜の宮でした。



EOS7D + EF400mm F5.6L 、SIGMA 17-50mm で撮影、画像はクリックで拡大表示します。






[PR]
by Ataron | 2016-04-10 21:54 | 鳥さんの写真 | Comments(0)

明石公園 2016.03.10 キジバトの時間

2016年 03月 10日
昼寝しすぎて公園に来たのは午後4時前、さすがにハト達は全く居ません。 寒さが戻った様ですが、池をまわり城の南へ行っても、一羽のハトにも出会いません。



武蔵の庭の周辺で、キジバト達やシロハラ、ツグミっち達に出会いました。 このところ暖かだったので、もう去ったのかと気になってましたが、ツグミ達は健在でした。 余り撮らないキジバト達も、良く見ると綺麗な羽色です。
b0174191_20381418.jpg
b0174191_20381986.jpg
b0174191_20382315.jpg
鳥さんを撮って歩くには酔狂な時間ですが、私もメタポ対策なのです。

城跡に登って駐輪場を確かめましたが、ハト達は何処にもいません。
b0174191_20382908.jpg
駅南の建築工事は着々と進んでます。 明石駅周辺の近代化もなんとか時代に追いついていこうとしている様です。

しかし一体、ハト等は何処へ? 港の方にマンモスな寝床があるのでしょうか?



EOS7D + EF70-200mm F4L 、SIGMA 17-50mm F2.8 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2016-03-10 21:02 | 鳥さんの写真 | Comments(0)