Studio TA Subsite の案内とお知らせ

If You Think You Know How To Love Me / Smokie (和訳)

2013年 08月 11日
Smokie は、敏腕 Mike Chapman のプロデュース下でデビュー。 1975年の最初のアルバムにこの曲「If You Think You Know How To Love Me (邦題:明日の恋)」が収録されています。 曲はやはり Nicky Chinn and Mike Chapman の強力コンビによるものです。 この曲が全英チャートで3位を記録し、その後も英米でヒットを出し続けたバンドですが、日本では余り知られていません。 私は当時、この曲だけしか知りませんでしたが、とても味のある曲だなと思っていました。 前回のLiving Next Door To Aliceを聞くと、やはりこれがSmokieの路線だと納得します。

哀れを誘う様なしわがれ声、素朴なベースの音、なんとなく懐かしいバックコーラス。 ちょっと外せばわざとらしさに聞こえてしまうギリギリの曲想ですが、私好みの陰りを感じるのです。 ネットを検索すると「この声が嫌」って人もいました、あはは^^;
訳詩を試みたのですが、いまひとつ自信がありません。「気弱な男が、女と駆け落ちするはめになった時の心情」みたいな訳になっていますが、間違っていてズレているのかも。 まあ、時期としては今が似合っている様ですので。



 
            If You Think You Know How To Love Me
                     / Smokie 1975
                      Co-Written by Nicky Chinn and Mike Chapman
 

A breathless drive on a downtown street
Motorbike ride in the midday heat
The dust that hung from the desert skies
Run, though we run... it still burned our eyes

Oh, yes we may walk on the wild wild side of life
And our movements traced by a stranger close by your side
In the shadows of a promise you can take my hand
And show me a way to understand

So if you think you know how to love me
And you think you know what I need
And if you really, really want me to stay
You've got to lead the way
Yes if you think you know how to love me
And you think you can stand by me
And if you really, really want me to stay
You've got to lead the way

Reckless night in a nameless town
Then we moved out of sight with a silent sound
A beach that wept with deserted waves
That's where we slept knowing we'd be safe

Now you may think you can walk on the wild, wild side with me
But there's a lot I can learn and a lot that I've yet to see
Know you've got my life lying in your hands
Something you would make me understand

So if you think you know how to love me
And you think you know what I need
And if you really really want me to stay
You've got to lead the way
Yes if you think you know how to love me
And you think you can stand by me
And if you really really want me to stay
You've got to lead the way


 
ダウンタウン通りの息もつけないドライブ
暑い日中をバイクで走る
砂漠の空から埃がふりかかって
それでも僕らは走り...さらに僕らの目を焼く

あぁ、僕らは人生のワイルドな側を歩いてるかもしれない
僕らは君のすぐ傍の見知らぬ誰かに跡をつけられてる
人の目から安全になって 君は僕の手をとることが出来
僕が判る様に教えてくれた

だから 僕を愛する方法がわかると君が思うなら
僕が望むものがわかると思うなら
そして、君が本当に僕にいてほしいのなら
君が先に立って行くべきだ
そう、僕を愛する方法がわかると君が思うなら
君が僕の味方になれると思うなら
そして、君が本当に僕にいてほしいのなら
君は先に立って行くべきなんだ

名もない町のなげやりな夜
それから僕らは音もなくそこを離れた
荒れた波に濡れた海岸
僕らは安全と知ってそこを寝場所にした

今君は僕と危険な道を歩いて行けると思っているかもしれない
だが、僕が学べる事は多く、未だ知らない事も多い
君の手の中に僕の人生があるんだよ
僕を納得させるのは君次第なんだ

だから 僕を愛する方法がわかると君が思うなら
僕が望むものがわかると思うなら
そして、君が本当に僕にいてほしいのなら
君が先に立って行くべきだ
そう、もし僕を愛する方法がわかると君が思うなら
君が僕の味方になれると思うなら
そして、君が本当に僕にいてほしいのなら
君は先に立って行くべきなんだ




b0174191_16575941.png




[PR]
by Ataron | 2013-08-11 01:30 | 映画/音楽/本 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。