Studio TA Subsite の案内とお知らせ

Website Explorer の使いこなし / エキサイトブログ

2016年 04月 16日
先の記事「ブログのリンク切れをチェックする」で Website Explorer のエキサイトブログのリンク切れチェッカーとしての使用を紹介しましたが、以下は調査手順とフィルタに関しての補足的な説明です。



〔エラーのリンク実体を調査する手順詳細〕
●先ず「外部リンク一覧」の行を最初からスクロールして、「×」マークの付いた行を探します。 下図は見つけた行①をクリックして、「リンク元一覧」の枠に外部リンク①のリンク元(リンクのある場所)を表示させたところです。
b0174191_20075772.png
この「リンク元」は沢山ありますが、殆どの場合は最初の行②だけで調査は事足ります。( 外部リンク①を含む全ての場所が表示されますが、何処から調査しても同じ外部リンクに到達します)

●最初は行②を右クリックし「開く(O)」を選択してみます。
これは、外部リンク①がある行②のページを、このアプリの内装ブラウザで表示するスイッチです。
b0174191_20402882.png
これで何の記事かは判りますが、このページ上には沢山のリンクが埋め込まれています。 ブログのメニューまで含めるとかなりの数で、このページの何処にあるかまでは判りません。

●先の「外部リンク一覧」に戻り、今度は行②を右クリックし「ソースを開く(S)」を選択します。
b0174191_20513516.png
このスイッチで別ウインドウが開き、先のブログページの Htmlソース が表示されます。 そして、そのソース内にある外部リンク①の実際の記述③が下図の様に反転して表示されます。
b0174191_20580216.png
Html のソース上で、リンクは「<a href="外部リンクアドレス">リンク文字列</a>」という形で表記されます。 これを上図のソースにあてはめると、外部リンク①を埋め込んだ「リンク文字列」は、④の「みんなの【DMC-G1】をまとめ読み」だと判ります。

Html の周囲も調べれば場所の特定が更に確実ですが、この件では「リンク文字列」の内容から既に明らかです。

●再び「外部リンク一覧」に戻り、今度は行②を右クリックし「アドレスをコピー(C)」を選択します。
b0174191_21532180.png
このアプリとは別にブラウザを立ち上げ、下図の様にアドレス枠⑤にペーストしてプログページを開かせます。 更にスクロールして「みんなの【DMC-G1】をまとめ読み」の文字列の部分⑥を表示させました。
b0174191_22132455.png
これで、検出された「×」行の実体に到達できたわけです。

●実際にこのリンクを押して見ると、確かにリンク先がありません。
b0174191_22242264.png
しかしこれ、そもそも⑥はエキサイトが盛り込んだ「タグの外部検索」の結果です。 多数ユーザーが使うタグ以外のタグを使うと、このリンクエラーが出るだけで無罪です。 これと全く同類で、下図⑦も頻繁にリンクエラーとなる外部リンクです。
b0174191_22384984.png
以上の様な作業流れでブログページ上のリンクの実体を見つけ、エラーの実情を知ることが出来ます。

この説明の例は無罪でリンクエラーを放置するしかありません。 もちろん、修正すべきリンク切れの外部リンクを発見したら、ブラウザから修復編集をすれば良いわけです。

もうお判りの様に、Html ソースを表示して調べる所が肝心な部分です。 時には、Html上に外部リンクが示されない例もありますが、そこは推理や掘り下げが必要です。 しかし、問題にすべきリンク切れは判り易い場合が多い様です。



〔フィルタ設定の詳細〕
●上の例の様に、タグに関係する外部リンクは、総数は少ないがエラーとしてチェックされる割合は多く、まぎらわしいのでチェック対象から外すのは問題はないと思われます。 この類はアドレスに、必ず「exblog.jp/tag」の文字列を含んでいます。 これをフィルタに設定すればチェックから除外できます。

●エキサイトではページに画像を沢山添付している人も多いと思います。 私などは外部リンクの総数の半分以上が添付画像のものでした。 添付画像のリンク切れは「画像管理」で誤って既にページ添付していた画像を削除した場合が予想されます。(添付忘れはリンクエラーにならないでしょう)
b0174191_10454023.png
こういった心配が無い限り、添付画像のリンクはチェックから除外して良いと思います。 添付画像は必ず「exblog.jp/pds」の文字列をアドレスに含むので、これをフィルタに設定して解析・チェックの時間を大幅に短縮出来ます。

●ページ最上段のエキサイトヘッダーのスイッチなど、エキサイトがシステム上で配置する外部リンクは本来リンクエラーが無いものです。 これらは「excite.co.jp/relocate」の文字列をアドレスに含み、その数も総リンク数の1/3ほどになります。 これを除外して解析・チェックの時間を大幅に短縮出来ます。

●以上は「外部リンク」のフィルタですが、「フォルダ」のフィルタでエキサイトブログ内検索構造の解析を無効に出来ます。「i m page tags」の4個の文字列の設定でこれが可能です。

〔フィルタ設定の効果〕
私のブログは1000ページ弱のものですが、解析と外部リンク全件チェックをデフォルトの設定で行うと約3時間が必要でした。 これを上記のフィルタ設定を全て指定すると約30分で終了します。

実際に検査された件数がカウントされるので、それをグラフ表示すると下図の様になりました。 上側がフィルタなし、下側がフィルタ有りです。
b0174191_02294431.png
検査ページ数は、「フォルダ」のフィルタの効果で、重複するページ検査が省かれて1/3ほどに減っています。

また「外部リンク」のフィルタにより、リンクの検査対象は1/10以下に激減しています。 一般にリンク切れをチェックすべき外部リンクは、上図のグリーン「その他のリンク」だけなのです。 リンク切れチェックの作業では、フィルタ指定は実用上で必須でしょう。



[PR]
by Ataron | 2016-04-16 21:06 | PC環境(ハード/ソフト) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://atstudiota.exblog.jp/tb/25674519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by TheWayIam2 at 2016-11-11 19:45
初めまして。 
website explorer の使い方で検索していてたどり着きました。
もし、よろしければご教示願いたく、コメントさせていただきます。

私は、website explorer をブログのバックアップのために使用
しております。解析して、ダウンロードしたところ、画像のDLで
問題が生じました。

バックアップしたブログは、オフラインで見たいのですが
画像リンクが
pds/exblog.jp/....になったままで、
画像部分がリンク切れになってしまいます。
画像もDLされていません。

オンラインの状態で、DLした index.html ファイルを見ると、画像が
表示されます。

画像は 解析の際に 左ウィンドで出てくる pds/exblog/..
に取り込まれているので、これをDLすることで、画像ファイル自体は
バックアップできますが、オフラインでもオンラインと同じように
画像ありのページを見ることができません。

詳細設定で、いろいろ設定を変えてみたのですが、うまくいきません。
もし、解決方法をご存知でしたら、教えていただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。
Commented by Ataron at 2016-11-12 00:51
Commented by TheWayIam2 at 2016-11-12 01:20
Ataron 様

さっそくのご回答ありがとうございます!!!!
ご丁寧にお教えくださり、本当にうれしいです。
やってみます。 
前回、解析に10時間くらいかかったので、ご報告が遅くなりそうですが、
終わったら、またこちらにコメントさせていただきます。
Commented by Ataron at 2016-11-12 17:26
TheWayIam2 さん今日は。 コメント文字数制限で書けなかった補足です。

上記は、ブログの文書や画像のバックアップのデータ容量を節約した方法です。 各ページのデータはほぼ問題なくバックアップされますが、その閲覧は各ページのindex.htmlを別個に開くか、古い方に1ページずつ戻る(何故か新しい方には駄目です)様な閲覧方法になります。

これは、ページャー機能やカテゴリ・投稿月・タグ別検索機能の元になるページ整理データの解析を省いたからです。 バックアップしたページを、これらの機能を使ってネット上と同様に閲覧したい場合は、解析時間とデータ容量が増えますが、次の様にします。

①解析の設定の「フィルタ」の設定で、以下のフィルタを指定しないでください。

 ●「サイト内データ」 フォルダ「次の語をフォルダ名に...」に「i m page tags」を記入

ここのチェックを外すか、「i m page tags」を消してしまいます。

以上で、ダウンロードしたローカルデータの閲覧が、ネット上と殆ど変わらない柔軟なものとなります。
Commented by TheWayIam2 at 2016-11-12 18:35 x
Ataron 様

ご丁寧に本当にありがとうございます。
写真がとってもとっても多く、解析に時間がかかるようで、
(ネット回線の条件も影響しているのかもしれませんが)
しかも、12時間くらいたった時に何故か、問題が発生し強制終了になってしまい、
再度やり直し中です(^^;;;;;
まずは、最低限、写真付きのページをDLするということを優先し、
「i m page tags」ありでやってみております。それでうまくいけば、
「i m page tags」なしバージョンでやってみようと思います。
気長にトライしてみます!

エキサイトが現在のバージョンになる前で、website explorerも古いバージョンの頃(2008年ごろ?)には、時間はかかるものの、苦労せずにバックアップが取れていたので、きっと出来るはず!とめげずに頑張ります。
Commented by Ataron at 2016-11-12 20:57
> TheWayIam2さん

上手く行くといいですね!
Commented by TheWayIam2 at 2016-11-15 01:39 x
Ataron 様

「i m page tags」ありバージョンでは、出来ました!
(なしは時間がとってもかかりそうなので、 時間が取れるときに後日やってみます)
DLしたものを確認したところ、全ページちゃんと写真入りです!!
何年も書き溜めてきたブログで、なんとしてもバックアップが取りたかったので、感激です。

こんなにご丁寧にお教えいただき、なんとお礼申し上げたらよいのか。。。。。
本当に本当にありがとうございました。
Commented by Ataron at 2016-11-15 10:10
TheWayIam2さん こんにちは

上手く行ってなによりです。 私自身が学べました。^^v
この高機能なアプリを独力で育てた「梅ちゃん堂」さんがすごいと思っています。 難しい事は知るよしもないのですが、解析速度の向上が期待されますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。