人気ブログランキング |
Studio TA Subsite の案内とお知らせ

タグ:ポップス ( 27 ) タグの人気記事

「人類は衰退しました」も面白いが伊藤真澄も驚く

2018年 08月 19日
日本の「アニメ」というのは、やはり凄いんだと思う事があります。 着想、表現、絵、音、言葉、世界観、ストーリー... あらゆるものが競われ、生みだされているのが判ります。 印刷され出版される「コミック」は、年代に応じて楽しませてくれるものでしたが、その動画版の「アニメ」がいつのまにか強力な文化圏を創っていた事に最近は驚いています。

「人類は衰退しました」は、先日 Gyaoで数編を纏めて見る事が出来ました。 何がテーマか良く判らないまま始まり、音楽で言えばモダンジャズの様です。 いい歳をした叔父さんが見て喜ぶもんじゃないというのは、とっくに旧い考えですね。 下は、公式サイト  のトップ画面です。

b0174191_07502048.jpg

この「人類は衰退しました」の世界が面白いのですが、最後のエンディングテーマ曲が「えっ」と思う展開で、あっこれは「ケイトブッシュ」を聞いて以来、こんな曲を作る人がいるのだと驚きました。

そのテーマ曲「ユメのなかノわたしのユメ」です。



「ケイトブッシュ」を思い出して検索すると、作曲し謳っている「伊藤真澄」のページを見つけました。
やはり、こんな事は普通の人には出来ないものです。 本人が「ケイトブッシュ」に傾倒していたのは納得出来ます。 下の曲もアニメタイトルの様ですが、とめどない。




by Ataron | 2018-08-19 08:57 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

恋人もいないのに / シモンズ

2016年 03月 05日
下宿暮らしをしている所に友人が転がり込んで来た。 下宿代を浮かして外国旅行をするというのだ。 酒を飲むのも未だ珍しい物に触れる様な私だったが、付き合いは良く一緒になって夜中まで騒いだ。 隣に若い女子大生が二人で住んでいたが、大迷惑だったと思う。 ある日、隣のお姉さんのどちらかとバッタリ顔を合わせた。「あの~、たまにならいいんですけど、毎日騒ぐのは困るんですが...」「でも、歌が聞こえて来ていいなと思う時もあるんです...」と、控えめに訴えた。 私はきっと、この曲だと思った。シングル盤を買ってよくかけていたのだ。

西岡たかしは「五つの赤い風船」の中軸メンバーで、優れた作曲センスを持っていた。 この曲にも彼のセンスが光って、今だっていいなと思う。 作詞の落合武司は有名ではないが、この詞は功績といえると思います。 春の今の季節の風、不思議な切なさを今も思いださせるのです。



    
     恋人もいないのに
          / シモンズ 1971
            Music: 西岡たかし
            Lyrics: 落合武司
    

恋人もいないのに 薔薇の花束抱いて
いそいそ出かけて 行きました
空はいつになく 青く澄んで
思わず泣きたく なるのです

恋人もいないのに 薔薇の花束抱いて
これからいったい どこへ行くの
風はいつになく 意地悪そうに
つらい質問 するのです

薔薇の花束 胸にいっぱい
いそいそ出かける 想い出の海
白い波間に 花びらちぎって
恋に別れを 告げるため

恋人もいないのに 薔薇の花束抱いて
いそいそ出かけて 行きました
海はいつになく 涙いろで
哀しみたたえて いるのです
ラララ……




b0174191_16575941.png




by Ataron | 2016-03-05 00:04 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

大阪LOVER / DREAMS COME TRUE

2015年 08月 15日
ドリカムの曲には、難しい転調を平気でする曲があります。 昔し友人が、気に入ってるのに「晴れたらいいね」がカラオケで歌われへんと嘆いていて、私もあらためて聴いて「こらあかんわ」と思ったもんです。 それを吉田美和は、ほんとに気持ちよさそうに歌うのですが、持ち歌とはいえ天性の才能を感じさせます。 ストレートな批評が面白い浪花のモーツアルトも、彼女は「数少ない歌える歌手」と、ラジオ番組で言ってましたね。

b0174191_18085340.jpg

さて、時々耳にするこの「大阪LOVER」、発表は2007年春でだいぶ経ってますが、私の中ではドリカムのベストです。 万博公園が新大阪駅がと、ご当地人間にあれっと思わせる変わった詞が、のびやかで思わせぶりのない声で歌われると、年甲斐もなくきゅんと来てしまいます。
調べると、ボーカル吉田本人の作詞作曲で、ベースの中村が編曲に加わっている様で、あらためて吉田美和の才能に感服しました。



    
         大阪LOVER
             / DREAMS COME TRUE 2007
               Music & Lyrics by 吉田美和
    

好きだけど 好きなのに 好きだから 好きなんだ
好きやけど 好きやのに 好きやから 好きやんか

「最終に間に合ったよ 0時ちょい前にそっちに着くよ」
メール短すぎたかな? わたしもそっけないけど
新大阪駅まで迎えに来てくれた あなたを見たら
いつもはいてるスウェット 今日も家へ直行か…

万博公園の太陽の塔 ひさびさ見たいなぁ!
明日さ、たまにはいいじゃん!
「そやなぁ…」って行くの? 行かないの?

何度ここへ来てたって
大阪弁は上手になれへんし
楽しそうにしてたって
あなた以外に連れはおれへんのよ
近そうでまだ遠い 大阪


言いたいこと言えなくて 黙ってしまうのも良くないよね
毎週は会えないから けんかだけは避けたいし
通い慣れた道が いつもより長く感じるこの空気
御堂筋はこんな日も 一車線しか動かない

家に着く前に 何か飲むもの買ってこようか?
気分変えようとしてるんじゃん!
「そやなぁ…」っているの? いらないの?

何度ここへ来てたって
「一緒に住まへんか?」とは言わないし
楽しそうにしてたって
そこは内心 めっちゃさびしいんよ
近そうでまだ遠い 大阪


好きだけど 好きなのに 好きだから 好きなんだ
好きやけど 好きやのに 好きやから 好きやんか

覚悟はもうしてるって
大阪のおばちゃんと呼ばれたいんよ
家族と離れてたって
あなたとここで生きていきたいんよ

東京タワーだって
あなたと見る通天閣にはかなわへんよ
なんで そんなに笑って!
一生に一度の告白やんか!
恋しくて憎らしい 大阪


何度ここへ来てたって
また来るのはあなたがおるからやもん
楽しそうにしてたって
それはあなたがここにおるからやもん

どんだけけんかしたって
あなただけほんまに大切やもん
「もうこっち来いや」って言って
あぁ! 催促してしもたやないの
近そうでまだ遠いか? 大阪

恋しくて憎らしい 大阪




b0174191_16575941.png




by Ataron | 2015-08-15 11:07 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

木枯しに抱かれて / 小泉今日子

2015年 05月 08日
アルフィーの高見沢俊彦って人、すばらしい曲を書くセンスを持ってますね。 しかし、永遠にそれを維持し続けるのはとても困難なことなのでしょう。 聴く側はもっと聴きたいと思うのですが。

この曲は小泉今日子の少し硬いイメージとマッチして、アルフィーが演奏する以上に映える様に思います。 ロシア民謡調の繋ぎもツボですね。



    
        木枯しに抱かれて
          / 小泉今日子 1986
           Music & Lyrics by 高見沢俊彦
    

出会いは風の中 恋に落ちたあの日から
気付かぬうちに心はあなたを求めてた
泣かないで恋心よ願いが叶うなら
涙の河を越えて全てを忘れたい
せつない片想い あなたは気付かない

あなたの背中見つめ愛の言葉ささやけば
届かぬ想いが胸を駆け抜けてくだけ
哀しい程の星空に天使の声がする
あきらめきれぬ恋でも夢は見ていたいのよ...
せつない片想い あなたは気付かない

恋人達はいつか心傷つくたび
愛する意味を知る 涙やさしく
その手に確かな夢をつかんで

白い季節の風に吹かれ寒い冬がやって来る
激しく燃える恋の炎は誰にも消せないの
せつない片想い あなたは気付かない
せつない片想い あなたは気付かない




b0174191_16575941.png




by Ataron | 2015-05-08 09:32 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

北山杉 / うめまつり

2015年 05月 08日
「うめまつり」という東京のバンドの曲です。 京都の詩情を詠って余りあるこの歌を、何故に東京のバンドが紡いだのか。 彼等がコミックバンドの姿を借りていたらしいのは、また不思議なところです。

b0174191_21524763.jpg

少しネットを調べましたが、彼等の最も詳しい情報を載せているのは、以下のリンク先の様です。 (デザインがアンバランスで読みにくいですが)

 タイムスリップアナログ博品館

しかし、他の場所で拾った作詞者・作曲者の名前は上記にはなく、メンバー名がペンネームか? 後のヒットがなく情報が希薄になった様です。



    
      北山杉
        / うめまつり 1975
          Music: 山本勝
          Lyrics: 下条薫
    

四条通りをゆっくりと
君の想い出 残したとこを
黒いダッフルコート着て
背中丸めて歩いてます

あの頃二人は清水の
長い石段 登って降りて
青春色の京都の町を
じっとじっと 見つめていました

冷たい雨が雪になり
君の足跡かくれて消えて
涙まじりの雪払い
北山杉を想い出します

あの頃二人は大覚の
白い石仏 触れたり見たり
青春色の京都の町を
静かに静かに 歩いていました

あの頃二人は清水の
長い石段 登って降りて
青春色の京都の町を
静かに静かに 歩いていました




b0174191_06385478.png




by Ataron | 2015-05-08 02:26 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

天国のキッス / 松田聖子

2015年 05月 08日
私、この曲はお気に入り、夏が近付くたびにいいなぁとまた思う。 細野晴臣と松本隆の曲作りは無敵、「ダダッ、ッタラ、スタタッタ」ってドラムが大好きなのです。



    
        天国のキッス
          / 松田聖子 1983
           Music & Lyrics by 松本隆 細野晴臣
    

キッス イン ブルーヘブン もっと遠くに
キッス イン ブルーヘブン 連れていってねぇ ダーリン

ビーズの波を空に飛ばして
泳げないフリわざとしたのよ
ちょっとからかうはずだったのに
抱きしめられて気が遠くなる

キッス イン ブルーヘブン 雲の帆船
キッス イン ブルーヘブン 乗せて行ってねぇ ダーリン

教えて ここは何処?
私 生きてるの?
天国に手が届きそうな
青い椰子の島

愛してるって言わせたいから
瞳をじっと見つめたりして
誘惑されるポーズの裏で
誘惑してるちょっと悪い子

キッス イン ブルーヘブン もっと遠くに
キッス イン ブルーヘブン 連れていってねぇ ダーリン

教えて ここは何処?
海の底かしら?
熱帯の花が招いてる
二人だけの島

キッス イン ブルーヘブン もっと遠くに
キッス イン ブルーヘブン 連れていってねぇ ダーリン



+

J-POPの曲を挙げると後が大変。 著作権がらみでしょうが、J-POPのYouTubeの音源動画は削除されがちで、リンク先の再設定が必要になる可能性が強いからです。 心根のさびしいこと。

ところでこの曲に多用されているシンドラの音、懐かしいなあと調べて見ると、今ではシンドラ(シンセドラムの更なる略)の呼称も懐かしいコトバになりつつある様子。 以下のサイトに良い纏めがありました。
 電子ドラムとは
邦楽で聞いたのは1978年のピンクレディのサウスポーが始めてだったか、洋楽は思い出せません。 あちらでは、効果音の印象が強く好まれなかったのか? 「シンドラ」は、デジタル時代になり次第に当たり前の音のひとつになってしまった様な気もします。


b0174191_16575941.png




by Ataron | 2015-05-08 01:28 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

風をあつめて / はっぴいえんど

2013年 12月 04日
曲の出だしの簡単なギターフレーズが妙に心地良くて、時たま思い出した様に浮かんで来てしまう。 詩にあらわされた日常と非日常が交互に組み合わさったおだやかな風景は、当時の覚めて乾いていた若者の心象と重なる様な気がします。

その後の日本のポップスに間違いなく大きな影響を与えた「はっぴいえんど」の2枚目のアルバム「風街ろまん」の3曲目です。

b0174191_23433245.jpg

レコードジャケットの内側はこんなイラストでした。

b0174191_23443158.jpg




    
         風をあつめて
           / はっぴいえんど 1971
            Music: 細野晴臣
            Lyrics: 松本隆
    

          街のはずれの
背のびした路次を  散歩してたら
汚点だらけの     靄ごしに
起きぬけの路面電車が
海を渡るのが  見えたんです
             それで  ぼくも
         風をあつめて  風をあつめて
             蒼空を翔けたいんです
             蒼空を

          とても素敵な
昧爽どきを  通り抜けてたら
伽藍とした  防波堤ごしに
緋色の帆を掲げた都市が
碇泊してるのが  見えたんです
             それで  ぼくも
         風をあつめて  風をあつめて
             蒼空を翔けたいんです
             蒼空を

          人気のない
朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら
ひび割れた   玻璃ごしに
摩天楼の衣擦れが
舗道をひたすのを見たんです
             それで  ぼくも
         風をあつめて  風をあつめて
             蒼空を翔けたいんです
             蒼空を





〔歌詞注〕
上記歌詞はCD付属の歌詞カードの文字配置、改行などを、なるべく忠実に再現しています。
この歌詞には、日常余り使われない漢字や当て字が多く使われ、作詞を担当した松本(演奏ではドラムス)の当時の志を窺わせます。 参考に簡単に引いておきました。

路次: ろじ / 道のついで。 道すがら。
汚点: おてん / ここでは「しみ」と無理に読ませている。
靄: もや
昧爽: まいそう / 明け方のほの暗い時。 ここでは「あさあけ」と無理に読ませている。
伽藍: がらん / 仏教寺院のことで、「がらんとした」を語源本来の書き方にしたもの。
緋色: ひいろ / 濃く明るい赤色。 深紅色。
碇泊: ていはく / 船が碇を下ろしてとまること。 停泊。
玻璃: はり / ガラスの異称。 ここでは「がらす」と無理に読ませている。


b0174191_16575941.png




by Ataron | 2013-12-04 00:18 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

ミルク / Chara

2013年 11月 22日
Chara (チャラ)は日本人です。 彼女を知ったのは「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」という曲からでした。 1996年の同名の映画は Chara が主演していて、面白くて味のある良いものです。 CGを使わない「ブレードランナー」みたいな映画だと言うと叱られるでしょうか。 上のリンクの背景映像も、その映画のものですね。

ともかくも、「あいのうた」は曲も詞もイメージを喚起する魅力があり、Chara は気にかかる存在になりましたが、後のヒットを知らないまま。 そして、何年も経ってからCD「Junior Sweet」を入手して、この「ミルク」という曲にたどり着いたというわけで、私は数周遅れでトラックを走るランナーでした。

彼女の魅力は、言葉を超えてしまっている所にあると思います。 何を言ってるのか判りにくいけれど、ストレートに気持ちに響いて来るものがあり、それは日本人離れしています。 Chara に嵌ると、詞の意味を知りたくなります。 この曲に関しては、おそらく一番オリジナルに近いと思われるCDの歌詞カードから、句読点を含め出来るだけ忠実に拾いました。 また、ネットには様々な解釈が載せられている様です。 でも、それで納得しても、こぼれ落ちてしまう「こわれやすいものが」ある様な気がします。 本当は録音された曲を心おきなく聞くのが、いちばん素敵な接し方だと私には思えるのです。

なお、この曲の作詞は Chara 、作曲は Ashley Ingram と Chara となっています。 Ingram の詳細は以下のリンクをご覧ください。
  アーチスト Ashley Ingram



    
          ミルク / Chara 1997
              Music by Ashley Ingram , Chara
              Lyrics by Chara
    

みんなはいい子だよ 自分はネコだよ
泣いたってミルクしかくれない   
ひとりで寝ころんで途中で放りなげて
誰かがおとしたわけじゃない。
自分で勝手にすすんで、していることだから
なんにも言わない
だまって。 だまって。 抱いて
鏡のない世界で  鏡のない世界で

あなたは穏やかに過ごすことを
孤独やさびしさと同じって言ってから ・ ・ ・
「うんざりするような  あきれかえるような
やる気のなさで ・ ・ ・ ゴメンネ」
姿をあらわしたこのボクを
キライにならないで  このボクをとめて
だまってだいて。 こわれやすいものを
きらって。 きらって。 愛せない
だまって。 だまって。
途中でほうりなげて  こわす   
鏡のない世界で  鏡のない世界で  鏡の   
だまってだいて  こわれやすいものを
だまって。 だまって。 きこえない
わかって。 わかって。
こわれやすいものをだいて
鏡のない世界で





b0174191_16575941.png




by Ataron | 2013-11-22 22:23 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

DOWN TOWN / EPO

2013年 11月 04日
この曲は「オレたちひょうきん族」で知られる様になりましたね。 エンディングテーマ曲として1981年5月~1982年9月の間使われていたそうで、EPOによる録音は1980年、元曲はシュガーベイブによる1975年の曲だそうです。

私は最初は余り良い曲だと思わなかったけど、耳なれて来ると自然にとけこんでしまった不思議な曲。 今聞くと「ひょうきん族」当時の空気感が蘇る様な気がします。 季節としては4~7月位、土曜の夕方に遊びに出かける、私達の気分そのものが閉じ込められているのです。



    
   DOWN TOWN / EPO 1980
          Music by 山下達郎
          Lyrics by 伊藤銀次
    

七色のたそがれ降りてきて
風はなんだか涼し気
土曜日の夜は賑やか

街角はいつでも人いきれ
それでも陽気な この街
いつでもおめかししてるよ

暗い気持ちさえ すぐに晴れて
みんな ウキウキ
ダウンタウンへ繰り出そう
ダウンタウンへ繰り出そう
ダウンタウンへ繰り出そう

シャボン玉の様に消えて行く
今宵かきりの恋も
また楽し 夜はこれから

暗い気持ちさえ すぐに晴れて
みんな ウキウキ
ダウンタウンへ繰り出そう
ダウンタウンへ繰り出そう
ダウンタウンへ繰り出そう

暗い気持ちさえ すぐに晴れて
みんな ウキウキ
ダウンタウンへ繰り出そう
ダウンタウンへ繰り出そう
ダウンタウンへ繰り出そう








b0174191_16575941.png




by Ataron | 2013-11-04 20:46 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)

ジェニーはご機嫌ななめ / ジューシィ・フルーツ

2013年 06月 30日
ジューシィ・フルーツ(Juicy Fruits)の曲の多くは、妙な隙間を感じます。 簡素さと粗末さ、静けさと寂しさ、それらのどちらにも着かない空間の感じ。 それは、代表曲「ジェニーはご機嫌ななめ」に影響された印象かもしれません。

テクノポップスのツボに嵌ったこの曲を作曲した近田春夫、調べると70年代以降の音楽ジャンルの色々な場所をすみかにして来た人の様で、その結実作と言ってよさそうです。 沖山優司(ベース)の詞も光ってます。



    
       ジェニーはご機嫌ななめ
                / ジューシィ・フルーツ 1980
               Music: 近田春夫
               Lyrics: 沖山優司
    

キミとイチャイチャしてるところを見られちゃったわ
それをペチャクチャ言いふらされて私ピンチ
いつもそうなの誰かあたしに
意地悪してるんじゃない?
ハートキュンキュン泣き出しそうよ一人ぼっちは
うちへ来てきて心細いのこんな時は
抱き合って眠るの 抱き合って眠るの
そうすればとにかく少しは気がおさまるの

いやよ嘘うそ忙しいフリしてるだけね
わたし無理むりワガママばかり言ってるから
いつもそうなのキミはあたしに
うんざりしてるんじゃない?
時計カチカチ気になるのなら止めてもいいわ
そばに居ていて心細いの電話じゃだめ
抱き合って眠るの 抱き合って眠るの
そうすればとにかく少しは気がおさまるの

キミがニコニコ他の女としゃべってると
わたしカリカリ頭に来ちゃう勝手かしら
いつもそうなの解ってるけど
キミはあたしのこと
もっとチヤホヤしてなきゃだめよ昼も夜も
それじゃ未だまだ不満だらけよ返事なさい
抱き合って眠るの 抱き合って眠るの
そうすればとにかく少しは気がおさまるの

そうすればとにかく少しは気がおさまるの
そうすればとにかく少しは気がおさまるの




パヒュームがカバーしてるんですね。


なんか刺激的で楽しいなぁ...
...おーいオジサン、「隙間」はどーなったん?


b0174191_16575941.png




by Ataron | 2013-06-30 22:47 | 映画/音楽/本 | Trackback | Comments(0)