人気ブログランキング |
Studio TA Subsite の案内とお知らせ

タグ:G 45-150mm F4.0-5.6 ( 56 ) タグの人気記事

暑いねやっぱり夏は

2019年 08月 08日
熱中症が毎日の様に伝えられる夏ですね。 毎日、冷たい飲み物を溺れるほど飲みながら、やり過ごしています。 公園は週2ぐらいは欠かさず通っていますが、途中の風に当たるのが一番の幸せです。

更新は空いたので、写真は少し旧いですが、この間は必ず顔を出すエルトです。 食事配布が終わり引き上げる途中、暑くてしんどくなってベンチで休んでいたら、ハト達にまた見つかってしまった時の写真です。

b0174191_23501677.jpg

下は、昨日の写真。 日陰の水場は、水浴びに来る小鳥達がひっきりなしです。 さすがに光が足りないので、かなり色を補正しています。

b0174191_23525401.jpg


Panasonic DMC-G8 + G12-60mm 、G45-150mm で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



by Ataron | 2019-08-08 23:58 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

我が家の梅雨対策

2019年 07月 07日
スズメ達の子育てのシーズンが一段落しました。 親についてまわり煩く鳴いて、体を震わせて何か食べさせろとアピールしていた幼いチュン達が、あっという間に自分で食事を食べるようになります。

そんな変化をずっと観させてくれるのが餌台で、今年は雨対策で屋根を作っています。 下のは最初のバージョンで、雨の吹込みを減らすために、かなり屋根を低くしました。 なにしろ、パン屑は雨漬けになると、さすがに腹が減ったチュン達も食べるのを諦める様になりますから。

b0174191_16051768.jpg

ガラス皿に最初から水抜き用の穴を開けていたので、両側にネジ止めを作った柱を作り、手持ちのアクリル板を円盤に加工して屋根にしました。

雨除けの効果はまずまずでしたが、運用して数日で大きな問題点に気付きました。 餌の補給と皿の掃除がとてもやり難いのです。 そこで、屋根の高さを挙げたいのですが、

◯ 高くすると、雨の吹込みが多くなる。
◯ 吹込みを減らすには屋根を大きくする必要がある。
◯ 大きい屋根は、風害で損傷飛散する可能性が増える。(皿だけの場合は全く問題が無かったが)

こんな相反する条件を考え、手が入れ易い様に少しだけ屋根を高くする事にしました。 屋根の径を大きくするため、材料を探したところ樹脂製の盆をゲット。 ひとまわり直径を増した屋根に加工しましたが、何かのLPレコード盤で良いのではとずっと悩みました。 それは音楽の尊厳をないがしろにする気がして、ついにLP盤に手は着けませんでしたが。^^;

下は、先日に出来上がった新しい屋根付きの餌台です。

b0174191_16272545.jpg

屋根が反っているのは矩形の盆から、出来るだけ大きな径で切り出したためです。 柱は旧いフリーアングルのスポットランプを壊してゲットしたもの。 いざとなれば屋根を傾ける「名案」に溺れたが、皿に取り付ける加工は大変に苦労しました。(底部は4mmナットをカチコミ)

フレキ柱の長さが思った以上に長く、天井が高過ぎました。 天井を下げるために、水道エンビ材を使って下の様な妙な加工をしています。 柱を天井から上に突き出して固定しています。

b0174191_17453170.png

もっと天井の径を増さないと、吹込みに弱そうです。 水道エンビ材を買いに行ったホームセンターに、プランター用の良さそうな盆がありました。 実際の雨でテストして、再び天井を交換するかも知れません。



Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影しました。



by Ataron | 2019-07-07 17:48 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2019.06.03 夏の扉

2019年 06月 03日
今年も暑くなって来ました。 いやその前に梅雨に降られるか。

ハト達に付け届け、少しペースが落ちたが、今日も14時に公園にやって来ました。 今日現れたマーカーは、左ユビ、マギ、ツメ白です。 遅く公園に出たので集まったのは30羽ほど。 最近気になるのはマギ2と左アシが居ないことです。 スズメ達の子育ての時期で、子供を連れた家族が毎回多く出て来ます。 人間はデカイけどお友達になりたがっている事を示さなければ。

b0174191_22435335.jpg

長い間、ボートデッキで逆さ吊りされていた彼等に、新しい出番が来たのでしょうか。

b0174191_22283856.jpg

屋上花園を覗くと、瓶の水で水浴びしたカラス君が居ました。

b0174191_22282540.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




by Ataron | 2019-06-03 22:54 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2019.04.22 うたげの時も過ぎた

2019年 04月 22日
暖かさが増し、あっというまに駐車場の樹々に葉が着きました。 私は、この駐車場の風景が好きです。 カラフルな車、建物のレンガ、そしてもの静かでしかし存在感のある樹々。

b0174191_07175583.jpg

ようやく桜が葉桜になり、公園にいつもの落ち着きが戻って来ました。 ハト達もいつもの食事ポイントを取り戻しましたが、林の中の配給で2羽のハシブトちゃんが私をしっかり認識してしまった様です。 林の中でハト達の食事中に、離れた場所に向かってパンを投げて分離を図っていたのですが、彼等はこれを好意的に受け止めたらしい。 池岸に出た今日も、しっかり傍に来て、私に愛想を振りまく様になってます。 わざと知らないフリで通しましたが。

ヒガモン達は減り始めて、残っているのは20~30羽ほどです。 代わりにムクドリやスズメ達の家族的集団が増え始めました。

b0174191_07175776.jpg
b0174191_07180162.jpg


Panasonic DMC-G8 + G12-60mm 、G45-150mm で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





by Ataron | 2019-04-22 23:55 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2019.04.15 花見も過ぎようという頃

2019年 04月 15日
寒暖の差が大きいですね。 公園の桜の宴もそろそろ終わりかけています。 シロロン達は花見の客に釣られたか、多くが池に戻って来ていますが、半分位が顔が黒くなってます。

b0174191_19521126.jpg

地上の餌が増えたのか、シロハラ達を林の中で良く見る様になりました。 林の中を歩いていると、キョロロっと啼いて飛び出します。

b0174191_19535710.jpg

駐車場は図書館の裏にあり、そのフェンスのこの場所を通ると、いつもカッコいい風景だと思うのですが、その気分を写真に収めるのが難しいのです。 広角で撮ってはダメなのかも知れません。

b0174191_19555212.jpg

今日も池端まで出ずに、林の中からハト達が気付いて集まるのを待ちました。 最初に気付いたのがマギ2でした。

b0174191_20031052.jpg

もちろん、パンを何個も手渡ししました。 最初の15羽程の群れには、エルトが居ました。 彼等が満腹して帰り、また別の15羽程が来ました。 その群れには左ユビとスミが居ましたが、左ユビはオドオドしていつもと違います。 この間の人の群れで落ち着きを無くしているのかも。 また、今週でこの騒ぎもなくなるでしょうから。


Panasonic DMC-G8 + G45-150mm , G12-60mm で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



by Ataron | 2019-04-15 20:17 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2019.03.20 もう早春

2019年 03月 20日
早春の暖かな日と言って良いのでしょう。 公園に13時半、ポイントには既にオジサンがいて、大量に餌を撒いている様子です。

ハト達に気付かれない様に、少し北のベンチに行って大人しく座っていました。 その内にスズメ達の数羽が出て来たので、パンを小さく千切って飛ばしていたら、数羽のヒヨッチが見つけて空中キャッチを始め、けっこうこれが楽しい。 その内に、今度はヒドリガモの一羽が上陸して近付いて来て、まあこれも1個2個とパンを出していると、突然にハト達がやって来ました。

オジサンのベンチを見やると撤収していた様で、集まっていたハト達が私に鞍替えしたらしい。 まあ、それでいつもの食事の時間になりました。 しかし、ハト達の数は60羽位と多く、私は襲撃を逃れるためにどんどん食事を放出して写真どころではありません。

食事が全て無くなり私がベンチから立つと、ハト達も終了をさとってだんだん去って行きます。 さて、カメラを出して探したのは先日のスミです。 居ました、もう帰りじたくの様子です。 ちゃんと右足を使っていて、元気そうです。

b0174191_23442236.jpg

他のマーカーは、左ユビ、マギ2、マギ3、エルト、など。 多過ぎてチェックしきれませんでした。 そして最後までベンチの背に残っていたのがマギ2。 彼は、食事の後で私がニャンコフーズを出すのを知っていて、残っているのです。 ちょっとポートレイト撮影。

b0174191_23451001.jpg

ハト達が残り2~3羽になった所で、ニャンコフーズを切ってマギ2に手渡ししました。 マギ2は賢いのです。


天気も良く、公園の北端の子供の広場を周りました。 先日はシメが居ましたが、今日はツグミに出会いました。 私が探しに行かないのもありますが、今年はシロハラもツグミも余り来ていない様です。

b0174191_23451357.jpg

ツグミにとっては、そろそろ北に帰る時期が近付いているはずです。


Panasonic DMC-G8 + G12-60mmF3.5-5.6、G45-150mmF4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



by Ataron | 2019-03-20 23:55 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2019.03.08 春は来ましたか?

2019年 03月 08日
このところ撮影せず食事の配布だけする事が多くなって来ました。 運動不足が甚だしく、自分をせきたてて公園には行く様にしていますが、傘の要る日はだめです。 公園を訪れた日は、3月1日、3日、5日、6日、8日(今日)といった具合。

3月3日(日曜)このところ私に目を付けたハシブト。 ハト達の食事を邪魔させない様にはしていたのですが、この時は近くに居た1羽に咬みついて放さず、羽が何本もモゲました。 コイツの態度にはハト達を妬いているフシがあります。

b0174191_19230720.jpg


3月5日(火曜)晴れてハト達も多く、最近またよく現れる様になったヒジが、この日も顔を出しました。

b0174191_19003091.jpg

ここ数日のマーカー出席を纏めると、左ユビ、マギ2、マギ3、ツメ白、エルト、チャメ、ヒジ、スミ、などが思い着くところです。 やはり左アシが姿を見せません。

3月8日(金曜)暖かさが定着して春だなと思います。 14時を過ぎて遅く公園に出たのに、ハト達は30羽ほどが集まりました。 今日は公園の北を散歩しましたが、茂みに向かって望遠を三脚に据えた叔父さん達が数人、何か珍しい鳥でも来ているのか。 まあ、知らん顔で通り、更に一番北の球場の方に。 缶コーヒーを買ってベンチで飲んでいたら、ちらっと白い小鳥が見え、探すとシメが居ました。 この公園では時々見ますが、今年はかなりの数が来てる様です。 150mmを着けて撮影。 シメはどこかおっさんみたいな顔をしている鳥です。

b0174191_19003462.jpg


Panasonic DMC-G8 + G12-60mm F3.5-5.6 , G45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



by Ataron | 2019-03-08 19:44 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2019.02.04 カモ少女A

2019年 02月 03日
日曜だけど曇っていて、これはチャンスと公園に出向きました。 それに思い立ったのも少し早め、12時半には池に到着。 人は少なくボートこそ出ていませんが、ポイントのベンチで煙草をふかす叔父さん。 すぐ私を見つけた左ユビを始めとする数羽が集まって来ましたが、だれも居ない北側のベンチまで行って店を開きました。

マーカーは、左ユビ、ツメ白、エルト、スミ、40羽位がわっと飛びかかり後は判りません。 少し多めの食事もすぐになくなりました。 ちょうど食事が無くなった時にカラスが騒ぎ、ハト達は戻って来なくなりました。

さて、余りにすぐに終わってしまい、少し空しくてポイントに戻って見ました。 もう叔父さんは帰った後で、時々餌撒きを宛てにしたヒガモン達がやって来ます。 しかし、何も出ないと判ると皆んな行ってしまう中、一羽だけ変なカモがしげしげ私を眺めて、近くを離れません。

b0174191_17453522.jpg

これ、どうもマガモの雌の様ですが、マガモにせよカルガモにせよ、ヒガモン達の様に人の近くに来る事はなく、いわんや単独で人に近付くなんてまずありません。 彼女はミュータントのオーラがあるのです。

①よっぽど美味しい物をひとにもらった事がある
➁カモの世界が嫌になり、反抗して群れから離れて生きている
➂餌やリのオッサンをからかうのが日課

かなり長い間、私の近くをウロウロするので、望遠に着け換えて撮影したのです。 カモ少女Aには、いったい何があったのでしょう。



大池には狭い中州があり、そこにカワウが集まっています。 最近は繁殖期らしく、銀混じりのパンクな容貌になり、小枝の様なものを咥えて飛ぶヤツが多くなりました。 下は1月30日の撮影、メスが時々声を上げて啼き、ラブコールしている様子。 十組位が固まって居るのですが、一向に巣が出来上がっている様には見えません。 彼等はきっとみな怠け者です。

b0174191_18150040.jpg



Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




by Ataron | 2019-02-03 18:18 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2018.11.12 飛んで飛んで飛んで飛んで

2018年 11月 12日
曇天、僅かの雨あり。 公園に12時半、天気がすぐれないが3組のグループが空けてくれません。 一旦、北芝生に行くと小雨が降り始め、みんなが帰り始めたのでポイントに戻りました。

最初、左ユビだけが現れましたが、私の服がいつもと違うので、少し警戒していました。 しかし、パンを出すとしだいに納得し、最後はいつもの通り。 彼だけに食事も一掴み出しました。 その後、いつものアオドンが来て、数分経ってハト達の15羽位の群れが来ました。 今日はこの後も、15羽程の群れが出たり入ったりでした。

マーカーは、左ユビ、マギ2、ツメ白、左アシ、を確認しました。 下は左ユビとツメ白がバッグに集まった所。 ツメ白は、左ユビには一目置いているのか大人しい。

b0174191_18200482.jpg

アオドンが来たらパンの撒き餌をするのですが、今日は全く漁れません。 そんな最中、ホシハジロがヒガモンに混ざって撒き餌を食べに来たのです。 で、手を出したホシハジロにアオドンが嘴で一撃。 ホシハジロは「ギャッ」と悲鳴を上げて水に潜り、暫く出て来ませんでした。

で、少し経ってから、水面に出た彼がシンクロスイマーの様にクルクル回り出したのです。 怪我をしたのか目でもヤラレタのか、それは何分も続きます。 もう一羽、ホシハジロの仲間がすぐ近くで見ていたのですが、最初は心配しているのかと思っていたら、つつっと近付いてとっくみあいになりました。 どうも、これは怪我とかではない様に思われ、それでもまた回り始めたので撮影しました。

b0174191_18200826.jpg

同じ場所でクルクル回り、波の環が拡がってます。 帰って来て調べると、ハシビロガモはこの様に回ってプランクトンを捕食するらしく、ホシハジロも嘴が似たカモで、同じ事をするのかも知れません。


Panasonic DMC-G8 + G12-60mm , G45-150mm で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



by Ataron | 2018-11-12 18:52 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2018.10.25 秋深まり

2018年 10月 25日
もうすぐ11月、空は真っ青。 池に14時過ぎ到着、週中ですがベンチは幾つか埋まり、足漕ぎボートが出ていました。

ハト達はすぐにやって来ましたが数は10羽ほど、マーカーは居ません。 しかし、友人がパンの耳を沢山くれ、駄目にならない様にと普通の4倍位のパンを持って来ていました。 ハト達だけではとても無くならず、ヒガモンやいつも来るアオドンにも潤沢に振舞いました。

ところでヒガモン(ヒドリガモ)達は、剛の池に40羽以上が来ている様で、他の堀にカルガモ達が20羽位居て、ホシハジロも混ざっている様です。 明石公園は未だ暖かいですが、いよいよ冬の面子が揃い始めています。

今日、一番得をしたのはアオドンです。 なにしろ沢山パンがありました。 アオドンはヒガモン達に睨みを効かせ、周囲に投げられたパンを横取りさせません。 池面のパンに近付く魚に気付くと、自分で食べるのをやめて急に捕獲の姿勢に変わります。 パンの物量作戦の効果は絶大で、今日は5匹も魚をゲット、私が見た今までの最高数です。 パンも魚も食い、大いにくつろぐアオドン、片羽を裏返しに日に向けて妙な恰好をしてます。 狩りで時々ボチャンと水に落ちてたからかな。

b0174191_22110897.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



by Ataron | 2018-10-25 22:49 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)