Studio TA Subsite の案内とお知らせ

タグ:G 45-150mm F4.0-5.6 ( 48 ) タグの人気記事

明石公園 2018.11.12 飛んで飛んで飛んで飛んで

2018年 11月 12日
曇天、僅かの雨あり。 公園に12時半、天気がすぐれないが3組のグループが空けてくれません。 一旦、北芝生に行くと小雨が降り始め、みんなが帰り始めたのでポイントに戻りました。

最初、左ユビだけが現れましたが、私の服がいつもと違うので、少し警戒していました。 しかし、パンを出すとしだいに納得し、最後はいつもの通り。 彼だけに食事も一掴み出しました。 その後、いつものアオドンが来て、数分経ってハト達の15羽位の群れが来ました。 今日はこの後も、15羽程の群れが出たり入ったりでした。

マーカーは、左ユビ、マギ2、ツメ白、左アシ、を確認しました。 下は左ユビとツメ白がバッグに集まった所。 ツメ白は、左ユビには一目置いているのか大人しい。

b0174191_18200482.jpg

アオドンが来たらパンの撒き餌をするのですが、今日は全く漁れません。 そんな最中、ホシハジロがヒガモンに混ざって撒き餌を食べに来たのです。 で、手を出したホシハジロにアオドンが嘴で一撃。 ホシハジロは「ギャッ」と悲鳴を上げて水に潜り、暫く出て来ませんでした。

で、少し経ってから、水面に出た彼がシンクロスイマーの様にクルクル回り出したのです。 怪我をしたのか目でもヤラレタのか、それは何分も続きます。 もう一羽、ホシハジロの仲間がすぐ近くで見ていたのですが、最初は心配しているのかと思っていたら、つつっと近付いてとっくみあいになりました。 どうも、これは怪我とかではない様に思われ、それでもまた回り始めたので撮影しました。

b0174191_18200826.jpg

同じ場所でクルクル回り、波の環が拡がってます。 帰って来て調べると、ハシビロガモはこの様に回ってプランクトンを捕食するらしく、ホシハジロも嘴が似たカモで、同じ事をするのかも知れません。


Panasonic DMC-G8 + G12-60mm , G45-150mm で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2018-11-12 18:52 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2018.10.25 秋深まり

2018年 10月 25日
もうすぐ11月、空は真っ青。 池に14時過ぎ到着、週中ですがベンチは幾つか埋まり、足漕ぎボートが出ていました。

ハト達はすぐにやって来ましたが数は10羽ほど、マーカーは居ません。 しかし、友人がパンの耳を沢山くれ、駄目にならない様にと普通の4倍位のパンを持って来ていました。 ハト達だけではとても無くならず、ヒガモンやいつも来るアオドンにも潤沢に振舞いました。

ところでヒガモン(ヒドリガモ)達は、剛の池に40羽以上が来ている様で、他の堀にカルガモ達が20羽位居て、ホシハジロも混ざっている様です。 明石公園は未だ暖かいですが、いよいよ冬の面子が揃い始めています。

今日、一番得をしたのはアオドンです。 なにしろ沢山パンがありました。 アオドンはヒガモン達に睨みを効かせ、周囲に投げられたパンを横取りさせません。 池面のパンに近付く魚に気付くと、自分で食べるのをやめて急に捕獲の姿勢に変わります。 パンの物量作戦の効果は絶大で、今日は5匹も魚をゲット、私が見た今までの最高数です。 パンも魚も食い、大いにくつろぐアオドン、片羽を裏返しに日に向けて妙な恰好をしてます。 狩りで時々ボチャンと水に落ちてたからかな。

b0174191_22110897.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2018-10-25 22:49 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

まあまあ遠慮せんと

2018年 05月 13日
雨に降り込められて公園に行けません。

そんな時、相手してくれるのはベランダに来るチュン達です。 今はチビちゃん連れが沢山やって来ます。 チュンチュンと賑やかな事、ママ(多分)は皆、もう忙しいを絵に書いた状態です。

この数日の間に起こった事ですが、ベランダに来る近所のチュン達と私の間の垣根が無くなってしまいました。 長い間、思いつきでパンを出していたのですが、ガラスサッシがあっても私が見えると彼等は大警戒。 暖かくなりサッシを少し開ける様になると、チュン達と私がガラス無しで直接に目が合ったりすれば、とっとと逃げ出していたわけで。

で、先日、ふと思いついてパンを大豆サイズに丸めて、サッシの隙間からベランダに投げてやったのです。 これが受けて、チュン達は怖いのを半分忘れて豆パンを取り合い、しまいにガラスごしに私が投げるのを何羽もが待つ様になりました。

変化は急速に進みました。 潜在的には私が安全と感じていたのか、外に投げ出しそこねた豆パンを取りに、勇気のあるヤツが部屋の中に入って来はじめました。 私が近くに居ないと、サッシから1m位は室内に侵攻して来て、サッシ周辺に落ちた豆パンや、その崩れた粉を漁ります。 時々、出口を間違えて慌てて飛び周ったりしますが、ベランダも室内も、人が思う様な違いを感じていない様に見えます。

私はサッシから1mほど手前のデスクに座ってますが、急に動かない様にしていると、足元でコツコツと床を突いてます。 また、チビちゃんに食べさせねばならないママは健気です。 サッシの間から私を見あげて待っているので、豆パンを投げると室内に飛び込んで持って行きます。

b0174191_21114018.jpg

上の写真で床上の粉は、豆パンの原料のパン粉です。 掃除は不要で、しばらくすると綺麗になってしまいます。 ほんの数日の間に始まった豆パンコネクション、今後の展開が楽しみです。


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2018-05-13 21:19 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

物怖じしないイソピー君

2018年 03月 26日
最近、ウチのチュン卓に現れるイソピー(イソヒヨドリ)を紹介します。

スズメ達を相手に、パンを細かくして提供していたのですが、先週あたりからイソピーが来る様になりました。 私の所は海岸から近いのですが、どこか近所に住んでいるらしく、毎日、何度もやって来るのです。

b0174191_22200889.jpg

このオレンジの渋い羽色は雄で、雌は大人しい茶色なので見分け易い。 磯ヒヨドリの名ですがツグミの親戚だそうです。 窓ごしに2m位で対面しているわけで、ヒヨピーより大胆に見えます。 ヒヨピー(ヒヨドリ)は集団行動ですが、イソピーはたいてい単独行動です。 どちらも大きさはほぼ同じですが、このイソピー君は喧嘩も強く、ヒヨピーが居たら追い払います。

私は、三田市内の街中で撮影した事があるのですが、三田市は海から20kmはあります。

b0174191_22354414.jpg

確かにイソピーは磯(海岸)で見つける事が多いですが、環境に適応して生きる場所を選ばない所がある様です。 高い場所を見つけて、素晴らしく良い声の囀りをします。

b0174191_22411167.jpg
b0174191_22413571.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2018-03-26 22:42 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2018.03.06 眠りは深く

2018年 03月 06日
良く晴れて暖かになりました。 公園に13時過ぎと遅い。

しかしハト達はおよそ50羽は居たでしょう。 何故か池周囲にいる時間が長くなっている様です。
マーカーは、左ユビ、左アシ、シロ、マギ、エルト、エル2、を確認。 もっと居た様な気がしますが、食事は足りなかった。

暖かな陽気に誘われて、南の城庭に登りました。 昔の城壁内の庭らしく、芝生に何本かの樹木が植わってます。 毎年ツグミンが来るのですが、今日は2羽を見かけました。 昔は400mmでしたが、今は150mmで済ましてます。

b0174191_21495812.jpg

城内を廻って東に行き、最後は図書館の裏から駐車場に戻ります。 途中の薬研堀で完全に寝込んでいるヤツを見つけました。 この心地良い暖かさには逆らえない。

b0174191_21572465.jpg


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2018-03-06 21:58 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2017.11.05 高架下

2017年 11月 05日
3連休の最後の日は天気が良く、公園の池周辺も賑やかでした。 15時も越えて、なかば運動がてらにやって来たのですが、ハト達は引き上げた後でした。

城の南にハト達が居るかもと池端を南に向かうと、バンが2羽。 どうやら今年は番(つがい)らしい。

b0174191_19304881.jpg

パンを投げると遠巻きながら食べに来ました。 これまでそんな素振りも無かったが、この公園の環境に少し順応したらしい。 ヒガモン達と仲良くしていました。

城の南では菊花展をやっていて、大盛況というわけでも無いが人は多い。 城の南門の、入り口の公園事務所。 夕日が射してなんとも綺麗で撮影しましたが、もうひとつその印象が絵になりません。

b0174191_19384062.jpg

ところで、ハト達は城南にも全く居なく、昔は沢山居たJR明石駅に行ってみましたが、ほんの2~3羽が居るだけ。 時刻もあるのでしょうが、最近は集団疎開してしまった雰囲気です。

駅を東に横切り、以前にハト達が出入りしていた高架下に行って見ました。 周辺でウロウロしていると、2~3羽のハトが高架下に飛び込んで来ました。 あらゆる所にハト除けの剣山があるのに、降りる所をちゃんと確保してます。

b0174191_20052672.jpg

ここに住めるなら沢山が集まりそうですが、そんな風でもなさそう。 皆んな何処に行くのでしょう?


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 、G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-11-05 20:07 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2017.11.03 バン来日

2017年 11月 03日
3連休で晴れ、公園は賑やかです。 到着は14時過ぎ、池にボートが沢山、貸しボートの時間切れの放送が、いかにも連休らしい風情です。

ハト達は3羽。 最初の1羽は知らないハト、次がツメ白、次が左ユビ。 ツメ白は膝に乗って来て、バッグの中を狙ってます。

b0174191_18185420.jpg

去年あたりからバンが来る様になりました。 いつも1羽しか見ないのですが、同じヤツ?

b0174191_18212005.jpg

3羽のハト達が去った後、時間を置いて1~2羽が来ただけで、ハト達はひどく少ないのです。 水鳥に何組もが餌を撒いていたので、午前からの餌撒きで満足して、ハト達は帰って行ったのでしょうか?

今日のアオドンは、最近来る若いヤツと違う様子。 パンを口にしても「マズッ」という感じで放り出します。 これが意図せず撒き餌になり、3匹も魚を獲りました。

b0174191_18303212.jpg

アオドンの区別はし難く、良く来る若いのは少し小さめ、全体に羽色が淡く、パンを良く食べるのと私に近付いて来る程度で、とても曖昧です。 休みの樹の近くの大樹にコロニーがあり、多い時は10羽以上が集まります。 良く来るヤツだけでも、区別したい所ですが。


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6、G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-11-03 18:39 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2017.05.19 おばちゃんパワーで大集合

2017年 05月 19日
文句なしに晴れた日、14時前に公園に到着。 ハト様ポイントに先客のおばちゃんが居て、ハト達が沢山集まっていました。 少し北側でのんびり待機したのですが、ん十分待ってもおばちゃんは帰る気配なし。

待ちくたびれ、最初は近くに来たスズメ達に少しパンを配りました。 スズメ達の世界は、今は子育て真っ最中の時期です。

b0174191_18411122.jpg

その内に、どうも対岸から来たハト達が数羽加わり、更にそれに気付いておばちゃんに集まっていた連中が、私の方に移動して来ました。 ええい、こうなったら配布を始めるしか...

マーカーは、シロ、アサッテ、左ユビ、左アシ、マギ2、マギ3、マギ4、ツメ白、ヒジと、常連が殆ど居ました。 おばちゃんは長時間(私が撤収する時も未だ頑張ってました)に渡って給餌していたので、池周囲のハト達が残らず集まったのかも知れません。 あっと言う間に、ベンチの上はいつもの大混乱。

b0174191_21144968.jpg

おばちゃんの方に戻るヤツも居るのか落ち着きませんが、なんとかマーカーのカウントをしました。
マギ4は大人しいので、見落としてしまいそうです。

b0174191_18550620.jpg

マギ2は独特の眼つきです。 以前は指を痛そうにしていたので、そのせいかと思ってましたが、こういう顔であるらしい。

b0174191_19025614.jpg

地上に居たマギ2に、ベンチの上からニャンコフーズを一カケラ差し出すと、手から食べて行きました。 コンタクトは少しずつ成立するものです。


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6 (p1) 、G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。



[PR]
by Ataron | 2017-05-19 19:06 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2017.04.21 帰って来たヒジ

2017年 04月 21日
今日もヒダリが待ってるだろう、と公園に向かう。

13時過ぎに到着し、駐車場から林に入った所で、10羽程のハト達が落葉をかきわけているのに出会いました。 普通なら気にしないが、白いのが混じったハトが見えたので...  シロかパンクかもと近付くが、どうも違う様で、この集団は人を気にします。 150mmが有ったのでレンズを換えて、少し離れて撮影です。

b0174191_20081266.jpg

世の中は広い、白が混じったハトは多く、私が知っているのはほんの僅かなハト達だけの様です。
林を下って池に近付くと、林の出口で今日は左アシが一番に見つけてやって来ました。 彼は私が捕獲したトラウマで、一定以上は決して近付けないので、樹にとまりました。

b0174191_20133553.jpg

その後から、左ユビや数羽のハト達が来ました。 皆んな私を待っていたのか?

ハト様ポイントは先客があり、少し北岸側のベンチに行きました。 ハト達はすぐ集まり、その後も少しずつ増えて最後は50羽以上になりました。 対岸で草刈が始まったので、林から追い出されたハト達も居たかも知れません。 今日はマーカーが沢山現れました。

左アシ、左ユビ、マギ4、そしてアサッテが来ました。

b0174191_20233272.jpg
b0174191_20234110.jpg

食事を開始してから、思っても見なかった面子が。 この頭のマーク、きっと消えたと思っていた肘フェチです。 どうやら長期出張していたらしい。 最初は別の似たハトかと思ったのですが、この厚かましさはヒジに違いない。

b0174191_20280053.jpg
b0174191_20281952.jpg

肘フェチは1月12日以来です。 およそ100日も姿を見せなかったのです。 鼻コブも女性っぽいので、もしかしたら卵を抱いてたのか...などと考えもしますが、とにかく戻って来てなにより。

マーカーはその後も増え、エルトが現れました。 手の上で誰かに咬みついてます。

b0174191_20421455.jpg

食事の後で草刈機のエンジン音が始まった様に思います。 多分、食事が終わってから加わったのがシロとピンク。 シロは久しぶりです。

b0174191_20453632.jpg

緊急用ニャンコフーズがあったので、後から来た連中にと出したのですが、なにしろ多いので余り当たらなかったでしょう。 で、ツメ白親分も現れました。

b0174191_20483753.jpg

今日は、沢山のマーカーが揃ってなによりです。 もっと食事を用意しとけば良かった...


Panasonic DMC-G8 + G 45-150mm F4.0-5.6(p1) 、G 12-60mm F3.5-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。





[PR]
by Ataron | 2017-04-21 20:50 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)

明石公園 2017.02.03 出会いに実は深い意味はない

2017年 02月 04日
公園到着は11時半、天気は良く温かく、明日は雨だと天気予報。

b0174191_23251631.jpg

今日も6コマ目位に、マギ2が写っていました。 面白いヤツだなぁと思って近付いて撮ってると、やおら羽づくろいをしたり、妙に落ち着いてます。

60羽ほどが集まり、マーカーは、左ユビ、左アシ、エルト、後ユビ、ツメ白は後半でアピールに来ました。 手に乗って来るのはツメ白。 シロはやはり後のグループにまわっているのか現れず。 肘フェチも居ませんが、もしかすると頭の印が消えて判らないだけかも知れません。

最近、ホバリングから手に乗る事を始めた左ユビです。

b0174191_23252731.jpg

池の南に行くと、見慣れないのが浮かんでました。 どうもキンクロハジロという種類の様です。

b0174191_13132351.jpg
b0174191_13135270.jpg


Panasonic DMC-G3 + G 14mm F2.5 (p1,p2), G 45-150mm F4.0-5.6 で撮影、画像はクリックで拡大表示します。




[PR]
by Ataron | 2017-02-04 23:46 | 鳥さんの写真 | Trackback | Comments(0)